マクリン限定ANKERスペシャルクーポン

【Wi-Fi6対応ルーター比較】ASUSかNETGEAR・バッファローどれがおすすめ?

 
どうも、W-Fi 6対応ルーターを愛用しているマクリン( @Maku_ring)です。

最新のWi-Fi規格「Wi-Fi 6」は、iPhone 11シリーズが対応したのを皮切りに注目を浴びています。

マクリン
Wi-Fi 6対応デバイスとWi-Fi 6対応ルーターを組み合わせると超高速になります!

従来のWi-Fi(Wi-Fi 5)にくらべ、Wi-Fi 6はかなり進化しています。

Wi-Fi 5(11ac)
  • 最大速度(理論値):6.9Gbps
  • 周波数帯:5.0GHz
  • MU-MIMO:最大4ユーザー
Wi-Fi 6(11ax)
  • 最大速度(理論値):9.6Gbps
  • 周波数帯:2.4GHz/5.0GHz
  • MU-MIMO:最大8ユーザー

つまり、最大速度が1.4倍になり、速度低下にならない同時ユーザー数が2倍になりました。
 

マクリン
単純に速いだけでなく、多数接続に耐えられる丈夫さを持ってるということですね!
 
さらにもうひとつ見逃せないのが、2.4GHz帯にも対応したという点です。

元来のWi-Fi電波のイメージはこうでした。

Wi-Fi電波の特徴

  • 2.4GHz帯 速度は遅いが、障害物に強い
  • 5.0GHz帯 速度は早いが、障害物に弱い

たとえるなら「打たれ強いけど鈍足」なのが2.4GHz、「繊細なスピードスター」が5.0GHz。

これらを特徴づけていたのは、5.0GHzがWi-Fi 5、2.4GHzはさらにそのひとつ前のWi-Fi 4(11n)をサポートしていたからです。
 

マクリン
Wi-Fi 6対応ルーターになって、その差がほとんど無くなったのです!
 
ヨメ
ねえねえ、でもどのルーターを選んだらいいのか、分からないんだけど。
 
そんなわけで本記事では、Wi-Fi6対応ルーターの代表的な3製品をスペック比較し、どれを選ぶべきなのか検証していきます。

先におすすめのルーターを知りたい場合は「Wi-Fi6対応ルーター3製品のうち、どれがおすすめ?」からチェックしてみてください。
 

Wi-Fi6対応ルーターの代表的な3製品を比較

スマホにさきがけ、続々と登場しているWi-Fi 6対応ルーター

国内初のWi-Fi 6対応ルーターはASUSの「RT-AX88U」です。


 
つづいてNETGEARの「Nighthawkシリーズ」がリリースされました。


 
それからバッファローの「WXR-5950AX12」が登場しました。


 
つまり、現時点でWi-Fi 6対応ルーターの代表的なメーカーは、ASUS・NETGEAR・バッファローの3社。

代表的なWi-Fi 6対応ルーター

ASUSとバッファローは、4本のアンテナが突き出し、いかにも強そうな出で立ちをしています。

NETGEARは2枚のウィングが特徴的な、近未来感あふれるデザインです。




ルーターを選択するときのポイントは大きく3つ。

トライバンドルーターの選択ポイント
  1. 最大通信速度(ストリーム数) スピードは死活問題
  2. LANポート数 有線LANオンリーの機器に必要
  3. CPU コア数が多いほど、多数のWi-Fiデバイスを同時処理

それではこの3つのポイントから3台を比較していきます。

MEMO
公平性を喫すため、いずれも4万円台前半のルーター同士で比較しています。
 

1. 最大通信速度を比較

ネット環境の快適性に大きく関係する通信速度

動画視聴はもちろん、シビアなオンラインゲームでは速度遅延が勝敗をも左右します。

ルーターの速度はストリーム数が大きく関係しています。
 

マクリン
ストリームとは電波の通る道の本数のこと!
 
電波の通る道の数が多いほど、多数のデバイスをつないでも高速に通信することができます。

最大通信速度はあくまで理論値で、この速度が実際に出るわけではありません。

しかし、この数値が高いほど、実測値も高いものと捉えて大丈夫です。

Wi-Fi 6対応ルーターの最大通信速度とストリーム数は以下のとおり。

製品名周波数最大通信速度(理論値)ストリーム数(受信 x 送信)推奨接続台数(メーカー公称)
ASUS「RT-AX88U
2.4GHz + 5.0GHz【2.4GHz】1148Mbps
【5.0GHz】4804Mbps
【2.4GHz】4 x 4
【5.0GHz】4 x 4
〜21台
NETGEAR「Nighthawk RAX80
2.4GHz + 5.0GHz【2.4GHz】1200Mbps
【5.0GHz】4800Mbps
【2.4GHz】4 x 4
【5.0GHz】4 x 4
56台
バッファロー「WXR-5950AX12
2.4GHz + 5.0GHz【2.4GHz】1147Mbps
【5.0GHz】4803Mbps
【2.4GHz】4 x 4
【5.0GHz】8 x 8
表記なし

周波数帯はいずれも2.4GHzと5.0GHz、2種類の電波をもつデュアルバンドで、最大通信速度もほぼ互角。

ただし、ASUS「RT-AX88U」とNETGEAR「Nighthawk RAX80」がストリーム数8本に対し、バッファロー「WXR-5950AX12」は12本です。

推奨接続台数の記載はないものの、Wi-Fi対応デバイスの多い環境下では、バッファロー「WXR-5950AX12」がひときわ安定して接続できると予想されます。

またバッファローは、Wi-Fi 6対応製品の認証プログラム「Wi-Fi CERTIFIED 6」を、ルーターで国内初&唯一取得している製品です。
 

マクリン
取得してないからダメというものではありませんが、取得していると安心感がありますね!
 

2. 有線LANポート数を比較

モデムは当たり前として、ネットワークHDD(NAS)やナスネ、古いプリンターなど、有線LANでつなげなければならない機器がいくつかあります。

そのためWi-Fiルーターには有線LANポートが備わっています。

また、Wi-Fiより有線でつなげたほうが速度が速いため、通信速度を確保したい機器はあえて有線LAN接続にすることもあります。

そんなわけで、Wi-Fi 6対応ルーターでも有線LANポート数は重要です。

3製品のLANポート数を比較しました。

製品名1Gbps対応WAN10Gbps対応WAN1Gbps対応LAN10Gps対応LANUSBポート
ASUS「RT-AX88U
18USB 3.1 x 2
NETGEAR「Nighthawk RAX80
15USB 3.0 x 2
バッファロー「WXR-5950AX12
131USB 3.1 x 1

LANポート数は、ASUS「RT-AX88U」がダントツに多いです。

これだけあれば、スイッチングハブの出番はほぼないでしょう。

NETGEAR「Nighthawk RAX80」は標準的なポート数。

そして特筆すべきは、バッファロー「WXR-5950AX12」だけが唯一、最大10Gbps対応のWAN/LANポート(10GbEポート)を搭載していることです。

Wi-Fi 6は元来、最大速度(理論値)9.6Gbpsを実現できる規格。
 

マクリン
つまり、バッファローだけがWi-Fi 6の速度を活かしきれるということです!
 
その実力をしっかり発揮するためには、光回線ならびにLANケーブルも10Gbps対応でないといけないので、その点だけ気をつけましょう。

最大10Gbps対応の光回線では「auひかり」がもっとも安くておすすめです。

CHECK NOW

 

3. CPUコア数を比較

最後に「ルーターの脳」ともいえるCPUを比較します。

例えばシングルコアのCPUは、複数のWi-Fi電波を一気に使用した場合、ひとつの電波しか供給できず、他の処理を待たせてしまうことになります。

つまり「シングルコア = シングルタスク」です。

これがマルチコアになると、2.4GHz帯と5.0GHz帯を同時処理できるため、片方を待たせることがなくなります。

ストリーム数がいくらあっても、それを処理する脳みそが追いつかないと、性能は発揮しきれません。
 

マクリン
つまり、CPUのコア数はとても大事!
 
3製品のCPUは以下のとおりです。

製品CPU
ASUS「RT-AX88U1.8GHz クアッドコア
NETGEAR「Nighthawk RAX801.8GHz クアッドコア
バッファロー「WXR-5950AX122.2GHz クアッドコア

いずれも複数バンドを同時処理できる4つのコアを持つCPUです。

ですがCPUのGHzギガヘルツ数、すなわち「クロック周波数」が異なります。

クロック周波数は「CPUの処理の速さ」を表し、この数字が大きいほどCPUの性能は基本的に良いです。

したがってバッファロー「WXR-5950AX12」は、CPUの性能もやや優れているといえるでしょう。

Wi-Fi6対応ルーター3製品のうち、どれがおすすめ?

ヨメ
結局のところ、どれが一番おすすめなの?
 
マクリン
総合的にはバッファローのWXR-5950AX12! でもそれぞれに良いところがあるよ!

まずトータルで見ると、ストリーム数が12本、3製品唯一の最大10Gbps対応WAN/LANポート採用、Wi-Fi CERTIFIED 6取得と、バッファロー「WXR-5950AX12」が優れています。


 
次にLANポートを3製品最大の8つ備え、エリアで安定した高速ネットワークを供給できるメッシュWi-Fi機能搭載のASUS「RT-AX88U」は、他製品にない独自機能で価値が高いです。


 
最後にNETGEAR「Nighthawk RAX80」は、Nighthawkシリーズで考えると、バラエティにもっとも富んでいます。

最上位「AX12 RAX200」は2.4GHzと5.0GHzにくわえ、もうひとつ別の5.0GHz帯も使えるという、Wi-Fi 6対応では数少ないトライバンドルーターです。

一方エントリーモデルの「AX4 RAX40」は、Wi-Fi 6対応では最安値の1万円台で購入できるにもかかわらず、常時15台接続する我が家でも高速で使えるコスパの高さが魅力となっています。

マクリン
どの製品も特長があるので、自分のニーズに合わせてぴったりの1台を選びましょう!

総合力

【BUFFALO WXR-5950AX12レビュー】10Gbps対応WAN/LANポート搭載のWi-Fi 6対応ルーター

メッシュ機能

バラエティ

【NETGEAR Nighthawk AX8 RAX80レビュー】Wi-Fi 6対応ルーター・ミドルモデルの実力やいかに…?

Sponsored Links

 

Wi-Fi6対応ルーター比較まとめ

本記事は「【Wi-Fi6対応ルーター比較】ASUSかNETGEAR・バッファローどれがおすすめ?」について書きました。

総合力ではバッファロー「WXR-5950AX12」が上回るものの、他2製品もそれぞれに特徴のある製品に仕上がっています。

iPhone 11 Proをはじめとする、Wi-Fi 6対応のデバイスを持っていれば、その性能をより発揮できる製品となっています。

マクリン
ストリーミング動画の視聴やオンラインゲームの機会が多いなら、Wi-Fi6ルーターがおすすめですよ!

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

【BUFFALO WXR-5950AX12レビュー】10Gbps対応WAN/LANポート搭載のWi-Fi 6対応ルーター 【NETGEAR Nighthawk AX8 RAX80レビュー】Wi-Fi 6対応ルーター・ミドルモデルの実力やいかに…? 【NETGEAR Nighthawk AX4 RAX40レビュー】Wi-Fi 6対応ルーターはエントリーモデルでも速し! 【おすすめのメッシュWi-Fiルーター比較】BUFFALOとVELOP・Orbi・TP-Linkどれがいい? トライバンドWi-Fiルーター比較!BUFFALOかTP-LINK・ASUSどれがおすすめ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

マクナビ