マクリンのおすすめガジェット

【RAVPower RP-PB159レビュー】45WのPD対応USB-CとUSB-A搭載の大容量モバイルバッテリー【20100mAh】

 
どうも、ノマドワーカーのマクリン( @Maku_ring)です。

あらゆる場所が仕事場になるワタクシには、MacBook Proとともにモバイルバッテリーが必須アイテム。

しかもただのモバイルバッテリーではなく、MacBookにも充電できる高出力のUSB給電規格「PD(Power Delivery)」対応のモバイルバッテリーでなくてはいけません。
 

マクリン
電源のない場所でも仕事する機会が多いですからね。
 

このたび僕は、PD対応かつ20,100mAhの超大容量モバイルバッテリー、RAVPowerの「RP-PB159」を導入しました。

RAVPower RP-PB159は、モバイルバッテリーとして最高クラスである、45Wの電力供給を可能とし、MacBook Proとスマホの同時充電もできる、ハイパワーモバブです。

そんなわけで本記事は「【RAVPower RP-PB159レビュー】45WのPD対応USB-CとUSB-A搭載の大容量モバイルバッテリー【20100mAh】」について書いていきます。

 

RAVPower RP-PB159の外観と付属品

RAVPower社の「RP-PB159」は、20,100mAhの超大容量モバイルバッテリーです。

MacBook Proは約20,000mAhであり、まさにノートPCの充電まで想定したモデルとなっています。

RAVPower RP-PB159の外観
 

MacBook Proですら約1回充電できる大容量なので、スマホはもちろん複数回可能で、たとえばiPhone XSは約4.3回分の充電に耐えうる容量です。

RAVPower RP-PB159はiPhone XSが約4.3回分充電可能
 
デバイス充電用にPD対応USB-CポートとUSB-Aポートを備え、中でもUSB-Cは45Wと最高クラスの出力

RAVPower RP-PB159はPD対応USB-CとUSB-A搭載

マクリン
MacBookとAirなら急速充電、MacBook Proでも通常充電できる高出力なんですよ!
 
サイズは160 x 78 x 23mmと、手のひら大の大きさとなっています。

RAVPower RP-PB159のサイズ
 

3種類の端子を備えるだけあり、同クラスのモバイルバッテリー「Anker PowerCore Speed 20000 PDこちらは2ポート)」と比較すると、やや幅広です。

RAVPower RP-PB159のサイズ
 
重さは約399gで、20,000mAhクラスとしては標準的な重量(このクラスはちと重いw)。

RAVPower RP-PB159の重さ
 
表面はざらつき感のあるつや消し加工となっており、キズ付きにくく、指紋の付きづらい外装となっています。

RAVPower RP-PB159の表面はつや消し加工
 
底面には、バッテリーの容量である「20100mAh」が大きく刻まされており、存在感を出しています。

RAVPower RP-PB159の底面
 
側面には電源ボタンがあり、こちらを押すことで、4段階表示のLEDインジケーターからバッテリー残量を確認することができます。

RAVPower RP-PB159の電源ボタン
RAVPower RP-PB159のLEDインジケーターでバッテリー残量確認
LED1個点滅 25%未満
LED1個点灯 26〜50%
LED2個点灯 51〜75%
LED3個点灯 76〜99%
LED4個点灯 100%
 
同梱品はバッテリー本体にMicro USBケーブル、USBタイプCケーブル、専用ケースです。

RAVPower RP-PB159の付属品
 
ケースは、RAVPowerロゴが印字された、所有欲を高める造りとなっています。

RAVPower RP-PB159の専用ケース
 

マクリン
ケーブルを入れるのに適したポケットも付いてますよ!

RAVPower RP-PB159の専用ケースはポケット付き

 

RAVPower RP-PB159の本体充電ポートは2種類

RP-PB159本体充電用に2種類の端子(Micro USB/USB-C)を備えています。

RAVPower RP-PB159の本体充電ポートは2種類
 
本体充電がMicro USBのみのモバイルバッテリーも多い中、USBタイプCも使えるのはかなり重宝します。

RAVPower RP-PB159は本体充電ポートにUSB-Cも使える

マクリン
MacBookのUSB-Cからも充電できるから便利ですね!
 

Micro USB端子での充電は、QC(Quick Charge)対応充電器を使用することで、約5.5時間で満充電が可能です。

RAVPower RP-PB159のMicro USB端子での充電はQC対応の充電器を使うと約5.5時間で満充電

MEMO
QC非対応の充電器を用いた場合、約9.5時間でフル充電されます。
 
USB-Cを使った本体充電のほうが速く、PD対応充電器を使用して本体に30Wの入力を行うことで、わずか3.5時間で満充電が可能となります。

RAVPower x AUKEY充電器(26W)

こちらのPD充電器を使用

【AUKEY PA-Y10レビュー】USB-CとUSB-Aを兼ね備えた軽量小型のPD対応充電器【46W】
マクリン
これだけ満充電が速いと、快適に使えますね!
 

Sponsored Links

 

RAVPower RP-PB159は高機能なUSB-CとUSB-A搭載

RP-PB159は、デバイス充電用にUSBタイプAとタイプC端子を備えています。

RAVPower RP-PB159は高機能なUSB-CとUSB-A搭載

MEMO
USB-CのみPD対応です。
 

PD対応USB-C端子は、本体充電もデバイス充電も可能であり、入出力両方の機能を備えています。

RAVPower RP-PB159のPD対応USB-C端子は本体充電もデバイス充電も可能
 
特筆すべきはその出力。

モバイルバッテリーとしては最高クラスの最大45Wに対応しており、MacBook Pro・Nintendo Switchなど、高出力を要するデバイスの充電も余裕です。

RAVPower RP-PB159はモバイルバッテリーとしては最高クラスの最大45Wに対応
 

ためしにUSB-C電圧電流チェッカーで、RP-PB159とMacBook Pro純正充電器のワット数(電流 x 電圧)を比較したところ、両者ほぼ変わらない値を示していました。

RAVPower(35.5W)

Mac純正(35.2W)

 
USB-A端子はRAVPower独自技術「iSmart2.0」に対応しています。

iSmart2.0によって、接続された機器を自動検知し、最大2.4Aまでの範囲で適切な電流を流すことができます。
 

マクリン
つまり、どのデバイスにも最適な電流を流せるということ!
注意
iPad・iPhone・Android端末を急速充電可能ですが、Quick Charge 3.0には対応しておりませんので、ご留意ください。
 

スマホ・タブレットでは、以下のアンペア数を出力できれば、急速充電が可能です。

急速充電の電流値

  • スマホ 1.0A
  • タブレット  1.5A

 

出力アンペア数をUSB電流電圧テスターで計測した結果、スマホとタブレットいずれも、電流値が適切な値に調整されていることが確認できました。

RAVPower x スマホ(1.25A)

AUKEY x タブレット(1.82A)

 

2台の同時充電も可能であり、この場合は安全性を喫してUSB-Cは30W出力に制限されるものの、USB-Aにもきっちり電流が供給されていることが確認できました。

RAVPower x スマホ(0.97A)

 
超大容量にして高機能。

RP-PB159はノートPCふくめ、様々なデバイスを充電できる環境を得たいなら、迷わず買うべきモバイルバッテリーです。

 

Sponsored Links

 

RAVPower RP-PB159レビューまとめ

本記事は「【RAVPower RP-PB159レビュー】45WのPD対応USB-CとUSB-A搭載の大容量モバイルバッテリー【20100mAh】」について書きました。

RP-PB159は20,000mAhクラスのPD対応で数少なく、2種類のUSB入力端子を備える、超大容量モバイルバッテリーです。

ノートPCやタブレット・スマホなど、あらゆるデバイスを急速充電できるモバブをお探しなら、確実に満足できる一品となるでしょう。

マクリン
まさにガジェットまみれのワテ向けの製品やで!

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。
 

【20000mAh】おすすめのPD対応大容量モバイルバッテリー人気4選【ノートPCも充電可能】 【Anker PowerCore Lite 20000レビュー】2種類のUSBから充電できる超大容量モバイルバッテリー 【2019年】おすすめのモバイルバッテリーとその選び方・完全版【大容量・PD対応・薄型・Qi】

3 COMMENTS

またごい

こんにちは。購入検討おります。
レビュー大変参考になりました。ありがとうございます。

一つ伺いたいのですが、このバッテリーへの充電時、
USB-C入力(30W)とMicroUSB入力(18W)を同時接続すると、
合計の48Wで充電することができるのでしょうか。
それとも、どちらかの入力が優先されて30Wか18Wで充電されることになりますか。
どうぞよろしくお願いいたします。

返信する
マクリン マクリン

またごい様、

ご質問ありがとうございます。
同時充電時はUSB-Cの30Wのみが優先され、Micro USB側は安全性を喫して、無効になる設定のようです。

ぜひご参考くださいませm(_ _)m

マクリン

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です