記事を探す方は全カテゴリーへ

Anker PowerCore Fusion 5000超えた!? モバイルバッテリー「OMKUY QIワイヤレス充電器」比較レビュー

 

どうも、ガジェット大好きのマクリン( @Maku_ring)です。

数々のガジェットと共存するワタクシは、モバイルバッテリーにもUSB充電器にもなる一台二役、Anker「PowerCore Fusion 5000」を常備しています。

 

今や頼りになる相棒と化している「PowerCore Fusion 5000」ですが、二点だけ不満がありまして……。

 

マクリン

容量がもうちょい欲しい! あとはUSBタイプCポートがあれば完璧なのに……。

 

5,000mAhという、多くも少なくもない絶妙な容量は、ときに物足りなさを感じることもあったのです。

また、ふだんからMacBook Proを持ち歩くので、USBタイプCポートを備えていれば、純正ケーブルを差してアダプターとしても使えるのに、という思いも抱いてました。

ところがそんな僕の眼前に現れたのです。

 

マクリン

これぞ理想のモバイルバッテリーか !?

OMKUYの「OMKUY QIワイヤレス充電器」です。

そんなわけで本記事は「Anker PowerCore Fusion 5000を超えた!? モバイルバッテリー『OMKUY QIワイヤレス充電器』比較レビュー」について書いていきます。

 

「RAVPower 60W 6ポートUSB充電器」がおすすめ!スマホ・タブレット・ガジェット充電をまとめるすぐれもの

【2018年も使える】2017年買って本当によかったおすすめ最新ガジェット5選!

【2018年】MacBook Proと一緒に買うべき、おすすめ周辺機器・アクセサリー7選!

【2018年】仕事に役立つ便利な最新おすすめガジェット5選!

Anker PowerCore Fusion 5000を超えた!? モバイルバッテリー「OMKUY QIワイヤレス充電器」比較レビュー

OMKUY QIワイヤレス充電器」は6,700mAhのモバイルバッテリーです。本体に折り畳みプラグを備え、コンセントに差すことでUSB充電器としても使うことができます。

箱にはメーカー名、OMKUYの記載が一切ありません。中には簡素な説明書と本体が入っているのみ。

 

OMKUY自体、見知らぬメーカーだったことが、怪しさに拍車をかけていましたw

 

サイズは8 x 8 x 3cm。「PowerCore Fusion 5000」と比べると、少し大きいです。

【左】OMKUY(3,380円):約240g 【右】Anker(黒 2,599円/白 2,799円):約189g

 

MacBook Proの電源アダプターも並べるとこんな感じ。

 

1. バッテリー容量

PowerCore Fusion 5000」で若干のネックであったバッテリー容量。モバイルバッテリーの大事な性能のひとつです。

メーカー容量
ANKER5,000mAh
OMKUY6,700mAh

マクリン

OMKUYはANKERの約1.3倍

 

6,700mAhなのでiPhone 8だと約2.5回分の充電が可能です(PowerCore Fusion 5000は約1.9回分)。充分すぎる。

 

PowerCore Fusion 5000は残量確認用のLEDインジケーターが付いています。横のボタンを押すと、3段階の点灯でおおよそのバッテリー残量が分かります。

 

一方OMKUY QIワイヤレス充電器は、側面の電源ボタンを押すことで、1%単位で残量確認できるようになっています。地味に優秀。

 

2. USBポート

モバイルバッテリーはUSBのポート数も重要なポイント。いずれもUSBタイプAポートを2つ備えている点は同じです。

 

ところがOMKUY QIワイヤレス充電器は、入出力に対応したUSBタイプCポートまで付いています。

メーカー端子
ANKER
  • USBタイプA x 2(出力)
  • マイクロUSB x 1(入力)
OMKUY
  • USBタイプA x 2(出力)
  • USBタイプC x 1(入出力)
MEMO
「出力」はガジェットの充電、「入力」はバッテリー本体の充電に使用する端子です。

 

マクリン

これこそ待ち望んでたやつ!

 

USBタイプC付きのスマホ・タブレットに使えるのはもちろんのこと、純正ケーブルを差してMacBook Proのアダプター代わりに使うこともできるのです。

 

それから充電性能に関わる出力アンペア数。ざっくり書くと、スマホ・タブレットで以下のアンペア数を出力できれば、急速充電できるということです。

急速充電のアンペア数
  • ガラケー 0.5A
  • スマホ 1.0A
  • タブレット  2.0A
注意
タブレットに1.0Aしか出力されない場合、充電できないケースが多いです。

 

ANKER・OMKUY両者の出力アンペア数はこちらのとおり。

メーカーアンペア数(5V時)
ANKER
  • アダプター時:2.1A
  • モバイルバッテリー時:3A
OMKUY
  • いずれも3A
  • タイプC x 1、タイプA x 2は各2.4A

 

ではモバイルバッテリー使用時の出力アンペア数はどうなのか、ということでUSB電流電圧テスターで確認しました。

PowerCore Fusion 5000はスマホだと1.34A、タブレットで1.82A出力しています。特にスマホは1.5A近く出ることもあり、早く充電できる印象です。

ANKER x スマホ(1.34A)

ANKER x タブレット(1.82A)

 

OMKUY QIワイヤレス充電器はANKERに比べると控えめな出力。とはいえ、スマホ充電時は充分なアンペアが出ています。

OMKUY x スマホ(1.18A)

OMKUY x タブレット(1.60A)

 

試しにUSBタイプCポートにMacBook Proをつないだところ、なんとMacBook Proも充電できちゃいました。すごい。

 

USBタイプCを充電に使った状態で、タイプAからの出力を計測したところ、0.84Aまでしか出ませんでした(スマホは充電可)。やはり出力は最大3Aのようです。

 

3. OMKUYだけの特長

OMKUY QIワイヤレス充電器独自の特長はUSBタイプCポートだけではありません。

まず1つ目はワイヤレス給電規格のQi(チー)を搭載していること。Qi規格に対応した充電器とスマホ同士であれば、置くだけで充電可能というものです。

 

マクリン

iPhone 8以降のiPhoneにQiが備わったことで、ワイヤレス充電器も盛り上がりを見せていますね。

今のところ、モバイルバッテリー&充電器一体型で、Qiに対応しているのはOMKUY QIワイヤレス充電器だけ。大きなアドバンテージといえるでしょう。

ワイヤレス充電使用時の出力は、ワット数(5W)から推測するにおそらく1A程度。スマホなら充分に充電できます。

 

もう1つ、独自の特長はプラグ部分です。このように取り外しができるため、ケーブルタイプのプラグを付けることもできます。

 

マクリン

あらゆるアダプター規格に対応できるのは便利ですね。

 

4. 全スペックで勝るOMKUYは買いなのか?

PowerCore Fusion 5000よりも多いバッテリー容量に、USBタイプCポート& Qi搭載と、スペック上はOMKUY QIワイヤレス充電器が勝っています。

 

ヨメ

それじゃあ、ANKERよりOMKUYを買ったほうがいいんじゃないの?

 

そう思われるかもしれません。ですが、僕はOMKUYにひとつの不安を抱えています。

 

マクリン

それは製品のクオリティです……。

 

例えば残量確認ボタン。押しても全く反応しないときが結構あります。

 

また、色々なガジェットを付けたり外したりしていると、このような「LO表示」になることもあります。

特にモバイルバッテリーとして使用した際に、いくつかの動作不良を起こすことがある印象です。アダプターとして使用する分には、今のところ不具合はありません。

とはいえ、純正のMacアダプターとモバイルバッテリーをひとまとめにできるのは大きなメリットです。多少の動作不良に目をつぶれる人であれば買いでしょう。

 

マクリン

う〜ん、こうして比べてみると、Ankerの品質はやっぱり素晴らしいな。あとはUSBタイプCポートさえあればなぁ……。

 

ねえねえ、USBタイプAとタイプCの付いたケーブルがあったら、それをPowerCore Fusion 5000に差せば、そのままMacBookのアダプターでも使えるんじゃないの?

ヨメ

 

マクリン

ハッ……!(そういえばブロガー仲間のひろせさんもそうしてた)

 

そんなわけで「Anker PowerLine+ USB-C & USB-A 3.0 ケーブル」を購入し、現在はPowerCore Fusion 5000をMacBook Proのアダプターとしても使っています。

 

どうしてもPowerCore Fusion 5000の小容量が気になる人は、RIMOWAスーツケース風の小洒落たモバイルバッテリー、ROMOSSのモバイルバッテリー搭載AC急速充電器がおすすめです。同じくUSBタイプA x 2を備えています。

ROMOSS(3,399円):約370g

マクリン

なんと驚異の10,000mAh! あと友人が快適に使えているので、品質も間違いありません!
こんな人にオススメ

まとめ

本記事は「Anker PowerCore Fusion 5000を超えた!? モバイルバッテリー『OMKUY QIワイヤレス充電器』比較レビュー」について書きました。

OMKUY QIワイヤレス充電器が登場した瞬間は「こりゃどエラい製品が出たで!」と慌てて注文したものです。ところが、いろいろ試していくうちにやはり気になったのは、製品の質と耐久性

製品の造り込みという点では、PowerCore Fusion 5000に軍配が上がる結果となりました。

マクリン

そうはいっても、製品スペックではOMKUYが秀でているのは間違いありませんよ!

日々進化を続けていくモバイルバッテリー。今後が楽しみです。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

 

「RAVPower 60W 6ポートUSB充電器」がおすすめ!スマホ・タブレット・ガジェット充電をまとめるすぐれもの

【2018年も使える】2017年買って本当によかったおすすめ最新ガジェット5選!

【2018年】MacBook Proと一緒に買うべき、おすすめ周辺機器・アクセサリー7選!

【2018年】仕事に役立つ便利な最新おすすめガジェット5選!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です