マクリン限定ANKERスペシャルクーポン

【Soundcore Liberty 2 Proレビュー】Anker最良のサウンドを提供する完全ワイヤレスイヤホンの最上位モデル

マクリン
本記事では、コスパ最高のオーディオメーカーでもある、Ankerの「Soundcore Liberty 2 Pro」をレビューしました。Ankerの最上位モデルだけあり、低音から高音のバランスが見事にとれた、解像度高いサウンドを奏でるイヤホンに仕上がってましたよ!
 
Bluetoothブルートゥース接続で全ケーブルをなくした完全ワイヤレスイヤホンは、ケーブルのストレスから開放され、快適そのものです。

数千円から数万円まで、さまざまな価格帯の完全ワイヤレスイヤホンが出ており、機能やサウンドの特徴も異なります。
 

ヨメ

あれだけいろんなイヤホン持ってるけど、結局どれが一番なの?
 
高価格帯ではBang & Olufsenの「Beoplay E8 2.0」だけど、1万円台では間違いなく「Soundcore Liberty 2 Pro」だね!

マクリン

Ankerの「Soundcore Liberty 2 Pro」は、同社の最上位モデルにして、独自の同軸音響構造(A.C.A.A)を搭載しています。

A.C.A.A
バランスド・アーマチュアドライバーとダイナミックドライバーを同軸上に配置したAnker Soundcore独自の同軸音響構造で、音楽を高音質かつ繊細に表現できる。

A.C.A.Aの恩恵もあり、ライブ会場に居合わせたかのような臨場感あふれるサウンドを実現しています。

また、ソフト面も優秀で、専用アプリ上で自分だけのHearing Profileを作成でき、それ以外にも22種類のイコライザーから好みの設定を選ぶことができます。
 

マクリン
USBタイプCとワイヤレスに対応しているので、充電面の使い勝手も最高!
 
そんなわけで本記事は「【Soundcore Liberty 2 Proレビュー】Anker最良のサウンドを提供する完全ワイヤレスイヤホンの最上位モデル」について書いていきます。

Amazon初回500個限定3000円分OFF

MEMO
本記事はメーカー様から商品を提供いただき作成しています。
 

Soundcore Liberty 2 Proの外観と付属品

Soundcore Liberty 2 Pro」は生活防水仕様(IPX4)の完全ワイヤレスイヤホンです。

防水規格IPX4
「水の飛まつに対して保護されている」という定義の防水規格です。浸水状態での使用は厳しいですが、雨が降っている中で使う分には問題ありません。

Anker Soundcore Liberty 2 Proの外観

マクリン
ロゴの部分はアルミ素材ででき、高級感にあふれマクリンまくり
 
イヤホンは両耳あわせて約16gとやや重めですが、装着時の重心バランスが良いためか、長時間付けても負担に感じませんでした。

Anker Soundcore Liberty 2 Proの重量
 
バッテリー内蔵の収納ケースはマットな質感で、手触りからして上質に仕上がっています。

Anker Soundcore Liberty 2 Proのケース
 
ケースのフタはAnker唯一のスライド式で、この点も他のモデルとは差別化が図られています。

Anker Soundcore Liberty 2 Proのケースはスライド式のフタをそなえる
 
ケースは7.5x 5.5 x 2.8cmと、手の平に充分収まるサイズです。

Anker Soundcore Liberty 2 Proのケースサイズ
 
イヤホン単体で8時間、ケースをふくめると最大4回分(32時間)の充電が可能であり、Anker本来のバッテリー技術が生かされたロングバッテリーとなっています。

マクリン
わずか15分の充電時間でも約2時間再生できますよ!
 
また、ケースを開閉することで、バッテリー残量が3段階のLEDランプで表示されます。

Anker Soundcore Liberty 2 Proは3段階のLEDインジケーターを搭載

LED1個点灯 30%未満
LED2個点灯 30〜70%
LED3個点灯 70%以上
 
同梱品はイヤホン本体に充電ケース、イヤーピースとイヤーウィング、充電用ケーブル(USB-C)です。

Anker Soundcore Liberty 2 Proの付属品
 
イヤーチップはXS/S/M/M+(本体装着済)/L/L+/XL、イヤーウィングはXS/S/M(本体装着済)/Lサイズが入っており、耳のサイズに合わせて細かな調整が可能となっています。

Anker Soundcore Liberty 2 Proのイヤーチップとイヤーウィング

Amazon初回500個限定3000円分OFF

Soundcore Liberty 2 ProはUSB-Cとワイヤレス充電に対応

Soundcore Liberty 2 Proの特筆すべき点が、2種類の充電方法を備えていることです。

ひとつはケース背面に備えているUSB-Cポートからの充電。

Anker Soundcore Liberty 2 ProはUSB-Cをそなえる

マクリン
USB-CはAppleとも親和性があり、USB規格の今後の主流でもあるため、汎用性抜群!

さらにSoundcore Liberty 2 Proは、Ankerで初めてQiチー対応のワイヤレス充電を搭載しています。

Anker Soundcore Liberty 2 ProはQi対応ワイヤレス充電を搭載
 
Anker PowerWave 10 Pad」のようなパッド型ワイヤレス充電器を組み合わせることで、置くだけ充電が実現しちゃいます。

マクリン
一度経験すると、ケーブルを抜き差しする従来の充電には戻れませんね!

Amazon初回500個限定3000円分OFF

Sponsored Links

 

Soundcore Liberty 2 Proのペアリングと専用アプリ

Soundcore Liberty 2 Proのペアリング(Bluetooth対応機器との接続)方法はとても分かりやすくできています。

STEP.1
ペアリングモード
ケースから取り出すと、左右間で接続した後、右イヤホンが白点滅(左イヤホンはゆっくり点滅)するペアリングモードに入ります。

STEP.2
Bluetooth機器の接続設定
Bluetooth機器のBluetoothをオンにすると「Soundcore Liberty 2 Pro-L」が表示されるのでそちらを選びます。


STEP.3
ペアリング完了
Bluetooth機器との接続が完了すると「接続済み」にステータスが変わり、スマホ画面右上にはイヤホンのバッテリー残量が表示されます。


以上がペアリング方法です。

片耳使用は左イヤホンのみ可能となっています(右イヤホンのみは不可)。

Soundcore Liberty 2 Proのパフォーマンスを最大限発揮するために入れておきたいのが、公式アプリ「Soundcore」です。

Soundcore

Soundcore

Anker無料posted withアプリーチ

 
Soundcoreは本体操作とイコライザーの調整ができます。


 
イコライザーはなんと、22種類ものパターンがプリセットされており、これだけあれば自分好みの音設定が見つからないことはまずないでしょう。



もうひとつ見逃せないのがHearID機能です。


 
聴覚テストのイメージで、左右の耳の聴きとりやすさを測定することで、自分用にカスタマイズされたイコライザーに調整できます。



自分だけのHearing Profileが自動作成され、こちらで音楽を聴くと演奏がより際立ち、イヤホンの真価をさらに発揮することができます。

マクリン
10名のグラミー賞受賞プロデューサーに絶賛された音を楽しむなら、このアプリは欠かせませんよ!

Amazon初回500個限定3000円分OFF

Soundcore Liberty 2 Proの装着感と音質

Soundcore Liberty 2 Proは、耳の形に合ったデザインにくわえ、グリップ性も良くてしっかり固定されます。

Soundcore Liberty 2 Proの装着感

マクリン
しっかりした主張がありつつ、上品なデザイン!
 
イヤホン上部に付いている左右ボタンで、音量調整以外の操作が可能です。

Soundcore Liberty 2 Proはイヤホン上部に付いている左右ボタンで操作可能

ボタン操作一覧
  • (右/左)1回押す 再生/一時停止/受話/終話
  • 右2回押す 曲送り(次の曲)
  • 左2回押す 曲戻し(前の曲)
  • (右/左)1秒押し 通話拒否/音声アシスタント
 

僕は数多くのワイヤレスイヤホンを使ってきましたが、低価格帯(1万円台まで)の中ではSoundcore Liberty 2 Proがベストといえる完成度をもっています。

目を閉じて聴いていると、まさにライブ会場で聴いているような生の迫力と演奏のつや感をすくい取ることができるイヤホンです。

前述のA.C.A.Aのおかげで、低音から高音まできれいにバランスがとれ、どの音域がムダに主張しすぎることもなく、見事に調和できています。
 

マクリン
温かみがありつつ、クリアな音を響かせてくれるイヤホンですよ!
 
また、高音質の圧縮方式「apt-X」「AAC」に対応するため、iPhoneとAndroidスマホの双方で、質の高いサウンドを実現可能です。

MEMO
apt-XはAndroidに対応した規格、AACはiOS対応の規格です。
 
マクリン
Ankerのイヤホンでは、値段がもっとも高価ですが、それも納得のクオリティを持ってるイヤホンですよ!
Soundcore Liberty 2 Proの評価
音質(クリアサウンド)
(5.0)
連続再生時間(8時間)
(5.0)
音声操作(あり)
(5.0)
防水・防滴(IPX4)
(3.0)
総合評価
(4.5)

Amazon初回500個限定3000円分OFF

Sponsored Links

 

Soundcore Liberty 2 Proレビューまとめ

本記事は「【Soundcore Liberty 2 Proレビュー】Anker最良のサウンドを提供する完全ワイヤレスイヤホンの最上位モデル」について書きました。

Soundcore Liberty 2 Proは、同社の最上位モデルにふさわしい高音質で、僕がこれまで使用した低価格帯のイヤホンでは最良の仕上がりでした。

充電面も抜かりなく、USBタイプCとQiワイヤレス、2つの充電方式を備えています。

マクリン
HearID機能をはじめ、アプリも優秀ですよ!

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。
 

Amazon初回500個限定3000円分OFF

【おすすめ】コスパ最強の安い完全ワイヤレスイヤホン15選【1万円台以下】 【Soundcore Libertyレビュー】最大100時間の音楽再生を実現する完全ワイヤレスイヤホン【Anker】 【第2世代】Anker Soundcore Liberty Neoレビュー!音質と防水を強化したシリーズ最軽量の完全ワイヤレスイヤホン 【SoundPEATS Truengine2レビュー】USB-C充電&AAC・aptX両対応の完全ワイヤレスイヤホン【QCC3020】 【Bang&Olufsen Beoplay E8 2.0レビュー】完全ワイヤレスイヤホンの到達点と呼ぶべき傑作【B&O】 【Mpow T5(M5)レビュー】AAC・aptX両対応&軽量小型の完全ワイヤレスイヤホン【QCC3020搭載】

2 COMMENTS

こんにちは。

自分は左右一体型ワイヤレスイヤホンは使用していましたが、完全ワイヤレスイヤホン未経験でした。
以前から完全ワイヤレスイヤホンに興味はありましたが、高い買い物なので失敗したくないと二の足を踏んでいましたが、本記事を拝見しSoundcore Liberty 2 Proを購入しました。
イヤホンをいくつも使ってきたわけではないので他製品と比較した際の所感を述べるのは困難ですが、今まで使っていた3000円程度の左右一体型ワイヤレスイヤホンよりは明らかにクリアに聞こるように感じます。
これからどんどん使い込んで良さを見つけていければなと思います。

今後も記事を楽しく拝見させていただきます。

返信する
マクリン マクリン

Aβ様、

私の記事を信用して購入いただき、誠にありがとうございます。
こちらのイヤホンは特に高いので、なかなか勇気のいる行動だったかと存じます。。
個人的にも1万円台ではもっともおすすめできるモデルですのでご安心ください(*´ω`*)

HearID機能をお使いいただくことで、イヤホンの実力がさらに発揮されますので、ぜひお試しの上、拝聴ください。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
コメントくださりうれしかったです!

マクリン

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

マクナビ