当サイト限定HP製品クーポン

壊れたHDDに保存しているデータを取り出したいときの対処法を徹底解説

HDD 復元
マクリン
HDDが壊れちゃってデータが取り出せないときはどうすればいいんだろう…?

HDDに何らかの異常が発生したり壊れてしまうと、PCに接続したとしても保存しているデータが読み書きできなくなります。

この場合はデータにアクセスができないため、HDDが壊れてからバックアップを取ったり、他の機器にデータを移行することは難しくなります。

そのままの状態で放置したり、誤った対処をしてしまうと、データが取り出せなくなってしまう可能性があります。

本記事ではHDDが故障した時の症状や原因、HDDからデータを取り出す方法を解説します。

確実にデータが取り出したい人のために、おすすめのデータ復旧業者も紹介しています。

この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動し、22年4月には書籍「マクサン式Webライティング実践スキル大全」を出版。株式会社makuri・合同会社レイテラス代表取締役。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

HDD(ハードディスク)の役割と分類

HDDは役割ごとに大きく3種類に分類することができます。

HDD(ハードディスク)の役割と分類
 

内蔵HDD

内蔵HDDとは、ノート・デスクトップPCの内部に直接組み込まれているHDDを指します。

最近ではHDDだけでなく、読み込みスピードが速くデータの保存量が小さいSSD(ソリッドステートドライブ)を内蔵しているPCもあります。

また、データ復旧する際には、PCを解体して、HDDを取り出す必要がありますが、PCの知識がなければ難しい作業です。

内蔵HDDが故障してしまった場合には、PCの起動プログラムも正常に機能せず、電源が入らないことも考えられるので、早急に対処しましょう。
 

外付けHDD

外付けHDDとは、USBケーブルなどの端子を用いてPCなどの機器と接続してデータを保存するHDDを指します。

PCに内蔵されているHDDでは容量が不足している時に、容量を増設する役割があります。

容量は1TB以上のものが多く、大容量化が進んでいます。

データの持ち運びができるようにポータブルタイプの外付けHDDもあり、出先の別の機器に接続すればデータが読み書きできるため便利です。

ネットワークHDD(NAS)

ネットワークHDDはNASともいい、「Network Attached Storage」の略です。

ネットワークに接続して利用することができるため、1台のHDDに複数の機器からアクセスすることができ、データの共有ができます。

PCやタブレット、スマホなどを同時にネットワークに接続することで、出先からでも自宅のデータにアクセスすることができるため、ビジネスなどで利用されることが多いです。

もしNASが故障してしまったときには、共有していたデータがすべての端末から見られなくなってしまうため、大きな被害が発生してしまいます。

NASのデータ復旧は自力での復旧はほとんど不可能ですので、早く復旧するためにもデータ復旧業者に依頼しましょう。

HDDが故障した時に発生しやすい症状とは

HDDが故障したといっても、目に見えてわかる症状もあれば、異変を感じる程度の軽度の症状もあるため、発覚するのが遅れてしまうことがあります。

以下のような症状が発生しているときには、HDDが故障している可能性があるので、HDDからデータを取り出すことを検討しましょう。

 

認識しない・接続できない・読み込まない

「HDDが認識しない」「PCと接続できない」「データが読み込めない」場合には、HDDが故障していることが考えられます。

このまま通電を続けてしまうと、HDDに発生している障害が悪化し、保存しているデータまで取り出せなくなってしまうかもしれません。

状態を悪化させないためにも、通電や機器との接続をやめ、データを取り出すための対処をする必要があります。
 

PCの電源が入らない

PCの電源が入らない場合には、電力供給に問題がある可能性があるので、まずは電源ケーブルやコンセントに問題が発生していないかを確認してください。

その上でPCの電源が起動しない場合は、PCの起動システムや起動プログラムを保存しているHDDが故障していることが考えられます。

HDDの故障が予想される場合には、電源のオン・オフを試すのをやめ、データが必要な方は、復旧する方法を試しましょう。

エラーメッセージが表示される

PCの起動時に、以下のようなエラーメッセージが表示される可能性があります。

  • 問題が発生したため、PCを再起動する必要があります。
  • Windowsの準備をしています。コンピュータの電源を切らないでください
  • Operating System Not Found
  • 自動修復でPCを修復できませんでした
  • ○○にアクセスできません。アクセスが拒否されました。

このようなエラーメッセージが表示される場合には、基本的にメッセージに従って対処することになりますが、エラーメッセージ種類によってはデータを削除・フォーマットするものもあり、危険です。

HDDの故障が原因の可能性が高いため、バックアップを取ることが可能であれば今のうちにバックアップをとりましょう。
 

異音・異臭がする

HDDから「カチカチ・カタカタ」と異音が鳴ったり、焦げ臭いような異臭が発生することがあります。

この場合はHDD内部の部品同士が接触し、データの記録面が損傷していたり、機械熱で部品が溶けているなどの重度の障害が発生している可能性があります。

そのまま使用し続けると発火や火災の原因になるのでHDDの通電をやめましょう。HDDの解体や部品の交換が必要になるので、自力でのデータ取り出しは不可能です。

大切なデータが保存されている場合には、早急にデータ復旧業者に依頼しましょう。

HDDが故障する原因

HDDは消耗品であるため、寿命に近づくと異常が発生します。

その他にもHDDを扱う使用環境や操作の仕方によっては、HDDが故障するのを早めてしまいます。

HDDが故障する原因は大きく2つに分けられます。

HDDが故障する原因
 

物理障害とは

物理障害は、物理的な衝撃や経年劣化によって起こります。

PCに物理障害が発生している場合によく見られる症状は以下のとおりです。

  • 異音・異臭がする
  • OSが起動しない
  • エラーメッセージが表示される
  • HDDやSSDなどの記録媒体が認識されない

物理障害が発生しているPCからデータを取り出すには、HDDを解体してもゴミや塵が入り込まないためのクリーンルームやプログラムの解析を行う専門設備が必要となります。

「異音・異臭がする」は物理障害である可能性が高いですが「認識しない」「エラーメッセージが表示される」といった症状は論理障害にも当てはまります。

マクリン
症状の判別ができないときは、むやみに対処しない方がいいね…。

物理障害は自力で対処することが不可能ですので、早急に通電をやめ、大切なデータが入っている場合はデータ復旧業者に相談するようにしましょう。
 

論理障害とは

論理障害とは、HDD自体に問題はないが、保存されているデータやフォルダ構成が破損してしまっている状態を指します。

論理障害が発生している場合によくみられる症状は以下のようなものがあります。

  • エラーメッセージが表示される
  • PCが頻繁にフリーズしてしまう
  • フォーマットの要求
  • OSが起動しない・頻繁にフリーズする
  • ファイルやフォルダが消えている

論理障害では誤操作や読み込み中の切断などによって、ファイルシステムが破損していたり、プログラム上に不具合や損傷が起きていることが考えられます。

重度の場合には自力での復旧ができず、誤った対処をしてしまうと状態が悪化する可能性があります。

症状が軽度か重度かによって対処方法が異なるので、論理障害が発生している場合には、診断がより正確にできる対処をすることをおすすめします。

自力での復旧作業にはデータを失うリスクがあるため、確実にデータが復旧したい人はデータ復旧業者に相談しましょう。

HDDが故障した場合の注意点

HDDが故障しているときに、誤った対処をしてしまうと障害が悪化し、データが取り出せなくなってしまう可能性があります。

ここでは、HDDが故障しているときの注意点を紹介します。

 

通電しない

HDDが故障しているときに通電したり使用し続けようとすると、部品やデータに負荷がかかり、障害が悪化してしまう可能性があります。

HDDのデータを取り出したい場合には、なるべくそのままの状態で対処するのが一番復旧率が高くなります。

通電だけでなく、他の機器に接続することも同じように負荷を与える行為なので、絶対にやめましょう。
 

電源のON・OFFを繰り返さない

HDDが故障したときに、電源のON・OFFを試してしまいがちですが、これはPCに負荷がもっともかかる行為ですのでやめましょう。

HDDが故障しているか確かめるために、電源のON・OFFをする場合には一度限りにし、繰り返さないようにしてください。

一度確認しても回復しない場合には、通電して対処するのが難しいので、データ復旧業者に依頼することをおすすめします。

初期化・フォーマットをしない

初期化・フォーマットしてしまうと、PCからHDDのデータが読み込めなくなってしまいます。

データ復旧業者であれば、フォーマットしたデータの取り出しは可能ですが、個人での復元はほとんど不可能です。

初期化・フォーマットしてしまったデータは早急に対処しなければ、データ復旧業者であっても復旧できなくなってしまう可能性があるので、すぐにデータ復旧業者に依頼しましょう。
 

自力での作業は控える・機器を分解しない

自力での復旧作業によって復旧できるのは軽度の論理障害のみで、その他の障害に誤った対処をしてしまうと状態が悪化する恐れがあるので、自力での作業は控えましょう。

特にHDDを解体しての作業は専門の設備がなければ対処できないため、自力で復旧することができません。

HDDを解体すると、内部にゴミや塵が入り込んだり、内部の部品に傷がついてしまう可能性があるため、最悪の場合にデータが取り出せなくなってしまいます。

HDDの解体が必要な作業(特に物理障害)が発生している場合には、データ復旧業者に依頼するようにしましょう。

故障したHDDのデータを復旧する方法

HDDが故障した時には、保存しているデータを取り出さなければいずれデータが取り出せなくなるかもしれないため、なるべく早く対処するようにしましょう。

故障したHDDからデータを復旧する方法は以下のようなものがあります。

 

HDDのデータを移行する(起動可能な場合)

HDDをPCに接続してデータが確認できる場合には、今のうちに他の機器にデータを移行するか、バックアップを取るようにしましょう。

データが読み込めなくなったり、PCがHDDを認識できなくなるとデータの移行は難しくなってしまいます。

注意点として、HDDが故障しているときに通電してしまうと、障害が悪化してしまう可能性が考えられます。

そのままの状態で対処していれば取り出せたはずのデータが取り出せなくなっては本末転倒です。

再起動したら症状が回復した場合などの軽度な症状の場合にはデータの移行して、難しそうであればそのままの状態で他の方法を試しましょう。

確実にデータが取り出したい人はデータ復旧業者に依頼することをおすすめします。
 

データ復元ソフトで復元する

復元ソフトを使うことで、軽度の論理障害であればデータの復元ができることがあります。

復元ソフトのメリットとして手軽に実行できることや、いつでもWEB上でダウンロードすることができる点が挙げられます。

ただし、復元ソフトを使用する場合は以下の項目に注意してください。

  • 復元ソフトによって復旧できるデータ量に差がある
  • 軽度の論理障害にしか対応できない
  • 復元に失敗した場合、障害が悪化する恐れがある
  • 安価に試すことはできるが、データが消える可能性などリスクが大きい
  • 復元ソフトの使用でデータが上書きされた場合、データ復旧の難易度を上げてしまう可能性がある

復元ソフトに万能なものはないため、もし使用する時は自分の条件に合わせてソフトを選択する必要があります。

復元できる症状に対してリスクが大きいため、確実にデータを復旧したい人や自力での作業が不安な人はデータ復旧業者に依頼しましょう。

データ復旧業者に依頼する

データを確実に復旧したい方はデータ復旧業者に依頼しましょう。

データ復旧業者に依頼するのは、データ復旧方法の中で一番復旧率が高い方法です。

復旧実績の多い業者であれば、過去の経験から対応できる症状の幅が広く、自力では復旧できない症状にも対応することができます。

しかし、注意点としてデータ復旧業者によって技術力に大きな差があるため、データ復旧業者を選ぶ時には「技術力が高いかどうか」を軸に選ぶ必要があります。

無料相談・見積を実施している業者も存在するので、HPを見て「復旧率」「復旧実績」などの情報を掲載しているようなデータ復旧業者に相談してみましょう。

おすすめのデータ復旧業者はこちら

専門のデータ復旧業者は国内に100社以上存在しています。

本章では、中でも選りすぐりの1社を紹介します。

選定基準は以下のとおりです。

Point
  • クリーンルームなどの設備が整っているか
  • セキュリティ管理が徹底されているか
  • 高い技術力・実績があるか

それでは、くわしく見ていきましょう。

 

デジタルデータリカバリー

デジタルデータリカバリーは、14年連続国内売上No.1の国内最大級のデータ復旧・復元業者です。

復旧率も95.2%と業界最高水準をほこり、外付けHDDの復旧実績も多数あるため、技術力は申し分ないといえます。

また、復旧スピードも非常に速く、最短当日かつ約80%が48時間以内に復旧されるというのも大きな魅力です。

相談・見積もりも無料で行えるため、まずは最大手のデジタルデータリカバリーへ相談するのがよいでしょう。

SNS上でも、実際に利用して復旧できたユーザーの声が多く、信頼できるサービスであることが分かります。

 

CHECK NOW

まとめ

本記事はHDDが故障した時のデータを復旧する方法について解説しました。

HDDが故障したからといって、焦って誤った対処をしてしまうと、症状が悪化することに繋がります。

HDDに異常が発生した時には、通電や電源の切り替えをせず、そのままの状態で対処していくことが重要です。

確実にデータを取り出したい場合には、技術力の高いデータ復旧業者に依頼することをおすすめします。

デジタルデータリカバリー公式ページ
 
HDDデータ復旧業者のおすすめはどれ?失敗しないためのポイントも徹底解説! ハードディスク 【HDDを復旧・復元】HDDのデータを一番確実に取り出す方法を徹底解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。