Amazonチャージで1000円キャンペーン

【傑作ぞろい】RAVPowerのモバイルバッテリーで買うべきおすすめ4モデル!

モバイルバッテリー50台持ちマクリン( @Maku_ring)です。

モバイルバッテリーで一大ポジションを築いているAnker(アンカー)ですが、それに勝るとも劣らない製品を出しているのがRAVPower(ラブパワー)

製品数は多くありませんがいずれも傑作ぞろいで、個人的には性能ナンバーワンのモバブメーカーと考えています。

そんなわけで本記事は「【傑作ぞろい】RAVPowerのモバイルバッテリーで買うべきおすすめ4モデル!」について書いていきます。
 

RAVPower(ラブパワー)のおすすめモバイルバッテリー

モバイルバッテリーを選ぶ際、まず気にすべきはバッテリー容量です。

「モバイルバッテリーでどのデバイスを充電するのか」で容量を決めるといいでしょう。

バッテリー容量

  • 5,000mAh スマホ・イヤホン・スマートウォッチ
  • 10,000mAh スマホ・タブレット
  • 20,000mAh スマホ・タブレット・ノートPC

あとはUSBポートの数や種類でしぼっていく形になります。

それでは数あるRAVPowerのモバイルバッテリーでも、特におすすめの4製品を紹介します。

製品名バッテリー容量ポート重量タイプ
RAVPower RP-PB125
6,700mAhMicro USB(10W入力)
USB-A x 2(12W出力)
※ポート合計15W出力
約192gハイブリッドタイプ
RAVPower RP-PB186
10,000mAhPD対応USB-C(18W入力/29W出力)
USB-A(18W出力)
※ポート合計29W(18W+10.5W)出力
約186g通常タイプ
RAVPower RP-PB159
20,000mAhMicro USB(18W入力)
PD対応USB-C(30W入力/45W出力)
USB-A(12W出力)
※ポート合計42W(30W+12W)出力
約399g通常タイプ
RAVPower RP-PB201
20,000mAhPD対応USB-C(30W入力/60W出力)
USB-A(18W出力)
※ポート合計60W(45W+15W)出力
約369g通常タイプ

 

RAVPower RP-PB125

RAVPower RP-PB125」は6,700mAhのモバイルバッテリー搭載USB急速充電器です。

RAVPower RP-PB125の外観
 
本体に折りたたみプラグを備え、USB充電器として使うこともできます。

RAVPower RP-PB125は折り畳みプラグを備えUSB充電器としても使える

マクリン
これまでバッテリーと充電器の2つを持ち歩いてましたが、こちらを買ってからひとつで済んでます!

バッテリー容量はちょうどいい6,700mAhであり、iPhone 11 Proなら約1.5回分の充電が可能です。

RAVPower RP-PB125は6,700mAhのバッテリー容量
 

Ankerの同タイプバッテリー「PowerCore Fusion 5000」に比べ、容量が約1.3倍あるにもかかわらず、重さはほとんど変わりません。

RAVPower RP-PB125の重さ
PowerCore Fusion 5000の重さ
マクリン
容量は増やしたいけど、重さはできるだけ増やしたくないですもんね!
 
本体充電用にMicro USB x 1、デバイス充電用にUSB-A x 2を備えています。

RAVPower RP-PB125はUSBタイプA x 2を搭載

マクリン
USB端子が2つあると使いやすいですね!
 

USB端子にはiSmart 2.0という技術を搭載しており、デバイスに合わせて最適な電流で充電することが可能です。

スマホとタブレットで、いずれも電流値が適切な値に調整されていることが確認できました。

RAVPower x スマホ(0.93A)

RAVPower x タブレット(1.51A)

急速充電のアンペア数

  • ガラケー 0.5A
  • スマホ 1.0A
  • タブレット  1.5A

 

低電力モードも備え、Bluetoothブルートゥースイヤホンなど、電流値を控えめにすべきデバイスの充電にも配慮しているのは大変ありがたいです。

RAVPower RP-PB125は定電流モード搭載で

 
またバッテリー表示ボタンを押すことで、4段階のLEDインジケーターからバッテリー残量を細かく確認できるようになっています。

RAVPower RP-PB125は4段階のLEDインジケーター付き

LED1個点滅 5%未満
LED1個点灯 5〜25%
LED2個点灯 26〜50%
LED3個点灯 51〜75%
LED4個点灯 76〜100%
 
マクリン
かゆいところに手が届いた設計ですね!

RP-PB125の比較レビューはこちら

【RAVPower RP-PB125比較レビュー】Ankerより大容量のACプラグ搭載6700mAhモバイルバッテリー  

RAVPower RP-PB186

RAVPower RP-PB186」は10,000mAhクラスで数少ない、高出力USB規格のPD(Power Delivery)に対応するモバイルバッテリーです。

RAVPower RP-PB186は10,000mAhのPD対応モバイルバッテリー
 
ブラックホワイトの2カラーがあります。



 
表面は指紋が付きづらく、手馴染なじみの良い形状となっています。

RAVPower RP-PB186の表面は指紋が付きづらい

重量は約186gと、これまでの最軽量(約193g)を更新し、2ポートタイプで世界最軽量を実現しています。

RAVPower RP-PB186の重さは約187g

RAVPower RP-PB186

Anker PowerCore 10000 PD Reduxの重さは約193g

PowerCore 10000 PD Redux

USB-C(PD)とUSB-A、2種類のポートを搭載しています。

RAVPower RP-PB186はPD対応USB-CとUSB-Aを搭載

このうちUSB-Cは18Wの入力と29Wの出力に対応し、本体充電とデバイス充電の双方が可能です。

18W以上のUSB PD対応急速充電器(Anker PowerPort III Nanoなど)と組み合わせて本体充電すれば、約3.5時間で満充電することができます。


RAVPower RP-PB186は最大18W入力対応で約3.5時間でフル充電可能

USB-Cは最大29Wまでの出力にも対応し、スマホ充電時のワット数(電流 x 電圧)を計測したところ、20Wを超える値を示していました。

iPhone x RAVPower(20.1W)

 

Anker PowerLine+ II USB-C & ライトニング ケーブル」を使えばiPhone 11 Proも充電でき、わずか25分で最大50%まで充電できちゃいます。

RAVPower RP-PB186は最新のiPhoneでもわずか25分で最大50%まで充電

マクリン
PD対応でさすがのハイパワー!
 
その高出力も活かし、MacBook AirのようなノートPCでも通常充電することができます。


MacBook x RAVPower(21.3W)

USB-Cにくわえ、最大18W出力のiSmart 2.0対応USB-Aが付いています。

RAVPower RP-PB186はiSmart 2.0対応USB-A搭載
 

マクリン
急速充電規格のQuick Charge 3.0にも対応してますよ!
 
スマホ・タブレットの出力アンペア数を計測したところ、急速充電に充分な電流量が供給されていました。

スマホ(1.10A)

タブレット(1.71A)

急速充電のアンペア数

  • スマホ 1.0A
  • タブレット  1.5A

 
2ポート接続時は、安全のためワット数が制限されるものの、それでも最大29W出力に対応しています。

RAVPower RP-PB186は最大29W出力に対応
 
タブレットとスマホが2台同時に急速充電でき、ハイパワーぶりを発揮していました。


スマホ 9.6W/タブレット 17.4W

世界最軽量のPD対応であらゆるデバイスに急速充電可能。

RAVPower RP-PB186は、急速充電・大容量・コンパクトさを兼ね備えたモバイルバッテリーです。

RAVPower RP-PB186レビューはこちら

【RAVPower RP-PB186レビュー】10000mAhで世界最軽量かつ最大29WのPD対応モバイルバッテリー

RAVPower RP-PB159

RAVPower RP-PB159」は、ノートPCも充電できるPD対応USB-C搭載の超大容量モバイルバッテリーです。

RAVPower RP-PB159の外観
 

20,100mAhはMacBook Proでも約1回充電可能な大容量で、iPhone 11 Proが約4.3回分充電することができます。

RAVPower RP-PB159はiPhone XSが約4.3回分充電可能
 
デバイス充電用にPD対応USB-CとUSB-Aを備え、中でもUSB-Cは45Wと最高クラスの出力

RAVPower RP-PB159はPD対応USB-CとUSB-A搭載

マクリン
MacBookとAirなら急速充電、MacBook Proでも通常充電できる高出力なんですよ!
 
重さは約399gで、20,000mAhクラスとしては標準的な重量。

RAVPower RP-PB159の重さ
 

RAVPower RP-PB159本体充電用に2種類の端子(USB-C/Micro USB)を備えています。

RAVPower RP-PB159の本体充電ポートは2種類
 

Micro USB端子での充電は、QC(Quick Charge)対応充電器を使用することで、約5.5時間で満充電が可能です。

RAVPower RP-PB159のMicro USB端子での充電はQC対応の充電器を使うと約5.5時間で満充電

MEMO
QC非対応の充電器を用いた場合、約9.5時間でフル充電されます。
 
USB-Cを使った本体充電のほうが速く、PD対応充電器を使用して本体に30Wの入力を行うことで、わずか3.5時間で満充電が可能となります。

RAVPower x AUKEY充電器(26W)

 
USB-C端子はデバイス充電も可能であり、入出力両方の機能を備えています。

RAVPower RP-PB159のPD対応USB-C端子は本体充電もデバイス充電も可能
 
モバイルバッテリーとして最高クラスの最大45Wに対応しており、MacBook Pro・Nintendo Switchなど、高出力を要するデバイスの充電も余裕です。

RAVPower RP-PB159はモバイルバッテリーとしては最高クラスの最大45Wに対応
 

ためしにUSB-C電圧電流チェッカーで、RAVPower RP-PB159とMacBook Pro純正充電器のワット数(電流 x 電圧)を比較したところ、両者ほぼ変わらない値を示していました。

RAVPower(35.5W)

Mac純正(35.2W)

 

USB-AはiSmart2.0に対応しているため、デバイスごとに最適な電流値に合わせてくれます。

RAVPower x スマホ(1.25A)

AUKEY x タブレット(1.82A)

 

2台の同時充電も可能であり、この場合は安全性を喫してUSB-Cは30W出力に制限されるものの、USB-Aにもきっちり電流が供給されていることが確認できました。

RAVPower x スマホ(0.97A)

 
超大容量にして高機能。

RAVPower RP-PB159はノートPCふくめ、様々なデバイスを充電できる環境を得たいなら、迷わず買うべきモバイルバッテリーです。

RAVPower RP-PB159レビューはこちら

【RAVPower RP-PB159レビュー】45WのPD対応USB-CとUSB-A搭載の大容量モバイルバッテリー【20100mAh】  

RAVPower RP-PB201

RAVPower RP-PB201」も20,000mAhのモバイルバッテリーです。

RAVPower RP-PB201は20,000mAhのPD対応超大容量モバイルバッテリー
 
本体&デバイス充電用に最大60W出力(最大30W入力)のPD対応USB-C、デバイス充電用に最大18W出力のUSB-Aを搭載し、使いやすい2ポートとパワフルさを兼ね備えています。

RAVPower RP-PB20は最大60W出力(最大30W入力)のPD対応USB-Cと最大18W出力のUSB-Aを搭載
 
表面は指紋が付きづらく、握りやすい形状となっています。

RAVPower RP-PB201の表面は指紋が付きづらい

RAVPower RP-PB201は、細い新型セル(LG化学製”21700″)を採用し、約151.7 x 66.7 x 25.2mmの小型サイズを実現しています。

RAVPower RP-PB201のサイズは約151.7 x 66.7 x 25.2mm
 
同クラスの中でもコンパクトな「Anker PowerCore Speed 20000 PD」や、ほぼ同仕様の「RAVPower RP-PB159」より格段に小さく、20,000mAhの中で最小クラスにおさまっています。

Anker PowerCore Speed 20000 PDとの比較

RAVPower RP-PB159との比較

重量も約369gと同クラス最軽量で、他のバッテリーが軒並み400gを超える中、軽く仕上がっています。

RAVPower RP-PB201の重量

RAVPower RP-PB201

cheero Power Plus 5 20000mAh Premiumの重量

cheero Power Plus 5 20000mAh

Anker PowerCore+ 19000 PDの重量

Anker PowerCore+ 19000 PD

RAVPower RP-PB159の重量

RAVPower RP-PB159

USB-Cは30Wの入力と60Wの出力に対応し、本体充電とデバイス充電の双方が可能です。

30W以上のUSB PD対応急速充電器(RAVPower RP-PC120など)と組み合わせて本体充電すれば、最短3時間でフル充電することができます。

RAVPower RP-PB201は最大30W出力の急速充電器を使えば最短3時間で満充電可能

 
テスター上でも30W入力を確認できました。

29.6W入力を確認

 
USB-Cは最大60Wまでの出力にも対応し、MacBook Proなど、パワーを要するUSB-C対応のノートPCでも急速充電が可能です。

RAVPower RP-PB201はMacBook Proでも急速充電可能
 
MacBook Pro充電時のワット数は50W以上を記録し、しっかり充電されていました。

MacBook Pro x RAVPower(52.6W)

マクリン
MacBookは約2時間でフル充電、iPhoneなら30分で50%以上の高速充電ができちゃいますよ!
 
USB-Cにくわえ、最大18W出力のiSmart 2.0対応USB-Aが付いています。

RAVPower RP-PB201はiSmart 2.0対応USB-A搭載

マクリン
急速充電規格のQuick Charge 3.0にも対応してますよ!
 
iPad Pro・iPhone充電時の出力を計測したところ、急速充電に充分な電流量が供給されていました。

iPad Pro(1.70A)

タブレット(1.34A)

急速充電のアンペア数

  • スマホ 1.0A
  • タブレット  1.5A

 
2ポート接続時は、安全のために制限(USB-C:45W / USB-A:15W)されるものの、それでも合わせて最大60W出力に対応しています。

RAVPower RP-PB201は2ポート接続時に最大60W出力に対応
 
MacBook Pro充電時には40W以上の出力を示していました(MacBook Airなど、30W対応のノートPCなら急速充電可)。

MacBook Pro x RAVPower(43.4W)

 
最小最軽量の20,000mAhクラスにして最大60W出力のハイパワー。

RAVPower RP-PB201は、急速充電・超大容量・コンパクトさを兼ね備えたモバイルバッテリーです。

RAVPower RP-PB201レビューはこちら

【RAVPower RP-PB201レビュー】MacBook Proも充電できる”最大60W”高出力仕様の20000mAhモバイルバッテリー

RAVPowerのおすすめモバイルバッテリーまとめ

本記事は「【傑作ぞろい】RAVPowerのモバイルバッテリーで買うべきおすすめ4モデル!」について書きました。

RAVPowerのモバイルバッテリーは種類が少ないものの、いずれも個性が光っており、各容量を代表するモデルに仕上がっています。

ふだん充電するデバイスと相談しながら、自分に合うバッテリー容量のものを選んでいきましょう。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

製品名バッテリー容量ポート重量タイプ
RAVPower RP-PB125
6,700mAhMicro USB(10W入力)
USB-A x 2(12W出力)
※ポート合計15W出力
約192gハイブリッドタイプ
RAVPower RP-PB186
10,000mAhPD対応USB-C(18W入力/29W出力)
USB-A(18W出力)
※ポート合計29W(18W+10.5W)出力
約186g通常タイプ
RAVPower RP-PB159
20,000mAhMicro USB(18W入力)
PD対応USB-C(30W入力/45W出力)
USB-A(12W出力)
※ポート合計42W(30W+12W)出力
約399g通常タイプ
RAVPower RP-PB201
20,000mAhPD対応USB-C(30W入力/60W出力)
USB-A(18W出力)
※ポート合計60W(45W+15W)出力
約369g通常タイプ
【おすすめ】Ankerのモバイルバッテリーで今すぐ買うべき11モデル! 【容量多彩】cheeroのモバイルバッテリーから厳選したおすすめ6モデル! 【2020年】おすすめのモバイルバッテリーとその選び方【PD・Qi対応・大容量・薄型】 【大容量】おすすめの10000mAhモバイルバッテリー8製品! 【超大容量】おすすめの20000mAhモバイルバッテリー人気8選【ノートPC充電可能】 【小型】RAVPowerの充電器で買うべきおすすめ3モデル!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

マクナビ