おすすめのガジェット

【Jabra Elite 85tレビュー】音質・ノイキャンどちらも進化したハイクオリティな完全ワイヤレスイヤホン

評価:5

ノイキャン搭載ワイヤレスイヤホンが相棒のマクリン( @Maku_ring)です。

その代表格はAirPods Proですが、SONYSennheiserをはじめ、勝るとも劣らないモデルがどんどん増えてきています。

ただ、いずれのフルワイヤレスもBluetooth機器の同時接続(マルチポイント)に完全対応しておらず、ノートPCやiPhone・Androidスマホなど、複数デバイスにまたがる場合に使いづらさがあります。

マルチポイント
2台までBluetoothを同時接続でき、再生ボタンを押したデバイス側にBluetooth接続が切り替わる機能のこと

数あるワイヤレスイヤホンの中で、マルチポイントにしっかり対応しているメーカーがJabraジャブラです。

そのJabraがすべての機能を詰め込んだといっても過言ではないモデルが「Jabra Elite 85t」。

アクテティブノイズキャンセリング(ANC)への対応はもちろん、音質も大幅に向上し、Elite 75tで気になっていた独特な低音も改善しています。

幅広い音域で臨場感のあるサウンドが楽しめます。

マクリン
前述のマルチポイントにも対応し、瞬時にデバイスを切り替えられるのも魅力の1つ!

3万円近くする価格も納得のオールマイティモデルに仕上がっています。

そんなわけで本記事は「【Jabra Elite 85tレビュー】音質・ノイキャンどちらも進化したハイクオリティな完全ワイヤレスイヤホン」について書きます。

後継機種にJabra Elite 7 Proが登場したので、そちらもぜひ参考ください。

この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「家電最前線」のパーソナリティ、「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動。合同会社makuri代表。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

Jabra Elite 85tの外観とスペック

Jabra Elite 85t」は生活防水仕様(IPX4)の完全ワイヤレスイヤホンです。

Jabra Elite 85tは防水規格IPX4の完全ワイヤレスイヤホン

防水規格IPX4
「水の飛まつに対して保護されている」という定義の防水規格です。浸水状態での使用は厳しいですが、雨が降っている中で使う分には問題ありません。
 
イヤホンには「Jabra」のロゴのみと、シンプルかつ洗練されたデザインながら、男心をくすぐる力強さも感じます。


 
外のノイズを軽減するANC用マイクにくわえ、耳の中のノイズを軽減するマイクが、イヤホン内部に搭載されています。


 
イヤホン本体は約14g、ケースをふくめて約58gと標準的な重量です。

Jabra Elite 85tのイヤホン重量は約14g
Jabra Elite 85tのケース重量は約58g

ケースのサイズは約65 x 40 x 29mmで、AirPods Proよりやや分厚いものの、ほぼ近いサイズ感。

Jabra Elite 85tのケースサイズは約65 x 40 x 29mm
 
付属品はイヤホン本体とイヤーチップ(S/M/L)、USB-C to Aケーブルです。

Jabra Elite 85tの付属品

Jabra Elite 85tのレビュー

それではJabra Elite 85tの特徴を紹介します。

 

ロングバッテリーかつワイヤレス充電対応

Jabra Elite 85tは、ノイキャンモデルとしては比較的ロングバッテリーモデルに仕上がっています。

イヤホン単体で最大7時間(ANCオン時は最大5.5時間)、ケースふくめ最大31時間(ANCオン時は最大25時間)使用することができます。

Jabra Elite 85tはイヤホンだけで最大7.5時間、ケースふくめ最大31時間使用可能
 
Jabra共通でクイック充電もサポートし、たった15分の充電で60分間使うことができます。

Jabra Elite 85tの充電ポートはUSB-C

背面には充電用のUSBタイプC(USB-C)が付き、汎用性の高いポートなのも使いやすいポイント。

おまけにケース底面にはQiワイヤレス充電ポートを搭載しています。

Jabra Elite 85tの底面にはQiワイヤレス充電ポート搭載
 
ワイヤレス充電器との組み合わせで置くだけ充電が可能です。

マクリン
充電面でも死角なし!

同時接続のマルチポイントに対応

Jabra Elite 85tは、初回起動時にイヤホンを取り出すだけで左右間が接続し、親機(右)のLEDが青点滅するペアリングモードに入ります。


 
Bluetooth機器のBluetoothをオンにすると「Jabra Elite 85t」が表示されるので、そちらを選ぶことで接続完了です。



2台目以降の機器は、左右のボタンを3秒間押すとペアリングモードに入ることで、つなぐことができます。

ただ、従来のリレー伝送式であるため、親機側のみしか片耳使用できないのは少々残念。

Jabra Elite 85tの特筆すべき機能として、フルワイヤレスでは数少ないマルチポイントに対応しています。

こちらは2台同時にBluetooth接続可能というもので、ノートPCやタブレット・スマホなど、複数デバイスで円滑に使用したいときにかなり重宝します。

Jabra Elite 85tはマルチポイントに対応

再生ボタンを押したデバイスに接続が自動的に切り替わり「あるときはノートPCから、またあるときはスマホから」といった具合で、フレキシブルに使い分けられます。

マクリン
一度体感すると、マルチポイントじゃないと使えなくなりますよ!

専用アプリは秀逸

専用アプリ「Jabra Sound+」を使えば、イコライザーやノイズキャンセリングのレベルを簡単に設定できます。

Jabra Sound+

Jabra Sound+

GN Audio AS無料posted withアプリーチ

 
ユニークな機能として「Find My Jabra」をそなえ、自分のイヤホンがどこにあるのか分かります。

Jabra Elite 85tのFind My Jabra機能

マクリン
小さくて失くしやすいワイヤレスイヤホンだからこそ、ありがたい機能ですね!

初期画面ではイヤホン本体とケースのバッテリー残量がくわしく確認できます。

また、アクティブノイズキャンセリングやHearThrough(外部音取り込み)を1タップで切り替えられます。

スライドすればノイズキャンセルの効き具合も調整でき、場面に応じて使い分けが可能です。


 
イコライザーはマニュアルで合わせられるだけでなく、ニュートラル以外に5パターンがプリセットされ、自分好みにもざっくりにも調整することができます。

Find My Jabraのイコライザー機能
 
ボタンの割り当ても自在に変えられて、ユーザーに寄り添った仕様となっています。



進化したドライバーで迫力のある重低音

Jabra Elite 85tは、耳の気圧を調整してくれるベントをそなえ、開放感のあるつけ心地となっています。

Jabra Elite 85tの装着感

動いても落ちる気配がなく、耳に強く押し込む必要もないので快適です。

ボタン式であり、音量調整ふくめた全操作が可能なのはかなり便利。

Jabra Elite 85tは物理ボタン式

ボタン操作一覧
  • 右1回押す 再生 / 一時停止
  • 右2回押す 音声アシスタント(Siri / Googleアシスタント / Amazon Alexa)起動
  • (右/左)1回押す 受話 / 終話
  • (右/左)2秒押す 着信拒否
  • 左1回押す ノイズキャンセリング / HearThrough
  • 左2回押す 曲送り(次の曲)
  • 左3回押す 曲戻し(前の曲)
  • 右長押し 音量アップ
  • 左長押し 音量ダウン
 
Jabra Elite 85tは、なんといっても音質が非常に良いのが特徴的。

音質コーデックはSBCとAACのみではあるものの、それがまったく気にならないレベルです。

搭載ドライバーも75tの6mmから12mmドライバーにアップし、コンパクトなボディからは想像できない迫力のある重低音を楽しめます。

Jabra Elite 85tは12mmドライバー採用

重低音とはいいつつ、ビートが自然なのでイヤな聞こえ方はしません。

中音・高音域にもツヤと伸びがあり、音の広がりも文句なし。

高音もまろやかに処理され、刺さる感じは全然ありません。

マクリン
ほぼオールジャンルにわたって音を表現できるイヤホンですよ!

また、ノイズキャンセリングも高性能で、周波数帯によってはAirPods ProSONY WF-1000XM3を凌ぐレベルです。

外で歩いても車の音や電車の走行音がかなり制御されるだけでなく、身体をうごかしたときの動作音や食べ物を口に入れたときの音まで抑制できていました。

音質・充電方式・マルチポイント対応・アプリの完成度。

Jabra Elite 85tは全ワイヤレスでナンバーワンの完成度をもつイヤホンといえるのではないでしょうか。

Jabra Elite 85t
高音域
(4.5)
中音域
(4.5)
低音域
(5.0)
ノイズキャンセリング
(5.0)
総合評価
(5.0)

Sponsored Links

 

Jabra Elite 85tレビューまとめ

本記事は「【Jabra Elite 85tレビュー】音質・ノイキャンどちらも進化したハイクオリティな完全ワイヤレスイヤホン」について書きました。

Jabra Elite 85tは、Elite 75tから大幅な進化を遂げているだけでなく、もはや弱点のないレベルにまで研ぎ澄まされたフルワイヤレスに仕上がっています。

高音質な音楽を気軽に楽しめて使いやすく、多少値は張るものの、予算が許すならファーストチョイスになりえるモデルです。

マルチポイントも便利で、僕のように複数デバイスでつなぐ人ならヤミツキになること間違いなし。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

Jabra Elite 7 Proをレビュー!中音域の伸びやかさとクリアなサウンドが心地いいANC搭載完全ワイヤレスイヤホン 【SONY WF-1000XM4レビュー】音質・ノイキャン・使い心地全てが最高峰の完全ワイヤレスイヤホン 【JBL CLUB PRO+ TWSレビュー】迫力サウンドに初のノイキャン搭載で高機能な完全ワイヤレスイヤホン 【AirPods Proレビュー】真空にいるかのごとく最強のノイキャンをもつ完全ワイヤレスイヤホンの真打ち 【ゼンハイザーMOMENTUM True Wireless 2レビュー】ノイキャンはおまけ程度も本格派の完全ワイヤレスイヤホン! 【Technics EAH-AZ70Wレビュー】初の完全ワイヤレスイヤホンにして円熟した完成度…! 【最強はどれ?】ノイズキャンセリング搭載の完全ワイヤレスイヤホンのおすすめBEST10 【おすすめ】コスパ最強の安い完全ワイヤレスイヤホン16選【1万円台以下】【おすすめ】コスパ最強の安い完全ワイヤレスイヤホン16選【1万円台以下】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です