おすすめのガジェット

【Anker PowerCore Fusion 5000レビュー】一台二役の万能なモバイルバッテリー兼用USB充電器

どうも、デジタル機器大好きのマクリン( @Maku_ring)です。

ノートPCをはじめ、スマホ・タブレット・イヤホンなど、多くのガジェットと共存する僕には、モバイルバッテリーもUSB充電器も欠かせません。

マクリン
とはいえ、両方持ち歩くのはめんどくさいですよね……。

そんな人に朗報があります!

Ankerの「PowerCore Fusion 5000」なら、モバイルバッテリーにもUSB充電器にもなるので、なんとこれ一台で済んじゃいます。

一般的なスマホが約2回分充電できる5,000mAhのモバイルバッテリーとして使え、コンセントを挿すことでUSB-Aポートを2つ持つ充電器としても活用できます。

どのモバイルバッテリーを買えばいいか悩んでいる人には、とりあえずこれをおすすめしとけば間違いない鉄板モデルでもあります。

そんなわけで本記事は「【Anker PowerCore Fusion 5000レビュー】一台二役の万能なモバイルバッテリー兼用USB充電器」について書いていきます。

YouTube
動画でも使用感をまじえて紹介しています。

この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

東京在住のサラリーマンで、品川のコワーキングスペース「Ray Terrace(レイテラス)」も運営しています。当ブログでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。Instagramもやってます。 プロフィール詳細

Anker PowerCore Fusion 5000の外観

Anker PowerCore Fusion 5000」は5,000mAhのハイブリッド型モバイルバッテリーです。

Anker PowerCore Fusion 5000は5,000mAhのモバイルバッテリー

5,000mAは、iPhoneなら約1.9回充電できる、ちょうどいいバッテリー容量。

本体に折りたたみプラグを備え、コンセントに挿すことでUSB充電器としても使うことができます。


 
本体充電用のMicro USBとデバイス充電用のUSB-Aを2つそなえています。

Anker PowerCore Fusion 5000は本体充電用のMicro USBとデバイス充電用のUSB-A搭載
 
後継モデルに「Anker PowerCore III Fusion 5000」があり、そちらは高出力のPD対応USB-Cが付いています。

 
サイズは7.2 x 7.0 x 3.1cmで、手の平大の大きさです。

Anker PowerCore Fusion 5000のサイズ
 
重量は約186gで最新のiPhoneと同程度。


 
表面には残量確認用のLEDインジケーターが付き、ボタンを押すと3段階の点灯でおおよそのバッテリー残量が分かります。


Anker PowerCore Fusion 5000は2種類の本体充電と2つのUSB-A出力に対応

Anker PowerCore Fusion 5000」はMicro USBACコンセントという2種類の本体充電方法に対応しています。



いずれも約2時間半で本体のフル充電が可能です。

デバイス充電用にはUSB-Aを2つ備えています。


 
コンセントを挿しながらデバイスを充電できるパススルー充電にも対応し、それぞれのモードで出力が異なります。

モード出力(ワット数)
ACアダプター各ポート最大10.5W(2ポート合計10.5W)
モバイルバッテリー各ポート最大15W(2ポート合計15W)

 
iPhone充電時の出力をテスターで確認したところ、仕様どおりモバイルバッテリーで使用したときのほうが、高い出力が確認できました。

アダプター使用時(5.1W)

モバイルバッテリー時(10.8W)

急速充電の出力

  • ガラケー 2.5W
  • スマホ 5.0W
  • タブレット  7.5W

 
2ポート接続時もモバイルバッテリー使用なら5W以上出ていたため、スマホ2台同時充電は充分に可能です。

スマホ2台同時充電時(5.9W)

欲をいえば高出力のPD対応USB-Cが欲しかったところですが、USB-Aが2つ付いているので汎用性はかなりあります。

なにより、モバイルバッテリーとしてもUSB充電器としても使える拡張性は大きな魅力です。

マクリン
どのモバイルバッテリーを買うべきか迷ったら、Anker PowerCore Fusion 5000にしとけば間違いありませんよ!

Sponsored Links

 

Anker PowerCore Fusion 5000レビューまとめ

本記事は「【Anker PowerCore Fusion 5000レビュー】一台二役の万能なモバイルバッテリー兼用USB充電器」について書きました。

Anker PowerCore Fusion 5000はバッテリーにもUSB充電器にもなるので、持ち物をすっきりしたい人におすすめの製品です。

コンセントに挿して本体を充電しながらのデバイス充電もでき、実用性にもすぐれています。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

【Anker PowerCore III Fusion 5000レビュー】PDとQC対応USB-Cを搭載する充電器一体型モバイルバッテリー 【RAVPower RP-PB125比較レビュー】Ankerより大容量のACプラグ搭載6700mAhモバイルバッテリー 【2020年】おすすめのモバイルバッテリーとその選び方【PD・Qi対応・大容量・薄型】 【2020年】モバイルバッテリーの選び方とそのおすすめ品・完全版【大容量・PD対応・薄型・Qi】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

マクナビ