おすすめのノートPC

ROG Strix G17 G713RWとG15 G513RWをレビュー!ハイパワーと使いやすさをスタイリッシュにまとめたASUSのゲーミングノートPC

評価:4.5

ぱぶまる
本記事ではASUSのゲーミングノートPC「ROG Strix G17/G15」をレビューしました。CPUにはRyzen 9 6900HX、GPUにはRTX 3070 Tiを搭載し、リフレッシュレートは240Hzかつ応答速度も3msでなめらか!

どうも、ゲーミングデバイスブロガーのぱぶまるです。

このたび紹介する「ROG Strix G17 G713RW」の良さは、パフォーマンスと描写力です。

ROG Strix G17 G713RWの外観

ディスプレイの滑らかさにくわえ、キーボードも使いやすく、スキのないゲーミングノートPCといえます。

17.3型のモデルにくわえ、同スペックの15.6型モデルもあります(ROG Strix G15 G513RW)。

注意
15.6型モデルのリフレッシュレートは165Hzです。
 
そこで本記事は「ROG Strix G17 G713RWとG15 G513RWをレビュー!ハイパワーと使いやすさをスタイリッシュにまとめたASUSのゲーミングノートPC」について書いていきます。

ご貸与品
本記事はASUS JAPAN様から商品を貸与いただき作成しています。
この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動し、22年4月には書籍「マクサン式Webライティング実践スキル大全」を出版。株式会社makuri・合同会社レイテラス代表取締役。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

ASUS ROG Strix G17 G713RWとG15 G513RWのスペック

ROG Strix G17 G713RW」は17.3型のゲーミングノートPCです。

ROG Strix G17 G713RWの外観
 
本体スペックは以下のとおり。

モバイルは左スライドで全表示

製品名 ASUS「ROG Strix G17 G713RW」「ROG Strix G15 G513RW
CPU AMD Ryzen 9 6900HX
GPU GeForce RTX 3070 Ti
液晶 ノングレアTFT液晶
リフレッシュレート 17.3型:240Hz / 15.6型:165Hz
解像度 WQHD(2,560×1,440ドット)
メモリ 16GB(8GB x 2)
ストレージ 1TB
端子 HDMI×1、USB3.2(Type-C/Gen2)× 2、USB3.2(Type-A/Gen1)× 2、
マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック
バッテリー 最長11.1時間
質量 17.3型:2.75kg / 15.6型:2.3kg
スペック評価
外観(シンプルなデザインと高い質感のフラットボディ)
(5.0)
重量(据え置き推奨)
(3.0)
ディスプレイ(WQHDでリフレッシュレート240Hz)
(5.0)
キーボード(個別キーライティングと使いやすいショートカットキー)
(4.0)
音質(低音も音域も良く、エンタメ機としても有用)
(4.0)
ポート・無線(数、種類とも十分)
(5.0)
ゲーム(重いゲームでも快適にプレイ可能)
(5.0)
騒音・熱(冷却性能が高く静か)
(5.0)
 

外観

本体カラーはグレーで、ROGシリーズとしてはシンプルで使いやすいです。

ASUS ROG Strix G17 G713RWのエアフロー

本体底面と両サイド、背面にエアフロー用のスリットがあり、排熱性能が高いです。

ぱぶまる
ゲームプレイ中もキーボード面が厚くなることもなく、かなり静かでした!

ASUS ROG Strix G17 G713RWのエアフロー
 

ディスプレイ

解像度はWQHD(2,560×1,440ドット)、リフレッシュレートは240Hzであり、応答速度も3msなので、高画質かつ滑らかに描写してくれます。

ASUS ROG Strix G17 G713RWのディスプレイはナローベゼル

リフレッシュレートが重要なFPSジャンルはもちろん、アクションジャンルも高画質でプレイでき、迫力があるゲーム体験が可能です。

ぱぶまる
高リフレッシュレートなのでブレを感じづらく、目も疲れにくいので、FPSプレイヤーにはとくにおすすめ!

音質

スピーカーの音質はなかなか良かったです。

低音もしっかり感じられ、音のバランスも良く、さまざまなシーンでそのまま使えます。

ぱぶまる
ゲームはもちろん、YouTubeやNetflixなど、動画視聴でも満足できるレベルでした!

キーボード

テンキー付きの日本語配列で使いやすく、アイソレーションタイプのキーボードで打鍵面はフラットなデザインです。

ASUS ROG Strix G17 G713RWのキーボード

MEMO
15インチモデル(ROG Strix G15 G513RW)はテンキーレスです。
ぱぶまる
ショートカットキーがとても使いやすい!

比較的浅めのクリック感なので、作業などゲーム以外のタイピング時も疲れづらく、使いやすいと思います。

ASUS ROG Strix G17 G713RWのキーボード
 
ライティングは個別キーに対応し、好みのセットアップにできるのもポイントです。

ASUS ROG Strix G17 G713RWのキーボード

ゲーム用のコントロールセンターでライディングが選択でき、ゲーミングPCらしさを感じました。

ポイント
個別キーライティング設定可能
使いやすいショートカットキー
ナビゲーションキーは独自の配置、機能

インターフェース

右側面にはなにもありません。

ASUS ROG Strix G17 G713RWの右側面インターフェース
 
背面にはUSB3.2(Type-C/Gen2)x 2、HDMIとLANポート、電源ポートがあります。

ASUS ROG Strix G17 G713RWの左側面インターフェース

MEMO
左側面にはUSB3.2(Type-A/Gen1)が2つ、マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャックがあります。

ASUS ROG Strix G17 G713RWのゲームベンチマーク

ROG Strix G15 G513RWROG Strix G17 G713RWは、CPUにAMD Ryzen 9 6900HX、GPUにRTX 3070 Tiを搭載しています。

MEMO
性能テストでは、ファンの動作モードをゲームモード(最大)にして測定しています。

排熱性能が高く冷却ファンもそこまで回らないため、風切り音が小さくゲームの邪魔になりにくいです。

重いゲームの「FF15」ベンチマークを「高品質」でテストしました。

GPUの設定ソフト「GeForce Experience」にて、FPS値を画面左上(緑上の数値)にオーバーレイ表示させて実測してみました。

「高品質」でのフルHDスコアは9363の「とても快適」です。

ASUS ROG Strix G17 G713RWでff15をプレイ

ASUS ROG Strix G17 G713RWで人気ゲームのAPEX LEGENDSをプレイ

ROG Strix G17 G713RWで人気ゲームの代表格「APEX LEGENDS」をプレイし、どの程度の設定なら快適にプレイできそうか検証しました。

GPUの設定ソフト「GeForce Experience」にて、FPS値を画面左上(緑上の数値)にオーバーレイ表示させて実測してみました。
 

グラフィック設定:最高・解像度1920×1080(16:9)

FPS値は150前後で十分快適です。

ASUS ROG Strix G17 G713RWでAPEX LEGENDSをプレイ
 

グラフィック設定:低・解像度1920×1080(16:9)

FPS値は210程度出るので、ディスプレイのリフレッシュレートを活かせますよ!

ASUS ROG Strix G17 G713RWでAPEX LEGENDSをプレイ

ASUS ROG Strix G17 G713RWで人気ゲームのFORTNITEをプレイ

ROG Strix G17 G713RWで人気ゲームの代表格「FORTNITE」をプレイし、どの程度の設定なら快適にプレイできそうか検証しました。

GPUの設定ソフト「GeForce Experience」にて、FPS値を画面左上(緑上の数値)にオーバーレイ表示させて実測してみました。
 

グラフィック設定:最高・解像度1920×1080(16:9)

FPS値は100前後で十分快適です。

ASUS ROG Strix G17 G713RWでFORTNITEをプレイ
 

グラフィック設定:中・解像度1920×1080(16:9)

FPS値は150程度なので、このくらいでプレイしたいですね。

ASUS ROG Strix G17 G713RWでFORTNITEをプレイ

ASUS ROG Strix G17 G713RWで重いFPSゲームのBattleField2042をプレイ

ROG Strix G17 G713RWで「BattleField2042」をプレイし、どの程度の設定なら快適にプレイできそうか検証しました。

GPUの設定ソフト「GeForce Experience」にて、FPS値を画面左上(緑上の数値)にオーバーレイ表示させて実測してみました。
 

グラフィック設定:最高・解像度1920×1080(16:9)

FPS値は100前後なので、重いゲームでも快適にプレイできますね!

ASUS ROG Strix G17 G713RWでBattleField2042をプレイ

ASUS ROG Strix G17 G713RWでARKをプレイ

ROG Strix G17 G713RWで「ARK」をプレイし、どの程度の設定なら快適にプレイできそうか検証しました。

GPUの設定ソフト「GeForce Experience」にて、FPS値を画面左上(緑上の数値)にオーバーレイ表示させて実測してみました。
 

グラフィック設定:最高・解像度1920×1080(16:9)

FPS値は90前後なので、快適にプレイできます!

ASUS ROG Strix G17 G713RWでARKをプレイ

ASUS ROG Strix G17 G713RWで快適にできるタイトルは?

ROG Strix G17 G713RWは、ほぼすべてのゲームが高設定でもプレイ可能です。

ゲームタイトルごとの快適度
League Of Legends(高画質でも快適)
(5.0)
DQX(最高品質で「すごく快適」)
(5.0)
FF14(高品質で「非常に快適」)
(5.0)
FF15(高品質で「普通」)
(5.0)
レインボーシックスシージ(中~高画質でプレイ推奨)
(5.0)
APEX(中画質~高設定でプレイ推奨)
(5.0)
PUBG(中画質~高でプレイ推奨)
(5.0)
FORTNITE(高画質設定でプレイ推奨)
(4.0)
BattleField 2042(低画質でプレイ推奨)
(4.0)
CoD(Warzone)(中画質でプレイ推奨)
(5.0)
Dead By Daylight(最高画質で快適)
(5.0)
マインクラフト(最高画質で快適)
(5.0)
ARK(最高画質で快適)
(5.0)
MEMO
FPS値が常時100以上でラグなどが無い状態を基準に「快適」といえるか判定しています。

ASUS ROG Strix G17 G713RWとG15 G513RWレビューまとめ

本記事は「ROG Strix G17 G713RWとG15 G513RWをレビュー!ハイパワーと使いやすさをスタイリッシュにまとめたASUSのゲーミングノートPC」について書きました。

ASUS「ROG Strix G17 G713RW」「ROG Strix G15 G513RW」は、高品質なディスプレイかつハイパワーにもかかわらず、静音性も保った完成度高い1台です。

30万円ほどの高価格帯ではありますが、価格相応にハイパフォーマンスで使いやすく、質の良いモデルを選ぶ際はぜひ候補に入れましょう。

YouTube
動画でも紹介しています。

ASUS ROG Flow Z13をレビュー!薄い・軽い・パワフルでどんなスタイルも自在な究極のゲーミングノートPC Lenovo Legion 760をレビュー!抜群の使いやすさとゲーム性能を備えたパワフルなゲーミングノートPC GALLERIA UL7C-R37をレビュー!240HzモニターとRTX3070搭載のハイスペックゲーミングノートPC マウス G-Tune H5をレビュー!メカニカルキーボードとRTX3070搭載のゲーマー仕様の本格ゲーミングノートPC 【2022年】コスパ最強のゲーミングノートPCおすすめ10選【2022年】コスパ最強のゲーミングノートPCおすすめ10選【タイプ別】おすすめの人気ノートパソコン20選!【タイプ別】おすすめの人気ノートパソコン20選!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。