ブラックフライデーのおすすめ商品

JBL WAVE 200TWSをレビュー!中高音域フォーカスのフラットサウンドを6千円台で楽しめる完全ワイヤレスイヤホン

評価:3

どうも、ワイヤレスイヤホンはコスパ重視のマクリン( @Maku_ring)です。

最近では5,000円を切るものから3万円台まで多くのイヤホンが市場にあふれ、イヤホンを選ぶのも大変になってきています。

イヤホン選びで気をつけたいのが、機能が多いほど良いわけではないということ。

音質や性能は価格に比例する傾向があるものの、操作や設定が面倒だったり、不要な機能が付いていたりするので、自分の好みや利用シーンに合ったものを選ぶことが重要です。

そんな中「細かいこだわりはないけど、お手頃価格で試してみたい方」の選択肢の一つにあげたいのが「JBL WAVE 200TWS」です。

JBL WAVE 200TWSの外箱

ANC・外音取り込み・装着センサー・専用アプリは非搭載であり、機能はしぼられているものの、6千円台と手の出しやすいエントリーモデルに仕上がっています。

迫力のある重低音が特徴的なこれまでのJBLイヤホンとはまた味付けが異なり、中高音域にフォーカスしたフラットな音質設計。

スティック形状を採用していて耳から落ちづらく、装着の安定性が高いのもうれしいポイントです。

そこで本記事は「JBL WAVE 200TWSをレビュー!中高音域フォーカスのフラットサウンドを6千円台で楽しめる完全ワイヤレスイヤホン」について書きます。

注意
本商品はAmazonでのお取り扱いがない商品です。
メリット
  • 6千円台のお手頃価格
  • 同社随一の軽量モデル
  • 中高音域メインのフラットなサウンド
  • マイクの音質が結構いい
デメリット
  • 防水性能低め(IPX2)
  • 装着センサー非搭載
  • ANC・外音取り込み非対応
  • 操作ボタン割り当て不可
  • 低音が控えめ
ご提供品
本記事はハーマンインターナショナル様から商品を提供いただき作成しています。
この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「家電最前線」のパーソナリティ、「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動。合同会社makuri代表。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

JBL WAVE 200TWSの概要

JBL WAVE 200TWS」は防滴仕様(IPX2)の完全ワイヤレスイヤホンです。

JBL WAVE 200TWSの外箱とケースとイヤホン本体

防水規格IPX2
「左右15度以内から落下する水滴によって有害な影響を受けない」という定義の防水規格です。
製品名 JBL WAVE 200TWS
防水規格 IPX2
接続方式 Bluetooth 5.0
対応コーデック SBC / AAC
重量 イヤホン約9g / ケース込み約48g
バッテリー イヤホン最大5時間 / ケース込み最大20時間
ドライバー 8mm径ダイナミックドライバー
充電方式 USB-C
装着センサー
ANC
外音取り込み
価格 6,600円

 
キラリと光沢のあるブラックグレーにJBLロゴがそっと添えられ、AirPods Proのようなスティック形状。

JBL WAVE 200TWSのイヤホン外側の外観
 
軸部分の飛び出しはJBL LIVE PRO+よりも抑えられ、同社一の短さです。

JBL WAVE 200TWSとJBL LIVE PRO+ TWSのイヤホン比較

LIVE PRO+(奥)より厚く、短い軸部分

JBL WAVE 200TWSとAirPods Proのイヤホン比較

AirPods Proと同程度の長さ

 
装着センサーは非搭載なので、耳からの脱着にともなう音楽の自動再生・停止には対応していません。

JBL WAVE 200TWSのイヤホン内側の外観
 
ボテッとした存在感とロゴの字体からワイルドさを感じるケースは、ボディとフタのカラーリングをわずかに変えることでポップさも演出しています。

JBL WAVE 200TWSのケース外観

ケースは自立しないため、フタを開けた状態で置いておけないのがちょっと不便です。

ケースの重量は約48gと標準的なものの、イヤホン単体では約9gと、耳に負担を感じない軽さ。

JBL WAVE 200TWSのイヤホン単体の重量
JBL WAVE 200TWSのケースをふくめた重量
 
ラインナップはブラック・ホワイト・ブルーの3色が用意されています。

ブラックのJBL WAVE 200TWS
ホワイトのJBL WAVE 200TWS
ブルーのJBL WAVE 200TWS
ブルーは今年のトレンドでもあるくすみカラーを採用し、落ち着いた色合いで目立ち過ぎないのもこだわりの一つ。

ケースの大きさは約52 x 63 x 25mmと、手のひらに収まるものの、ボリュームを少し感じるサイズ感です。

JBL WAVE 200TWSのケースは手のひらサイズ

厚みのない卵くらいの大きさ

JBL WAVE 200TWSとAirPods Proのケース比較

AirPods Proのケースと同程度の大きさ

 
付属品はイヤホン本体とイヤーチップ(S/M/L)、USB C to Aケーブルです。

JBL WAVE 200TWSの付属品
 

LIVE PRO+・CLUB PRO+・TOUR PRO+とのスペック比較

同社のフルワイヤレスイヤホンにはANC搭載モデルの「LIVE PRO+ TWS」「CLUB PRO+ TWS」「TOUR PRO+ TWS」があり、それらとの違いは以下のとおりです。

左スライドで全表示

製品名 JBL WAVE 200TWS JBL LIVE PRO+ TWS JBL CLUB PRO+ TWS JBL TOUR PRO+ TWS
防水規格 IPX2 IPX4 IPX4 IPX5
接続方式 Bluetooth 5.0 Bluetooth 5.1 Bluetooth 5.0 Bluetooth 5.0
対応コーデック SBC / AAC SBC / AAC SBC / AAC SBC / AAC
重量 イヤホン約9g / ケース込み約48g イヤホン約10g / ケース込み約60g イヤホン約13g / ケース込み約69g イヤホン約15g / ケース込み約73g
最大音楽再生時間 イヤホン単体:5時間
ケース込み:20時間
イヤホン単体:7時間(ANCで6時間)
ケース込み:21時間(ANCで18時間)
イヤホン単体:8時間(ANCで6時間)
ケース込み:24時間(ANCで18時間)
イヤホン単体:8時間(ANCで6時間)
ケース込み:32時間(ANCで24時間)
ドライバー 8mm 11mm 6.8mm 6.8mm
充電方式 USB-C USB-C / ワイヤレス充電 USB-C / ワイヤレス充電 USB-C / ワイヤレス充電
装着センサー
ANC
外音取り込み
専用アプリ
マルチポイント
価格 6,600円 17,800円 22,800円 25,300円

ベースモデルだけに、上位モデルにある「ワイヤレス充電」「装着センサー」「ANC・外音取り込み」「専用アプリ」は非対応です。

その分できるだけ価格を抑え、税込み6,600円という随一の安さを実現しています。

フルワイヤレスを手軽に使いたい方にはうれしい、手の出しやすいエントリーモデルとです。

イヤホン本体とケースを並べて比較すると、こんな感じ。

JBL WAVE 200TWSとJBL LIVE PRO+ TWSとJBL CLUB PRO+ TWSのケースとイヤホン比較

左からWAVE 200TWS、LIVE PRO+、TOUR PRO+

JBL WAVE 200TWSとJBL LIVE PRO+ TWSとJBL CLUB PRO+ TWSのケース比較

上からWAVE 200TWS、LIVE PRO+、TOUR PRO+

ケースの高さはもっとも低いものの、トータルのサイズ感は他のモデルと同程度。

ただ、イヤホンは最軽量で装着時の軽快性は抜群です。

WAVE 200TWSは中高音域にフォーカスしているため、女性ボーカルを中心にピアノやギターを楽しみたい人にぴったり。

低音は控えめで、体の奥に響くベースやドラムにじっくり浸りたい方には向かない音質設計なので注意ください。

ロックやEDMなど迫力ある低音を楽しみたい方はLIVE PRO+ TWS、厚みや粒の細かさなど音質にこだわりたい方はTOUR PRO+ TWS、これらのバランスをとりたい方はCLUB PRO+ TWSを選ぶといいでしょう。

JBL WAVE 200TWSのレビュー

JBL WAVE 200TWSの特徴を紹介していきます。

 

控えめなバッテリー性能かつワイヤレス充電非対応

JBL WAVE 200TWSはイヤホン単体で最大5時間、ケースふくめ最大20時間(4回分)使用可能です。

JBL WAVE 200TWSはイヤホン単体で最大5時間、ケースふくめて最大20時間使用可能

ロングバッテリーのイヤホンが増えている中、少し控えめなバッテリー性能

ケース背面にはUSB Type-Cの充電ポートをそなえ、15分の充電で1時間駆動できるクイック充電にも対応している一方、残念ながらワイヤレス充電には非対応です。


 

軽い装着性と反応の良いタッチ操作

JBL WAVE 200TWSは軸部分の飛び出しも長すぎず、イヤホンも片側約4gであるため、装着感はかなり軽めです。

JBL WAVE 200TWSの装着性

ただし、イヤーチップでイヤホンを支えている感覚があるため、長時間使用するとどうしても耳穴に若干の負担を感じます。

イヤホン表面はタッチセンサーであり、以下の操作が可能です。

JBL WAVE 200TWSはタッチセンサー搭載

操作 L R
再生 / 停止 1タップ 1タップ
曲送り 2タップ 2タップ
曲戻し 3タップ 3タップ
音声アシスタント 長押し 長押し
受話 着信中に2タップ 着信中に2タップ
通話終了 通話中に2タップ 通話中に2タップ
マイクミュート 通話中に長押し 通話中に長押し
MEMO
専用アプリはなく、操作のカスタマイズはできません。

操作を認識すると鳴る「ポンッ」という音は、クセになる気持ちよさで反応も速く、タッチ操作は非常に快適です。

左右イヤホンで全く同じ操作で分かりやすいものの、可能な操作が限定的なのが残念なポイント。

あと、欲をいえば音量調節も欲しかったところです。

中高音域にフォーカスしたフラットな音質

JBL WAVE 200TWSは中高音域にフォーカスした、素直でフラットな音質設計となっています。

女性ボーカルやギターの音が綺麗に響くため、アカペラやギターソロのある曲で個性を発揮するイヤホンです。

ただ、重厚感はあまりないので、人によってはシャンシャンと軽く鳴る印象をもつかもしれません。

低音は弱く、音の迫力や立体感は少し感じづらい音質設計なので、ドラムやベースを中心としたロックを楽しむのには向かないかなと。

音の迫力や臨場感をノリノリで楽しむというよりは、綺麗な音色をじっくり堪能するといった楽しみ方が合うイヤホンといえます。

また、ズンズン響く低音がない分、曲全体がスッと沁みこんでくるので、フラットで聴きやすい面もあります。

そのため、作業中・移動中にBGMとして音楽を楽しむといった使い方に適しています。

JBL WAVE 200TWS
音質(低音やや強め)
(3.0)
連続再生時間(5時間)
(3.5)
音声操作(あり)
(5.0)
防水・防滴(IPX2)
(2.0)
総合評価
(3.0)

Sponsored Links

 

JBL WAVE 200TWSはこんな人におすすめ

JBL WAVE 200TWSは「こまかいこだわりはないけど、シンプル&リーズナブルなイヤホンを使いたい人」におすすめです。

マイクの音質も価格以上に優秀なので、オンライン会議やZOOM

ANCや外音取り込み、ワイヤレス充電や装着センサーといった機能性が欲しい人は、7千円台で全部入りのEarFun Air Pro 2EarFun Free Pro 2が適しています。

機能盛りだくさんのモデルがいい人は、専用アプリやイコライザー調整まで付いているSoudcore Life P3も候補に入れるといいでしょう。

JBL WAVE 200TWSレビューまとめ

本記事は「JBL WAVE 200TWSをレビュー!中高音域にフォーカスしたフラットなサウンドを6000円台で楽しめる完全ワイヤレスイヤホン」について書きました。

JBL WAVE 200TWSは「ANC・外音取り込み」「装着センサー」「ワイヤレス充電」といった機能は付いていないものの、フルワイヤレスを手軽に使いたい方にはうれしいエントリーモデルです。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

メリット
  • 6千円台のお手頃価格
  • 同社随一の軽量モデル
  • 中高音域メインのフラットなサウンド
  • マイクの音質が結構いい
デメリット
  • 防水性能低め(IPX2)
  • 装着センサー非搭載
  • ANC・外音取り込み非対応
  • 操作ボタン割り当て不可
  • 低音が控えめ
YouTube
動画でも紹介しています。

【EarFun Air Pro 2レビュー】7千円台でANCとワイヤレス充電に装着センサー搭載の完全ワイヤレスイヤホン EarFun Free Pro 2をレビュー!7千円台とは思えない質感の全部入り完全ワイヤレスイヤホン 【Soundcore Life P3レビュー】8千円台で全部入りと上位レベルのANCを実現するAnkerの完全ワイヤレスイヤホン 【おすすめ】コスパ最強の安い完全ワイヤレスイヤホン20選【1万円台以下】【おすすめ】コスパ最強の安い完全ワイヤレスイヤホン20選【1万円台以下】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です