おすすめのガジェット

【Anker Nebula Mars II Proレビュー】500ルーメンと20Wスピーカー搭載のモバイルプロジェクター

評価:3.5

どうも、モバイルプロジェクターに取りかれマクリンまくり @Maku_ring)です。

バッテリーを内蔵するモバイルプロジェクターの需要は近年高まっており、屋内での観賞用だけでなく、屋外へも持ち出す人が増えています。

モバイルプロジェクターでもXGIMI HaloNebula Vega Portableのように、ホームプロジェクターと遜色ないモデルも出てきており、両者の差はなくなりつつあります。

それらとタメを張る明るさでありつつ、スピーカー出力で群を抜く製品が、Ankerの「Nebula Mars II Pro」です。

Anker Nebula Mars II Proの外箱

前作「Nebula Mars II」に通ずる、パワフルスピーカー(10W x 2)はそのままに、明るさはNebulaシリーズのモバイル型では最高の500ANSIルーメンにアップしました。

解像度こそHDにとどまるものの、Android 7.1搭載でYouTubeやAmazonプライムビデオ、Netflixといった動画アプリが鑑賞できます。

そんなわけで本記事は「【Anker Nebula Mars II Proレビュー】500ルーメンと20Wスピーカー搭載のモバイルプロジェクター」について書いていきます。

ご貸与品
本記事はメーカー様から商品を貸与いただき作成しています。
この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「家電最前線」のパーソナリティ、「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動。合同会社makuri代表。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

Anker Nebula Mars II Proの外観と付属品

Anker社の「Nebula Mars II Pro」は、Android 7.1搭載のモバイルプロジェクターです。

Anker Nebula Mars II ProはAndroid 7.1搭載のモバイルプロジェクター

製品名 Nebula Mars II Pro
サイズ 約122 x 137 x 178mm
重さ 約1.5kg
明るさ 500ANSIルーメン
解像度 HD(1280 x 720画素)
投影距離(投影サイズ) 2.66m(100インチ)/ 2.13m(80インチ)
バッテリー駆動時間 3時間
スピーカー 20W(10W x 2)
OS Android 7.1
価格 69,800円

 
Nebula Mars II Proは、モバイルプロジェクターとしてNebula Vega Portableに次ぐ高スペックとなっています。

製品名 サイズ 重さ バッテリー容量 動画再生時間 明るさ 解像度 スピーカー OS 価格
ホームプロジェクター
Nebula Cosmos Max
約351 x 249 x 99mm 約3,600g 電源駆動 1500ANSIルーメン 3840 x 2160画素 40W(10W x 4) Andoroid TV 9.0 179,980円
ホームプロジェクター
Nebula Cosmos
約290 x 198 x 91mm 約2,000g 電源駆動 900ANSIルーメン 1920 x 1080画素 20W(10W x 2) Andoroid TV 9.0 79,980円
モバイルプロジェクター
Nebula Vega Portable
約192 x 192 x 159mm 約1,400g 20,000mAh 3時間 500ANSIルーメン 1920 x 1080画素 8W(4W x 2) Andoroid TV 9.0 79,990円
ホームプロジェクター
Anker Nebula Solar
約192 x 192 x 159mm 約1,000g 電源駆動 400ANSIルーメン 1920 x 1080画素 6W(3W x 2) Andoroid TV 9.0 69,990円
モバイルプロジェクター
Anker Nebula Mars II Pro
約122 x 137 x 178mm 約1545g 12,500mAh 3時間 500ANSIルーメン 1280 x 720画素 20W(10W x 2) Andoroid 7.1 69,800円
モバイルプロジェクター
Nebula Mars II
約122 x 137 x 178mm 約1476g 12,500mAh 4時間 300ANSIルーメン 1280 x 720画素 20W(10W x 2) Andoroid 7.1 69,800円
モバイルプロジェクター
Nebula Apollo
約131 x 65 x 65mm 約579g 9,750mAh 4時間 200ANSIルーメン 854 x 480画素 6W Andoroid 7.1 39,999円
モバイルプロジェクター
Nebula Capsule II
約150 x 80 x 80mm 約740g 9,700mAh 3時間 200ANSIルーメン 1280 x 720画素 8W Andoroid TV 9.0 59,800円
モバイルプロジェクター
Nebula Capsule Pro
約120 x 68 x 68mm 約470g 5,200mAh 4時間 150ANSIルーメン 854 x 480画素 5W Andoroid 7.1 46,800円

また、前機種の「Nebula Mars II」から、価格据え置きのまま、明るさがアップ(300ANSIルーメン 500ANSIルーメン)しているのでオトクです。

筐体はグレーで、メタリック塗装で上質感ある造りとなっています。

Anker Nebula Mars II Proのカラーはグレー
 
持ち手部分はレザーで、他モデルと一線を画す高級感をたたえ、NEBULAの刻印もカッコいい仕上がりです。

Anker Nebula Mars II Proの持ち手はレザー
 
サイズは約122 x 137 x 178mmであり、超コンパクトとはいえないものの、持ち運びに不自由はなく、弁当箱(大)くらいの大きさです。

Anker Nebula Mars II Proのサイズは約122 x 137 x 178mm

 
重さは約1,545gでちょっと重いモバイルノートPC程度なので、携帯は充分可能といえるでしょう。

Anker Nebula Mars II Proの重量は約
 
ボタンを押さずとも、レンズカバーを下げるだけで本体が起動可能なギミックは使いやすいです。


Anker Nebula Mars II Proのレンズカバーを下げれば起動可能

側面には10Wスピーカーを2機搭載し、他のモバイルプロジェクターが6Wや8W出力である中、2倍以上のハイパワーとなっています。

Anker Nebula Mars II Proは10Wスピーカーを2機搭載
 
天面はボタン部であり、ひととおりの画面操作ができるものの、リモコンと専用アプリを使うことが多く、使用することはほとんどありませんでした。

Anker Nebula Mars II Proのボタン部
 
背面にはDCポートとHDMI入力ポート(HDMI 1.4)、USB-Aポート(USB 2.0)とオーディオ出力ポートを備えています。

Anker Nebula Mars II Proのインターフェース
 
底面には三脚穴をそなえ、汎用の三脚を装着可能です。

Anker Nebula Mars II Proの底面は三脚穴
 
DCポートからの給電にくわえ、本体に内蔵するバッテリー駆動にも対応しています。

バッテリー駆動の再生時間
  • 動画:約3時間
  • 音楽:約30時間(Bluetoothスピーカーモード)

ただ、Nebula Vega PortableNebula Capsule IIのように、PD対応USB-Cを搭載してほしかったところ……(モバイルバッテリーからの充電駆動も可能になるので)。

同梱品はプロジェクター本体にリモコン、AC電源アダプターです。

Anker Nebula Mars II Proの付属品

Anker Nebula Mars II Proのプロジェクター機能

Anker Nebula Mars II Proは、明るさ最大500ANSIルーメンであり、モバイルプロジェクターとしてはかなり明瞭めいりょうです。

Anker Nebula Mars II Proの明るさは最大500ANSIルーメン

マクリン
真っ昼間からの投影は厳しいですが、夕方以降からしっかり観れますよ!

解像度はHD(1280 x 720)であり、鮮明さではフルHDのNebula Vega Portableにゆずるものの、ルビ打ちでもつぶれず視認できて充分実用的。

Anker Nebula Mars II Proの解像度はHD
 
プロジェクターの色温度は「ノーマル・寒色・暖色」の3種類から選べます。

Anker Nebula Mars II Proの色温度設定
 
オートフォーカス台形自動補正(タテ自動・ヨコ手動)を搭載し、画面調整面は充実しています。

Anker Nebula Mars II Proはオートフォーカスと台形自動補正搭載
 
オートフォーカスならびに台形自動補正(垂直±40°)はスムーズで、台形やピントずれをすぐに検出して修正してくれます。


 
HDMIをそなえ、ビジネス用途はもちろん、ゲーム機(Nintendo Switchなど)ともつなげられます。


 
有線接続にくわえ、iOS・Android端末からのミラーリング(AirPlay/Miracast)にも対応しています。

Anker Nebula Mars II ProはAirPlayに対応

Sponsored Links

 

Anker Nebula Mars II ProはAndroid 7.1搭載

Anker Nebula Mars II ProAndroid 7.1を搭載し、バージョンは若干古いものの、シンプルなUIで使いやすいメニュー画面となっています。

Anker Nebula Mars II ProはAndroid 7.1搭載
 
操作はリモコンでも行えますが、専用アプリ「Nebula Connect」をインストールすることで、スマホをリモコン代わりに使うこともできます。

Nebula Connect(CapsuleControl)

Nebula Connect(CapsuleControl)

Power Mobile Life LLC無料posted withアプリーチ

 
アプリストアは純正のGoogle Playではなく、サードパーティ製の「AptoideTV」であるため、ラインナップは豊富ではありません。

Anker Nebula Mars II ProのアプリストアはAptoideTV搭載
 
アプリは限られるものの、Amazonプライム・ビデオ、Netflix、Disney+など、メジャーな動画アプリは収録しています。



しかし、Hulu、TVer、DAZN、Paraviなど、日本でよく使われているアプリは入っていないので、その点は注意ください。

ドローンさんのYouTubeチャンネルを再生したところ、HDではありますが、水面が繊細に揺れる様子や草木をかき分ける様子もしっかり表現されていました。

驚くべきは20Wスピーカーのパワフルさで、音の輪郭りんかくがはっきりしているのにくわえ、前面への押し出し感もひと味違います。

サウンド面の優秀さはモバイルプロジェクター随一で、オーディオ面を重視するならAnker Nebula Mars II Proを買う理由は充分にあります。

ただし、解像度やAndroid OS、アプリストアを気にするのであれば、1万円高いものの、Nebula Vega Portableが本命機といえるでしょう。

Anker Nebula Mars II Proレビューまとめ

本記事は「【Anker Nebula Mars II Proレビュー】500ルーメンと20Wスピーカー搭載のモバイルプロジェクター」について書きました。

Anker Nebula Mars II Proは、モバイル型では高レベルの明るさと最大のオーディオ出力をそなえるプロジェクターです。

解像度こそHDにとどまり、Android OSのバージョンも古いので、その点は注意が必要。

とはいえ、レザーの持ち手やカバーオープンによる起動、高級感ある筐体など、完成度高くまとまっています。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

【Nebula Vega Portableレビュー】フルHDの解像度と500ANSIルーメンの明るさをもつAnkerのモバイル型最上位プロジェクター 【XGIMI MoGo Pro+レビュー】小型サイズ最高の解像度と垂直水平の台形自動補正をもつモバイルプロジェクター 【XGIMI Haloレビュー】Android TV 9.0搭載でアプリ・TVが観れるフルHD対応ポータブルプロジェクター 【Anker Nebula Capsule IIレビュー】世界初Android TV 9.0搭載のモバイルプロジェクター【200ルーメン】 【小型から4Kまで】モバイルプロジェクターとホームプロジェクターのおすすめ人気モデル総ざらい【小型から4Kまで】モバイルプロジェクターとホームプロジェクターのおすすめ人気モデル総ざらい

1 COMMENT

長田

お世話になります。マクリンさん!
詳しい説明でわかりやすいです。
一点質問させてください。
MARS2の購入を検討しています。
アプトイドTVでディズニープラスは見れますか?Google playでないと見れないのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です