11/27(金)から5日間のビッグセール開催

【SoundPEATS TrueShift2レビュー】USB-C充電&モバイルバッテリー搭載の完全ワイヤレスイヤホン

オンライン会議が増えてワイヤレスイヤホンが欠かせないマクリン( @Maku_ring)です。

長い会議が連続することもあり、そういうときに気になるのがバッテリー(連続使用可能時間)

ロングバッテリーであったほうが、会議あるいは出張の移動時間にも重宝します。

それから充電ポートの種類も重要。

USBタイプCに対応していれば、既存のケーブルとも互換性があり、これからのポートの主流なのでおすすめ。

これらを満たすイヤホンが「SoundPEATS TrueShift2」です。

SoundPEATS TrueShift2の外観

USBタイプC(USB-C)充電対応にくわえ、ケースふくめて100時間再生可能な超ロングライフバッテリーとなっています。

その大容量を活かし、モバイルバッテリーとしても使えるすぐれもの。

サウンド面もそれなりに優秀で、Bluetooth 5.0対応かつAACコーデックで、途切れない高音質で音楽や音声を楽しめます。

そんなわけで本記事は「【SoundPEATS TrueShift2レビュー】USB-C充電&モバイルバッテリー搭載の完全ワイヤレスイヤホン」について書いていきます。

ご提供品
本記事はメーカー様から商品を提供いただき作成しています。
この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

東京在住のサラリーマンで、品川のコワーキングスペース「Ray Terrace(レイテラス)」も運営しています。当ブログでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。プロフィール詳細

SoundPEATS TrueShift2の外観と付属品

SoundPEATS TrueShift2完全防水仕様(IPX7)の完全ワイヤレスイヤホンです。

SoundPEATS TrueShift2は完全防水仕様(IPX7)の完全ワイヤレスイヤホン

防水規格IPX7
「一時的(30分)に一定水深(1m)の条件に水没しても内部に浸水しない」と定義されている防水規格です。
マクリン
ワイヤレスイヤホンでも最高クラスの防水仕様なので、雨天・スポーツ時も安心ですね!

タッチセンサー部分にはブランドロゴが大胆にあしらわれています。


 
イヤホン自体も軽く、両耳で約11gにおさえられています。

SoundPEATS TrueShift2の重量
 
イヤホンは充電機能付きのケースに収納することができます。

SoundPEATS TrueShift2の充電ケース
 
名刺サイズとやや大きいものの、指紋の付きづらい表面になっています。

SoundPEATS TrueShift2のケースは名刺サイズ
 
前部のフタを開けると端子類があり、本体充電用のUSB-Cとデバイス充電用のUSB-Aを備えています。

SoundPEATS TrueShift2の端子類
 
同梱品はイヤホン本体にケース、イヤーピースとイヤーフック、USBタイプCケーブルです。


注意
アダプターは付いていませんので別途ご用意ください。
 
ケースを開閉することでバッテリー残量を4段階のLEDランプで確認することができます。

SoundPEATS TrueShift2のモバイルバッテリー機能

SoundPEATS TrueShift2の大きな特徴がロングバッテリーであること。

イヤホン単体で6時間分のバッテリー、ケース合計ではなんと100時間(16.5回分)もの連続使用が可能です。

マクリン
圧倒的なロングバッテリー!
 
3,000mAhの大容量バッテリーを生かし、側面のUSBポートからデバイスを充電できるモバイルバッテリー機能を備えています。


 
iPhoneやGoogle Pixelなら約1回充電できる充分な容量です。


 
最大5V/1Aまでの出力に対応し、スマホなら問題なく急速充電できるアンペア数です。

Sponsored Links

 

SoundPEATS TrueShift2のペアリング方法

SoundPEATS TrueShift2のペアリング(Bluetooth対応機器との接続)方法はとてもシンプルです。

STEP.1
ペアリングモード
ケースから取り出すと、左右イヤホンが白点灯するペアリングモードに入ります。


STEP.2
Bluetooth機器の接続設定
Bluetooth機器のBluetoothをオンにすると「SoundPEATS TrueShift2」が表示されるのでそちらを選びます。


STEP.3
ペアリング完了
Bluetooth機器との接続が完了すると「接続済み」にステータスが変わります。

以上がペアリング方法です。

両イヤホンをつなぐステレオモードにくわえ、右/左イヤホンだけ接続するモノラルモードも備えています。

また一度ペアリングさえすれば、次から本体取り出しで電源オンになってペアリングする、自動オン&ペアリング機能を搭載しています。

SoundPEATS TrueShift2の装着感と音質

SoundPEATS TrueShift2は人間工学に基づく設計で、耳にぴったり装着することができます。

SoundPEATS TrueShift2は人間工学に基づく設計
 
操作はタッチコントロール式で、軽くタッチするだけで音量調整ふくめて全操作が可能です。

SoundPEATS TrueShift2はタッチコントロール式

ボタン操作一覧
  • 右1回押す 音量+
  • 左1回押す 音量−
  • (右/左)2回押す 再生/一時停止/受話/終話
  • 右1.5秒押し 曲戻し(前の曲)
  • 左1.5秒押し 曲送り(次の曲)
  • 着信中(右/左)1.5秒押し 通話拒否
  • 通話中2秒押し 通話切替
  • (右/左)3回押す 音声操作起動(Siri/Googleアシスタント)
マクリン
軽く叩くように押すと操作しやすいですよ!

SoundPEATS TrueShift2は低音から高音までバランスが良く、優等生的な音の味付けとなっています。

AACコーデック対応であるもののapt-Xには非対応なので、Android端末で動画視聴の機会が多い人は、別モデルが適しているでしょう。

MEMO
apt-XはAndroidに対応した規格、AACはiOS対応の高音質コーデックです。AACはAndroid 8.0以降にも標準装備されています。

いわゆるドンシャリ好きには適していませんが、クセのない素直なサウンドを好むならおすすめです。

TrueShift2の評価
音質(高音域が得意)
(3.5)
連続再生時間(3時間)
(5.0)
音声操作(あり)
(5.0)
防水・防滴(IPX7)
(5.0)
総合評価
(4.5)

Sponsored Links

 

SoundPEATS TrueShift2レビューまとめ

本記事は「【SoundPEATS TrueShift2レビュー】USB-C充電&モバイルバッテリー搭載の完全ワイヤレスイヤホン」について書きました。

SoundPEATS TrueShift2は、IPX7の完全防水仕様かつ計100時間使用可能と、4千円台としては破格のコスパをほこります。

実用面にもすぐれており、USB-C充電にくわえ、モバイルバッテリーなどユニークな機能を備えています。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

【おすすめ】コスパ最強の安い完全ワイヤレスイヤホン16選【1万円台以下】 【SoundPEATS Truengine2レビュー】USB-C充電&AAC・aptX両対応の完全ワイヤレスイヤホン【QCC3020】 【cheero Wireless Earphones Bluetooth 5.1レビュー】ダンボーくんがかわいい完全ワイヤレスイヤホン【CHE-627】 【SoundPEATS TrueAir2レビュー】QCC3040搭載・USB-C充電・aptX対応のインナーイヤー型完全ワイヤレスイヤホン 【SoundPEATS TrueFreeレビュー】小型ケース&AAC対応の完全ワイヤレスイヤホン【Amazon3千円台】

2 COMMENTS

くり

接続中の光の点滅は消すことはできますか?他のブログで消す方法との記述がありましたが、そのブログ以外に消す方法にあたる記述が見られないので気になります。

返信する
マクリン

くり様、

メールでも光の点滅を消す方法をご教示いただき、誠にありがとうございます!
追記させていただきますm(_ _)mで

マクリン

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です