ガジェットのおすすめ

【2022年】Apple Watch7と買うべきアクセサリー・周辺機器・モバイルバッテリー6選【おすすめ】

Apple Watchと一緒に買うべき、おすすめアクセサリー・周辺機器5選!

どうも、公私ともにApple Watch活用しマクリン( @Maku_ring)です。

マクリン
メールやスケジュールが手元で確認できて、交通機関もタッチ&ゴーで超便利!

 
本記事ではApple Watchの数ある周辺機器・アクセサリーから熟考を重ね、「Apple Watchと一緒に買うべき6つのもの」にしぼって紹介します。

そんなわけで「【2022年】Apple Watch7と買うべきアクセサリー・周辺機器・モバイルバッテリー6選【おすすめ】」について書きます。

Apple Watchの充電器だけ知りたい方はこちらの記事も参考ください。

 
CHECK NOW

 

この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動し、22年4月には書籍「マクサン式Webライティング実践スキル大全」を出版。株式会社makuri・合同会社レイテラス代表取締役。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

Apple Watchと買うべきおすすめのアクセサリー・周辺機器

Apple Watchはそのまま使っても頼れる相棒ですが、周辺機器・アクセサリーを買い揃えることで、より便利で使いやすくなります。

数ある周辺機器・アクセサリーから「一緒に買うべき6つのもの」にしぼってご紹介します。

 

1. AUNEOS Apple Watch フィルム

Apple Watchのボディを守る保護カバー「AUNEOS Apple Watch フィルム」です。

AUNEOS Apple Watch フィルムの外箱

外気にさらされるだけでなく、タッチ&ゴーする機会も多く、なにかと過酷な環境にあるApple Watch。

本体を傷つけないために、もはや必須アイテムといえるでしょう。

マクリン
美しいデザインを損なわないために、液晶だけカバーするタイプがおすすめですね!

素材は、ソフトながら耐久性にすぐれるTPUであり、一見すると貼っているか分からないレベルの透明性を実現しています。

AUNEOS Apple Watch フィルムをApple Watch 7に貼っている様子
 
ディスプレイの表示範囲よりも外側までおおってくれるので、ディスプレイの邪魔をせず、保護性もバッチリです。

マクリン
タッチ感度も問題なし!

フィルムも5枚付いているので、何度か失敗しても安心。


 
ちなみに僕は不器用すぎて3回失敗しました……。

STEP.1
位置付け用リング貼付
位置付け用リングを貼付します。


STEP.2
Apple Watch本体を設置
Apple Watch本体のベルトを外し、電源をオフにして貼り付けます。


STEP.3
画面を拭き取り
WET布 DRY布 メガネ拭き ホコリ除去シールの順で、液晶画面をきれいにします。




STEP.4
フィルムを仮止め
剥離紙1を剥がし、画面上にフィルムを仮止めします。

AUNEOS Apple Watch フィルムを仮止め

STEP.5
上半分を貼付
剥離紙2を剥がしながら、ヘラでフィルムの上半分を貼り付けます。


STEP.6
下半分を貼付
剥離紙3を剥がしながら、ヘラでフィルムの下半分を貼り付け、剥離紙4を剥がして全体をなじませていきます。


STEP.7
完成
あとはヘラで気泡を丁寧に逃していき、ムラなくなじんだら完成です。


 

2. DIGIFORCE 20W USB PD Fast Charger

Apple Watch 7から付属ケーブルがUSB-A端子 USB-C端子に変わり、20W以上の充電器と組み合わせると高速充電が可能になりました。

Apple Watch 7 GPSモデルの充電ケーブルはUSB Type-C端子に変更
 
20W対応の充電器では「Anker 511 Charger」か「DIGIFORCE 20W USB PD Fast Charger」がおすすめです。

Apple Watch 7の充電器はAnker 511 ChargerかDIGIFORCE 20W USB PD Fast Chargerがおすすめ
 
なかでもDIGIFORCEは格納プラグ型なので、持ち運びにはこちらのほうが適しています。


 
サイズは約28 x 28 x 33mmと、20Wの折りたたみ式充電器で世界最小サイズを実現しています。

DIGIFORCE 20W USB PD Fast Chargerのサイズは約28 x 28 x 33mm
 
カラの状態から充電開始したところ、本来なら約90分要していた充電時間が、約70分ほどで完了しました。


3. Anker Magnetic Charging Dock

Apple Watchの充電ドック「Anker Magnetic Charging Dock for Apple Watch」です。

Anker Magnetic Charging DockはUSBポート対応のApple Watch用磁気充電器
 
ケーブルの先端はUSB-AとUSB-Cの2種類から選べます。

Anker Magnetic Charging Dock for Apple WatchはUSB-AとUSB-Cの2種類から選べる
 
充電パッド部は起こすことができ、立て掛け充電にも対応しています。


 
サイズは約81 x 81 x 20mmのコンパクト設計で、据え置き用だけでなく、出かけるときにも忍ばせられるサイズ感。

Anker Magnetic Charging Dock for Apple Watchのサイズは約8.1 x 8.1 x 2.0cm
 
重量は約85gと軽めに仕上がっています。

Anker Magnetic Charging Dock for Apple Watchの重量は約85g
 
ケーブルを最大限ひきだすと約1.2mのケーブル長になるので、デスクでもベッドサイドでも設置場所を選びません。

Anker Magnetic Charging Dock for Apple Watchのケーブル長は約1.2m
 
フラットにしている状態なら縦置き、立てた状態の充電だとナイトスタンドモードで利用できます。



コンパクト&軽量設計かつ内蔵型ケーブル採用。

Anker Magnetic Charging Dock for Apple Watchは、据え置きでも携帯でも使えるApple Watch充電器です。

USB-Aポートタイプもあり

 

4. CIO ハイブリッドワイヤレスバッテリー

CIO ハイブリッドワイヤレスバッテリー」は、Apple Watch約20回分の充電に対応する、5,000mAhのワイヤレスモバイルバッテリーです。

CIO ハイブリッドワイヤレスバッテリーは5,000mAhのMagSafe対応モバイルバッテリー
 
本機最大の特徴が、マグネット式ワイヤレス充電パッドにQiチー規格用コイルとApple Watch用コイルを搭載し、両デバイスのワイヤレス充電に対応している点。


 
サイズは約94 x 63 x 16 mmの手のひらサイズであり、名刺ケース未満のコンパクト設計となっています。

CIO ハイブリッドワイヤレスバッテリーのサイズは約94 x 63 x 16 mm

 
重量は約150gと軽量におさまっています。

CIO ハイブリッドワイヤレスバッテリーの重量は約150g
 
背面には格納型のスタンドをそなえています。

CIO ハイブリッドワイヤレスバッテリーの背面にスタンド搭載
 
スタンドは引っ張り出して無段階調整でき、最大45°まで傾けられます。

CIO ハイブリッドワイヤレスバッテリーのスタンドは無段階調整可能

 
電源ボタンを押した後、充電パッドにApple Watchをもっていくとワイヤレス充電が可能です。


 
ただし、ワイヤレス出力は最大2.5Wとやや低めです。

CIO ハイブリッドワイヤレスバッテリーは最大2.5WのApple Watch充電に対応

純正充電器だと約70分でフル充電できますが、本機だと同時間で30%程度の充電回復にとどまります。

また、同じ充電パッドを使って、MagSafe対応のiPhone(12シリーズ以降)のワイヤレス充電にも対応しています。

CIO ハイブリッドワイヤレスバッテリーでMagSafe対応のiPhoneを充電している様子
 
磁力は強力で、バッテリー起点に本体を持ち上げても外れることはありません。


 
ケース越しの使用であっても、MOFT MagSafe対応ケースのようにマグネット搭載タイプであれば、しっかりくっ付きます。


 
スタンドも当然使えるので、動画視聴やレシピチェックしながらの充電にも最適。



 
スマホだけでなく、AirPods ProSoundcore Liberty 3 Proなど、Qi対応ワイヤレスイヤホンの充電にも使えます。

CIO ハイブリッドワイヤレスバッテリーはワイヤレスイヤホンの充電に対応

 
USB-Cは最大20W出力でき、iPhone 13シリーズの高速充電(30分で50%充電)に対応する高出力仕様のポートとなっています。

CIO ハイブリッドワイヤレスバッテリーのUSB-Cは最大20W出力に対応

iPhone(15.4W)

 
パススルー充電にも対応し、本体充電しながらのワイヤレス充電もできます。

CIO ハイブリッドワイヤレスバッテリーはパススルー充電に対応

 
ワイヤレス + USB-Cの同時充電もサポートし、合計最大27.5W(7.5W + 20W)の出力に対応しています。

CIO ハイブリッドワイヤレスバッテリーはワイヤレスとUSB-Cの同時充電が可能
 
マグネットタイプのモバイルバッテリーでApple Watch充電に唯一対応し、ユニーク性の高いアイテムです。

5. Belkin BOOST CHARGE PRO 3-in-1 Wireless Charger

iPhoneやAirPodsと一緒に充電できる、Belkinの「BOOST CHARGE PRO MagSafe 3-in-1磁気ワイヤレス充電器」です。

Belkin BOOST↑CHARGE PRO 3-in-1 Wireless Charger with MagSafeの外観

現代建築にインスパイアされた外観は美しく、Apple純正ストアで取り扱っているのも納得の、流麗りゅうれいなデザインに仕上がっています。

床置きサイズは直径16.5cmで、大人男性の手のひらくらいのサイズ感です。


 
各充電パッドを支えるT字部にはSUS(ステンレススチール)素材を採用し、プレミアムかつモダンな造りとなっています。

Belkin BOOST↑CHARGE PRO 3-in-1 Wireless Charger with MagSafeの背面部
 
iPhone充電時のワット数は、純正と同一の最大15Wに対応しています。

マクリン
横置きも可能なので、動画鑑賞しながらの充電もできますよ!

MagSafeの磁力もちょうど良く、iPhone充電時も円滑でピタッと吸い付きます。


 
Apple Watchの充電パッドは、傾きが絶妙かつ窪みもぴったり。


 
台座のLEDは、AirPodsが充電できていると白く点灯し、黄色点灯時は充電不良もしくは異物検出を表しています。


 
充電ベースはAirPods専用というわけではなく、他のワイヤレス充電対応イヤホンでも充電できるのでありがたいです。



 
iPhone・Apple Watch・AirPodsの3台同時充電にも当然対応し、各出力は「iPhone:最大 15W / Apple Watch:5W / AirPods:5W」と、ワイヤレス充電で実現できる最大ワット数を引き出せます。

BOOST↑CHARGE PRO 3-in-1 Wireless Chargerの使い勝手と充電能力、デザイン性の高さは他にはない魅力であり、Appleユーザーならベストパートナーのワイヤレス充電器といえるでしょう。

 
パット型はこちら
 
2-in-1はこちら

 

6. Anker Portable Magnetic Charger

Anker Portable Magnetic Charger for Apple Watchは、USBポート対応のApple Watch用磁気充電器です。

Anker Portable Magnetic ChargerはUSBポート対応のApple Watch用磁気充電器
 
裏面にはなめらかで光沢のあるアルミニウム合金を採用し、堅牢けんろうで傷つきにくくできています。

Anker Portable Magnetic Charger for Apple Watchの裏面はアルミニウム合金仕上げ
 
ホワイトとスペースグレイという、Appleでもおなじみの色の組み合わせだけあり、Apple製品との調和は抜群。

マクリン
AppleのMFi認証を受けてるので、その点でも安心!

重量は約25gとかなり軽く、ポケットに忍ばせればその存在を忘れるほど。

Anker Portable Magnetic Charger for Apple Watchの重量は約25g
 
MacBook Air/ProのUSBポートに直接差し込むだけで、専用の充電器として使えます。


 
磁力はマイルドですがマグネット式になっているので、Apple Watchの充電位置を外すことなく、スムーズに装着できます。


 
充電時は視認性高く時刻を確認できるので、時計代わりにも重宝します。


 
モバイルバッテリーとAnker Portable Magnetic Charger for Apple Watchを合体すれば、Apple Watch充電対応のモバブに格上げして利便性抜群。

サイズ・重量・質感ともに完成度高し。

Anker Portable Magnetic Charger for Apple Watchは、持ち運びできるApple Watch充電器として必携のアイテムに仕上がっています。

USB-Aポートタイプもあり

Apple Watchのおすすめアクセサリー・周辺機器まとめ

本記事は「【2022年】Apple Watch7と買うべきアクセサリー・周辺機器・モバイルバッテリー6選【おすすめ】」について書きました。

Apple Watchが出た当初は「別にいらんかな」くらいの気持ちでした。

ところがいざ使い始めると、もはや「生活必需品」といえるほど、手放せないガジェットになっていますw

本記事でご紹介した周辺機器・アクセサリーを足すことで、さらに実用的なスマートウォッチになるでしょう。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

 
CHECK NOW

 

Apple Watch 7のレビュー・評判・口コミを紹介!Series 6との違いもまとめてみた Apple Watchと買うべき代用の充電器おすすめ5選 【Apple Watch 6比較レビュー】Series 3/4/5との違い・外観・機能まとめ【評判・口コミ】 Apple WatchセルラーとGPSモデルのどちらを買うべき?両者の違いを比較 【iPhone 12 Pro比較レビュー】iPhone 11 Proとの違い・外観・機能・カメラまとめ【評判・口コミ】 【2022年】iPhoneと一緒に買うべき周辺機器・アクセサリー11選【おすすめ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。