アマゾン1,000円還元でお得に買い物する方法

【RAVPower RP-PB134レビュー】タブレットも充電できる軽量スティック型モバイルバッテリー【最大2.4A出力】

 
どうも、10台以上のモバイルバッテリーを所有するマクリン( @Maku_ring)です。
 

ヨメ
ねえねえ、そんだけ持ってるなら安くて軽くてパワフルなモバイルバッテリーないの?
 
マクリン
ふっふっふ、そんな君にぴったりのモバイルバッテリーがありまっせ!

それが「RAVPower RP-PB134」です。

RAVPower RP-PB134は、持ちやすいスティック型(円柱形)のデザインを採用し、直径3.3 x 10.7cmの小型設計かつiPhone XSより大幅に軽いモバイルバッテリーです。

軽量ながら、そのバッテリー容量はiPhoneを1回以上充電できる5,000mAhであり、タブレットも充電可能な最大5V/2.4A出力のUSBタイプA端子を有しています。
 

マクリン
しかもお値段は驚異の1,500円台
 
そんなわけで本記事は「【RAVPower RP-PB134レビュー】タブレットも充電できる軽量スティック型モバイルバッテリー【最大2.4A出力】」について書いていきます。

 

RAVPower RP-PB134の外観と付属品

RAVPower RP-PB134」は、5,000mAhのモバイルバッテリーです。

RAVPower RP-PB134の外観
 
5,000mAhのバッテリー容量は、最新モデルのiPhoneでも1回以上充電できる充分な容量です。

RAVPower RP-PB134は5,000mAhのバッテリー容量
 
スティック型(円柱形)のデザインを採用し、持ち運びやすい形状となっています。

RAVPower RP-PB134はスティック型(円柱形)のデザイン
 

そのサイズは直径3.3 x 10.7cmとかなりコンパクトで、5,000mAhクラスのベストセラーである「Anker PowerCore Fusion 5000」と比較してもその差は歴然。


 

同サイズの小型バッテリーは今のところ「Anker PowerCore 5000」のみですが、後述する本体/デバイス充電の点ではRAVPower RP-PB134のほうがすぐれています。

 
重量もかなり軽く、PowerCore Fusion 5000が186gなのに対し、RAVPower RP-PB134はわずか131gです。

Anker PowerCore Fusion 5000は186g
RAVPower RP-PB134はわずか131g
マクリン
iPhoneが約180gなので、それすら切る超軽量設計
 
同梱品は本体とMicro USBケーブル、収納ポーチです。

RAVPower RP-PB134の付属品
 
収納ポーチはRAVPowerロゴが印字され、所有欲を高める作りとなっています。

RAVPower RP-PB134の専用ケース
 
前面には残量確認用のLEDインジケーターが付いており、電源ボタンを押すと、4段階の点灯でおおよそのバッテリー残量が分かります。

RAVPower RP-PB134は残量確認用のLEDインジケーター付き

LED1個点灯 〜25%
LED2個点灯 〜50%
LED3個点灯 〜75%
LED4個点灯 〜100%
 

RAVPower RP-PB134の入出力端子

RAVPower RP-PB134は本体充電用にMicro USB端子、デバイス充電用にUSBタイプA端子を備えています。

RAVPower RP-PB134の入出力端子
 
Micro USB端子に差すことで本体の充電が可能です。


 
このクラスのバッテリーとしてはめずらしく、最大5V/2Aの入力に対応しているため、最短4時間で満充電が完了します。

RAVPower RP-PB134は最大5V/2Aの入力に対応で最短4時間で満充電が完了
 
デバイス充電用にはiSmart 2.0対応のUSBタイプA端子が付いています。

RAVPower RP-PB134はデバイス充電用にUSBタイプA端子が付いている

iSmart2.0によって、接続された機器を自動検知し、最大2.4Aまでの範囲で適切な電流を流すことができます。
 

マクリン
つまり、どのデバイスにも最適な電流を流せるということ!

しかもRAVPower RP-PB134は、このクラスのバッテリーとしては最高レベルの出力であり、タブレットの充電にも対応しています。

注意
iPad・iPhone・Android端末を急速充電可能ですが、Quick Charge 3.0には対応しておりませんので、ご留意ください。
 
スマホ・タブレットで以下のアンペア数を出力できれば、急速充電が可能です。

急速充電のアンペア数

  • ガラケー 0.5A
  • スマホ 1.0A
  • タブレット  1.5A

 
ガラケーとスマホ・タブレットのいずれでも、電流値が適切な値に調整されていることが確認できました。

ガラケー(0.51A)

スマホ(0.96A)

タブレット(1.54A)

 
格安・軽量かつコンパクト。

RAVPower RP-PB134は5,000mAhのバッテリー容量とデバイスの急速充電に対応し、普段使いに最適なモバイルバッテリーです。

 

Sponsored Links

 

RAVPower RP-PB134レビューまとめ

本記事は「【RAVPower RP-PB134レビュー】タブレットも充電できる軽量スティック型モバイルバッテリー【最大2.4A出力】」について書きました。

RAVPower RP-PB134は1,500円台の価格設定ながら、サイズ・重量面ともに妥協のない仕上がりで、外出時のお供におすすめできるモバイルバッテリーです。

入出力ともに充電スピードも速く、充電面でも快適に使用できるモデルとなっています。

マクリン
ポケットに入れても邪魔にならないスティック型がうれしいですね!

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

【2019年】おすすめのモバイルバッテリーとその選び方・完全版【大容量・PD対応・薄型・Qi】 【RAVPower RP-PB125比較レビュー】Ankerより大容量のACプラグ搭載6700mAhモバイルバッテリー Anker PowerCore Fusion 5000を超えた!? OMKUY Qiモバイルバッテリー比較レビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です