アマゾン1,000円還元でお得に買い物する方法

ノマドワーカーの持ち物とは? MacBookと共に持つ必須アイテムを厳選紹介!

 

どうも、「ノマドワーカー」のマクリン( @Maku_ring)です。

ノマドワーカー

特定のオフィスを持たず、PCやスマホを利用し、カフェやレンタルオフィス、コワーキングスペースなど、自分の好きな場所で仕事をする人。

 

外資系企業のわが社でもつい最近「きっちり成果出してくれるなら、会社以外の場所でも働いてもいいよ」という会社規定が発足しました。

 

マクリン
そんなわけで月の半分くらいは、近所のスタバやモスカフェで仕事してますよ!

 

仕事の相棒はもっぱら、当ブログの執筆でもお世話になっているMacBook Pro

MacBook Pro

「好きな場所で仕事できる」というのはありがたいですが、環境面でどうしてもオフィスの快適性に劣ります。

そこでさまざまなアイテムで工夫をこらした結果、どんな環境でもオフィスと同じように仕事できるようになりました。

そんなわけで本記事は、僕が実際にノマドワーカーとして活用している選りすぐりの7点をご紹介します。

 

ノマドワーカーの持ち物

オフィス以外で仕事するにあたり、ノマドワーカーにとってPCと同じくらい大事なネット環境

ここでひとつ、店舗の無料Wi-Fiを利用する上で便利ワザをお伝えします。

例えばスターバックスの場合、SSID「at_STARBUCKS_Wi2」という名前のWi-Fiを使用します。

以下のようなログインページを経て、インターネット接続が可能となります。

MEMO

1時間連続使用すると接続が切れるため、その場合は再度接続する必要があります。

 
マクリン
店内が混雑してたり、1時間使用後にもう1回つなげようとすると、ログインページが表示されなかったりするんですよね……。
 
そこでおすすめなのが、ログインページのURLをあらかじめブックマークしておくこと。

なかなかログイン画面が出なかったとしても、そのブックマークからアクセスすると、ログインページへすぐに遷移するので大変便利。

スタバのログインページURL

https://service.wi2.ne.jp/wi2auth/at_STARBUCKS_Wi2/index.html

モスバーガー(モスカフェ)のログインページURL

https://login1.ex.sbwifi.jp/wrs?i=076&v=100

それではノマドワーカーが持つべき7つの必須アイテムを紹介いたします。
 

BRIEFING A4 3WAY LINER

BRIEFING(ブリーフィング)のA4 3WAY LINER

カフェなどを仕事場として使うために、ノートPCはもちろんのこと、タブレットやその他のガジェットなどをバッグに入れて持ち運ばなくてはいけません。

ですが、あまりに容量の大きいバッグを選択してしまうと、余計なモノまで入れがち。

必要最低限のモノしか入れないと自分に律する上で、コンパクトなバックパックの使用をおすすめします。

 

マクリン
その方が電車・チャリ移動もラクですしね。
 
そんなわけで僕はBRIEFINGの3wayバッグ「A4 3WAY LINER」を愛用しています。


 

語ればキリのない魅力的なバッグですが、特長をまとめるとこんな感じ。

A4 3WAY LINERの特長

  • メイン素材は堅牢性の高いバリスティックナイロン
  • いざというとき、ブリーフ持ちもできちゃう3way
  • シリーズ最薄の薄マチ設計でコンパクト
  • 使い勝手の良い、タテヨコ対応のフロントジップポケット
  • 物の出し入れがしやすいフルオープン式のメインルーム
  • ソフトパッド付きのPC収納

ノマドワーカーが使うバッグの3大条件は「コンパクト・高い収納力・ノートPCをしっかり保護」 と考えていますが、A4 3WAY LINERはいずれも高いレベルでクリアしています。

 

マクリン
コンパクトながら、クッションパッド付きのPC収納スリーブを備えてるのはポイント高し!


A4 3WAY LINERの詳細レビューはこちら

BRIEFING3wayバッグのA4 3way LINER 【ブリーフィング】A4 3WAY LINER バッグレビュー:リュックスタイルも決まる薄マチ3way  

BlueLounge Kickflip

ブルーラウンジのKickflip(キックフリップ)

意外と大事なキーボードの傾斜

これがあるだけで、抜群にタイピングしやすくなるのです。

オフィスでのPC作業がはかどるのは、Spinido ノート PCスタンドキーボードが絶妙な傾斜を持っていることが大きく関係しています。

 
こちらのノートPCスタンドは放熱性の高いアルミ素材で出来ており、パソコンが常に冷却できることが動作の軽快性に効いています。
 

マクリン
ところが、このPCスタンド、やや重くて持ち運べないし、あくまでオフィスに置いて使用するしかないんですよね……。
 

そんなわけでSpinido ノート PCスタンドと同じく、どんな場所でも絶妙な傾斜を得るために導入したのが、ブルーラウンジの薄型スペーサー「Kickflip(キックフリップ)」です。

 

マクリン

Macユーザーなら必須レベルで買うべき逸品!

装着はPC背面に吸着パッドで貼り付けるだけ。ロゴの刻印側を折り曲げると、このように絶妙な傾斜を作るスタンドに早変わりします。

ブルーラウンジのKickflipを折り曲げるとスタンドになる

Kickflipの素材自体は放熱性の高いものではありません。ですが、PC背面と机の間に少しの空間を作り、それで熱を逃がすようにできているのです。

 

同僚
え !? オレMacじゃないんだけど……!
 

そういう人にはmujina(ムジナ) PCスタンドをおすすめします。

背面に載せるだけで傾斜と冷却をもたらし、持ち運びやすいコンパクト設計。

Macと一緒に買うべきものはこちら

【2018年】MacBook Proと一緒に買うべき周辺機器・アクセサリー8選【おすすめ】 【2019年】MacBook Proと一緒に買うべき周辺機器・アクセサリー15選【おすすめ】  

Anker PowerCore+ 19000 PD

電源のない場所でも仕事するノマドワーカーにとって、常に付いて回るのがノートPCのバッテリー問題
 

マクリン
Macbook Proのバッテリーは優秀ですが、それでも枯渇こかつしそうなタイミングが多々ありまして……。
 
ノートPCの充電まで想定する場合、モバイルバッテリーのUSBタイプC給電規格はPower Delivery(PD)対応、バッテリー容量は20,000mAhクラスのものを選ぶ必要があります。

20,000mAhクラスの超大容量でUSBが通常規格であった場合、バッテリー本体の充電ならびにノートPCへの充電に相当な時間を要します。

これがPD対応していると、この時間を通常規格の半分以下に抑えることができるのです。

そんなPD対応モバイルバッテリーの中で、現時点のベストチョイスが「Anker PowerCore+ 19000 PD」です。

Anker PowerCore+ 19000 PDは19,200mAhのPD対応モバイルバッテリー
 
表面はキズの目立ちにくいアルミ製のマット加工、裏面はすべりにくいゴム加工が施されています。

Anker PowerCore+ 19000 PDの表面はマット加工
Anker PowerCore+ 19000 PDの裏面はゴム加工
マクリン
ビジネスシーンに合う上質感と機能美を備えてますよ!
 
端子はUSB-A x 2とUSB-Cを搭載しています。

Anker PowerCore+ 19000 PDはUSB-CとUSB-A搭載
 
3つの端子を備えているだけあって、サイズはそれなりに大きいです(約169 x 77 x 22mm)。

Anker PowerCore+ 19000 PDのサイズは約169 x 77 x 22mm
 
手に持ったイメージは小型の長財布くらい。握った触感はしっとりしており、ホールド感もかなり良い感じです。


 
重量は3ポート搭載&20,000mAhクラスのバッテリーだけにそれなりの重さがあります(約422g)。


 

特筆すべき点は急速充電器「Anker PowerPort Speed 1 PD30」が付いていること。

Anker PowerPort Speed 1 PD30
 
PD対応の充電器なので、モバイルバッテリー本体が約3.5時間で満充電できちゃいます。


 
Anker PowerCore+ 19000 PDは最大10W出力と15W出力、2種類のUSB-Aポートを備えています。

Anker PowerCore+ 19000 PDは2種類のUSBタイプAを搭載

10W出力のUSBポートは「PowerIQ」、15W出力のポートは「PowerIQ 2.0」を搭載しています。

いずれも「デバイスに応じて最適な電流で急速充電する機能」ですが、PowerIQ 2.0はQuick Charge対応品までカバーするすぐれもの。

PowerIQ対応の10W出力USBポートは、スマホ・タブレットともそれぞれに合った電流値となっています。

PowerIQ x スマホ(0.93A)

PowerIQ x タブレット(1.48A)

 
PowerIQ 2.0対応の15W出力USBポートは、PowerIQにくらべて高出力であり、大きな値を示していました。

PowerIQ 2.0 x スマホ(1.56A)

PowerIQ 2.0 x タブレット(1.88A)

フル充電まで早めに持っていきたいデバイスやタブレットは、PowerIQ 2.0対応USBを使うのがベターでしょう。

マクリン
ワット数2種類のUSB-Aポートを備えるモバイルバッテリーはめずらしく、使い勝手もかなり良いですよ!
 
USB-Cポートは入出力の機能を備えており、本体充電・デバイス充電の双方に対応しています。

Anker PowerCore+ 19000 PDはPD対応USBタイプCを搭載
 
出力は最大27Wであり、MacBook・MacBook Airなら急速充電できるワット数です。

Anker PowerCore+ 19000 PDのUSB-Cは最大27W
 
MacBook Pro充電時のワット数(電流 x 電圧)を計測したところ、約22Wと最大値に迫る充分な値を示していました。

MacBook Pro(22.4W)

 
また3ポート合計で52Wの出力に対応しています。

Anker PowerCore+ 19000 PDは3ポート計52Wに対応

52Wは、PowerIQ対応USB-A(最大10W)とPowerIQ 2.0対応USB-A(最大15W)、それからPD対応USB-C(最大27W)を合わせたワット数と同じ値。
 

マクリン
つまり3台同時につなげてもフルスピードで充電できちゃいます!

Anker PowerCore+ 19000 PDのユニークな機能がUSBハブ


 
電源ボタンを2秒間押すことで「USBハブモード」に切り替わります。


 
USBハブモードにした上で、USB-CポートをPCとつなぐことで、USB-Aをハブ用のUSBポートとして使うことができます。

Anker PowerCore+ 19000 PDはUSBハブ機能搭載
Anker PowerCore+ 19000 PDはUSBハブ機能搭載
注意
USBハブモード時、PowerIQ 2.0対応USB-Aポートは最大10W出力となります。
 

今のところ、モバイルバッテリーでUSBハブ機能を備えているのは、Anker PowerCore+ 19000 PDとRAVPower RP-PB059のみです。

しかし、急速充電器付きとなると、Anker PowerCore+ 19000 PD一択。

20,000mAhクラスで多機能なモデルをお探しなら、現時点ではベストのモバイルバッテリーでしょう。

Anker PowerCore+ 19000 PDレビューはこちら

【Anker PowerCore+ 19000 PDレビュー】ハブ機能付きのPD対応超大容量モバイルバッテリー【19200mAh】  

JBL FREE X

ときにはさわがしい環境で仕事しなくてはならないのがノマドワーカーの宿命。

そんなときは耳にサッと差し込んで、自分の世界に没頭できるイヤホンの存在が欠かせません。

中でもおすすめなのが、Bluetooth接続によってスマホとイヤホンをつなぐケーブルのみならず、左右のイヤホンケーブルまで廃した「完全ワイヤレスイヤホン」。

いわゆる耳栓タイプのイヤホンです。
 

マクリン
ケーブルがないのは想像以上のストレスフリー!
 

数ある完全ワイヤレスイヤホンの中で、僕が愛用しているのはJBL「JBL FREE X」です。

JBL初の完全ワイヤレスイヤホンJBL FREE

 

JBL FREE XJBLサウンドと称されるパワフルで迫力あるサウンドが、このコンパクトサイズで堪能できるのも魅力。

もうひとつ、ノマドワーカーに推したいポイントがロングバッテリーだという点。

イヤホン自体の連続再生時間も4時間と長めですが、バッテリー内蔵のケースを合わせるとなんと約24時間! 

JBL FREEは24時間の連続再生時間

 

マクリン
あとは操作方法がシンプルで分かりやすいのもグッドですね。

JBL FREE Xの詳細レビューはこちら

【JBL FREE徹底レビュー】JBL初の完全ワイヤレスイヤホン! 【JBL FREE X徹底レビュー】JBLの完全ワイヤレスイヤホン【接続・音質・使い方】  

KINGJIM iCOLOCOLO

ノートPCを外へ持ち出すノマドワーカーは、オフィス勤務に比べてどうしてもノートPCが汚れがち。特にディスプレイとキーボード。

大切な相棒を長く使い続ける上で「清潔に保つこと」はとても大事です。

キーボードカバー「Clearguard MB」と一緒に導入をおすすめするのが、キングジムのタッチパネルクリーナー「iCOLOCOLO」です。

タッチパネルクリーナーのiCOLOCOLO

マクリン
いろいろあるパネルクリーナーの中でiCOLOCOLOがベストなのは圧倒的な粘着力
 

汚れた面にあてて、矢印の方向にスライドするだけできれいにしてくれますが、もはや対象物を持ち上げんばかりの粘着力なのです。

iCOLOCOLOは強い粘着力

本来はタブレット専用のタッチパネルクリーナー。

ですが、手指の脂を取ることには変わりないので、気にせずMacBook Proのディスプレイ・キーボード(というかキーボードカバーに)使っています。
 

マクリン
そのままスマホやタブレットのディスプレイにも使えますし。
 

しばらく使って粘着力が落ちてきたなと感じたら、1周分のテープをミシン目に沿って切り取ると、粘着力も元どおりによみがえります。

iCOLOCOLOはテープを切り取ると粘着力が元どおり

 

マクリン
シンプルで使いやすいパネルクリーナーですよ。
 

グリーンハウス GH-UF3TA USBメモリ

会社パソコンがWindows、プライベートはMacといった具合に、複数のPCとOSを使い分けている場合に困るのがデータのやり取り。

つまりUSBメモリに何を選ぶのかということです。

WindowsのPCはUSBタイプA(いわゆる通常のUSBポート)、MacはUSBタイプCを備えています。

つまり両者でデータやり取りするためには、いずれのポートにも対応できるUSBメモリが必要なのです。

 

マクリン

さらにスマホ・タブレットで使えるマイクロUSBもあると望ましいですね。

 

そんなワガママをかなえてくれる3in1タイプのUSBメモリが、グリーンハウス「3in1 USBメモリー 32GB」です。

 

マクリン

なんとこれ1個でUSBタイプA・タイプC・マイクロUSBを装備する驚異の3in1仕様

 

回転式の機構を備えており、その両端にそれぞれUSBタイプAとCの端子が付いています。


マクリン
さらにUSBタイプA側が、ワンタッチでマイクロUSBに変形するユニーク設計なんですよ!

 

マクリン
僕のように複数のデバイスで仕事をする機会がある人であれば、迷わず入手すべきUSBメモリですね。
MEMO
容量は16・32・64GBの3種類があります。
 

TEXAS INSTRUMENTS TI-108

TEXAS INSTRUMENTSのカバー付き電卓TI-108
なにかと数字をはじく機会の多いノマドワーカー。

持ち運びしやすい電卓の存在は欠かせません。

中でも誤動作を防ぐスライドカバー付きの電卓がおすすめ。
 

マクリン
手帳型のカバーだと、カバンの中で動いてカバーが開いちゃうことも多いんですよね……。
 
スライドカバータイプの電卓は意外と多くありません。

僕が愛用しているのは、テキサス・インスツルメンツ「TI-108」です。

 
米国の半導体メーカー、テキサス・インスツルメンツが作った、ポップデザインの電卓。

TEXAS INSTRUMENTSのTI-108はスライドカバー付き
 
TI-108の特長は大きく2点あります。
 

TI-108の特長

  • 必要最低限に抑えられた計算機能
  • 絶妙なサイズ感

 
近年は高機能な関数電卓も数多く出ています。
 

マクリン
でも、そんな電卓を買ったところで、ほとんど使わない機能ばかりですよね?
 
また機能が多くなると、ボタンも小さくなりがち。

TI-108は最小限の機能におさえ、使い勝手を重視したシンプル仕様となっています。

TEXAS INSTRUMENTS TI-108の計算機能は必要最低限

マクリン
これが実に使いやすい!
 
機能を割り切っているおかげで、ボタンの大きさもちょうどいいです。

それから手のひらに収まる絶妙なサイズ感

TEXAS INSTRUMENTS TI-108は絶妙な手のひらサイズ

 

マクリン
これまでいろいろな電卓を使ってきましたが、やはりシンプルイズベストですね。
 

ノマドワーカーの持ち物まとめ

本記事は「ノマドワーカーの持ち物とは? MacBookと共に持つ必須アイテムを厳選紹介!」について書きました。

「好きな場所で仕事してもいい」というのは素敵な響きですが、オフィスと同じ環境を手早く実現するのはなかなか大変。

実用性のあるツールを取り揃えて集中できる環境をつくり、生産性の高い仕事をしていきたいものです。

このたび紹介した7点は、いずれも全力でおすすめできるものばかりなので、ご自身のワークスタイルに合った一品を選んでいきましょう。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

 

BRIEFING3wayバッグのA4 3way LINER 【ブリーフィング】A4 3WAY LINER バッグレビュー:リュックスタイルも決まる薄マチ3way 【2018年】MacBook Proと一緒に買うべき周辺機器・アクセサリー8選【おすすめ】 【2019年】MacBook Proと一緒に買うべき周辺機器・アクセサリー15選【おすすめ】 【Anker PowerCore+ 19000 PDレビュー】ハブ機能付きのPD対応超大容量モバイルバッテリー【19200mAh】 【JBL FREE徹底レビュー】JBL初の完全ワイヤレスイヤホン! 【JBL FREE X徹底レビュー】JBLの完全ワイヤレスイヤホン【接続・音質・使い方】 【2019年】ノマドにおすすめのモバイルノートパソコン【持ち運び可】

2 COMMENTS

マクリン マクリン

エスプロマガジンさん、

うれしいコメントありがとうございます(*´ω`*)
ブログ拝見させていただきましたが、バイクとガジェットにこだわりを持った、素晴らしいブログを運営なさっていますね!
そんなブロガーさんからおっしゃっていただけて、むしろ恐れ多いですw

今後もお互い楽しく記事更新していきましょう!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です