おすすめのガジェット

【Nebula Vega Portableレビュー】フルHDの解像度と500ANSIルーメンの明るさをもつAnkerのモバイル型最上位プロジェクター

テレビ番組もプロジェクターで投影し、日々の生活に欠かせないマクリン( @Maku_ring)です。

コンセントのない屋外でも使うなら、バッテリーを内蔵するモバイルプロジェクターがおすすめ。

これまでのモバイルプロジェクターは、ホームプロジェクターにくらべ、解像度や明るさがイマイチなモデルが多かったですが、近年はXGIMI Haloのように遜色ないモデルが出てきました。

Nebula Capsule IIでモバイルプロジェクターのトレンドを作り出したAnkerアンカーからも、同タイプでの最上位モデル「Nebula Vega Portable」が出てきました。

Anker Nebula Vega Portableの外箱

500ANSIルーメンの明るさとフルHDの解像度をそなえ、バッテリー内蔵型の同社プロジェクターではナンバーワンの性能をほこります。

8W出力のスピーカーにくわえ、Android TV 9.0搭載でGoogle Playストアから5,000以上のアプリを楽しめ、オーディオやアプリプレイヤーとしても優秀。

そんなわけで本記事は「【Nebula Vega Portableレビュー】フルHDの解像度と500ANSIルーメンの明るさをもつAnkerのモバイル型最上位プロジェクター」について書いていきます。

ご貸与品
本記事はメーカー様から商品を貸与いただき作成しています。
この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「家電最前線」のパーソナリティ、「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動。プロフィール詳細

Nebula Vega Portableの外観と付属品

Anker社の「Nebula Vega Portable」は、Android TV 9.0搭載のモバイルプロジェクターです。

Nebula Vega PortableはAndroid TV 9.0搭載のモバイルプロジェクター

製品名 Nebula Vega Portable
サイズ 約192 x 192 x 59mm
重さ 約1.4kg
明るさ 500ANSIルーメン
解像度 フルHD(1920 x 1080画素)
投影距離(投影サイズ) 3.18m(120インチ)/ 2.66m(100インチ)/ 2.12m(80インチ)
バッテリー駆動時間 3時間
スピーカー 8W(4W x 2)
OS Android TV 9.0
価格 79,990円

 
ホームプロジェクターのNebula Cosmos MaxNebula Cosmosにはさすがに及ばないものの、モバイルプロジェクターでは最上位に位置します。

製品名 サイズ 重さ バッテリー容量 動画再生時間 明るさ 解像度 スピーカー OS 価格
ホームプロジェクター
Nebula Cosmos Max
約351 x 249 x 99mm 約3,600g 電源駆動 1500ANSIルーメン 3840 x 2160画素 40W(10W x 4) Andoroid TV 9.0 179,980円
ホームプロジェクター
Nebula Cosmos
約290 x 198 x 91mm 約2,000g 電源駆動 900ANSIルーメン 1920 x 1080画素 20W(10W x 2) Andoroid TV 9.0 79,980円
モバイルプロジェクター
Nebula Vega Portable
約192 x 192 x 159mm 約1,400g 20,000mAh 3時間 500ANSIルーメン 1920 x 1080画素 8W(4W x 2) Andoroid TV 9.0 79,990円
ホームプロジェクター
Anker Nebula Solar
約192 x 192 x 159mm 約1,000g 電源駆動 400ANSIルーメン 1920 x 1080画素 6W(3W x 2) Andoroid TV 9.0 69,990円
モバイルプロジェクター
Anker Nebula Mars II Pro
約122 x 137 x 178mm 約1545g 12,500mAh 3時間 500ANSIルーメン 1280 x 720画素 20W(10W x 2) Andoroid 7.1 69,800円
モバイルプロジェクター
Nebula Mars II
約122 x 137 x 178mm 約1476g 12,500mAh 4時間 300ANSIルーメン 1280 x 720画素 20W(10W x 2) Andoroid 7.1 69,800円
モバイルプロジェクター
Nebula Apollo
約131 x 65 x 65mm 約579g 9,750mAh 4時間 200ANSIルーメン 854 x 480画素 6W Andoroid 7.1 39,999円
モバイルプロジェクター
Nebula Capsule II
約150 x 80 x 80mm 約740g 9,700mAh 3時間 200ANSIルーメン 1280 x 720画素 8W Andoroid TV 9.0 59,800円
モバイルプロジェクター
Nebula Capsule Pro
約120 x 68 x 68mm 約470g 5,200mAh 4時間 150ANSIルーメン 854 x 480画素 5W Andoroid 7.1 46,800円

 
本体カラーはブラックグレーで、赤いNEBULAロゴとのコントラストがクールでかっこいいです。

Nebula Vega Portableのカラーはブラックグレー
 
縞の溝が入った本体上面はタッチ操作に対応し、音量調整と再生/一時停止ができます。


 
設置サイズは約192 x 192mmで、横幅ふくめA4サイズに充分おさまり、バッグに忍ばせられる大きさです。

Nebula Vega Portableのサイズは約192 x 192 x 159mm
 
重量は約1.4kgであり、ちょっと重めのモバイルノートPCくらい。

Nebula Vega Portableの重量は約1.4kg
 
背面にはHDMI入力端子とPD対応USB-C、USBメモリ接続用のUSB-A(USB2.0)と電源ボタンが付いています。

Nebula Vega Portableの背面はポート類
 
PD対応USB-Cから本体充電が可能で、60W以上のPD対応モバイルバッテリーを使っての充電もできます。

Nebula Vega PortableはPD対応USB-Cで充電可能

本体には約20,000mAhのバッテリーを内蔵し、3時間の動画再生に対応しています。

オートフォーカス機能を搭載し、リモコンのフォーカスボタンを押す、もしくは焦点距離が変わるごとに自動調整してくれます。

Nebula Vega Portableはオートフォーカス搭載
 
さらに台形の自動補正機能も付き、垂直方向であれば±40°まで自動で合わせてくれます(水平方向は±40°の手動補正)。

Nebula Vega Portableは第京自動補正搭載
 
オートフォーカスならびに台形自動補正はなめらかで、台形やピントずれをすぐに検知して修正してくれます。


 
底面には三脚穴が付き、汎用品の三脚を装着できます。

Nebula Vega Portableの底面には汎用の三脚穴
 
あわせてフリップスタンドも付き、ちょっとした傾斜(最大13°)であればこちらで対応可能です。

Nebula Vega Portableのフリップスタンド

オーディオの出力面もモバイルにしては優秀で、4Wスピーカーを2機搭載しています。

Nebula Vega Portableは4W x 2機搭載
 
同梱品はプロジェクター本体にリモコン(単4アルカリ乾電池 x 2)、USB-C & USB-CケーブルとPD対応USB充電器です。

Nebula Vega Portableの付属品
 
リモコンの操作性は良く、音声入力にも対応しています。

Nebula Vega Portableのリモコン
 
YouTubeチャンネルをためしに呼び出してみましたが、音声認識も全く問題ありませんでした。

 

Nebula Solarとのスペック比較

Anker Nebula SolarとNebula Vega Portableの比較

兄弟モデルであるAnker Nebula Solarとの比較は以下のとおりです。

モバイルは左スライドで全表示

製品名 Nebula Solar Nebula Vega Portable
種別 ホームプロジェクター モバイルプロジェクター
サイズ 約192 x 192 x 59mm 約192 x 192 x 59mm
重さ 約1.0kg 約1.4kg
明るさ 400ANSIルーメン 500ANSIルーメン
解像度 フルHD フルHD
スピーカー 6W(3W x 2) 8W(4W x 2)
OS Android TV 9.0 Android TV 9.0
画面補正 オートフォーカス
台形補正(タテ自動・ヨコ手動)
オートフォーカス
台形補正(タテ自動・ヨコ手動)
バッテリー駆動 (3時間)
価格 69,990円 79,990円

大きな違いは、Nebula Vega Portableがモバイルプロジェクター、Nebula Solarがホームプロジェクターである点です。

コンセントのない場所でも投影したい場合、バッテリー駆動できるモバイルプロジェクターのほうが適しています。

また、PD対応USB-Cの給電に対応しているため、モバイルバッテリー駆動も可能です。

明るさもSolarの400ANSIルーメンに対し、Vega Portableは500ANSIルーメンとなっています。

あとスピーカー出力もSolarが6W、Vega Portableが8Wであり、価格差1万円ある分、スペックが少しアップしています。

マクリン
屋外使用もあってちょっと良い機種が欲しい人はVega Portable、屋内使用のみで価格を抑えたい人はSolarという感じですね!

Nebula Vega Portableのプロジェクター機能

Nebula Vega Portableは、明るさ最大500ANSIルーメン、解像度はフルHD(1920 x 1080)であり、モバイルプロジェクターとしてはかなり高性能。

Nebula Vega Portableの明るさは500ANSIルーメンでフルHDの解像度

モバイル型は良いモデルでも300ANSIルーメンですが、それらとは一線を画し、昼すぎから充分に視認可能です。

400ANSIルーメンのNebula Solarと並べてみても、下のNebula Vega Portableのほうがやや明るいことが分かります。

Nebula SolarとNebula Vega Portableの明瞭度比較

(上)Nebula Solar/(下)Nebula Vega Portable

 
プロジェクターの色温度は「ノーマル・寒色・暖色」の3種類から選べます。


 
サイズは120インチまで投影可能ですが、2m離したとき(80インチ)がバランス良い感じです。


 
ルビ打ちの小さく細い文字でもつぶれず視認できていました。


 
パワーポイントなどのビジネス用途はもちろん、HDMIをそなえるゲーム機(Nintendo Switchなど)ともつなげられます。

有線接続に対応しているほか、iPhone・Androidスマホ・各種PCからのミラーリングにも対応しています。

注意
iOS端末でミラーリング/スクリーンキャストする場合は、Nebula Manager内からAirPin(PRO)をダウンロードする必要があります。

Sponsored Links

 

Nebula Vega PortableはAndroid TV 9.0搭載

Anker Nebula Vega PortableはAndroid TV 9.0を搭載し、タブレットライクなUIで直感的に操作できます。

Nebula Vega PortableはAndroid TV 9.0搭載
 
操作はリモコンでも行えますが、専用アプリ「Nebula Connect」をインストールすることで、スマホからでも直感的に動かせるようになります。

Nebula Connect(CapsuleControl)

Nebula Connect(CapsuleControl)

Power Mobile Life LLC無料posted withアプリーチ

 
アプリストアはAndroid純正の「Google Play」なので、5,000以上のAndroidアプリをそのまま楽しむことができます。

Nebula Vega PortableのアプリストアはAndroid純正のGoogle Play
 
YouTubeやAmazonプライムビデオ、Spotify、Hulu、TVer、DAZN、Paravi、ABEMA、GYAO!など、主要なアプリはすべて収録しています。



また「torne mobile」や「DiXiM Play」といったアプリを使い、ネットワーク接続された機器(レコーダー・nasne)につなげることで、TV番組視聴も可能です。

マクリン
まさにテレビ代わりのプロジェクター!

ドローンさんのYouTubeチャンネルを再生したところ、映像も美しく、水面のゆらぎやきらめき、木々や草の緑の微妙なちがいもしっかり表現できていました。


 
400ANSIルーメンのNebula Solarと映像比較したところ、Nebula Vega Portableのほうがグッと締まって明るい印象を受けました。

(ただ、音響の差はぶっちゃけ分かりませんでした……)

同社のモバイルプロジェクターで最高峰。

Anker Nebula Vega Portableはサイズを抑えつつ、性能面も妥協なく、モバイルプロジェクターでもかなりレベルの高い逸品です。

Nebula Vega Portableレビューまとめ

本記事は「【Nebula Vega Portableレビュー】フルHDの解像度と500ANSIルーメンの明るさをもつAnkerのモバイル型最上位プロジェクター」について書きました。

Anker Nebula Vega Portableは、500ANSIルーメンの明るさとフルHDの解像度をそなえ、モバイルプロジェクターとして最高クラスのスペックを有しています。

垂直の台形自動補正にオートフォーカス、8WスピーカーとAndroid TV 9.0搭載など、実用性とエンタメ性をしっかり持ち合わせています。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

YouTube
動画でも紹介しています。

【Nebula Solarレビュー】400ANSIルーメンの明るさをもつAnkerのフルHD対応ホームプロジェクター 【Anker Nebula Mars II Proレビュー】500ルーメンと20Wスピーカー搭載のモバイルプロジェクター 【XGIMI MoGo Pro+レビュー】小型サイズ最高の解像度と垂直水平の台形自動補正をもつモバイルプロジェクター 【XGIMI Haloレビュー】Android TV 9.0搭載でアプリ・TVが観れるフルHD対応ポータブルプロジェクター 【Anker Nebula Capsule IIレビュー】世界初Android TV 9.0搭載のモバイルプロジェクター【200ルーメン】 【小型から4Kまで】モバイルプロジェクターとホームプロジェクターのおすすめ人気モデル総ざらい【小型から4Kまで】モバイルプロジェクターとホームプロジェクターのおすすめ人気モデル総ざらい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です