記事を探す方は全カテゴリーへ

【2018年】Apple Watchと一緒に買うべき周辺機器・アクセサリー5選【おすすめ】

Apple Watchと一緒に買うべき、おすすめアクセサリー・周辺機器5選!

 

どうも、ビジネスでもApple Watch活用中のマクリン( @Maku_ring)です。

 

マクリン

メール・スケジュール・乗り換えが手元で確認できますし、電車・新幹線・飛行機もタッチ&ゴーですからね〜!

 

Apple Watch(アップルウォッチ)はそのまま使っても頼れる相棒ですが、アクセサリーを買い揃えることで、より便利で使いやすくなるのです。

数ある周辺機器・アクセサリーの中から熟考を重ね、「Apple Watchと一緒に買うべき5つのもの」に絞ってご紹介します。

そんなわけで本記事は「【2018年】Apple Watchと一緒に買うべき周辺機器・アクセサリー5選【おすすめ】」について書きます。

 

 
Apple Watchはふるさと納税でも入手可能
ふるさと納税サイト「ふるなび」に登録して、福岡県行橋市に納税すれば、その返礼品として実質2千円の負担(ただし年収約800万円以上)でApple Watch3 Nike+のGPSモデルが入手できます。
 

 

 

Apple Watch3 セルラーとGPSモデルのどっちを買うべき?GPSだと答える理由・違い

【徹底レビュー】Apple Watch用モバイルバッテリーならOittmが現状最強!

【Apple Watch用ステンレスバンド HyperLink316L】リンクブレスレットと同素材の高品質バンド

1. DALINCH TPU全面保護フィルム

Apple WatchのDALINCH TPU全面保護フィルム

Apple Watchのボディを守る保護カバー「TPU全面保護ケース For Apple Watch」です。

外気にさらされるだけでなく、タッチ&ゴーする機会も多いため、なにかと過酷な環境にあるApple Watch。本体を傷つけないために、もはや必須アイテムといえるでしょう。

 

マクリン

Apple Watch自体の美しいデザインを損なわないためにも、透明のカバーがおすすめですね。

数ある保護カバーの中でもこちらを推奨するのは、まず素材に「良質のTPUを用いている」こと。TPUとは「熱可塑性(ねつかそせい)ポリウレタン」のことでプラスチックの一種です。

シリコンゴムより硬く、RIMOWAのスーツケースに使われるポリカーボネートよりは柔らかいという、絶妙な剛性を持っています。

カバーのフィット感も素晴らしく、マイク・スピーカー穴やボタンの位置にぴったりはまります。

DALINCH TPU全面保護フィルムをApple Watchに装着した様子

透明度が大変高く、液晶のタッチ感度も落ちることはありません。

マクリン

2枚入っているので、カバーの取り替えが必要でも安心ですね!
 

2. Spigen Apple Watchスタンド

Spigen Apple Watchスタンド

Apple Watchの充電ドック「Spigen Apple Watch スタンド」。充電ポジションをピタッと決めるのに欠かせないアイテムです。

Apple Watchはケーブル先端のマグネット円盤に、背面を載せるだけで充電することができます。とはいえ、充電ポジションがなかなか決まらないことも多いのです。

 

マクリン

しかし、こちらがあれば、テキトーに置いても充電できちゃいますよ!
Spigen
¥1,430 (2018/08/19 18:19:54時点 Amazon調べ-詳細)
注意
充電ケーブルは付属していません。

 

置き場所に困らないコンパクトさ。素材には、先ほどの保護カバーと同じくTPUを用いており、Apple Watchがキズつかない優しい設計です。

SpigenスタンドにApple Watchを載せた様子

 

背面は充電センサーに完全フィットする形状で、左右いずれからでもケーブルを出せます。ケーブルに余計な負荷がかかりません。

Spigen Apple Watchスタンドの背面部

 

底面には滑り止めパッドが付いており、安定感抜群です。

Spigen Apple Watchスタンドの底部

 

マクリン

シンプルデザインながら、使い勝手に配慮したグッドアイテムですよ!
Spigen
¥1,430 (2018/08/19 18:19:54時点 Amazon調べ-詳細)

マクリン

ちなみに会社用などに、もう1個持っておきたい方には、充電ケーブル付きのコチラがおすすめですよ。

PoweraddのApple Watch用充電スタンド

 

Sponsored Links

 

3. Oittm Apple Watchモバイルバッテリー

Oittm Apple Watchモバイルバッテリー
Apple Watch用のモバイルバッテリーで、名前もそのまま「Oittm Apple Watchモバイルバッテリー」です。

スマートウォッチという特性上、なにかと操作する機会の多いApple Watch。

 

マクリン

ヤバい、バッテリー残量が全然ない……!

 

そんなことも少なくありません。そういうときこそモバイルバッテリーです。

 

なんとこちらのOittm Apple Watchモバイルバッテリー、Apple Watch用と謳っているだけあり、充電用のマグネット円盤を搭載しています。しかもバッテリー残量を確認できる4段階のLEDインジケーター付き。こりゃ便利。

 Oittm Apple Watchモバイルバッテリーは4段階のLEDインジケーター付き

 

それからこちらが優秀なのは、そのバッテリー容量


マクリン

なんとApple Watchを17回も満充電できちゃう大容量!

Apple Watch用でありながら、サイドにはUSB端子を備えており、iPhone・Androidを始めとするスマホ充電にも対応しているのです。

 Oittm Apple Watchモバイルバッテリーの側面にはUSB端子付き

マクリン

スマホとApple Watchのダブル充電もできちゃいますよ!

もう一方の側面にはマイクロUSBの入力端子があり、付属のケーブルで本体を充電します。

 Oittm Apple Watchモバイルバッテリーの側面にはマイクロUSB端子

 

マクリン

サイズもコンパクトで邪魔になりませんし、カバンへ常に忍ばせておくと便利ですよ。

Oittmの詳細レビューはこちら

【徹底レビュー】Apple Watch用モバイルバッテリーならOittmが現状最強!

 

Sponsored Links

 

4. Qtuo Apple Watch 収納バッグ

Apple Watch用の収納バッグ、「Qtuo Apple Watch 収納バッグ」です。

出張・旅行時に意外と邪魔になるのが、マグネット円盤付きの充電ケーブル。そんなケーブル収納に適しているのがこちらです。

 

円盤・ケーブル・USB端子ともにきれいに収納でき、携帯しやすい形に早変わり。

 

上部の保護カバーには、Apple Watchを充電センサーに取り付けた状態でボタン留めできるため、充電しながらの持ち運びもできちゃいます。

 

マクリン

素材はおなじみのTPU素材。Apple Watch・ケーブルともにキズ付きにくいのがいいですね!
 

Sponsored Links

 

5. HyperLink316Lステンレスバンド

Apple Watch専用バンド「HyperLink316Lステンレススチールバンド」です。仕事でApple Watchを使う人は、こちらに付け替えるだけでビジネス感がグッと高まります。

僕の使っているNikeモデルは、ベルトデザインが完全スポーツ仕様のため、ビジネスマンはそのままだと使いづらいのです。

Apple Watch Nikeモデルのベルトデザイン

 

マクリン

ステンレス素材のバンドは、オンオフ問わず使えるオールマイティバンド

Apple Watch用HyperLink316Lステンレスバンドの外観

 

数あるステンレスバンドでも「HyperLink316Lステンレススチールバンド」をおすすめするのは、ステンレスの中でも高級素材であるSUS316Lを使っているから。ただ高級なだけでなく、耐食性(さびにくさ)や耐水性といった物性も高いのです。

Apple Watch用HyperLink316Lステンレスバンドの留め金部

マクリン

SUS316Lはこちら以外だと、Apple純正の『リンクブレスレット』しか使っていないんですよ。

 

安価なバンドにありがちな、ステンレス板を曲げて作るタイプではなく、SUS316Lステンレスの塊から、コマの一つ一つを精密加工で削り出しているのです。装着すればすぐに分かる質感・剛性の高さ。

Apple Watch用HyperLink316Lステンレスバンドのコマ

 

マクリン

これだけハイクオリティにも関わらず、製造コストをクラウドファンディングで募ったから、お値段なんと純正バンド(約5万円)の5分の1
MEMO
現在はact2ストアのみでの販売です。
BUY NOW

 

HyperLinkの詳細レビューはこちら

【Apple Watch用ステンレスバンド HyperLink316L】リンクブレスレットと同素材の高品質バンド

 

「Apple Watchおすすめ周辺機器・アクセサリー」まとめ

「【2018年】Apple Watchと一緒に買うべき周辺機器・アクセサリー5選【おすすめ】」について書きました。

Apple Watchが出た当初は「別にいらんかな」くらいの気持ちでした。

ところがいざ使い始めると、もはや「生活必需品」といえるほど、手放せないガジェットになっていますw

本記事でご紹介した周辺機器・アクセサリーを足すことで、さらに実用的なスマートウォッチになるでしょう。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。
 

Spigen
¥1,430 (2018/08/19 18:19:54時点 Amazon調べ-詳細)
 
BUY NOW

 

Apple Watchはふるさと納税でも入手可能
ふるさと納税サイト「ふるなび」に登録して、福岡県行橋市に納税すれば、その返礼品として実質2千円の負担(ただし年収約800万円以上)でApple Watch3 Nike+のGPSモデルが入手できます。
 

 

 

Apple Watch3 セルラーとGPSモデルのどっちを買うべき?GPSだと答える理由・違い

【徹底レビュー】Apple Watch用モバイルバッテリーならOittmが現状最強!

【Apple Watch用ステンレスバンド HyperLink316L】リンクブレスレットと同素材の高品質バンド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です