おすすめのノートパソコン

【Lenovo Ideapad C340 (15)レビュー】価格破壊レベルの15.6インチ2in1ノートPC

どうも、2in1ノートユーザーのマクリン( @Maku_ring)です。

シーンに応じてタブレットからノートPCまで使える2in1・タブレットPCは、仕事からプライベートまで幅広く活用できます。

家での作業が中心になるなら15.6インチがおすすめ。

数ある15.6インチの2in1ノートPCの中でも、価格破壊レベルの高コスパモデルがLenovoレノボの「IdeaPad C340 (15)」です。

Lenovo Ideapad C340 (15) の外観

5万円台から買える超低価格モデルに関わらず、第10世代Intel CoreプロセッサーやPCIeのSSD、色彩豊かなIPSディスプレイまで搭載し、装備に余念がありません。

この値段でなぜここまでのスペックを揃えられたのか、マジで謎レベルですw

そんなわけで本記事は「【Lenovo Ideapad C340 (15)レビュー】価格破壊レベルの15.6インチ2in1ノートPC」について書いていきます。

レノボの口コミ・評判はこちらの記事を参考くださいませ。

MEMO
本記事はメーカー様から商品を貸与いただき作成しています。

Lenovo Ideapad C340 (15) の外観とスペック

Lenovoの「IdeaPad C340 (15)」は、15.6型の2in1コンバーチブル型ノートPCです。

Lenovo Ideapad C340 (15)は15.6型の2in1コンバーチブル型ノートPC
 
本体のスペックは以下のとおり。

モバイルは左スライドで全表示

製品名Lenovo「IdeaPad C340 (15)
CPUIntel Core i3-1005G1(1.2GHz)/ Core i5-1035G1 (1.0GHz)/ Core i7-1065G7(1.3GHz)
GPUIntel UHD グラフィックス(i3,i5)/ Iris Plus グラフィックス(i7)
液晶15.6インチ
解像度フルHD(1920 x 1080 / IPS液晶)
メモリ4GB/8GB/16GB
ストレージ128GB/256GB/512GB/1TB(PCIe SSD)
生体認証指紋認証
端子USB3.0 Type-C x 1/USB3.0 x 1/USB3.0 (Powered USB) x 1/HDMI/SDカードリーダー
バッテリー約10時間
質量2.0kg
価格56,056円〜
MEMO
本記事では、i5/8GB/256GBの構成で貸与いただき、レビューしています。
 

外観

本体カラーはプラチナで、アルミ素材ではないものの(樹脂素材)、プラスチッキーな安っぽさもなく、上手く処理されています。

Lenovo Ideapad C340 (15)のカラーはプラチナ
 
右隅にはおなじみのLenovoロゴがオンされ、クールな仕上がりとなっています。


 
コンバーチブル型なのでヒンジ部分は当然大きく開き、フルフラットモードにすることもできます。

Lenovo Ideapad C340 (15)のフルフラットモード

マクリン
PC画面を共有したいときにも便利ですよ!

そのままクルッと返し、タブレットモードもお手のもの。

Lenovo Ideapad C340 (15)のタブレットモード
 

サイズ・重量

サイズは幅364 x 奥行250mm(15.6インチ)で、B4よりやや小さめです。

Lenovo Ideapad C340 (15)のサイズは幅364 x 奥行250mm
 
厚さは20.5mmであり、コンバーチブル型としてはがんばってスリムにおさえているほうかと。


 
重さは約2.0kgと同クラスの平均な重量です。

Lenovo Ideapad C340 (15)の重量は約2kg
 
付属のACアダプターは約199gと軽いですが、折りたたみプラグでないのはちと残念。

Lenovo Ideapad C340 (15)のACアダプターの重量は約199g

マクリン
バッテリーは約10時間で、ちょうどいい駆動時間ですね!

ディスプレイ・スピーカー

ディスプレイは1920 x 1080ドットのフルHDで、この価格帯としては驚くべきことに、色彩豊かなIPS液晶が採用されています。

Lenovo Ideapad C340 (15)のディスプレイはフルHD1920 x 1080ドットのIPS液晶

ベゼルも狭く、視認性にすぐれています。

光沢液晶で映り込みはあるものの、視野角は広く、角度をつけても画面は鮮明に見えます。

Lenovo Ideapad C340 (15)のディスプレイは視野角が広い
 
また、専用のアクティブペンが付属し、タッチ操作に対応しています。

Lenovo Ideapad C340 (15)のアクティブペン

繊細なイラスト描写は難しいですが、ラフスケッチやメモ書きには充分使えます。

Lenovo Ideapad C340 (15)のアクティブペン
 
ペンホルダーも付いており、USB端子に差し込んで収納することができます。

Lenovo Ideapad C340 (15)のペンホルダー
 
ディスプレイの上枠にはHD 720p対応Webカメラが付いています。

Lenovo Ideapad C340 (15)のディスプレイ上枠にはHD 720p対応Webカメラ搭載
 
プライバシーシャッターが付き、オンライン会議でカメラをオフにしたいときなど、物理的に遮断しゃだんできるので重宝します。

Lenovo Ideapad C340 (15)のカメラのプライバシーシャッター
 
背面の両脇に2機搭載するデュアルスピーカーです。

Lenovo Ideapad C340 (15)のデュアルスピーカー

音はややこもるものの、スピーカーとして平均レベルの音質を備えていました。
 

キーボード

キーボードの筐体きょうたいは軽くて丈夫なアルミ素材で、強めにタイプしてもたわみが無く、安心して使えます。

Lenovo Ideapad C340 (15)のキーボード

Enterキー周りが密集していて誤タイプしやすいのと、テンキーがないのが少々気になりました。

キーストロークはやや浅めなものの、押し感はしっかりあります。

Lenovo Ideapad C340 (15)のキーピッチ
キーピッチは19mm
Lenovo Ideapad C340 (15)のキーストローク
キーストロークは1.2mm

パームレストには指紋認証リーダーを備え、安全かつクイックにログインすることができます。

Lenovo Ideapad C340 (15)の指紋認証リーダー
 
タッチパッドの横幅は約10.5cmと、それなりの広さが確保されています。

Lenovo Ideapad C340 (15)のタッチパッド

インターフェース

IdeaPad C340 (15)のインターフェースは多くないものの、必要どころはおさえています。

右側面はSDカードリーダーとUSB 3.0 x 2で、うちひとつはPowered USBなので、電源オフ状態でも充電可能です。

Lenovo Ideapad C340 (15)の右側面インターフェース
 
左側面は電源端子とHDMI、USB3.0 Type-Cとヘッドフォン出力/マイク入力コンボポートがあります。

Lenovo Ideapad C340 (15)の左側面インターフェース

この価格帯では厳しいかもしれませんが、Thunderbolt3対応USB-Cが欲しかったところです。

Lenovo IdeaPad C340 (15)のCPU・SSD性能

IdeaPad C340 (15)のストレージには、読み書き速度のすぐれるPCIeベースのSSD(レビュー機は256GB)を採用しています。

マクリン
5万円台から買えるのに、SATAベースじゃないのが信じられん……!

ベンチマークソフト「Crystal Disc Mark」にて、読み込み/書き込み速度を測定したところ、PCIeだけに高速でした。

Lenovo IdeaPad C340 (15)のSSDの読み込み/書き込み速度
 
CPUには第10世代のIntel Coreプロセッサー(Core i3-1005G1 / i5-1035G1 / i7-1065G7)を搭載しています。

CPUの性能を測るCINEBENCH R20の結果は1,400以上あり、ビジネス用途なら充分すぎるスコアです。

Lenovo IdeaPad C340 (15)のCPU性能
 
グラフィックス性能を「3D Mark Fire Strike」で見たところ、その数値は1,000程度とそれなり(UHDグラフィックスの平均値くらい)で、ゲーム用途に期待するモデルではありません。


 
軽いゲームの「ドラゴンクエストX」では、高品質で「普通」・標準品質で「快適」という評価であり、これより重いゲームだとしんどそう。

Lenovo IdeaPad C340 (15)のドラゴンクエストXのベンチマーク

これだけ低価格におさえながら装備面がしっかりそろい、かつ安っぽさのない2in1ノートPCはなかなかありません。

真の意味でコスパ最高のモデルといえるでしょう。

Lenovo Ideapad C340 (15)レビューまとめ

本記事は「【Lenovo Ideapad C340 (15)レビュー】価格破壊レベルの15.6インチ2in1ノートPC」について書きました。

IdeaPad C340 (15)は、5万円台から入手できるノートPCとしては破格のスペックを有しています。

第10世代Intel CoreプロセッサーとPCIeのSSDにIPS液晶まで備え、キーボードもアルミ素材など、どうやって低コストを実現したのか不思議でなりません(褒めてる)。

2in1ノートPCの特徴でもある、ノートPC・テント・スタンド・タブレットの使い分けやタッチペン操作にも対応しています。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

【ThinkPad X1 Yoga(2019)レビュー】メインでも使える性能の14インチ2in1ノートPC! 【Lenovo IdeaPad S540 (14, AMD)レビュー】驚異のコスパをほこるRyzen3000搭載モバイルノートPC 【マウスmouse X5レビュー】マグネシウム合金採用で軽量の15.6インチノートPC 【2020年】10万円以下のおすすめスタンダードノートパソコン【コスパ最高】【2020年】10万円以下のおすすめスタンダードノートパソコン【コスパ最高】【2020年】安いのにおすすめの2in1・タブレットPC【高性能】【2020年】安いのにおすすめの2in1・タブレットPC【高性能】【タイプ別】おすすめの人気ノートパソコン20選!【タイプ別】おすすめの人気ノートパソコン20選!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です