おすすめのガジェット

【Soundcore Liberty Air 2 Proレビュー】Anker初にしてAirPods Proと同レベルのANCをもつ完全ワイヤレスイヤホン

ノイキャン搭載ワイヤレスイヤホンがYouTube・音楽・会議に欠かせないマクリン( @Maku_ring)です。

しかし、ワイヤレスイヤホンにノイキャン(ANC)や音質を求めると、価格が高くなったりバッテリー性能が低かったりで、なかなかちょうどいいモデルがありません。

そこでおすすめなのが、Ankerの「Anker Soundcore Liberty Air 2 Pro」です。

Anker Soundcore Liberty Air 2 Proの外観

Anker初となるANC付きの本機種は、1万円台にもかかわらず、AirPods Proにも匹敵するレベルのノイキャン性能をもっています。

音質も前機の「Soundcore Liberty Air 2」から大幅にアップグレードしています。

さらに専用アプリでHearIDを設定すれば、自分の耳に最適な音楽を自動カスタマイズしてくれるなど、機能性抜群のイヤホンです。

イヤホン単体で最長7時間、ケースふくめ最長26時間のバッテリー性能で、ワイヤレス充電にも対応しています。

同時リリースの「Soundcore Life A2 NC」は、一部の機能が省かれているものの、アンダー1万円でピカイチの完成度です。

そんなわけで本記事では「【Soundcore Liberty Air 2 Proレビュー】Anker初にしてAirPods Proと同レベルのANCをもつ完全ワイヤレスイヤホン」について書きます。

ご提供品
本記事はメーカー様から商品を提供いただき作成しています。
この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「家電最前線」のパーソナリティ、「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動。プロフィール詳細

Soundcore Liberty Air 2 Proの概要

Anker Soundcore Liberty Air 2 Pro」は生活防水仕様(IPX4)の完全ワイヤレスイヤホンです。

Soundcore Liberty Air 2 Proは生活防水仕様(IPX4)の完全ワイヤレスイヤホン

防水規格IPX4
「水の飛まつに対して保護されている」という定義の防水規格です。浸水状態での使用は厳しいですが、雨が降っている中で使う分には問題ありません。
 
前機種「Soundcore Liberty Air 2」のタッチセンサー部が丸みを帯びていたのに対し、シュッとしており、ソリッドでスタイリッシュな見た目をしています。

Liberty Air 2

Liberty Air 2 Pro

イヤホンには装着センサーを搭載し、片方または両耳からイヤホンを外すと音楽が自動停止し、装着するとまた再生します。

Soundcore Liberty Air 2 Proは装着センサー搭載
 
イヤホン単体で約10g、ケースふくめて約61gと標準的な重量です。

Soundcore Liberty Air 2 Proのイヤホン重量
Soundcore Liberty Air 2 Proのケース重量

ANC非搭載の最上位機種「Soundcore Liberty 2 Pro」と同様のスライドケース式で取り出しやすく、個人的には好きな機構です。

Soundcore Liberty Air 2 Proのケースはスライド機構
 
ケースのサイズは約62 x 60 x 30mmと手のひらサイズ。

Soundcore Liberty Air 2 Proのケースサイズ
 
付属品はイヤホン本体とイヤーチップ、USB-C to Aケーブルです。

Soundcore Liberty Air 2 Proの付属品

イヤーチップは装着済みのMふくめ、XXXS〜Lまで9種類とかなり豊富に用意され、これだけあれば耳に合うチップが見つかりやすいでしょう。

 

Soundcore Liberty Air 2とのスペック比較

Soundcore Liberty Air 2との比較は以下のとおりです。

モバイルは左スライドで全表示

製品名 Soundcore Liberty Air 2 Soundcore Liberty Air 2 Pro
重量 イヤホン約10g / ケース約53g イヤホン約10g / ケース約61g
ノイキャン なし 3つのモード搭載
装着センサー 非搭載 搭載
バッテリー イヤホン単体で約7時間
ケースをふくめて約28時間
イヤホン単体で約7時間(ANCで6時間)
ケースをふくめて最大26時間(ANCで21時間)
充電方式 USB-C / ワイヤレス充電 USB-C / ワイヤレス充電
防水規格 IPX5 IPX4
接続方式 Bluetooth 5 Bluetooth 5
対応コーデック SBC / AAC / aptX SBC / AAC
ドライバー 6mm 11mm
価格 7,999円 12,980円

大きく変わった点はやはりANCを搭載したことです。

それから装着センサーを搭載し、イヤホン脱着時の音楽自動停止に対応している点もポイント高し。

ドライバー径も6mm 11mmへとアップし、その恩恵は音質面にも現れています。

対応コーデックではaptXがカットされているのは少々残念ですが、そのことによる音の遅延はほとんど感じませんでした。

Soundcore Liberty Air 2 Proのレビュー

Anker Soundcore Liberty Air 2 Proの特徴を紹介します。

 

そこそこロングバッテリーかつワイヤレス充電対応

Soundcore Liberty Air 2 Proはそこそこのロングバッテリーに仕上がっています。

イヤホン単体で最大7時間(ANCで6時間)、ケースをふくめ最大26時間(ANCで21時間)使用可能です。

Soundcore Liberty Air 2 Proはイヤホン単体7時間、ケースふくめ最大26時間のバッテリー
 
また、15分のケース充電で3時間の再生が可能というクイック充電も魅力。

Soundcore Liberty Air 2 Proの充電ポートはUSB-C

ケース背面には充電用のUSBタイプC(USB-C)が付き、汎用性の高いポートなのも使いやすいポイントです。

ワイヤレス充電にも対応し、ワイヤレス充電器に置くだけで充電できます。


 
前面には3段階のLEDインジケーターが付き、その点灯数でおおよそのバッテリーレベルがわかります。



LED1個目点滅  10%未満
LED1個目点灯  10%〜30%
LED2個目点灯  30%〜70%
LED3個点灯  70%〜100%

 

専用アプリはHearIDふくめてかなり優秀

専用アプリでは、ノイズキャンセリングモードや外音取り込み機能の切り替え、HearIDやイコライザーの設定が行えます。

Soundcore

Soundcore

Power Mobile Life LLC無料posted withアプリーチ

 
ホーム画面では、イヤホンのバッテリーがひと目で確認できます。


 
モード設定では、ノイズキャンセリングモードの選択や、外音取り込みモードへの切り替えが簡単に行えます。


 
コントロールでは、タッチコントロールの操作方法をカスタマイズできます。


 
自分で割り振れる操作アクションは以下の4つです。

操作アクション

  • 左を2回タップ
  • 右を2回タップ
  • 左を2秒押し
  • 右を2秒押し

 
上記の4つの操作方法に、これらの機能を割り振ることができます。

  • 再生/一時停止
  • 音量アップ
  • 音量ダウン
  • 次の曲へ
  • 前の曲へ
  • モード設定(ノイズキャンセリング / 外音取り込み / 通常)
  • 音声アシスタント

欲をいえば、もっと多くの操作アクションに対応してほしかったところですが、1万円台で操作カスタマイズをそなえているだけでも立派。

細やかな配慮を感じたのがモード設定のカスタマイズで、外音取り込みだけカットしたり、あるいは全部ふくめたりと、ボタンを押したときの切り替わり方を変更できます。

イコライザーはカスタムで細かく合わせられるだけでなく、22種類ものパターンがプリセットされ、これだけあれば自分好みの音設定を見つけやすくなります。


 
そして、特徴的かつ音質を大幅に上げてくれる機能がHearIDです。

聴覚テストのイメージで、左右の耳の聴きとりやすさを測定することで、自分用にカスタマイズされた音楽に調整してくれます。

こちらを実施した上で音楽を聴くと演奏がより際立ち、イヤホンの真価をさらに発揮することができます。

マクリン
究極のイコライザーという感じですね!

AirPods Proにも匹敵するノイキャン性能

良い意味で驚きだったのがノイキャン性能

Anker Soundcore Liberty Air 2 Proは、AirPods Proと同等レベルで外音を遮断しゃだんしてくれます。


 
3つのノイズキャンセリングモード(交通機関 / 屋内 / 屋外)をそなえています。

Anker Soundcore Liberty Air 2 Proのノイズキャンセリングモード

「交通機関モード」を選ぶと、かなり高いレベルで外音を遮断してくれ、車の音や電車の走行音からタイプ音・空調音まで全体的に抑制してくれます。

カフェや家で集中して作業を行いたい場合は「屋内モード」を選ぶといいですが、両者の違いはあまり感じなかったので、個人的には交通機関モードでいいと思います。

3つのモードで好みのノイキャンレベルが見つからない場合は、好みの遮音レベルを選べる「カスタム」も選択可能です。

外音取り込み機能も地味に優秀で、全ての周囲音を取り込む「全ての外音」と音声重視で取り込む「音声フォーカス」で切り替えられるようになっています。
 

若干ドンシャリ系の高音質

Anker Soundcore Liberty Air 2 Proは耳へのフィットが良く、付け心地も軽めです。

Anker Soundcore Liberty Air 2 Proの装着感
 
表面はタッチセンサー式で感度も高く、正確に操作できます。

Anker Soundcore Liberty Air 2 Proはタッチセンサー式

ボタン操作一覧
  • 右2回タップ 再生/一時停止
  • 右2秒押し モード切り替え(ノイズキャンセリング / 外音取り込み / 通常)
  • 左2回タップ 曲送り(次の曲)
  • (右/左)2回タップ 受話/終話
  • (右/左)2秒押し 着信拒否
MEMO
曲戻し(前の曲)・音量調整・音声アシスタントはデフォルトで割り当てられていないものの、前述の操作カスタマイズで設定可能です。

音質の系統は若干ドンシャリ系で、Anker製品の中ではトップクラスの高音質

前モデルのSoundcore Liberty Air 2も、価格から踏まえると優秀なほうではありましたが、Soundcore Liberty Air 2 Proの解像感はひと味違います。

高音域はクリアながらまろやかで、低音域には迫力があり臨場感も強いです。

中音域は、深みや力強さを求める人にはやや物足りないものの、音の空間認識や表現力では充分すぐれたものとなっています。

全体的な音質レベルは、2万円台の他モデルと遜色ないどころか、個人的にはAirPods Proより好きな味付けです。

音の傾向はJabra Elite 85tに近く、ROCK & POPSやJAZZを中心に幅広いジャンルを楽しめるイヤホンに仕上がっています。

マクリン
1万円台でこの完成度は驚異的……!
Soundcore Liberty Air 2 Pro
高音域
(4.5)
中音域
(4.0)
低音域
(4.5)
ノイズキャンセリング
(4.5)
総合評価
(4.5)

Sponsored Links

 

Soundcore Liberty Air 2 Proレビューまとめ

本記事は「【Soundcore Liberty Air 2 Proレビュー】Anker初にしてAirPods Proと同レベルのANCをもつ完全ワイヤレスイヤホン」について書きました。

Anker Soundcore Liberty Air 2 Proは、Anker初のノイキャン付きイヤホンなだけあり、細部にまでこだわられています。

1万台前半で買えるイヤホンにもかかわらず、高音質・優れたノイキャン・ワイヤレス充電と、まさにコスパ最強のワイヤレスイヤホンです。

Soundcore Liberty Air 2 Proの特徴

  • 優れたノイキャン性能
  • 進化した音質
  • HearIDでさらに高音質
  • ワイヤレス充電対応
  • 機能満載の専用アプリ

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

【Soundcore Life A2 NCレビュー】アンダー1万円で高いANC性能を搭載するAnkerの完全ワイヤレスイヤホン 【徹底比較】Ankerのワイヤレスイヤホンで今すぐ買うべきおすすめ6モデル! 【Jabra Elite 85tレビュー】音質・ノイキャンどちらも進化したハイクオリティな完全ワイヤレスイヤホン 【JBL CLUB PRO+ TWSレビュー】迫力サウンドに初のノイキャン搭載で高機能な完全ワイヤレスイヤホン 【AirPods Proレビュー】真空にいるかのごとく最強のノイキャンをもつ完全ワイヤレスイヤホンの真打ち 【最強はどれ?】ノイズキャンセリング搭載の完全ワイヤレスイヤホンのおすすめBEST10 【おすすめ】コスパ最強の安い完全ワイヤレスイヤホン20選【1万円台以下】【おすすめ】コスパ最強の安い完全ワイヤレスイヤホン20選【1万円台以下】

3 COMMENTS

隠れガジェットヲタ

参考になりました、記事を拝見するとLiberty Air 2から乗り換えたくなりますね、、が、未だマルチペアリングに対応していないのは本当に不思議です。。これだけのモノなら、端末を問わず使えたらいいのにと感じます。。

返信する
マクリン

隠れガジェットヲタさん、

コメントありがとうございます。

そうですね、Jabraのようにマルチポイントに対応してると、端末問わず使いやすいので便利ですが、なぜかなかなか普及しないですよね……。

マクリン

返信する
隠れガジェットヲタ

マクリンさん、レスありがとうございます!実はLiberty Air 2のあまりのコスパの良さに感動しつつ、マルチペアリング非対応はもても勿体無いと思ったので、カスタマーサービスにマルチペアリング対応強く希望!みたいなメッセージ送りました(笑)するとすぐ回答が来て、検討します的な内容でしたが、、まだ反映されるには時間が掛かりそうですね(苦笑)
ちなみにLiberty Air 2とJabra active 75tを併用していますが、後者はマルチペアリングに加えてマルチポイントも対応なので、使い勝手がまるで違いますね、、

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です