おすすめのノートパソコン

【実機全検証】ドスパラ(ガレリア)のゲーミングノートPCランキング【おすすめ】

どうも、ゲーミングデバイスブロガーのぱぶまるです。

ぱぶまる
ガレリアは人気プロチームでも使用されている有名メーカーで、コスパにすぐれた製品が多いですね!

公式ホームページを見に行ってもモデルが多く、どれを選べばよいか迷ってしまう」という方向けに、おすすめランキングにしました!

甲乙つけがたい部分もありますので、用途に合わせて少しでも自分に合ったモデルを選んでもらえたらうれしいです。

個別の商品レビューも書いているので、気になるモデルはぜひそちらもチェックしてみてください。

では1位からさっそく紹介していきます!

ドスパラのゲーミングノートBEST3

ドスパラの口コミ・評判はこちらの記事を参考くださいませ。

 

1位:GALLERIA GCR2070RGF-QC

ドスパラGCR2070RGF-QCGは15.6型のゲーミングノートPC

モバイルは左スライドで全表示

製品名ドスパラ「GALLERIA GCR2070RGF-QC
CPUCore i7-9750H(2.60GHz)
GPUNVIDIA GeForce RTX2070(Max-Q)
液晶15.6インチ(非光沢)、リフレッシュレート144Hz
解像度フルHD(1920 x 1080)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
生体認証顔認証
端子USB3.1 Type-C(Thunderbolt3対応)、USB3.1 Gen2 x 1、Gen1 x 2 /マイク入力 x 1、ヘッドフォン出力 x 1、HDMI x 1
無線LAN Intel Wi-Fi 6 AX200NGW (IEEE 802.11ax/ac/a/b/g/n 2x2 Max2.4Gbps)
バッテリー10時間
質量1.87kg
スペック評価
外観(スマートデザイン)
(5.0)
重量(最軽量のゲーミングノート)
(5.0)
ディスプレイ(高リフレッシュレート&高発色)
(5.0)
キーボード(Enterキー周りに多少慣れ必要)
(3.0)
音質(マイクの質は良し)
(3.0)
ポート(Thunderbolt3対応USB-C搭載)
(4.0)
ゲーム(RPG・MMO快適、FPS調整必要)
(4.0)
 
GALLERIA GCR2070RGF-QC」は性能やデザイン、価格どこをとってもスキのない総合1位です!

とりあえず「これを買えば失敗はしない」と言い切っていいほどのモデル。

作業用・編集用としても優秀で、外に持ち運びもできるといった優秀な1台です。

ぱぶまる
こんなの出されたら他メーカーはキツいなぁと思いましたw

おすすめポイント

Point
  • 2kgを切る最軽量&フラットデザイン
  • 重いゲームもサクサク動く性能
  • ゲーミングノートPCなのにバッテリー10時間
  • リフレッシュレート144hz
  • WiFi6対応でワイヤレスでも快適
  • スペックのわりに安い
 

特徴

ゲーミングノートPCっぽくないシンプルなデザインですが、トラックパッドも大きくベゼルも狭いので、コンパクトで使いやすいです。

ドスパラGALLERIA GCR2070RGF-QCは15.6型のゲーミングノートPC
 
PUBGのグラフィック設定「ウルトラ」でもFPSが100近く出ます。

設定を下げれば150弱まで出せるので、ゲーム性能も折り紙付き!

ドスパラGALLERIA GCR2070RGF-QCでPUBGをプレイ

2位:GALLERIA GCL2060RGF5

モバイルは左スライドで全表示

製品名ドスパラ「GALLERIA GCL2060RGF5
CPUCore i5-10300H
GPUGeForce RTX 2060 6GB
液晶15.6インチ(非光沢)、リフレッシュレート144Hz
解像度フルHD(1920 x 1080)
メモリ16GB
ストレージ500GB NVMe SSD
端子USB2.0 x 1、USB3.2 gen1 Type-A x 2、Type-C x 1、マイク入力 x 1、ヘッドフォン出力 x 1、HDMI x 1、miniDP x 2、SDカードリーダー(SDXC対応)、ギガビットLANポート x 1
無線LAN Intel Wi-Fi 6 AX200NGW (IEEE 802.11ax/ac/a/b/g/n 2x2 Max2.4Gbps)
バッテリー3.9時間
質量2.1kg
スペック評価
外観(シンプルで無駄のない設計)
(5.0)
重量(持ち運びやすい薄型で軽量)
(4.0)
ディスプレイ(フルHD液晶でリフレッシュレートは144Hz)
(4.0)
キーボード(RGB非搭載で使用感は普通)
(3.0)
音質(音質はふつう)
(3.0)
ポート(普通)
(3.0)
ゲーム(どのタイトルも快適)
(4.0)
 
GALLERIA GCL2060RGF5」はコスパで選ぶならコレ1択といっても良いかもしれません。

価格も約13万円で「大抵の方はこれで満足できます」と言い切っていいほどのモデル。

デザインもシンプルでどこでも使いやすくなっています。

ぱぶまる
安いのにリフレッシュレートやGPUが犠牲になっていないのが素晴らしいです!

おすすめポイント

Point
  • ゲーミングらしくないシンプルなデザイン
  • 搭載GPUがRTXシリーズ
  • リフレッシュレート144hz
  • WiFi6対応でワイヤレスでも快適
  • 13万円でこの構成は破格
 

特徴

GALLERIA GCL2060RGF5で重いゲームの代表格「PUBG」「FORTNITE」「APEX LEDGENDS」をプレイし、どの程度の設定なら快適にプレイできそうか検証しました。

GPUの設定ソフト「GeForce Experience」にて、FPS値を画面左上(緑上の数値)にオーバーレイ表示させて実測してみました。
 
PUBGのグラフィック設定「ウルトラ」でもFPSが100近く出ます。

PUBG(グラフィック設定:中)

GALLERIA GCL2060RGF5でFORTNITEをプレイ

FORTNITE(グラフィック設定:最高)

GALLERIA GCL2060RGF5でAPEX LEGENDSをプレイ

APEX LEDGENDS(グラフィック設定:低)

ぱぶまる
搭載しているディスプレイの144Hzを活かせる数値が出るので外付けディスプレイをつながなくても快適にプレイできます!
YouTube
動画でも使い勝手やゲームプレイの様子を解説しています。

3位:GALLERIA GCR2070RNF-E

GALLERIA GCR2070RNF-Eの外観

モバイルは左スライドで全表示

製品名GALLERIA GCR2070RNF-E
CPUCore i7-9750H
GPUNVIDIA GeForce RTX 2070
液晶17.3インチワイド
リフレッシュレート144Hz
解像度フルHD 液晶(LEDバックライト / 1920×1080ドット表示)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
端子USB3.2 Gen2 Type-C x 1、USB3.1 Gen2 Type-A x 1、USB3.1 Gen1 Type-A x 1、HDMI x 1、miniDisplayPort x 1、マイク入力端子 x 1、ヘッドフォン出力端子 x 1
ワイヤレス規格Intel Wi-Fi 6 AX200(IEEE802.11 a/b/g/n/ac/ax),Bluetooth 5
バッテリー約5時間
質量2.7kg
スペック評価
外観(シンプルな薄型で場所を取らない)
(4.0)
重量(室内での移動は容易)
(2.0)
ディスプレイ(フルHD液晶&144Hz高リフレッシュレート)
(4.0)
キーボード(steelseries製の使いやすく高品質なキーボード)
(5.0)
音質(音質はふつう)
(3.0)
ポート(最新規格があり、数も多い)
(4.0)
ゲーム(重いゲームも高グラフィックで楽しめる)
(4.0)
 
ゲーミングノートPCのキーボードって、そのまま使うにはちょっと心もとなかったりしませんか?

ところが「GALLERIA GCR2070RNF-E」は違います。

そのまま使っても全然問題ないどころか使いやすく、設定も自由度高いのでマウスだけつなげばOKです。

性能もかなり良く、重めのFPSタイトルやMMOタイトルも余裕で動きます!

ぱぶまる
キーボードまでしっかり使えて、まさにゲーム向きといえる1台でした!

おすすめポイント

Point
  • SteelSeries製キーボードが操作性抜群
  • 重いゲームもサクサク動く性能
  • RGB設定やキーバインドもしやすい
  • リフレッシュレート144hz
  • Wifi6対応でワイヤレスでも快適
  • 17インチ液晶でFPSも快適プレイ
 

特徴

GALLERIA GCR2070RNF-Eのキーボードはサイズも配列も良く、操作しやすい仕上がりとなっています。

GALLERIA GCR2070RNF-Eのキーボードはsteelseries製
 
ノートPCながら押し感も優秀で、キーストロークが浅すぎず、しっかりしています。

GALLERIA GCR2080RNF-Eのキーボードはsteelseries製

また最新のWiFi規格「WiFi6」に対応し、ワイヤレス環境でも遅延が少なく、快適にゲームプレイすることができます。

YouTube
動画でも使い勝手やゲームプレイの様子を解説しています。

4位:GALLERIA GCL1650TGF

モバイルは左スライドで全表示

製品名GALLERIA GCL1650TGF
CPUCore i5-10300H
GPUGeForce GTX 1650Ti 4GB
液晶15.6インチ
リフレッシュレート60Hz
解像度フルHD 液晶(LEDバックライト / 1920×1080ドット表示)
メモリ16GB
ストレージ500GB NVMe SSD
端子USB2.0 x 1、USB3.2 gen1 Type-A x 2、Type-C x 1、マイク入力 x 1、ヘッドフォン出力 x 1、HDMI x 1、miniDP x 2、SDカードリーダー(SDXC対応)、ギガビットLANポート x 1
バッテリー約6.5時間
質量2.1kg
スペック評価
外観(シンプルで無駄のない設計)
(5.0)
重量(持ち運びやすい薄型で軽量)
(4.0)
ディスプレイ(フルHD液晶だがリフレッシュレートは60Hz)
(3.0)
キーボード(RGB非搭載で使用感は普通)
(3.0)
音質(音質はふつう)
(3.0)
ポート(普通)
(3.0)
ゲーム(アクションやFPS以外なら大体快適)
(3.0)
 
GALLERIA GCL1650TGF」は同価格帯の他エントリークラスと比較すると、デザインや性能が1歩2歩上回っています!

価格を抑えて探している方やサブマシンを探している方にもおすすめです。

ただし、惜しい点としてリフレッシュレートが60Hzなので、動きの激しいゲームは苦手。

ぱぶまる
こんなに安いのに結構サクサク動く!」というのが率直な感想で、ゴリゴリのFPSプレイヤーとかでなければ満足できる性能ですよ!

おすすめポイント

Point
  • 約10万円の圧倒的コスパ!
  • ターボモードでゲーム性能も高め
  • 2kgの薄型デザインは持ち運びもしやすい
  • シンプルな外観で作業用としてもなじむ
 

特徴

GALLERIA GCL1650TGFで人気ゲームの「PUBG」「FORTNITE」「APEX LEDGENDS」をプレイし、どの程度の設定なら快適にプレイできそうか検証しました。

GPUの設定ソフト「GeForce Experience」にて、FPS値を画面左上(緑上の数値)にオーバーレイ表示させて実測してみました。

PUBGは比較的重い類のゲームなので、低~中くらいでのプレイをおすすめします。

GALLERIA GCL1650TGFでPUBGをプレイ

グラフィック設定:ウルトラ・解像度1920×1080(16:9)

 
FPS値は60前後でした。

グラフィック設定:中・解像度1920×1080(16:9)

 
FPS値は100前後と余裕があります。 

グラフィック設定:非常に低い・解像度1920×1080(16:9)

 
FORTNITEは比較的軽いので、最高設定でも100FPS出ます。

グラフィック設定を中以下にするとFPS値は上がりますが、FORTNITEはグラフィック設定を下げるとかなり見づらくなるのでおすすめしません。

GALLERIA GCL1650TGFでFORTNITEをプレイ

グラフィック設定:最高・解像度1920×1080(16:9)

 
FPS値は130前後でした。

GALLERIA GCL1650TGFでFORTNITEをプレイ

グラフィック設定:高・解像度1920×1080(16:9)

 
APEX LEDGENDSは高設定でかなりサクサク動きますが、搭載しているディスプレイのリフレッシュレートが60Hzなので、画面酔いするかもしれません。

動作自体は問題ないですが、外付けの高リフレッシュレートモニタにつなげると快適にプレイできます。

FPS値は70前後で、搭載ディスプレイ的にはちょうど良い数値といえます。

GALLERIA GCL1650TGFでAPEX LEGENDSをプレイ

グラフィック設定:最高・解像度1920×1080(16:9)

 
FPS値は大体140前後をキープでき、144Hz以上の高リフレッシュレートディスプレイをお持ちの方は、外付けでやるのも良さそうです。

GALLERIA GCL1650TGFでAPEX LEGENDSをプレイ

グラフィック設定:高・解像度1920×1080(16:9)

YouTube
動画でも使い勝手やゲームプレイの様子を解説しています。

5位:GALLERIA GCR1660TGF-QC

ドスパラGCR1660TGF-QCGは15.6型のゲーミングノートPC

モバイルは左スライドで全表示

製品名ドスパラ「GALLERIA GCR1660TGF-QC
CPUCore i7-9750H(2.60GHz)
GPUNVIDIA GeForce GTX1660Ti
液晶15.6インチ(非光沢)、リフレッシュレート144Hz
解像度フルHD(1920 x 1080)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
生体認証顔認証
端子USB3.1 Type-C(Thunderbolt3対応)、USB3.1 Gen2 x 1、Gen1 x 2 /マイク入力 x 1、ヘッドフォン出力 x 1、HDMI x 1
無線LAN Intel Wi-Fi 6 AX200NGW (IEEE 802.11ax/ac/a/b/g/n 2x2 Max2.4Gbps)
バッテリー10時間
質量1.87kg
スペック評価
外観(スマートデザイン)
(5.0)
重量(最軽量のゲーミングノート)
(5.0)
ディスプレイ(高リフレッシュレート&高発色)
(5.0)
キーボード(Enterキー周りに多少慣れ必要)
(3.0)
音質(マイクの質は良し)
(3.0)
ポート(Thunderbolt3対応USB-C搭載)
(4.0)
ゲーム(RPG・MMO快適、FPS調整必要)
(3.0)
 
GALLERIA GCR1660TGF-QC-G」は、1位モデルから性能と価格を抑えたモデルとなっています。

CPUとGPUが1つ下のグレードになっていますが、それ以上に価格が低くおさえられ、コスパは抜群。

ミドルグレードのモデルを探しているならこちらがおすすめです!

ぱぶまる
GPUがRTXシリーズでなくても良いという方は、こちらで充分満足できると思いますよ!

おすすめポイント

Point
  • 2kgを切る最軽量&フラットデザイン
  • 重いゲームもサクサク動く性能
  • ゲーミングノートPCなのにバッテリー10時間
  • リフレッシュレート144hz
  • WiFi6対応でワイヤレスでも快適
  • 圧倒的なコスパ
 

特徴

重い3Dゲーム「ファイナルファンタジー15」の高品質でも「快適」という評価でした。

ドスパラGALLERIA GCR1660TGF-QC-GのFF15のスコア

ミドルスペックのゲーミングノートPCとしてはかなり良いスコアにとどまっています。

YouTube
動画でも使い勝手やゲームプレイの様子を解説しています。

ドスパラのゲーミングノートPCまとめ

本記事は「【実機全検証】ドスパラ(ガレリア)のゲーミングノートPCランキング【おすすめ】」について書きました。

ガレリアのゲーミングノートはどれも高コスパで、ランキングを付けるのは悩ましいところもありましたが、1位のモデルはあらためて素晴らしいモデルだと感じました。

とはいえ、この4モデルはどの方にもだいたい合うので、お買い得な選択になるはずです。

ぜひ最適な1台を手にしてください。

ゲーミングデバイスレビュワーのぱぶまるでした。

【ドスパラGALLERIA GCR2070RGF-QCレビュー】デザイン性とゲーム性能を備えるインテル共同開発の最軽量ゲーミングノートPC 【ドスパラGALLERIA GCL2060RGF-Tレビュー】15万円台の最高コスパ&軽量薄型ゲーミングノートPC! 【ドスパラGALLERIA GCL2060RGF5レビュー】欲しいとこ全部入りの妥協なきゲーミングノートPC 【ドスパラGALLERIA GCR2070RNF-Eレビュー】ゲーマーが望むスペック全部入りのゲーミングノートPC 【ドスパラGALLERIA GCL1650TGFレビュー】10万で買えるコスパ抜群なエントリーゲーミングノートPC 【ドスパラGALLERIA GCR1660TGF-QCレビュー】外でも使えるデザインとFPSゲームもこなせる高コスパのゲーミングノートPC 【2020年】コスパの高いおすすめのゲーミングノートパソコン【3Dゲームもできる】【2020年】コスパの高いおすすめのゲーミングノートパソコン【3Dゲームもできる】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です