Amazonチャージで千円もらえるキャンペーン

【TaoTronics TT-BH072レビュー】イコライザー機能&aptX HD対応の完全防水ワイヤレスイヤホン

 
どうも、10台以上の完全ワイヤレスイヤホンを愛用するマクリン( @Maku_ring)です。

Bluetoothブルートゥース接続でケーブルレスの完全ワイヤレスイヤホンは、一度使うと離れられないほど快適。

しかし、イヤホン単体では数時間しか使えないモデルが多く、またイヤホン自体を失くす心配もあります。

そこでおすすめなのが、左右間のイヤホンが有線でつながるスポーツタイプのワイヤレスイヤホン

TaoTronicsタオトロニクス社の「TT-BH072」は、国内ではTT-BH07Sに続いてQualcommクアルコム社の最新チップ「QCC3034」を搭載し、スポーツタイプで最長クラスの13時間再生を実現するモデルです。

また、コーデックは「AAC」「apt-X」「apt-X HD」に対応し、iPhoneとAndroidスマホの双方で高音質な音楽・動画再生を可能としています。
 

マクリン
しかも、5,000円以下のイヤホンではめずらしく、イコライザー調整機能を搭載してますよ!
 
そんなわけで本記事は「【TaoTronics TT-BH072レビュー】イコライザー機能&aptX HD対応の完全防水ワイヤレスイヤホン」です。

MEMO
本記事はメーカー様から商品を提供いただき作成しています。
 

TaoTronics TT-BH072の外観と付属品

TaoTronicsは知る人ぞ知るオーディオメーカー。

Twitterアカウント( @Taotronics_JP)のフォロワーは1万人以上抱えており、クオリティの高さから支持を集めています。

TT-BH072」は完全防水仕様(IPX5)のBluetoothワイヤレスイヤホンです。

防水規格IPX5
「あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない」と定義されている防水規格です。水中での使用には適していません。あらかじめご承知おきください。

TaoTronics TT-BH072の外観
 
イヤホンの重量はわずか14gと、抜群の軽量性を実現しています。

TaoTronics TT-BH072の重量
 
イヤーカップはマグネット式となっており、左右が磁力でくっ付きます。

TaoTronics TT-BH072のイヤーカップはマグネット式
TaoTronics TT-BH072のイヤーカップはマグネット式

TT-BH072はケーブルが約60cmと短いために絡まりづらく、首かけ時もスマートに決まります。

TaoTronics TT-BH072は首かけ時も快適に使うことができる
TaoTronics TT-BH072は首かけ時も快適に使うことができる

ハンディサイズのメッシュケースも付いており、外出時の持ち運びも困りません。

TaoTronics TT-BH072のメッシュケース
 
同梱品はイヤホン本体に収納ケース、Micro USBケーブル、イヤーピース&イヤーフックです。

TaoTronics TT-BH072の付属品
 
イヤーピースとイヤーフックは、本体装着済みのMサイズ以外に2種類ずつ入っています。

TaoTronics TT-BH072のイヤーピース&イヤーフック
 
コントローラーはボタン式で、音量ボタンと電源ボタンのみのシンプル構成です。

TaoTronics TT-BH072のコントローラーはボタン式
 
コントローラーの側面は、充電用のマイクロUSB端子となっています。

TaoTronics TT-BH072はマイクロUSB端子での充電
 
TT-BH072は、クアルコムの最新チップ「QCC3034」を搭載しているおかげで大幅な低消費電力化を実現し、最大13時間の長時間再生に対応しています(1時間40分で満充電)。

TaoTronics TT-BH072は最大13時間の長時間再生に対応

LEDインジケーター

  • 赤点灯 充電中
  • 青点灯 満充電
  • 青赤交互点滅 ペアリングモード
  • 5秒ごとに青1回点滅 ペアリング完了
 

Sponsored Links

 

TaoTronics TT-BH072の使用感と音質

TT-BH072は、Bluetooth接続(Bluetooth5.0)にのみ対応しています。

STEP.1
ペアリングモード
電源ボタンを約5秒長押しすると、青赤交互点滅のペアリングモードに入ります。


STEP.2
Bluetooth機器の接続設定
Bluetooth機器のBluetoothをオンにすると「TaoTronics TT-BH072」が表示されるのでそちらを選びます。


STEP.3
ペアリング完了
Bluetooth機器との接続が完了すると「接続済み」にステータスが変わり、スマホ画面右上にはイヤホンのバッテリー残量が表示されます。


 
イヤーフックを耳の中に引っ掛けられるのでグリップ力がしっかりあり、運動中でも外れることはまずありません。

TaoTronics TT-BH072の着用感
 
ボタンは3つのみながら、音声操作以外の全ての操作が可能です。

TaoTronics TT-BH072のリモコン

ボタン操作一覧
  • +ボタン 音量アップ/(長押し)曲戻し
  • 電源ボタン 再生/一時停止/受話/終話/(2回押し)リダイヤル/(1秒押し)着信拒否
  • ーボタン 音量下げ/(長押し)曲送り
 

さらにTT-BH072の大きな特徴として、5,000円以下のイヤホンではめずらしく、プリセットされた3つのモード(NormalノーマルBassベースTrebleトレブル)に調整できるイコライザー機能を搭載しています。

TaoTronics TT-BH072はイコライザー調整機能搭載

マクリン
+ボタンと電源ボタンの同時押しで切り替えできるので、使いやすいですよ!

TT-BH072は中音〜高音域が得意で、ボーカル・ギター音を特にうまく響かせられる音設計となっています。

ROCK&POPSと相性抜群のイヤホンです。
 

マクリン
イコライザーの効果もしっかり感じますよ!
 
Bassモードでは低音が増してベース・ドラムに重量感を感じるサウンド、Trebleモードではボーカル・ギターのクリアさがより強調されるサウンドに変化します。

また、高音質の圧縮方式「apt-X」「AAC」のみならず、apt-Xよりさらに音のすぐれる「apt-X HD」コーデックに対応しており、音の立体感も表現できています。

MEMO
apt-X/apt-X HDはAndroidに対応した規格、AACはiOS対応の規格です。
マクリン
apt-Xやapt-X HDに対応していると、動画視聴時の遅延も少ないので、音楽だけでなく動画を観る人にもおすすめできるモデルですよ!

価格5千円以下ながら、apt-X HD対応・クアルコムのチップ「QCC3034」採用・イコライザー機能搭載であり、現状コスパ最強のイヤホンといえるのではないでしょうか。

TT-BH072の評価
音質(中音〜高音が強め)
(4.5)
連続再生時間(13時間)
(5.0)
音声操作(あり)
(5.0)
防水・防滴(IPX5)
(4.0)
総合評価
(4.5)
 

Sponsored Links

 

TaoTronics TT-BH072レビュー│まとめ

本記事は「【TaoTronics TT-BH072レビュー】イコライザー機能&aptX HD対応の完全防水ワイヤレスイヤホン」について書きました。

TT-BH072はアプリ不要のイコライザー機能を搭載し、スポーツタイプで最長クラスの13時間再生を実現しているイヤホンです。

コーデックは「AAC」「apt-X」「apt-X HD」に対応し、iPhoneとAndroidスマホの双方で高音質な音楽・動画再生を可能としています。

同社の「TT-BH07S」と似た特徴を持つ製品ですが、豊富なカラバリ・チタンコーティングによる音響特性を好まれるならTT-BH07S、イコライザー調整機能にこだわるならTT-BH072といった選択になります。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。
 

【TaoTronics TT-BH07Sレビュー】aptX HD対応&15時間再生の完全防水ワイヤレスイヤホン【QCC3034搭載】 【SoundPEATS Q35+レビュー】aptX HD対応&14時間再生の完全防水ワイヤレスイヤホン【QCC3034搭載】 【MPOW S11レビュー】AAC・aptX対応&12時間再生の完全防水ワイヤレスイヤホン【Amazon3千円台】 【MPOW A4レビュー】完全防水&13時間再生のネックバンド型ワイヤレスイヤホン【Amazon3千円台】 【TaoTronics TT-BH029レビュー】完全防水&8時間再生のワイヤレスイヤホン【Amazon2千円台】 【おすすめ】ランニングにも適した、完全防水のスポーツイヤホン7選 【おすすめ】コスパ最強の安い完全ワイヤレスイヤホン13選【1万円台以下】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

マクナビ