おすすめのノートパソコン

【HP OMEN 17レビュー】どんなPCゲームでも妥協のない快適プレイ!圧倒的なパフォーマンスを誇るゲーミングノートPC

ぱぶまる
本記事では、HPのゲーミングノートPC「HP OMEN 17」をレビューしました。ゲーミングノートPCとしてはスペックも操作性も現状No.1といっていいくらい、ゲームが快適にプレイできますよ!

どうも、ゲーミングデバイスブロガーのぱぶまるです。

デスクトップ環境に負けないくらい本腰を入れてゲームしたい!

そんな人におすすめのゲーミングノートPCを紹介します。

重いゲームでもグラフィックやFPS値を妥協することなく楽しめる、ゲーマーの要望を詰め込んだ1台が、HPの「HP OMEN 17」です。

HP OMEN 17のエクストリームモデルは、Core i9-9880HのCPUとGeForce RTX 2080のGPUを備えた超ハイスペックマシン!

ぱぶまる
ノートなのに17インチの大画面とデスクトップ顔負けのパワーで、コアゲーマーも納得のプレイができます!

そんなわけで「【HP OMEN 17レビュー】どんなPCゲームでも妥協のない快適プレイ!圧倒的なパフォーマンスを誇るゲーミングノートPC」について書いていきます。

日本HP様より、当サイト「マクリン」限定で通常価格より7%OFFで購入できるクーポンが発行されました。

以下のリンクからHP直販サイトに入り、120,000円(税抜)以上の製品を購入いただくことで適用されますので、ぜひご利用くださいませ(〜2020年9月30日23:59まで)。

マクリン
YouTubeでも実際にゲームプレイしながら紹介していますよ!

ご貸与品
本記事はメーカー様から商品を貸与いただき作成しています。

HP OMEN 17のスペック

HP OMEN 17」は、17型のゲーミングノートPCです。

本体スペックは以下のとおり。

モバイルは左スライドで全表示

製品名 HP「OMEN 17 エクストリームモデル
CPU Core i9-9880H(2.30-4.80GHz)
GPU NVIDIA GeForce RTX 2080
液晶 17.3インチワイド
リフレッシュレート 144Hz
解像度 フルHD非光沢・IPSディスプレイ(1920×1080 / 最大1677万色)
メモリ 32GB
ストレージ 1TB PCIe SSD
端子 HDMI 2.0/Mini DisplayPort x 1/USB Type-C 3.1 Gen2
x 1(Thunderbolt 3)/USB3.1 Gen1 x 3
バッテリー 約5時間
質量 3.26kg
パフォーマンスモデル
本記事ではエクストリームモデルをレビューしています。Core i7-9750H、GeForce RTX 2070 8GBのパフォーマンスモデルもあり、こちらは18万円で買えるコスパの良さが魅力です。
スペック評価
外観(一般的なゲーミングデザイン)
(3.0)
重量(ほぼ据え置き推奨)
(1.0)
ディスプレイ(高画質IPS液晶&144Hz高リフレッシュレート)
(4.0)
キーボード(大きさに余裕があり操作性〇)
(3.0)
音質(音質はふつう)
(3.0)
ポート(最新規格があり、数も多い)
(5.0)
ゲーム(妥協なく全ゲームが楽しめる)
(5.0)
 

外観

本体カラーはブラック。メタリックでマットな質感があり、ゲーミングPCらしいデザインです。

HP OMEN 17の本体カラーはブラック
 
底面には空冷用のスリットがあります。

HP OMEN 17の空冷用スリット
 
ACアダプターは、一般的なノートPCの2倍程度の大きさでゴツめ。

HP OMEN 17のACアダプター

これだけのハイスペックマシンを動かすため、モビリティは代償になっています。

横に並べると、こんな感じで場所はとります。

HP OMEN 17のACアダプター

注意
ACアダプターは大きく、17インチモデルなので本体も大きめ。重さも3kgも超えるので、屋内でも場所を変えてプレイするのは少々おっくうです。
 

液晶ディスプレイ

HP OMEN 17のディスプレイはIPS液晶なので、発色鮮やかで視野角も広く、リフレッシュレートもバッチリ144hzです。

HP OMEN 17の液晶ディスプレイは144HzのIPS液晶
 
ディスプレイは120°程度まで倒れます。

G-SYNC対応のディスプレイ
画面のズレやカクつき、ラグなどを抑える機能です。これにより、動きの速いアクションゲームやシューティングゲームも滑らかに動き、視認性を良くします。長時間プレイや一瞬のスキが命とりなゲームで力を発揮します。

GPUのRTXシリーズは、レイトレーシングという機能を備え、光の反射まで再現できます。

ぱぶまる
グラフィックを極限まで高めて映像美を楽しめますよ!

音質

スピーカーの音質は「可もなく不可もなく」といったところです。

スピーカー
こだわらなければ普通にゲームや映画を楽しむことができます。
マイク
ゲーム中ボイスチャット(discord)で通話しながらゲームプレイしたところ、音質も問題ありません。収音感度も良いため、マイクを別途つながなくても声が充分聞こえます。
ぱぶまる
このPCなら、ゲーム時はヘッドセットをしてがっつりプレイしたいですね!
 

キーボード

本体が大きいこともあり、余裕をもって作られているのでミスタイプしにくく、操作性が良いです。

HP OMEN 17のキーボード

ポイント
〇 キーボードの配色(LED)はコントロールセンターでお好みに設定可能
〇 マクロ用のキーも備え、テンキーやファンクションキーもフルサイズ
〇 スペースキーは大きく、隣接キーも小さいためミスタイプしにくい
▲ トラックパッドは若干小さ目。マウスを基本使う想定であれば問題なし

キーを26個同時に押しても認識され、誤認識を防ぐ機能が搭載されています。

シューティングゲーマーには特にうれしいポイントです。

キーボードのライティングももちろん可能で、3つのブロックに分かれ、それぞれお好みで設定できます。

HP OMEN 17のキーボード

インターフェース

HP OMEN 17のインターフェースはかなり充実しており、最大40Gbpsの転送速度に対応するThunderbolt3対応USB-Cを標準搭載しています。

ぱぶまる
USBポートは電源オフUSBチャージ機能対応なので、ワイヤレスマウスなどの充電をプレイ後にできるのが助かりますね!
 
右側面にはUSB-AとSDカードリーダーがあります。

HP OMEN 17の右側面インターフェース
 
左側面には電源ポート、LANポート、HDMI、USB-A x 2、USB-C(Thunderbolt3対応)、マイクロフォンジャック、ヘッドフォンジャックが付いています。

HP OMEN 17の左側面インターフェース
 

エアフロー

背面にはエアフローを備えています。

HP OMEN 17の背面部
HP OMEN 17の背面部

OMENシリーズのノートPCに総じていえますが、このエアフローがなかなか優秀です。

ぱぶまる
冷却性能が高いので、ゲーム中のファン音もあまり気にならないのが良いところ!

HP OMEN 17のSSD・CPU・ゲームベンチマーク

HP OMEN 17は、CPUに第9世代のCore i9-9880H、GPUにGeForce RTX 2080 8GBを内蔵し、ほぼすべてのゲームを快適にこなせるハイスペックです。

ぱぶまる
どのスコアも、今までレビューしてきた中でダントツの最高値でした!

総合的なベンチマークソフト「3DMark」の結果は、驚異の9000オーバー

HP OMEN 17のCPUのPCMark 10スコア
 
重い3Dゲームの代表格「ファイナルファンタジー15」の高品質で「とても快適」の評価です。

HP OMEN 17のFF15のスコア
 
重さレベル中程度のゲーム「ファイナルファンタジー14」の高品質では「非常に快適」の評価。

HP OMEN 17のFF15のスコア
 
軽めのゲーム「ドラゴンクエストX」の最高品質で測ったところ「すごく快適」という評価。

HP OMEN 17のドラクエXのスコア

Sponsored Links

 

HP OMEN 17でPUBGをプレイ

HP OMEN 17で重いゲームの代表格「PUBG」をプレイしながら、どの程度の設定なら快適にプレイできそうか検証してみました。

GPUの設定ソフト「GeForce Experience」にて、FPS値を画面左上(緑上の数値)にオーバーレイ表示させて実測してみました。
 

グラフィック設定:ウルトラ・解像度1920×1080(16:9)

FPS値は140前後で、余裕で快適にプレイできます。

このゲームのウルトラ設定で、ここまで出せるノートは他にないと思います……!

HP OMEN 17でPUBGをプレイ

ぱぶまる
プレイステーション4は動作FPSが60なので、ちょうどその2倍程度の描写レート!
 

グラフィック設定:中・解像度1920×1080(16:9)

FPS値は160前後なので、打ち合いになってもデスクトップのプレイヤーと対等に戦うことができます。

ぱぶまる
ディスプレイが144Hzまでなので、常時最高の状態でプレイできますね!

グラフィック設定:非常に低い・解像度1920×1080(16:9)

FPS値は……なんと200オーバー! ラグとはもはや無縁の世界です。

ぱぶまる
索敵もしやすいですし、少し離れても画面が大きいので全く問題なし!

HP OMEN 17で快適にできるタイトルは?

ゲームプレイに関し、欠点は無いといえるレベルに仕上がっています。

ゲームタイトルごとの快適度
マインクラフト(最高画質でも快適)
(5.0)
LoL(最高画質でも快適)
(5.0)
DQX(最高品質で「すごく快適」)
(5.0)
FF14(高品質で「非常に快適」)
(5.0)
FORTNITE(高グラフィックでも快適)
(5.0)
APEX(高グラフィックでも快適)
(5.0)
PUBG(高グラフィックでも快適)
(5.0)
MEMO
FPS値が常時100以上出ており、ラグなどが無い状態の場合「快適」としています。

Sponsored Links

 

HP OMEN 17レビューまとめ

本記事は「【HP OMEN 17レビュー】どんなPCゲームでも妥協のない快適プレイ!圧倒的なパフォーマンスを誇るゲーミングノートPC」について書きました。

HP OMEN 17は、ノートだからといってプレイに妥協したくない、そんなゲーマーの要望を満たしたゲーム特化のノートPCに仕上がっています。

ぱぶまる
勝負に勝てるゲーミングノートを選びたい!」という方におすすめのハイスペックマシンですよ!
日本HP様より、当サイト「マクリン」限定で通常価格より7%OFFで購入できるクーポンが発行されました。

以下のリンクからHP直販サイトに入り、120,000円(税抜)以上の製品を購入いただくことで適用されますので、ぜひご利用くださいませ(〜2020年9月30日23:59まで)。


【HP OMEN X 2S 15レビュー】デュアルディスプレイ搭載!1台でゲーム環境が完璧に整う最強ゲーミングノートPC 【ドスパラGALLERIA GCR2080RNF-Eレビュー】steelseries製キーボード搭載&重いゲームもサクサク動くハイスペックゲーミングノートPC 【ドスパラGALLERIA GCR2070RGF-QCレビュー】デザイン性とゲーム性能を備えるインテル共同開発の最軽量ゲーミングノートPC 【HP Pavilion Gaming 15(AMD)レビュー】Ryzen7・144Hz・16GBメモリの3点セットで10万円の高コスパゲーミングノート! 【HP Pavilion Gaming 15(インテル)レビュー】コスパに優れたゲーマー目線のゲーミングノートPC 【2020年】コスパの高いおすすめのゲーミングノートパソコン【3Dゲームもできる】【2020年】コスパの高いおすすめのゲーミングノートパソコン【3Dゲームもできる】【タイプ別】おすすめの人気ノートパソコン20選!【タイプ別】おすすめの人気ノートパソコン20選!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です