おすすめのポケットWi-Fi

【10Gbps】Wi-Fi6対応ルーターのおすすめはどれ? ASUS・NETGEAR・TP-Link・バッファローを徹底比較!

どうも、ルーターマニアのマクリン( @Maku_ring)です。

最大10Gbps近くの最大通信速度をもつWi-Fi規格「Wi-Fi6」は、iPhone 12シリーズが対応したのを皮切りに注目を浴びています。

Wi-Fi6と従来のWiFiの違いは?

マクリン
Wi-Fi 6対応デバイスとWi-Fi 6対応ルーターを組み合わせると超高速になります!

従来のWi-Fi(Wi-Fi 5)にくらべ、Wi-Fi 6はかなり進化しています。

Wi-Fi 5(11ac)
  • 最大速度(理論値):6.9Gbps
  • 周波数帯:5.0GHz
  • MU-MIMO:最大4ユーザー
Wi-Fi 6(11ax)
  • 最大速度(理論値):9.6Gbps
  • 周波数帯:2.4GHz/5.0GHz
  • MU-MIMO:最大8ユーザー

つまり、最大速度が1.4倍になり、速度低下にならない同時ユーザー数が2倍になりました。

マクリン
単純に速いだけでなく、多数接続に耐えられる丈夫さを持ってるということですね!

さらにもうひとつ見逃せないのが、2.4GHz帯にも対応したという点です。

元来のWi-Fi電波のイメージはこうでした。

Wi-Fi電波の特徴

  • 2.4GHz帯 速度は遅いが、障害物に強い
  • 5.0GHz帯 速度は早いが、障害物に弱い

たとえるなら「打たれ強いけど鈍足」なのが2.4GHz、「繊細なスピードスター」が5.0GHz。

これらを特徴づけていたのは、5.0GHzがWi-Fi 5、2.4GHzはさらにそのひとつ前のWi-Fi 4(11n)をサポートしていたからです。
 

マクリン

Wi-Fi 6対応ルーターになって、その差がほとんど無くなったのです!
 
ねえねえ、でもどのルーターを選んだらいいのか、分からないんだけど。

ヨメ

 
そんなわけで本記事では、Wi-Fi6対応ルーターの代表的な4製品をスペック比較し、どれを選ぶべきなのか検証していきます。

先におすすめのルーターを知りたい場合は「Wi-Fi6対応ルーター4製品のうち、どれがおすすめ?」からチェックしてみてください。

この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「家電最前線」のパーソナリティ、「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動。合同会社makuri代表。 プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

Wi-Fi6対応ルーターの代表的な4製品を比較

スマホにさきがけ、続々と登場しているWi-Fi6対応ルーター

まず、NETGEARの「Nighthawkシリーズ」がリリースされました。


 
続いて、ルーターシェアNo.1のTP-Linkも「Archer AX73」を引っさげて参入してきました。


 
それからバッファローの「WXR-6000AX12S」が登場しました。


 
ASUSからは「RT-AX82U」が殴り込んできました。


 
つまり、現時点でWi-Fi6対応ルーターの代表的なメーカーは、NETGEAR・TP-Link・バッファロー・ASUSの4社。

代表的なWi-Fi6対応ルーター
 
ルーターを選択するときのポイントは大きく3つ。

Wi-Fi6ルーターの選択ポイント
  1. 最大通信速度(ストリーム数) スピードは死活問題
  2. LANポート数 有線LANオンリーの機器に必要
  3. CPU コア数が多いほど、多数のWi-Fiデバイスを同時処理
  4. v6プラス v6プラス対応だと回線速度の詰まりがなくなる

それではこの3つのポイントから4台を比較していきます。
 

1. 最大通信速度を比較

ネット環境の快適性に大きく関係する通信速度

動画視聴はもちろん、シビアなオンラインゲームでは速度遅延が勝敗をも左右します。

ルーターの速度はストリーム数が大きく関係しています。

マクリン
ストリームとは電波の通る道の本数のこと!

電波の通る道の数が多いほど、多数のデバイスをつないでも高速に通信することができます。

最大通信速度はあくまで理論値で、この速度が実際に出るわけではありません。

しかし、この数値が高いほど、実測値も高いものと捉えて大丈夫です。

Wi-Fi 6対応ルーターの最大通信速度とストリーム数は以下のとおり。

製品名 周波数 最大通信速度(理論値) ストリーム数(受信 x 送信) 推奨接続台数(メーカー公称) 価格
ASUS「RT-AX82U
2.4GHz + 5.0GHz 【2.4GHz】574Mbps
【5.0GHz】4804Mbps
【2.4GHz】2 x 2
【5.0GHz】4 x 4
〜72台 19,000円前後
NETGEAR「Nighthawk RAX120
2.4GHz + 5.0GHz 【2.4GHz】1200Mbps
【5.0GHz】4800Mbps
【2.4GHz】4 x 4
【5.0GHz】8 x 8
〜56台 29,000円前後
BUFFALO「WXR-6000AX12S
2.4GHz + 5.0GHz 【2.4GHz】1147Mbps
【5.0GHz】4803Mbps
【2.4GHz】4 x 4
【5.0GHz】8 x 8
〜64台 38,000円前後
TP-Link「Archer AX73
2.4GHz + 5.0GHz 【2.4GHz】574Mbps
【5.0GHz】4804Mbps
【2.4GHz】2 x 2
【5.0GHz】4 x 4
〜80台 14,000円前後

周波数帯はいずれも2.4GHzと5.0GHz、2種類の電波をもつデュアルバンドで、5.0GHz時の最大通信速度もほぼ同等。

ストリーム数はBUFFALOとNETGEARが12本で、他2製品は6本です。

したがって、BUFFALO WXR-6000AX12SNETGEAR Nighthawk RAX120が速度面では優位といえますが、価格もその分上がり、いずれも3〜4万円

一方、ASUS RT-AX82UTP-Link Archer AX731万円台です。

つまり、価格とストリーム数はトレードオフであるため、ご自身の予算に照らし合わせて考えるといいでしょう。

 

2. 有線LANポート数を比較

モデムは当たり前として、ネットワークHDD(NAS)や古いプリンターなど、有線LANでつなげなければならない機器がいくつかあります。

そのためWi-Fiルーターには有線LANポートが備わっています。

また、Wi-Fiより有線でつなげたほうが速度が速いため、通信速度を確保したい機器はあえて有線LAN接続にすることもあります。

そんなわけで、Wi-Fi 6対応ルーターでも有線LANポート数は重要です。

4製品のLANポート数を比較しました。

製品名 1Gbps対応WAN 2.5Gbps対応WAN 10Gbps対応WAN 1Gbps対応LAN 2.5Gbps対応LAN 10Gbps対応LAN USBポート
ASUS「RT-AX82U
1 4 USB 3.1 x 1
NETGEAR「Nighthawk RAX120
1 4 1 USB 3.0 x 2
BUFFALO「WXR-6000AX12S
1 3 1 USB 3.1 x 1
TP-Link「Archer AX73
1 4 USB 3.0 x 1

LANポート数は、NETGEAR Nighthawk RAX120のみ5つで、あとの3製品は4つ。

いずれも標準的なポート数なので、足りなければスイッチングハブで増設することになります。

特筆すべきポイントとして、BUFFALO WXR-6000AX12Sのみ、最大10Gbps対応のWANポート・LANポート(10GbEポート)を搭載していることです。

Wi-Fi 6は元来、理論上の最大速度9.6Gbpsを実現できる規格。

マクリン
つまり、Wi-Fi6の速度を活かしきれるということです!

ちなみに、その実力をしっかり発揮するためには、光回線ならびにLANケーブルも10Gbps対応でないといけないので、その点だけ気をつけましょう。

3. CPUコア数を比較

最後に「ルーターの脳」ともいえるCPUを比較します。

例えばシングルコアのCPUは、複数のWi-Fi電波を一気に使用した場合、ひとつの電波しか供給できず、他の処理を待たせてしまうことになります。

つまり「シングルコア = シングルタスク」です。

これがマルチコアになると、2.4GHz帯と5.0GHz帯を同時処理できるため、片方を待たせることがなくなります。

ストリーム数がいくらあっても、それを処理する脳みそが追いつかないと、性能は発揮しきれません。

マクリン
つまり、CPUのコア数はとても大事!

4製品のCPUは以下のとおりです。

製品 CPU
ASUS「RT-AX82U 1.5GHz トリプルコア
NETGEAR「Nighthawk RAX120 2.2GHz クアッドコア
BUFFALO「WXR-6000AX12S 2.2GHz クアッドコア
TP-Link「Archer AX73 1.5GHz トリプルコア

BUFFALO WXR-6000AX12SNETGEAR Nighthawk RAX1204つのコアを持つCPU、ASUS RT-AX82UTP-Link Archer AX733つのコアを持ち、いずれも複数バンドを同時処理できます。

ですがCPUのGHzギガヘルツ数、すなわち「クロック周波数」が異なります。

クロック周波数は「CPUの処理の速さ」を表し、この数字が大きいほどCPUの性能は基本的に良いです。

したがって、BUFFALO WXR-6000AX12SNETGEAR Nighthawk RAX120は、CPUの性能もやや優れているといえるでしょう。
 

4. v6プラス対応かどうか

インターネットの接続方式には、メインの接続方式である「IPv4 PPPoE」と新方式の「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6(v6プラス)」の2通りがあります。

従来のPPPoE方式は、利用者が多い関係で混線が生じて遅くなりやすいのですが、v6プラスはIPアドレスが枯渇こかつしない仕組みなので回線混雑とはほぼ無縁。

v6プラスはIPv6 IPoE + IPv4 over IPv6を利用するオプションサービス

 
しかし、固定回線はもちろん、ルーターもv6プラス対応である必要があり、従来の海外製ルーターはv6プラス非対応のモデルがほとんどでした。

とはいえ、近年はv6プラス対応モデルが増えており、本記事であげているルーターはいずれもv6プラス対応なので安心ください。

Wi-Fi6対応ルーター4製品のうち、どれがおすすめ?

ヨメ

結局のところ、どれが一番おすすめなの?
 
コスパならTP-Link Archer AX73、性能的にはBUFFALO WXR-6000AX12S

マクリン

トータルで見ると、12ストリームで最大10Gbps対応WAN/LANポートを採用する、バッファロー「WXR-6000AX12S」が優れています。

ただし、価格が4万円近くするため、お世辞にも安いとはいえません。

その点TP-Link Archer AX73なら、1万円台前半でありつつ、Wi-Fi6対応かつv6プラスを実現し、コスパの面でとても優秀なルーターに仕上がっています。

マクリン
どの製品も特長があるので、自分のニーズに合わせてぴったりの1台を選びましょう!
 

Sponsored Links

 

Wi-Fi6対応ルーター比較まとめ

本記事は「【10Gbps】Wi-Fi6対応ルーターのおすすめはどれ? ASUS・NETGEAR・TP-Link・バッファローを徹底比較!」について書きました。

総合力ではBUFFALO WXR-6000AX12S、コスパではTP-Link Archer AX73が上回るものの、他2製品もそれぞれに特徴のある製品に仕上がっています。

Wi-Fi6対応デバイスを持っていれば、その性能をより発揮できる製品となっています。

マクリン
ストリーミング動画の視聴やオンラインゲームの機会が多いなら、Wi-Fi6ルーターがおすすめですよ!

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

次世代規格「Wi-Fi6」とはなんぞや? メッシュとの違い・メリットデメリットを丁寧に解説 【BUFFALO WXR-6000AX12Sレビュー】10Gbps対応WAN/LANポート搭載のWi-Fi 6対応ルーター 【TP-Link Archer AX73レビュー】v6プラス対応かつ6ストリーム搭載のデュアルバンドWi-Fi6ルーター メッシュWi-Fiルーターのおすすめを比較して最強を決定してみた トライバンドWi-Fiルーター比較!BUFFALOかTP-LINK・ASUSどれがおすすめ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です