おすすめのガジェット

Anker PowerCore 10000 PD Redux 25Wをレビュー!同社初のPPS対応2ポートモバイルバッテリー

どうも、Galaxy S21ユーザーのマクリン( @Maku_ring)です。

近年はスマホの高機能・高出力化にともない、iPhone 12シリーズの最大20Wをはじめ、充電時の必要ワット数が増えてきています。

GalaxyもS21シリーズなど一部のスマホでは、最大25W/45W入力をカバーするPPS規格に対応しています。

Galaxy S21はSuper Fast Charging(超急速充電)に対応

PPS規格
Programmable Power Supply」の略称で、急速規格であるUSB PD 3.0(USB Power Delivery 3.0)のオプション機能です。PPS対応デバイスとPPS対応充電器をPD対応ケーブルでつなぐことで、従来のPDをしのぐ出力と速度で充電可能となります。

充電器はPPS対応のモデルが出揃ってきましたが、モバイルバッテリーではその選択肢がかなり限られていました。

そういった中、Ankerが初のPPS対応モバイルバッテリー「PowerCore 10000 PD Redux 25W」をひっさげて登場しました。

Anker PowerCore 10000 PD Redux 25Wの外観

大ベストセラーモデル「PowerCore 10000 PD Redux」をベースに、出力の強化を図り、USB-C側は最大25Wでの充電が可能となっています。

しかも、付属のケーブルがUSB-A端子にも変えられる2-in-1ケーブルに進化し、一本のケーブルでUSB-A側も活用できる便利仕様。

PPS対応ではあるものの、iPhone 12シリーズの高速充電も可能であり、汎用性の高いモデルに仕上がっています。

そんなわけで本記事は、Anker初のPPS対応2ポートモバイルバッテリー「PowerCore 10000 PD Redux 25W」をレビューしていきます。

メリット
  • 最大25W出力のPPS対応
  • iPhone 12の高速充電対応
  • 2-in-1ケーブル付属
  • 2ポート仕様
デメリット
  • パススルー充電非対応
  • 2ポート接続時は最大15Wに制限
ご提供品
本記事はメーカー様から商品を提供いただき作成しています。
この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「家電最前線」のパーソナリティ、「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動。合同会社makuri代表。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

Anker PowerCore 10000 PD Redux 25Wの外観と付属品

PowerCore 10000 PD Redux 25W」は、PPSに対応する10,000mAhのモバイルバッテリーです。

Anker PowerCore 10000 PD Redux 25WはPPSに対応する10,000mAhのモバイルバッテリー

製品名 PowerCore 10000 PD Redux 25W
サイズ 約107 x 52 x 27 mm
重さ 約194g
出力ポート数 2(USB-C x 1 / USB-A x 1)
入力ポート数 1(USB-C x 1)
出力(USB-C) 5V 3A / 9V 2.78A(最大25W)
PPS出力(USB-C) 3.3-6V 3A / 3.3-11V 2.78A(最大25W)
出力(USB-A) 5V 3A / 9V 2A / 12V 1.5A(最大18W)
合計出力 最大15W
入力(USB-C) 5V 3A / 9V 2A(最大18W)

10,000mAhは、Galaxy S21やiPhone 12が約2回充電でき、ほとんどのスマホが複数回充電できるバッテリー容量です。

前モデルと同様、全体的に手なじみの良い、丸みを帯びた形状に仕上がっています。


 
表面にはストライプメッシュが施され、傷の目立ちにくいデザインとなっています。

Anker PowerCore 10000 PD Redux 25Wの表面はストライプメッシュ加工
 
出力は大幅アップしたものの、サイズは変わらず、名刺ケース以下のコンパクトサイズにおさまっています。

Anker PowerCore 10000 PD Redux 25Wのサイズは約107 x 52 x 27 mm
 
重量も約193gと、前機種と同じく軽量設計です。

Anker PowerCore 10000 PD Redux 25Wの重量は約193g
 
表にはLEDインジケーター付きの電源ボタンもそなえ、1回押すと4段階の点灯でおおよそのバッテリー残量が分かります。

Anker PowerCore 10000 PD Redux 25WのLEDインジケーター付き電源ボタン

バッテリー残量
  • 1個点灯 0〜25%
  • 2個点灯 25〜50%
  • 3個点灯 50〜75%
  • 4個点灯 75〜100%
 
2回押すと緑点灯し、イヤホンやスマートウォッチの充電に最適な「低電流モード」にも対応しています。

Anker PowerCore 10000 PD Redux 25Wの低電流モード
 
付属品は本体とケーブル、ストラップ、トラベルポーチです。

Anker PowerCore 10000 PD Redux 25Wの付属品
 
ケーブルが進化したのもポイントで、他モデルにはない2-in-1ケーブルとなっています。

Anker PowerCore 10000 PD Redux 25Wの2-in-1ケーブル

着脱式USB-Aコネクタ付属

 
トラベルポーチのクッション性は充分で、持ち運びの多いモバイルバッテリーだからこそありがたいです。

Anker PowerCore 10000 PD Redux 25Wのトラベルポーチ

Anker PowerCore 10000 PD Redux 25Wのレビュー

PowerCore 10000 PD Redux 25Wは、最大25出力のPPS対応USB-Cと最大18W出力のUSB-Aを搭載しています。

Anker PowerCore 10000 PD Redux 25WはUSB-CとUSB-A搭載
 
多くの特徴があるので以下に分けて紹介します。

 

最大18W入力に対応

USB-Cはバッテリー本体の充電にも対応し、最大18W以上のPD対応充電器と組み合わせれば、約3.5時間でフル充電可能です。

PowerCore 10000 PD Redux 25WのUSB-Cは最大18W入力に対応

17.4W入力を確認

 
ただし、パススルー充電は非対応なので、本体充電しながらのデバイス充電はできません。

Anker PowerCore 10000 PD Redux 25Wはパススルー充電非対応
 

最大25W出力のPPSに対応

PowerCore 10000 PD Redux 25W最大の特徴といえば、USB-CがPPS対応であること。

PPS出力は「3.3-6V / 3A」と「3.3-11V / 2.78A」であり、対応スマホの25W充電に対応しています。

Galaxy S21などのPPS対応スマホに充電すると「超急速充電」と表示し、PPSをサポートしていることが分かります。

Anker PowerCore 10000 PD Redux 25WはPPSに対応しGalaxy S21も超急速充電可能
 
その出力は20Wを超え、約75分でのフル充電が可能です。

21.2W(Galaxy S21)

 
iPhone 12シリーズのようなPPS非対応スマホであっても最大20Wの高速充電に対応し、約30分の充電で50%に到達します。

Anker PowerCore 10000 PD Redux 25WはiPhone 12も高速充電可能

17.0W(iPhone 12 mini)

 
iPad Proももちろん急速充電可能なので、ノートPC以外ならお手の物。

Anker PowerCore 10000 PD Redux 25WはiPad Proも急速充電可能

19.6W(iPad Pro)

USB-Aは最大18W出力に対応

USB-A側は最大18W出力に対応しています。

ただし、こちらのポートはPPS対応でないため、Galaxy S21を充電しても「急速充電」の表示にとどまります。

Anker PowerCore 10000 PD Redux 25WはGalaxy S21だと急速充電表示

9.0W(Galaxy S21)

 
iPad Proでも通常充電可能です。

Anker PowerCore 10000 PD Redux 25WはiPad Proでも通常充電可能

13.7W(iPad Pro)

 

低電流モードを搭載

PowerCore 10000 PD Redux 25Wは、最大5Wレベルにおさえる低電流モードも搭載しています。


 
イヤホンを充電したところ、いずれのポートでも電力が抑えられているのを確認できました。

1.7W(USB-A)

1.6W(USB-C)

2ポート接続時は最大15Wに制限

2ポート接続時は最大15Wに制限されるものの、スマホの2台同時充電が可能です。

Anker PowerCore 10000 PD Redux 25Wは最大15Wで2台同時充電可能

7.8W(Galaxy)/ 7.8W(iPhone)

ただし、各機器へのワット数は7.5W程度にとどまるため、充電速度はそれほど速くないので、その点は注意が必要。

Sponsored Links

 

Anker PowerCore 10000 PD Redux 25Wはこんな人におすすめ

PowerCore 10000 PD Redux 25Wは「PPS対応スマホをフルスピード充電できるモバイルバッテリーが欲しい人」におすすめです。

Anker初のPPS対応ながらiPhoneの高速充電もサポートし、低電流モードもそなえるなど、機能性高し。

PPS対応モバイルバッテリーの選択肢は少ないものの、完成度の高いPowerCore 10000 PD Reduxをベースにしており、とても使いやすくできています。

Anker PowerCore 10000 PD Redux 25Wレビューまとめ

本記事は「Anker PowerCore 10000 PD Redux 25Wをレビュー!同社初のPPS対応2ポートモバイルバッテリー」について書きました。

PowerCore 10000 PD Redux 25WはPPS対応かつiPhone 12の高速充電も可能であり、汎用性の高いモデルに仕上がっています。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

メリット
  • 最大25W出力のPPS対応
  • iPhone 12の高速充電対応
  • 2-in-1ケーブル付属
  • 2ポート仕様
デメリット
  • パススルー充電非対応
  • 2ポート接続時は最大15Wに制限
【超急速充電】25W/45W出力のPPS対応充電器のおすすめ9モデルを紹介する 【Anker PowerCore 10000 PD Reduxレビュー】ポケッタブルの10000mAhクラスPD対応モバイルバッテリー【大容量】 【大容量】10000mAhモバイルバッテリーのおすすめ10製品! 【2021年】モバイルバッテリーのおすすめとその選び方【PD・Qi対応・大容量・薄型】【2021年】モバイルバッテリーのおすすめとその選び方【PD・Qi対応・大容量・薄型】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です