おすすめのノートPC

【ドスパラGALLERIA RL5R-G50Tレビュー】11万円で買えてゲームも作業もマルチにこなせる薄型軽量のゲーミングノートPC

評価:3.5

ぱぶまる
本記事ではドスパラのゲーミングノートPC「GALLERIA RL5R-G50T」をレビューしました。CPUにはRyzen 5 4600H、GPUはGTX 1650 Tiを搭載し、リフレッシュレートは120Hzと最低限のスペックです。

どうも、ゲーミングデバイスブロガーのぱぶまるです。

ゲーミングノートPC高いというイメージがある方も多いと思います。

最新世代のGPUを搭載したゲーミングノートPCは、安くとも15~16万円くらいからのラインナップ。

スペックを考えれば納得できるものの、ライトゲーマーやちょっとやってみたい層には負担が大きいですよね。

しかし、このたび紹介する「GALLERIA RL5R-G50T」ならとにかく安く、価格はなんと約11万円です!

GALLERIA RL5R-G50Tの外観

ぱぶまる
軽量で持ち運びもしやすいので、ふだん使いのメインPCと家でちょっとゲームする、という方におすすめです!

そんなわけで本記事は「【ドスパラGALLERIA RL5R-G50Tレビュー】11万円で買えてゲームも作業もマルチにこなせる薄型軽量のゲーミングノートPC」について書いていきます。

ご貸与品
本記事はメーカー様から商品を貸与いただき作成しています。
この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動し、22年4月には書籍「マクサン式Webライティング実践スキル大全」を出版。株式会社makuri・合同会社レイテラス代表取締役。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

GALLERIA RL5R-G50Tのスペック

GALLERIA RL5R-G50T」は15.6型のゲーミングノートPCです。

GALLERIA RL5R-G50Tは軽量15.6型のゲーミングノートPC
 
本体スペックは以下のとおり。

モバイルは左スライドで全表示

製品名 GALLERIA RL5R-G50T
CPU AMD Ryzen 5 4600H(3.0GHz)
GPU GeForce GTX 1650 Ti GDDR 4GB
液晶 15.6インチ
リフレッシュレート 120Hz
解像度 フルHD液晶(1920×1080ドット表示)
メモリ 16GB(8GB x 2)
ストレージ 512GB(NVMe SSD)
端子 USB2.0 x 1、USB3.2 Gen1 Type-A x 2、USB3.2 Gen2 Type-C x 1、マイク入力 x 1、ヘッドフォン出力 x 1、HDMI2.0 x 1、miniDP x 2、SDカードリーダー(SDXC対応)、ギガビットLANポート x 1
バッテリー 約7.5時間
質量 1.9kg
スペック評価
外観(薄型で使いやすいシンプルなデザイン)
(5.0)
重量(1.9kgの薄型軽量)
(4.0)
ディスプレイ(フルHDのIPS液晶でリフレッシュレート120Hz)
(2.0)
キーボード(配置やキーサイズが使いやすい。個別RGBキーアサイン不可)
(3.0)
音質(低音は軽め)
(3.0)
ポート・無線(種類、数ともに充分。Wi-Fi6対応)
(4.0)
ゲーム(重めのゲームは難しい)
(2.0)
騒音・熱(ファン動作音が大きめ)
(3.0)
 

外観

本体カラーはガンメタリックで、ロゴは天板に1箇所あるものの、目立たず外でも使いやすいです。

GALLERIA RL5R-G50Tのカラーはブラック

重量は1.9kgと比較的軽く、薄型でフラットなデザインなので、かさ張らず持ち運びやすくできています。

ぱぶまる
厚みは多少あるものの、その分冷却性能が良く、ファンの音も抑えられていると感じました!

液晶ディスプレイ

ディスプレイはナローベゼルで没入感があり、リフレッシュレートは120Hzです。

GALLERIA RL5R-G50Tのディスプレイはナローベゼル

ディスプレイは最低限ゲームができるレベルではあるものの、細かな画像処理やこだわったクリエイティブ作業などにはちょっと物足りないかもしれません。

音質

スピーカー
低音が軽めの印象。迫力を求める方は物足りないかもしれません。
マイク
音質は問題ありません。重めのゲーム起動中は、ボイスチャットなどマイク位置によっては、冷却ファンの動作音をマイクが拾うかもしれません。
ぱぶまる
ゲーム時は基本的にヘッドセットを使うのがおすすめですよ!

キーボード

日本語配列でゲーム以外にオフィス作業でも使いやすいです。

GALLERIA RL5R-G50Tのキーボード

配色設定はコントロールセンターから変更可能ですが、キーごとの配色設定は不可。

スペースキーが若干短く、変換/無変換キーもあるのが難点ですが、特段使いにくさはありません。

GALLERIA RL5R-G50Tのキーボード

押し感はノートPCとしては反発が若干強い印象を受けました。

ぱぶまる
トラックパッドが広く、作業用途にも使いやすいです!
ポイント
ライティングの個別キー割り当て不可、マクロ機能なし
使いやすいテンキー搭載の日本語配列だがスペースキー周りが微妙
クリック感は比較的反発強め
トラックパッドが広めで使いやすい

インターフェース

右側面にはUSB-A(USB3.0)が2つとSDカードリーダーがあります。

GALLERIA RL5R-G50Tの右側面インターフェース
 
左側面にはLANポートとUSB-A(USB2.0)、マイク入力とヘッドフォン出力端子が付いています。

GALLERIA RL5R-G50Tの左側面インターフェース
 
背面にはminiDPが2つにHDMI、USB-C(USB3.1)と電源ポートが付いています。

GALLERIA RL5R-G50Tの背面インターフェース

GALLERIA RL5R-G50Tのゲームベンチマーク

GALLERIA RL5R-G50TはCPUにRyzen 5 4600H、GPUにGeForce GTX 1650 Tiを搭載しています。

MEMO
性能テストでは、ファンの動作モードをパフォーマンスモード(最大)にして測定しています。
 
重い3Dゲームの代表格「ファイナルファンタジー15」の高品質では「普通」の評価。

GALLERIA RL5R-G50TのFF15のスコア

ぱぶまる
軽量品質でプレイすれば動作テストでは問題なくプレイできましたよ!

ちなみに比較的軽量なFF14のスコアは「非常に快適」なので、軽めのゲームでは動作に問題なくプレイできます。

GALLERIA RL5R-G50TのFF15のスコア

GALLERIA RL5R-G50TでPUBGをプレイ

重いゲームの代表格「PUBG」をプレイし、どの程度の設定なら快適にプレイできそうか検証しました。

GPUの設定ソフト「GeForce Experience」にて、FPS値を画面左上(緑上の数値)にオーバーレイ表示させて実測してみました。
 

グラフィック設定:ウルトラ・解像度1920×1080(16:9)

FPS値は60前後で厳しいです。

GALLERIA RL5R-G50TでPUBGをプレイ
 

グラフィック設定:非常に低い・解像度1920×1080(16:9)

FPS値は110前後です。

ぱぶまる
快適とは断言しにくいスコアですが、カジュアルプレイなら問題なく遊べるスコアですよ!

GALLERIA RL5R-G50Tで人気ゲームのAPEX LEGENDSをプレイ

人気ゲームの代表格「APEX LEGENDS」をプレイし、どの程度の設定なら快適にプレイできそうか検証しました。

GPUの設定ソフト「GeForce Experience」にて、FPS値を画面左上(緑上の数値)にオーバーレイ表示させて実測してみました。
 

グラフィック設定:最高・解像度1920×1080(16:9)

FPS値は80前後と厳しめ。

GALLERIA RL5R-G50TでAPEX LEGENDSをプレイ
 

グラフィック設定:低・解像度1920×1080(16:9)

FPS値は140と快適です!

GALLERIA RL5R-G50TでAPEX LEGENDSをプレイ

ぱぶまる
搭載ディスプレイが120Hzなので、低めの設定なら安定して快適にプレイできます。

GALLERIA RL5R-G50Tで人気ゲームのFORTNITEをプレイ

人気ゲームの代表格「FORTNITE」をプレイし、どの程度の設定なら快適にプレイできそうか検証しました。

GPUの設定ソフト「GeForce Experience」にて、FPS値を画面左上(緑上の数値)にオーバーレイ表示させて実測してみました。
 

グラフィック設定:最高・解像度1920×1080(16:9)

FPS値は60で厳しいスコア。

GALLERIA RL5R-G50TでFORTNITEをプレイ
 

グラフィック設定:高・解像度1920×1080(16:9)

FPS値は60とあまり伸びません。

GALLERIA RL5R-G50TでFORTNITEをプレイ

グラフィック設定:中・解像度1920×1080(16:9)

FPS値は150とこれなら問題ないですね!

GALLERIA RL5R-G50TでFORTNITEをプレイ

ぱぶまる
設定を「中」まで落とさないといけないので精細さには欠けますが、プレイ自体は問題なく可能です。

GALLERIA RL5R-G50Tで快適にできるタイトルは?

大抵のゲームは設定次第で快適にできるレベルです。

ゲームタイトルごとの快適度
League Of Legends(高画質でも快適)
(5.0)
DQX(最高品質で「快適」)
(5.0)
FF14(高品質で「すごく快適」)
(5.0)
FF15(高品質で「普通」)
(3.0)
FORTNITE(中画質設定でプレイ推奨)
(2.0)
APEX(低画質設定でプレイ推奨)
(3.0)
PUBG(低画質でプレイ推奨)
(2.0)
CoD(Warzone)(低画質でプレイ推奨)
(2.0)
レインボーシックスシージ(低画質でプレイ推奨)
(3.0)
Dead By Daylight(最高画質で快適)
(5.0)
マインクラフト(最高画質で快適)
(5.0)
MEMO
FPS値が常時100以上でラグなどが無い状態を基準に「快適」といえるか判定しています。

FPSジャンルでは基本的に低めの設定が推奨されますが、RPGや軽めのゲームではスコアも高く安定するので、やりたいゲームの要求スペックが高い場合は注意ください。

スペック的にもカジュアル・ライトゲーマー向けとなっています。

GALLERIA RL5R-G50Tレビューまとめ

本記事は「【ドスパラGALLERIA RL5R-G50Tレビュー】11万円で買えてゲームも作業もマルチにこなせる薄型軽量のゲーミングノートPC」について書きました。

GALLERIA RL5R-G50Tは、エントリーゲーマー向けのPCではあるものの、価格がとにかく安いので手に取りやすい1台です。

ぱぶまる
ゲーミングノートPCのデビュー機におすすめですよ!
YouTube
動画でも紹介しています。

GALLERIA RL5C-R35をレビュー!低価格なのにマルチに使えるドスパラのゲーミングノートPC 【ドスパラGALLERIA RL5C-R35Tレビュー】価格も性能もちょうどいい、マルチに使えるゲーミングノートPC 【ドスパラGALLERIA XL7C-R36レビュー】RTX3060搭載なのに安い15型の軽量ゲーミングノートPC 【G-Tune E5-165レビュー】ゲームもオフィス作業もマルチにこなせる薄型軽量ゲーミングノートPC 【2020年】コスパの高いおすすめのゲーミングノートパソコン【3Dゲームもできる】【2020年】コスパの高いおすすめのゲーミングノートパソコン【3Dゲームもできる】【タイプ別】おすすめの人気ノートパソコン20選!【タイプ別】おすすめの人気ノートパソコン20選!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です