ガジェットのおすすめ

Nebula Capsule 3 Laserをレビュー!AnkerのAndroid TV搭載モバイルレーザープロジェクター

評価:4

家でも外でもモバイルプロジェクターを活用しマクリンまくり @Maku_ring)です。

どこでも使うなら携帯性にはこだわりたいですが、解像度は最低でもフルHD欲しいところ。

また、明瞭な映像を観るならLEDやハロゲンではなく、レーザー光源のプロジェクターがおすすめです。

500ml缶サイズながら、これらを満たすモデルが「Nebula Capsule 3 Laser」です。

Nebula Capsule 3 Laserの外箱

Nebula Cosmos Laser 4Kに続くレーザープロジェクターで、モバイル型初のレーザー採用機です。

前モデル「Nebula Capsule II」と比べ、解像度はHD フルHD(かつHDR10対応)、明るさは200ANSIルーメン 300ANSIルーメンと格段にアップしています。

OSにはAndroid TV11.0を搭載し、抜群のエンタメ性を発揮してくれます。

そこで本記事は外観と付属品を紹介し、類似品と比較しつつ、映像面を紹介していきます。

メリット
  • レーザー光源のモバイルプロジェクター
  • Android TV 11.0搭載
  • 垂直水平の台形自動補正
  • Dolby Digital Plus対応の8Wスピーカー搭載
デメリット
  • やや重い
  • モバイル型ではやや高い10万円超え
ご貸与品
本記事はアンカー・ジャパン様から商品を貸与いただき作成しています。
この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動し、22年4月には書籍「マクサン式Webライティング実践スキル大全」を出版。株式会社makuri 代表取締役。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

Nebula Capsule 3 Laserの外観と付属品

Nebula Capsule 3 Laser」は、Android TV 11.0搭載のモバイルプロジェクターです。

Nebula Capsule 3 LaserはAndroid TV 11.0搭載のモバイルプロジェクター

製品名 Nebula Capsule 3 Laser
サイズ 約83 x 83 x 167mm
重さ 約950g
明るさ 300ANSIルーメン
解像度 フルHD(1920 x 1080画素)
スピーカー 8W
ワイヤレス規格 2.4 / 5.0GHz(IEEE802.11 a/b/g/n/ac)・Bluetooth 5.1
OS Android TV 11.0
価格 119,900円(税込み)

 
本体はパンチングメッシュが特徴の円柱形状かつメタルボディで、上質な塊感があります。


 
投影レンズのまわりにはピアノブラックの加飾が施され、上下には「1080p(フルHD)」と「AUTO FOCUS LENDS」が書かれています。

Nebula Capsule 3 Laserのレンズ周り
 
天面は同心円状の模様が入った操作パネルとなっており、音量調整と方向キー・決定・戻るなどの操作が可能です。

Nebula Capsule 3 Laserの天面は操作パネル
 
サイズは直径83 x 高さ167mmとコンパクトにおさめ、500ml缶 / ペットボトルと同等の大きさを実現しています。

Nebula Capsule 3 Laserのサイズは約83 x 83 x 167mm
 
重量は約954gとややずっしりしている感じがあります。

Nebula Capsule 3 Laserの重量は約954g
 
底面には三脚穴がつき、汎用品の三脚を装着できます。

Nebula Capsule 3 Laserの底面には三脚穴

 
背面下部にはAUX端子とHDMI2.1(最大4K入力)、電源端子とデータストレージを兼ねるUSB-Cポートをそなえています。

Nebula Capsule 3 Laserのポート類

MEMO
データストレージは、USBメモリのファイルシステムが「FAT32」のみ対応しています。
 
USB-CはPD(Power Delivery)にも対応し、PD対応モバイルバッテリーを介した本体充電も可能です。


 
同梱品はプロジェクター本体にリモコン(単4形電池 x 2)、ACアダプタ、USB-C & USB-C ケーブルです。

Nebula Capsule 3 Laserの付属品
 
本機はリモコン操作だけでなく「Nebula Connect」によるアプリ操作にも対応しています。

Nebula Connect(CapsuleControl)

Nebula Connect(CapsuleControl)

Power Mobile Life LLC無料posted withアプリーチ

 

Nebula Capsule IIと比較

Nebula Capsule 3 Laserと前モデルのNebula Capsule IIで比較してみました。

左スライドで全表示

製品名 Nebula Capsule 3 Laser
Nebula Capsule II
光源 レーザー LED
サイズ 約83 x 83 x 167mm 約80 x 80 x 150mm
重さ 約950g 約740g
明るさ 300ANSIルーメン 200ANSIルーメン
HDR
解像度 フルHD(1920 x 1080) HD(1280 x 720)
スピーカー 8W(Dolby Digital Plus) 8W(Dolby Digital)
OS Android TV 11.0 Android TV 9.0
対応アプリ 7,000以上 3,600以上
オートフォーカス
台形自動補正(垂直)
台形自動補正(水平) (手動)
動画再生時間 約2.5時間 約2.5時間
価格 119,900円 69,990円

サイズは若干アップしているものの、それ以上に性能の進化が大きいです。

光源はLEDからレーザー、明るさは200ANSIルーメンから300ANSIルーメン、解像度はHDからフルHD(HDR 10対応)と、映像面は全方位でパワーアップ。

価格は5万円アップとなかなかですが、モバイル型でレーザー光源は同社初であり、相当力が入っていることがうかがえます。

上位機種と同様、垂直水平ともに台形自動補正に対応し、映像調整面も抜かりなし。

マクリン
Android OSも9.0から11.0にバージョンアップし、対応アプリは倍近くになりました!

持ち運びできるプロジェクターをお探しなら、迷わず本機を選びたいところです。

Nebula Capsule 3 Laserのレビュー

Nebula Capsule 3 Laserの特徴を紹介していきます。

 

300ANSIルーメン・フルHDのプロジェクター映像

Nebula Capsule 3 Laserの明るさは最大300ANSIルーメンであり、500ml缶サイズなのをふまえるとかなり健闘しています。

Nebula Capsule 3 Laserの明るさは300ANSIルーメン

マクリン
明るさが若干不安でしたが、17時以降なら余裕で観れますよ!

近年は4K対応のホームプロジェクターも少なくない中、フルHDは若干物足りないかと思いきや、細かい文字でもバッチリ視認できたので、ビジネス用途でも十分使えます。

Nebula Capsule 3 Laserの解像度はフルHD
 
最大120インチ程度まで投影可能であり、100インチ投影時の距離は約2.66mと焦点距離は標準的。


 
HDMIの映像出力はもちろん、スマホやPCからのミラーリングにも対応し、「AirScreen」アプリを使えばAirPlay・Chromecastともに利用可能です。


 
ドローンさんの撮影動画を再生してみたところ、モバイルプロジェクターであることを忘れるほどの表現力がありました。

緑の木々の立体感や粒だった水面のリアリティも素晴らしく、レーザー光源ならではのくっきり具合とコントラストは見事でした。

マクリン
音響の迫力は8Wとは思えないほど…!

オートフォーカスかつ垂直水平の台形自動補正に対応

Nebula Capsule 3 Laserはモバイル型ながら映像調整面もすぐれています。

投影距離が変わったときはオートフォーカスが即座にはたらき、ピントを合わせてくれます。


 
台形自動補正機能もつき、垂直方向に動かすと投影映像の歪みを補正します。


 
さらに上位機種にのみそなえる水平方向の台形自動補正も搭載し、斜めに動かした際でも修正してくれるすぐれもの。

マクリン
モバイル型だとXGIMI Halo+くらいしかついてない機能なんですよ!

Android TV 11.0搭載で豊富なアプリ収録

Nebula Capsule 3 LaserAndroid TV 11.0を搭載し、前モデル「Nebula Capsule II」のAndroid TV 9.0からバージョンアップを遂げています。

Nebula Capsule 3 LaserはAndroid TV 11.0搭載
 
アプリストアは純正のGoogle Playであり、大抵の動画配信アプリはそのまま使えます。




マクリン
TV番組を観るならnasneを設置してtorneアプリから観るのがおすすめですよ!

NetflixはGoogle Playからはダウンロードできないものの、Nebula Manager経由でダウンロードできるようになっています。

Nebula Capsule 3 LaserのNetflixはNebula Manager経由でダウンロード可能

Nebula Capsule 3 Laserはこんな人におすすめ

Nebula Capsule 3 Laserは「レーザー光源のモバイルプロジェクターが欲しい人」におすすめです。

やや高めですが、モバイル型で初のレーザー光源なのにくわえ、垂直水平ともに台形自動補正に対応し、映像調整面も優秀。

前モデル「Nebula Capsule II」をあらゆる方面でアップデートしたモデルに仕上がっています。

レーザー光源にこだわらないなら、明るさで上回るXGIMI Halo+Nebula Vega Portableもおすすめです。

Nebula Capsule 3 Laserレビューまとめ

本記事は「Nebula Capsule 3 Laserをレビュー!AnkerのAndroid TV搭載モバイルレーザープロジェクター」について書きました。

Nebula Capsule 3 Laserは同社初のレーザーモバイルプロジェクターで、他の光源とは一線を画す映像の鮮明さと没入感をそなえています。

マクリン
前モデル「Nebula Capsule II」と比べ、解像度も明るさも格段にアップ!

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

メリット
  • レーザー光源のモバイルプロジェクター
  • Android TV 11.0搭載
  • 垂直水平の台形自動補正
  • Dolby Digital Plus対応の8Wスピーカー搭載
デメリット
  • やや重い
  • モバイル型ではやや高い10万円超え
XGIMI Halo+(plus)をレビュー!モバイルプロジェクター最高峰がさらにパワーアップして帰ってきた 【Nebula Vega Portableレビュー】フルHDの解像度と500ANSIルーメンの明るさをもつAnkerのモバイル型最上位プロジェクター 【小型から4Kまで】モバイルプロジェクターとホームプロジェクターのおすすめ人気モデル総ざらい【小型から4Kまで】モバイルプロジェクターとホームプロジェクターのおすすめ人気モデル総ざらい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。