MENU
PROFILE

マクリン

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。

東京在住のサラリーマンが、ガジェット8割・家電2割で、おすすめをレビューしマクリンのブログです。

レビュー依頼・ご質問は、お気軽にお問い合わせフォームまで。

アマゾン1,000円還元でお得に買い物する方法

Anker PowerCore Fusion 5000を超えた!? OMKUY Qiモバイルバッテリー比較レビュー

 

どうも、ガジェット大好きのマクリン( @Maku_ring)です。

数々のガジェットと共存するワタクシは、モバイルバッテリーにもUSB充電器にもなる一台二役、Anker「PowerCore Fusion 5000」を常備しています。

PowerCore Fusion 5000

 

今や頼りになる相棒と化している「PowerCore Fusion 5000」ですが、二点だけ不満がありまして……。

 

マクリン
容量がもうちょい欲しい! あとはUSBタイプCポートがあれば完璧なのに……。
 
5,000mAhという、多くも少なくもない絶妙な容量は、ときに物足りなさを感じることもあったのです。

また、ふだんからMacBook Proを持ち歩くので、USBタイプCポートを備えていれば、純正ケーブルを差してアダプターとしても使えるのに、という思いも抱いてました。

ところがそんな僕の眼前に現れたのです。

 

マクリン
これぞ理想のモバイルバッテリーか !?

OMKUY QIワイヤレス充電器

QIワイヤレス充電器」です。

そんなわけで本記事は「Anker PowerCore Fusion 5000超えた!? OMKUY Qiモバイルバッテリー比較レビュー」について書いていきます。

 

OMKUY QIワイヤレス充電器の概要

QIワイヤレス充電器」は6,700mAhのモバイルバッテリーです。

本体に折り畳みプラグを備え、コンセントに差すことでUSB充電器としても使うことができます。

箱にはメーカー名、OMKUYの記載が一切ありません。

中には簡素な説明書と本体が入っているのみ。

OMKUY QIワイヤレス充電器の概要

 
OMKUY自体、見知らぬメーカーだったことが、怪しさに拍車をかけていましたw

 

サイズは8 x 8 x 3cm。

PowerCore Fusion 5000」と比べると、少し大きいです。

【左】OMKUY(3,380円):約240g 【右】Anker(黒 2,599円/白 2,799円):約189g

 

MacBook Proの電源アダプターも並べるとこんな感じ。

OMKUY QIワイヤレス充電器とAnker PowerCore Fusion 5000とMacBook Proアダプターのサイズ比較

 

OMKUY QIワイヤレス充電器とAnker PowerCore Fusion 5000のバッテリー容量

PowerCore Fusion 5000」で若干のネックであったバッテリー容量

モバイルバッテリーの大事な性能のひとつです。

メーカー容量
ANKER5,000mAh
OMKUY6,700mAh
マクリン
OMKUYはANKERの約1.3倍

 
6,700mAhなのでiPhone 8だと約2.5回分の充電が可能です(PowerCore Fusion 5000は約1.9回分)。充分すぎる。

OMKUY QIワイヤレス充電器は6,700mAh

 

PowerCore Fusion 5000残量確認用のLEDインジケーターが付いています。

ボタンを押すと、3段階の点灯でおおよそのバッテリー残量が分かります。

OMKUY QIワイヤレス充電器は3段階のLEDインジケーター付き

 

一方OMKUY QIワイヤレス充電器は、側面の電源ボタンを押すことで、1%単位で残量確認できるようになっています。地味に優秀。

OMKUY QIワイヤレス充電器は1%単位で残量確認

 

Sponsored Links

 

OMKUY QIワイヤレス充電器とAnker PowerCore Fusion 5000のUSBポート比較

モバイルバッテリーはUSBのポート数も重要なポイント。いずれもUSBタイプAポートを2つ備えている点は同じです。

OMKUY QIワイヤレス充電器とAnker PowerCore Fusion 5000のUSBポート

 

ところがOMKUY QIワイヤレス充電器は、入出力に対応したUSBタイプCポートまで付いています。

メーカー端子
ANKER
  • USBタイプA x 2(出力)
  • マイクロUSB x 1(入力)
OMKUY
  • USBタイプA x 2(出力)
  • USBタイプC x 1(入出力)
MEMO
「出力」はガジェットの充電、「入力」はバッテリー本体の充電に使用する端子です。

 

マクリン
これこそ待ち望んでたやつ!

 

USBタイプC付きのスマホ・タブレットに使えるのはもちろんのこと、純正ケーブルを差してMacBook Proのアダプター代わりに使うこともできるのです。

OMKUY QIワイヤレス充電器はMacBook Proのアダプター代わりにも使える

 

それから充電性能に関わる出力アンペア数

ざっくり書くと、スマホ・タブレットで以下のアンペア数を出力できれば、急速充電できるということです。

急速充電のアンペア数

  • ガラケー 0.5A
  • スマホ 1.0A
  • タブレット  2.0A
注意
タブレットに1.0Aしか出力されない場合、充電できないケースが多いです。

 

ANKER・OMKUY両者の出力アンペア数はこちらのとおり。

メーカーアンペア数(5V時)
ANKER
  • アダプター時:2.1A
  • モバイルバッテリー時:3A
OMKUY
  • いずれも3A
  • タイプC x 1、タイプA x 2は各2.4A

 

ではモバイルバッテリー使用時の出力アンペア数はどうなのか、ということでUSB電流電圧テスターで確認しました。

PowerCore Fusion 5000はスマホだと1.34A、タブレットで1.82A出力しています。

特にスマホは1.5A近く出ることもあり、早く充電できる印象です。

ANKER x スマホ(1.34A)

ANKER x タブレット(1.82A)

 

OMKUY QIワイヤレス充電器はANKERに比べると控えめな出力。とはいえ、スマホ充電時は充分なアンペアが出ています。

OMKUY x スマホ(1.18A)

OMKUY x タブレット(1.60A)

 

試しにUSBタイプCポートにMacBook Proをつないだところ、なんとMacBook Proも充電できちゃいました。すごい。

 

USBタイプCを充電に使った状態で、タイプAからの出力を計測したところ、0.84Aまでしか出ませんでした(スマホは充電可)。やはり出力は最大3Aのようです。

 

Sponsored Links

 

OMKUY QIワイヤレス充電器だけの特長

OMKUY QIワイヤレス充電器独自の特長はUSBタイプCポートだけではありません。

まずひとつめはワイヤレス給電規格のQi(チー)を搭載していること。

Qi規格に対応した充電器とスマホ同士であれば、置くだけで充電可能というものです。

 

マクリン
iPhone 8以降のiPhoneにQiが備わったことで、ワイヤレス充電器も盛り上がりを見せていますね。

今のところ、モバイルバッテリー&充電器一体型で、Qiに対応しているのはOMKUY QIワイヤレス充電器だけ。大きなアドバンテージといえるでしょう。

ワイヤレス充電使用時の出力は、ワット数(5W)から推測するにおそらく1A程度。スマホなら充分に充電できます。

 
もうひとつの独自の特長はプラグ部分です。

このように取り外しができるため、ケーブルタイプのプラグを付けることもできます。

 

マクリン
あらゆるアダプター規格に対応できるのは便利ですね!
 

Anker PowerCore Fusion 5000よりスペックで勝るOMKUYは買い?

PowerCore Fusion 5000よりも多いバッテリー容量に、USBタイプCポート& Qi搭載と、スペック上はOMKUY QIワイヤレス充電器が勝っています。

 

ヨメ
それじゃあ、ANKERよりOMKUYを買ったほうがいいんじゃないの?
 
そう思われるかもしれません。ですが、僕はOMKUYにひとつの不安を抱えています。
 
マクリン
それは製品のクオリティです……。
 

例えば残量確認ボタン。押しても全く反応しないときが結構あります。


 
また、色々なガジェットを付けたり外したりしていると、このような「LO表示」になることもあります。

特にモバイルバッテリーとして使用した際に、いくつかの動作不良を起こすことがある印象です。

アダプターとして使用する分には、今のところ不具合はありません。

とはいえ、純正のMacアダプターとモバイルバッテリーをひとまとめにできるのは大きなメリットです。

多少の動作不良に目をつぶれる人であれば買いでしょう。

 

マクリン
Ankerの品質は素晴らしいから、あとはUSBタイプCポートさえあればなぁ……。
 
ヨメ
USBタイプAとタイプCの付きケーブルなら、それをPowerCore Fusion 5000に差せば、MacBookのアダプターでも使えるんじゃないの?

 

マクリン
ハッ……!
 

そんなわけで「Anker PowerLine+ USB-C & USB-A 3.0 ケーブル」を購入し、現在はPowerCore Fusion 5000をMacBook Proのアダプターとしても使っています。

 

どうしてもPowerCore Fusion 5000の小容量が気になる人は、RIMOWAスーツケース風の小洒落たモバイルバッテリー、ROMOSSのモバイルバッテリー搭載AC急速充電器がおすすめ。同じくUSBタイプA x 2を備えています。

ROMOSS(3,399円):約370g

マクリン
なんと驚異の10,000mAh! あと友人が快適に使えているので、品質も間違いありません!

 

こんな人におすすめ

 

Anker PowerCore Fusion5000とOMKUY比較│まとめ

本記事は「Anker PowerCore Fusion 5000超えた!? OMKUY Qiモバイルバッテリー比較レビュー」について書きました。

OMKUY QIワイヤレス充電器が登場した瞬間は「こりゃどエラい製品が出たで!」と慌てて注文したものです。

ところが、いろいろ試していくうちに気になったのは、製品の質と耐久性

製品の造り込みという点では、PowerCore Fusion 5000に軍配が上がる結果となりました。

マクリン
そうはいっても、製品スペックではOMKUYが秀でているのは間違いありませんよ!

日々進化を続けていくモバイルバッテリー。今後が楽しみです。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

 

2019年買ってよかった、おすすめのモバイルバッテリー9選! 【2019年】おすすめのモバイルバッテリーとその選び方・完全版【大容量・PD対応・薄型・Qi】 【RAVPower RP-PB125比較レビュー】Ankerより大容量のACプラグ搭載6700mAhモバイルバッテリー 【Anker PowerCore Lite 10000レビュー】充電端子が2種類選べる軽量モバイルバッテリー【大容量】 【Anker PowerCore 10000 Reduxレビュー】10000mAhモバイルバッテリーの新スタンダード【絶妙サイズとグリップ感】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Facebook Twitter Feedly
SHARE