Amazonチャージで1000円キャンペーン

【Logicool MX Master3レビュー】いつもの作業をマウスに集約&簡略化!アプリに合わせたスタイルチェンジで作業が捗る高機能マウス!

ぱぶまる
Logicoolの高機能マウス「MX Master3」は、複数PCでの作業やアプリ間での設定により使いやすさが追求されたマウスです。エルゴノミクスで手になじみ、負担のないデザインと機能性は、このマウスでしか体験できないと思いますよ!

どうも、デバイスブロガーのぱぶまるです。

作業効率化と快適な操作性を求めてマウスを選びたい」という方におすすめのマウスを紹介します!

Logicoolロジクールの「MX Master3」です。

icon

ポイント
  • 手になじむエルゴノミクスデザイン
  • アプリケーションに合わせた個別動作を設定可能
  • 2台のPCを1機のマウスで操作可能
ぱぶまる
価格はそれなりにしますが、快適性と機能性で、生産性は間違いなくアップしますよ!

そんなわけで「【Logicool MX Master3レビュー】いつもの作業をマウスに集約&簡略化!アプリに合わせたスタイルチェンジで作業が捗る高機能マウス!」について書いていきます。

ご提供品
本記事はメーカー様から商品を提供いただき作成しています。

Logicool MX Master3のスペックとレビュー

本体スペックは以下のとおりです。

モバイルは左スライドで全表示

製品名Logicool「MX Master3
大きさ幅84.3mm x 奥行き124.9mm x 高さ51mm
重さ141g
動作対応OSWindows 7 / 8 / 10、macOS 10.13以降、Linux
接続方式Unifyingレシーバー (2.4GHz)、Bluetooth
センサーDarkfield高精度レーザー(1000dpi)
dpiDPI(最小値/最大値):200dpi~4000dpi
ボタン7個
動作距離10m
バッテリー内蔵充電式リチウムポリマー電池(フル充電で最大70日動作。1分間の急速充電で3時間使用可能)

 

外観

本体カラーは2色展開です。

グラファイトコントラスト

ミッドグレイ

マットな質感で滑らず手になじみます。

Logicool MX Master3はマットな質感

真上(モードシフトボタン)

 
ホイールの金属素材もしっかりしていて高級感があります。

Logicool MX Master3の左右ボタンとUSB差し込み口

前面(左右ボタン、USB差し込み口)

 
左側面にはサムホイールと進む・戻るボタン、バッテリー残量LEDとジェスチャーボタンをそなえています。

Logicool MX Master3の左側面
 
背面は絶妙な曲面がかかっており、手のひらにフィットする、人間工学に基づいた形状となっています。

Logicool MX Master3の背面
 
底面には電源とセンサー、ペアリング機器の切り替えボタンが付いています。

Logicool MX Master3の底面
 

付属品

MX Master3の付属品は、充電用のUSB-Cケーブルとワイヤレスレシーバーです。

Logicool MX Master3の付属品

操作感

手の平に当たる部分が高めで、親指部分にも指の付け根の置き場があります。

マウスホイールは「1秒間に1000行のスクロール」とうたわれており、引っ掛かりは全くありません。
 

ぱぶまる
ロール音は全くなく、動きは非常にスムーズですよ!
 
手の小さな方は、かぶせ持ちで深く持つと、手がデスクにつかないかなといったくらい。

Logicool MX Master3の持ち方
 
デフォルトでは進む・戻るボタンとなる左サイドボタンがちょうどいい位置にあり、押しやすいです。

また、クリック感はしっかりあるものの、クリック音は無音といっていいほどです。

良い点
反応の良さとボタン配置が良く、無理な動きをすることなく全操作がスムーズに行えます。底面後方がラウンド形状になっているので、底面前方を少し浮かせてフリックする動作もしやすく、重さも感じません。
好みが分かれる点
ホイールの動きがスムーズな分、ホイールクリック時やスクロール時にピタッと止まりません。少し余分にスクロールしてしまうので、こういったホイールの挙動のマウスを初めて使う方は、慣れが少し必要かもしれません。
 

モードシフトボタン

天面にあるモードシフトボタンでホイール挙動を切り替えできるので、お好みで切り替えるといいでしょう。

Logicool MX Master3の真上にはモードシフトボタンがある

ただし、スムーズ挙動時のホイールは指で止めないと無限に回る、というくらい軽く、ホイールクリックをする際にホイールが多少動くので注意が必要です。

ジェスチャーボタン

あまりなじみのないボタンかもしれませんが、いわゆるトラックパッドのような動きをするためのボタンです。

Logicool MX Master3のジェスチャーボタン

親指の置き場部分にある小さなボタンですが、このボタンを押しながら設定した動作を行えるので、自由度は非常に高いです。

ズームや回転、タスクビュー切り替えなど、ひと手間かかる動作もマウス上で行えます。
 

アプリケーションごとの設定

アプリごとに各ボタンの設定が可能ですので、一例を紹介します。

よく使う動作を割り当てておくことで、キーボード操作や画面上のボタンをクリックしなくても、マウス上で操作が完結するのでとても快適です。
 
デフォルト

Logicool MX Master3のデフォルト設定
 
Photoshop
Logicool MX Master3のPhotoshop設定
 
Premiere Pro
Logicool MX Master3のPremiere Pro設定
 
各種ブラウザ

 
Word

 
Excel

 
PowerPoint

 
FinalCut Pro

ぱぶまる
仕事で使うExcelで水平スクロールは便利ですし、Photoshopで進む・戻るボタンを、レイヤ間の移動などに設定しても便利ですね!

Logicool Optionによる設定

専用ソフト「Logicool Option」で様々な操作のカスタマイズができます。

できること

  • 各ボタンのキーの割り当て
  • カーソルやホイールの速度調節
  • ジェスチャー設定
  • 各アプリケーション固有の設定
  • Flow機能設定

 
Logicool Optionのホーム画面は、直感的かつ分かりやすいレイアウトになっています。

Logicool optionのホーム画面
 
各ボタンに実にたくさんの機能が割り当てられるので、ここからは画像で紹介していきます。

戻るボタン
Logicool optionの戻るボタンの割り当て
 
進むボタン
Logicool optionの進むボタンの割り当て
 
サムホイール
Logicool optionのサムホイールの割り当て
 
ジェスチャーボタン
Logicool optionのジェスチャーボタンの割り当て
 
モードシフトボタン
Logicool optionのモードシフトボタンの割り当て
 
ホイールボタン
Logicool optionのホイールボタンの割り当て

ぱぶまる
Photoshopやfinalcutで固有の設定ももちろんできるので、サムホイールにブラシの太さなどを設定しても使いやすいですね!

Logicool Flow

同じネットワーク環境にいるパソコンであれば、1機のマウスで複数のパソコンを操作可能です。

こちらもLogicool Optionをインストールすることで、設定できます。

設定方法も簡単です。

STEP.1
有効化
Logicool Flowを有効化します。

STEP.2
インストール
使用するデバイスにLogicool Optionをインストールします。


STEP.3
ペアリング

両方のPCをマウスにペアリングします。

STEP.4
接続

同じネットワーク環境(Wi-Fi)に接続します。


ぱぶまる
出先で作業した後、家のメインPCでも作業継続したりする際など、1機のマウスで操作できるとかなり便利ですよ!

Logicool MX Master3レビューまとめ

本記事は「【Logicool MX Master3レビュー】いつもの作業をマウスに集約&簡略化!アプリに合わせたスタイルチェンジで作業が捗る高機能マウス!」について書きました。

ロジクール MX Master 3は、様々な動作をすべてマウス上で行うようにできるので、作業効率が大幅に上がるマウスです。

Officeアプリや編集ソフトなどを多用する方はもちろん、ライターさんにも適しています。

ぱぶまる
デスクワークが多い方は一度触ってみてほしいですね!
【Satechi M1 ワイヤレスマウスレビュー】アルミニウム外装のおしゃれなBluetoothマウス【USB-C充電対応】 【Longtop静音ワイヤレスマウスレビュー】Bluetooth&無線対応かつ2台接続可でおすすめ【Amazon千円台】 【2018年】MacBook Proと一緒に買うべき周辺機器・アクセサリー8選【おすすめ】 【2020年】MacBook Pro/Airと一緒に買うべき周辺機器・アクセサリー11選【おすすめ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

マクナビ