おすすめのガジェットを探す「マクナビ」

【SoundPEATS TrueCapsuleレビュー】AAC対応&タッチセンサーの完全ワイヤレスイヤホン

 
どうも、ワイヤレスイヤホン10台持ちのマクリン( @Maku_ring)です。

Bluetoothブルートゥース接続でケーブルレスの完全ワイヤレスイヤホンは、通勤・作業時に欠かせないアイテム。

最近は安くでも優秀な、コスパの高いワイヤレスイヤホンが出揃っています。

中でも、ボタン押し込みがなくて耳に負担のかからない、タッチセンサー搭載(タッチコントロール)のモデルはおすすめです。

また、高音質の圧縮方式「AAC」に対応していれば、iPhoneで聴いたときに遅延の少ない上質なサウンドを楽しむことができます。

これらの条件を満たすのが、SoundPeatsサウンドピーツ社の「SoundPEATS TrueCapsule」です。

SoundPEATS TrueCapsuleは、イヤホン単体で4時間の連続再生に対応する、自動ペアリング&タッチセンサー搭載の完全ワイヤレスイヤホンです。

Bluetooth 5.0に対応し、接続が安定しているだけでなく、AACコーデックで音質面にもこだわって作られています。

そんなわけで本記事は「【SoundPEATS TrueCapsuleレビュー】AAC対応&タッチセンサーの完全ワイヤレスイヤホン」について書いていきます。

SoundPEATS TrueCapsule
SoundPEATS(サウンドピーツ)
 

SoundPEATS TrueCapsuleの外観と付属品

SoundPEATSは2013年に創業した中国のガジェットメーカーで、Bluetoothスピーカーやイヤホンなどの音響機器を手がけています。

完全ワイヤレスイヤホンを中心に人気を集めており、Twitter( @SoundPEATS_JP)のフォロワーさんも13,000人以上抱えています。

SoundPEATS TrueCapsule」は完全防水仕様(IPX5)の完全ワイヤレスイヤホンです。

防水規格IPX5
「あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない」と定義されている防水規格です。水中での使用には適していません。あらかじめご承知おきください。

SoundPEATS TrueCapsuleは完全防水仕様(IPX5)の完全ワイヤレスイヤホン

AirPodsと同様、耳からうどん形状ではありますが、本体カラーがブラックかつソリッドなフォルムなので、クールに仕上がっています。

 

マクリン
しかも重さは両耳わずか10gの軽量設計!

SoundPEATS TrueCapsuleは両耳わずか10gの軽量設計
 
イヤホン本体はバッテリー内蔵の収納ケースに格納することができます。

SoundPEATS TrueCapsuleのバッテリー内蔵収納ケース
 
こちらのケースは80 x 37 x 27mmとかなりのコンパクト仕様かつ、握りやすい楕円だえん形状です。

SoundPEATS TrueCapsuleの収納ケースのサイズ
 
ケースはプラスチック製ですが、ブランドロゴもオンされており、所有欲を高めるデザインとなっています。


 
ケースの重さも37gと抜群に軽く、小型なのも相まって、どこに入れても邪魔になることはありません。

SoundPEATS TrueCapsuleの収納ケースの重さ
 
ケース裏面には、充電用のMicro USB端子を備えています。

SoundPEATS TrueCapsuleのMicro USB端子
 

SoundPEATS TrueCapsuleは、イヤホン単体で4時間分の連続使用が可能です。

SoundPEATS TrueCapsuleはケース併用で24時間の連続使用が可能

MEMO
ケース併用では24時間(6回分)の連続使用ができます。
 
イヤホンを格納することで、バッテリー残量が4段階のLEDランプで表示されます。

SoundPEATS TrueCapsuleのバッテリー残量は4段階のLEDランプ表示

LED1個目点滅 10〜24%
LED1個点灯 25〜49%
LED2個点灯 50〜74%
LED3個点灯 75〜100%
 
同梱品はイヤホン本体に充電ケース、イヤーチップ、Micro USBケーブルです。

SoundPEATS TrueCapsuleの付属品

注意
アダプターは付いていませんので別途ご用意ください。
 
イヤーピースは本体装着済みのものをふくめ、S/M/Lと3種類あります。

SoundPEATS TrueCapsuleのイヤーチップ

SoundPEATS TrueCapsule
SoundPEATS(サウンドピーツ)
 

SoundPEATS TrueCapsuleのペアリング

SoundPEATS TrueCapsuleのペアリング(Bluetooth対応機器との接続)方法はとても分かりやすくできています。

STEP.1
ペアリングモード
イヤホンをケースから取り出すと、左右間で接続した後、右イヤホンのみ赤白点滅を繰り返すペアリングモードに入ります。

STEP.2
Bluetooth機器の接続設定
Bluetooth機器のBluetoothをオンにすると「SOUNDPEATS TrueCapsule」が表示されるのでそちらを選びます。


STEP.3
ペアリング完了
Bluetooth機器との接続が完了すると「接続済み」にステータスが変わります。

マクリン
一度ペアリングすれば、次回からイヤホンを取り出すだけで自動的に接続する、自動ペアリング搭載なので快適ですよ!

以上がペアリング方法です。

SoundPEATS TrueCapsuleは、両イヤホンをつなぐ両耳モードにくわえ、右イヤホン(親機)だけ接続する片耳モードも備えています。

 

マクリン
まわりの音を聞く必要があるときは、片耳モードが便利!
SoundPEATS TrueCapsule
SoundPEATS(サウンドピーツ)
 

Sponsored Links

 

SoundPEATS TrueCapsuleの装着感と音質

SoundPEATS TrueCapsuleは、耳からひょろっと飛び出た形状ですが、その色と形状のおかげでスタイリッシュに決まります。

SoundPEATS TrueCapsuleを装着した様子
 
表面はタッチセンサーになっており、タッチするだけで音量調整以外の全操作が可能です。

SoundPEATS TrueCapsuleはタッチコントロール式

ボタン操作一覧
  • 右2回タップ 再生/一時停止/受話/終話
  • 右1.5秒押し 曲送り/着信拒否
  • 左1.5秒押し 曲戻し
  • 左2回タップ 音声操作起動(Siri/Googleアシスタント)
注意
音量調整は、本体もしくは音声アシスタント(Siri/Googleアシスタント)で操作してください。
マクリン
軽くたたくように押すと、上手く反応しますよ!

SoundPEATS TrueCapsuleは、iPhoneなどiOS端末から良い音で楽しめる、高音質コーデックのAACに対応しています。

中音・高音域の解像度にすぐれた音設計で、ヴォーカルとギター・ドラムのスネア音が特にクリアに出せるイヤホンに仕上がっています。

低音は強くありませんのでドンシャリ好きには適していませんが、クセのない素直なサウンドを好むなら良い相棒になるはずです。

マクリン
ロック&ポップスに映えるモデルですよ!
TrueCapsuleの評価
音質(中高音域が得意)
(4.0)
連続再生時間(4時間)
(4.0)
音声操作(あり)
(5.0)
防水・防滴(IPX5)
(4.0)
総合評価
(4.0)
SoundPEATS TrueCapsule
SoundPEATS(サウンドピーツ)
 

Sponsored Links

 

SoundPEATS TrueCapsuleレビューまとめ

本記事は「【SoundPEATS TrueCapsuleレビュー】AAC対応&タッチセンサーの完全ワイヤレスイヤホン」について書きました。

SoundPEATS TrueCapsuleは、イヤホン単体で4時間の連続再生に対応する、自動ペアリング&タッチセンサー搭載の完全ワイヤレスイヤホンです。

AACコーデックで音質面も抜かりなく、ロック&ポップスに相性抜群の味付けとなっています。

マクリン
5,000円以下とは思えない、コスパ優秀の完全ワイヤレスイヤホンですよ!

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。
 

SoundPEATS TrueCapsule
SoundPEATS(サウンドピーツ)
【SoundPEATS Truepodsレビュー】USBタイプC充電対応&タッチセンサーの完全ワイヤレスイヤホン 【SoundPEATS TrueShift Q45レビュー】ワイヤレス充電&モバイルバッテリー搭載の完全ワイヤレスイヤホン 【TaoTronics SoundLiberty 53レビュー】長時間再生&タッチセンサーの完全ワイヤレスイヤホン 【おすすめ】コスパ最強の安い完全ワイヤレスイヤホン13選【1万円台以下】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です