おすすめの光回線を紹介

【NETGEAR Nighthawk AX4 RAX40レビュー】Wi-Fi 6対応ルーターはエントリーモデルでも速し!

 
どうも、部屋にWi-Fiデバイスが増え続けるマクリン( @Maku_ring)です。

デバイス増加にともなうネット速度低下に対応すべく、現在はメッシュルーターの「Linksys Velop」を使っており、高い満足感を得ています。

とはいえ、高速化に余念のない我が家は、iPhone 11シリーズが最新のWi-Fi規格「Wi-Fi 6」に対応したのをきっかけに、Wi-Fi 6対応ルーターに目をつけました。

マクリン
Wi-Fi 6対応スマホにWi-Fi 6対応ルーターを組み合わせると爆速になります!
 
Wi-Fi 6対応スマホは、現時点でiPhone 11シリーズと海外版のGalaxy S10シリーズのみ。

iPhone 11 Pro

MEMO
Wi-Fi 6対応のノートPCは、HP「HP ZBook 14u G6 Mobile Workstationicon」・Lenovo「ThinkPad X1 Extreme」・Dell「XPS 15」・ASUS「ZenBook Pro Duoicon」と各社出揃ってきています。
 

Wi-Fi 6対応ルーターは、ASUS「RT-AX88U」やBUFFALO「WXR-5950AX12」、TP-LINK「Archer AX6000」、NETGEAR「Nighthawkシリーズ」と続々出てきています。

マクリン
とはいえ、Wi-Fi 6対応ルーターはバチクソ高い……!

だいたい4万円以上する状況です……。

そんな中、ギリギリ1万円台で入手できるWi-Fi 6対応ルーターが、NETGEARの「Nighthawk AX4 RAX40」。

Nighthawk AX4 RAX40は、Nighthawkシリーズのエントリーモデルではあるものの、パワフルなデュアルコアCPU搭載に、5GHz:2400Mbps + 2.4GHz:600Mbpsの4ストリーム、おまけにWi-Fi 6対応と充分なスペックを持っています。

マクリン
我が家のメッシュルーターよりも高速でしたよ!

そんなわけで本記事は「【NETGEAR Nighthawk AX4 RAX40レビュー】Wi-Fi 6対応ルーターはエントリーモデルでも速し!」について書いていきます。

MEMO
本記事はメーカー様から商品を提供いただき作成しています。
 

Wi-Fi6とはそもそも何?

Wi-Fi6とはなに?

ヨメ
ねえねえ、Wi-Fi 6てそもそも何なの?
 
マクリン
新しいWi-Fi規格のことだよ!

従来のWi-Fiは「IEEE 802. 11ac(あるいは11ac)」みたいな分かりづらい名称で呼ばれていました。

ですが、「Wi-Fi 6」になって呼び方が一新したので、今までと受ける印象も変わりますが、要は最新のWi-Fiです。

従来のWi-Fi(Wi-Fi 5)とWi-Fi 6を比較すると、これだけ変わっています。

Wi-Fi 5(11ac)
  • 最大速度(理論値):6.9Gbps
  • 周波数帯:5.0GHz
  • MU-MIMO:最大4ユーザー
Wi-Fi 6(11ax)
  • 最大速度(理論値):9.6Gbps
  • 周波数帯:2.4GHz/5.0GHz
  • MU-MIMO:最大8ユーザー

つまり、最大速度が1.4倍になり、速度低下にならない同時ユーザー数が2倍になりました。

さらに大きな変化が2.4GHz帯にも対応したという点です。

元来のWi-Fi電波のイメージはこうでした。

Wi-Fi電波の特徴

  • 2.4GHz帯 速度は遅いが、障害物に強い
  • 5.0GHz帯 速度は早いが、障害物に弱い

 
たとえるなら「打たれ強いけど鈍足」なのが2.4GHz、「繊細なスピードスター」が5.0GHz。

これらを特徴づけていたのは、5.0GHzがWi-Fi 5、2.4GHzはさらにそのひとつ前のWi-Fi 4(11n)をサポートしていたからです。
 

マクリン
Wi-Fi 6になって、その差がほとんど無くなったということです!

NETGEARの「Nighthawkシリーズ」もWi-Fi6対応のルーターで「AX4 RAX40」「AX8 RAX80」「AX12 RAX120」「AX12 RAX200」と4機種をとりそろえています。

NETGEARのNighthawkシリーズ

世界最高峰のアンテナ技術を生かした2枚のウィングが特徴的な、未来感あふれるルーターです。

このうち「AX4 RAX40」「AX8 RAX80」「AX12 RAX120」は2.4GHzと5.0GHz、2種類の電波をもつデュアルバンド、最上位「AX12 RAX200」のみ2.4GHzと5.0GHzにくわえ、もうひとつ別の5.0GHz帯も使えるトライバンド対応となっています。

結論からいうと、エントリーモデルの「RAX40」でも充分な性能を有していますので、外観・スペックから紹介していきます。

Nighthawk AX4 RAX40の外観と付属品

Nighthawk AX4 RAX40」は、Wi-Fi 6対応のデュアルバンドWi-Fiルーターです。

NETGEAR Nighthawk AX4 RAX4はWi-Fi 6対応のデュアルバンドWi-Fiルーター

項目スペック
ワイヤレス規格【2.4GHz】IEEE 802.11ax/b/g/n
【5.0GHz】IEEE 802.11ax/ac/n/a
周波数2.4GHz + 5.0GHz
最大通信速度(理論値)【2.4GHz】600Mbps
【5.0GHz】2400Mbps
CPUデュアルコアCPU
ストリーム数
(受信 x 送信)
【2.4GHz】2 x 2
【5.0GHz】2 x 2
推奨接続台数〜48台
有線LANポートギガビットLAN x 4/ギガビットWAN x 1
USBポートUSB 3.0 x 1
サイズ360 x 215 x 180 mm (アンテナ部込)
重量618g
ストリーム数
ストリーム数は「道の本数」がイメージしやすく、電波の通る道の数が多いほど、高速に通信することができます。つまり、ストリーム数と最大通信速度は比例します。
 
まるでカブトガニのような風貌で「コイツは速そうだ」と期待を抱かせるフォルムをしています。


 
前述のとおり、Nighthawk AX4 RAX40はNighthawkシリーズで下位モデルにあたります。

製品名ワイヤレス規格周波数CPU最大通信速度(理論値)ストリーム数(受信 x 送信)推奨接続台数有線LANポートUSBポートサイズ重量
Nighthawk RAX40
【2.4GHz】IEEE 802.11ax/b/g/n
【5.0GHz】IEEE 802.11ax/ac/n/a
2.4GHz + 5.0GHzデュアルコアCPU【2.4GHz】600Mbps
【5.0GHz】2400Mbps
【2.4GHz】2 x 2
【5.0GHz】2 x 2
〜48台ギガビットLAN x 4
ギガビットWAN x 1
USB 3.0 x 1360 x 215 x 180 mm618g
Nighthawk RAX80
【2.4GHz】IEEE 802.11ax/b/g/n
【5.0GHz】IEEE 802.11ax/ac/n/a
2.4GHz + 5.0GHz64bitクアッドコア1.8GHz CPU【2.4GHz】1200Mbps
【5.0GHz】4800Mbps
【2.4GHz】4 x 4
【5.0GHz】4 x 4
〜72台ギガビットLAN x 5
ギガビットWAN x 1
USB 3.0 x 2305 x 202 x 161 mm1281g
Nighthawk RAX120
【2.4GHz】IEEE 802.11ax/b/g/n
【5.0GHz】IEEE 802.11ax/ac/n/a
2.4GHz + 5.0GHz64bitクアッドコア2.2GHz CPU【2.4GHz】1200Mbps
【5.0GHz】4800Mbps
【2.4GHz】4 x 4
【5.0GHz】8 x 8
〜72台ギガビットLAN x 4
ギガビットWAN x 1
マルチギガ対応(1G/2.5G/5G) x 1
USB 3.0 x 2310 x 220 x 160 mm1364g
Nighthawk RAX200
【2.4GHz】IEEE 802.11ax/b/g/n
【5.0GHz】IEEE 802.11ax/ac/n/a
2.4GHz + 5.0GHz + 5.0GHz64bitクアッドコア1.8 GHz CPU【2.4GHz】1200Mbps
【5.0GHz】4800Mbps
【5.0GHz】4800Mbps
【2.4GHz】4 x 4
【5.0GHz】4 x 4
【5.0GHz】4 x 4
〜96台ギガビットLAN x 4
ギガビットWAN x 1
マルチギガ対応(1G/2.5G/5G) x 1
USB 3.0 x 2298 x 220 x 170 mm1433g

しかし、それでもストリーム数は4本、最大通信速度は2.4Gbps(5.0GHz時)、推奨接続台数は48台と充分すぎるスペックを有しています。
 

マクリン
ライトなゲームユーザーまでカバーできる性能ですよ!
 
サイズは360 x 215 x 180 mmとそこそこ大きめですが、壁掛けも可能となっています。

Nighthawk RAX40のサイズは360 x 215 x 180 mm
 
重さは約600gと、ほどほどの重量感です。

Nighthawk RAX40の重量は約600g
 
背面のインターフェースは、USB3.0ポートにギガビット対応LANポート x 4と充実しています。

インターフェース(左から)

  • 電源ボタン
  • 電源ポート
  • ギガビット対応WANポート
  • ギガビット対応LANポート x 4
  • USB3.0ポート
  • リセットボタン

 
同梱品はルーター本体に電源アダプタ、LANケーブルのみのシンプル構成です。

Nighthawk RAX40の付属品

Sponsored Links

 

Nighthawk AX4 RAX40はスマホアプリで接続設定完了

Nighthawk AX4 RAX40は、スマホ専用アプリだけで接続設定が完了します。

NETGEAR Nighthawk - WiFi App

NETGEAR Nighthawk – WiFi App

NETGEAR無料posted withアプリーチ

 
接続設定はややめんどくさいですが、落ち着いてやれば全く問題ありません。

STEP.1
NETGEARアカウントの作成
NETGEARアカウントを作成します。


STEP.2
手動接続
手動接続を選びます。


STEP.3
ルーター電源オン
ルーターの電源を入れて、モデムとLANケーブルで接続します。


STEP.4
NETGEAR##に接続
ルーターのSSID(NETGEAR + 数字)に接続します。


 
SSID(無線ネットワーク名)とパスワードは、本体裏面に書かれています。


STEP.5
ルーターに接続
ルーターに接続するも(PPPoE接続の場合は)インターネット未接続となります。



STEP.6
PPPoE接続を選択
PPPoE接続を選択し、プロバイダの契約情報に記載されている接続用ID・接続用パスワードを入れます。



STEP.7
再度、ルーターに接続
その上で再度接続すると、インターネット接続に成功します。


STEP.8
設定完了
固有のSSID・パスワードとルーター管理用のパスワードを設定すれば、接続設定は完了です。



マクリン
では実際にその実力を確かめていきます!

Nighthawk AX4 RAX40の通信速度を計測

我が家のプロバイダーはSo-net 光 プラスで、最大1Gbps(1000Mbps)対応の光ファイバー回線を敷いています。

注意
最大速度9.6GbpsのWi-Fi 6の実力は「ドコモ光×GMOとくとくBB」など、最大10Gbps対応の光回線でないと発揮しきれません。その点あらかじめご承知おきください。
 

ご参考までに現在使用中のメッシュルーター「Linksys Velop」の通信速度は以下のとおりです。

LINKSYS VELOPトライバンドの通信速度

トライバンドの通信速度(1台目)

LINKSYS VELOPトライバンドの通信速度

トライバンドの通信速度(2台目)

1台目はリビング、2台目は寝室にセットし、いずれも上下100Mbps以上と快適に使える速度が出ています。

それではNighthawk AX4 RAX40の速度を、2.4GHz・5.0GHz帯でiPhone 11 Proに接続して計測した結果です。その差に驚くなかれ。

RAX40の通信速度(2.4GHz)

RAX40の通信速度(5.0GHz)

マクリン
なんと、上下ともに200Mbps以上出ていました!

スピードスター5.0GHz帯で下り400Mbpsもびっくりですが、さすがWi-Fi 6だと感じたのは、従来のWi-Fiではどうしても遅くなりがちな2.4GHz帯でも高速をキープしていたことです。

常時15台近くのWi-Fiデバイスを接続する、まあまあ過酷な環境下ですから、その実力の高さは本物。

ただし、Nighthawk AX4 RAX40にはメッシュ機能がないため、Linksys Velopのように広いエリアで安定した速度が出るタイプではありません。

とはいえ、ルーター(リビング設置)から距離の離れた寝室で測定しても、元の通信速度が高いので、そこそこのスピードは維持できていました。

RAX40の通信速度(2.4GHz)

RAX40の通信速度(5.0GHz)

マクリン
上位モデルは一体どんな速度が出るのやら……!
 
エントリーモデルながら、ストリーミング動画視聴やオンラインゲームも快適にこなせる、猪突猛進型のルーター。

Nighthawk AX4 RAX40は、Wi-Fiデバイスが増えた環境下で安定した高速環境を得たい人におすすめできるルーターです。

今後Wi-Fi 6対応のデバイスが増えれば、ますます活躍するでしょう。

Sponsored Links

 

Nighthawk AX4 RAX40レビューまとめ

本記事は「【NETGEAR Nighthawk AX4 RAX40レビュー】Wi-Fi 6対応ルーターはエントリーモデルでも速し!」について書きました。

Nighthawk AX4 RAX40は比較的リーズナブルな価格におさえつつ、最大通信速度は2.4Gbps(5.0GHz時)、推奨接続台数は48台と、パワフルなWi-Fi 6対応ルーターです。

iPhone 11 Proをはじめとする、Wi-Fi 6対応のデバイスを持っていれば、その性能をより発揮できる製品となっています。

マクリン
光回線のメリットを最大限に生かせるので、快適サクサクのスマホライフが送れますよ!

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。
 

【NETGEAR Nighthawk AX8 RAX80レビュー】Wi-Fi 6対応ルーター・ミドルモデルの実力やいかに…? 【BUFFALO WXR-5950AX12レビュー】10Gbps対応WAN/LANポート搭載のWi-Fi 6対応ルーター 【Wi-Fi6対応ルーター比較】ASUSかバッファロー・NETGEAR・TP-Linkどれがおすすめ? 【Linksys Velopトライバンド比較レビュー】おすすめのメッシュWi-Fiルーター【デュアルバンドとの違い】 【メッシュWi-Fiルーター徹底比較】GoogleとBUFFALOとVELOP・Orbi・TP-Linkどれがおすすめ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です