マクリンのおすすめガジェット

【inti4口コミ・レビュー】自然な覚醒を促してくれる光目覚まし時計【スマホアプリとも連携】

 
どうも、朝に弱いマクリン( @Maku_ring)です。
 

マクリン
スマホのアラームが鳴ると、反射的に消して二度寝してしまうんよね……。
 
ヨメ
アラームの意味なし!
 
おかげで毎朝、大音量の目覚まし時計が欠かせない日々。

ですが、本当はもっとこう、朝のやわらかい光に包まれて目覚めたいのです。

心地よい光で体内のセロトニンを活発化し、シャキッと起きることができればどれだけ気持ちいいでしょう。

セロトニン
目覚めを促す脳内物質で、精神を安定させる作用もある。「幸せホルモン」とも呼ばれる。
マクリン
まさにそんな、理想の目覚まし時計を入手しました!

それがこちら、Moon Moonムーンムーン社の「inti4(インティフォー)」です。

inti4はアラーム音の代わりに、朝日と同じくらいの光量で自然な目覚めをうながす光目覚まし時計です。

強い光を出す高輝度LEDを採用していますが、だからといって目に刺すような感じでもなく、温かみのある光が特徴的。

スマホアプリと連携し、操作やアラームの設定がスマホからもできるため、実用性もよく考えられています。
 

マクリン
光目覚まし時計を使ってから、マジでシャキッと起きれるようになりましたよ!
 
そんなわけで本記事は「【inti4口コミ・レビュー】自然な覚醒を促してくれる光目覚まし時計【スマホアプリとも連携】」について書いていきます。

 

inti4(インティフォー)の外観と付属品

inti4」は前面に大型LEDとディスプレイを備える光目覚まし時計です。

inti4(インティフォー)は前面に大型LEDを備える光目覚まし時計
 
サイズは約15 x 12cmであり、片手に収まるくらいの大きさ。

inti4(インティフォー)のサイズ
 
ボディはプラスチックですが、台座はステンレス製で剛性と安定感があります。

inti4(インティフォー)の台座はステンレス
 
ヒンジ部は完全に折りたたんだ状態から直角まで動かすことができます。

inti4(インティフォー)のヒンジ部は直角まで動かせる
 
右側面には本体駆動用のMicro USB端子とリセットボタン(細い穴)、左側面にはアラーム音のオンオフスイッチがあります。



inti4の同梱品は、本体と壁掛けホルダー、ACアダプターとMicro USBケーブルです。

inti4(インティフォー)の付属品

注意
モバイルバッテリーでの駆動は推奨していません。ACアダプターと接続するようにしましょう。
 
壁掛けホルダーを裏面にスライドして取り付けることで、壁掛け状態で使うことも可能です。

inti4(インティフォー)は壁掛け状態でも使える
 

inti4は電波時計ではありませんので、時刻は手動で合わせる必要があります。

inti4(インティフォー)の時計は手動合わせ

 

inti4(インティフォー)は実用性の高いLEDライト搭載

inti4は高輝度LEDを活かし、LEDライトとしても使用することができます。

inti4(インティフォー)はLEDライトとしても使用可能

マクリン
僕は就寝前の読書灯として使ってますよ!

LED操作は、本体ボタンでもできますが、スマホの無料睡眠アプリ「Somnus(ソムナス)」を使うのが圧倒的に便利です。

睡眠アラームアプリ Somnus

睡眠アラームアプリ Somnus

Somnus LLC無料posted withアプリーチ

 

スマホアプリを介し、inti4とスマホをBluetooth接続することで、アプリから本体を操作できるようになります。


 
リラックスしたいとき、あるいは集中したいとき、シーンに合わせて光を暖色・中間色・昼光色に切り替えることが可能です。

暖色

中間色

昼光色

 
アプリからの操作もスムーズで、色の切り替えも簡単にできます。


 
明るさレベルは10段階調整が可能で、こちらもアプリを使えば滑らかに変わっていきます。


 

inti4はLEDライトとしての実用性も高く、この機能はかなり重宝しています。

 

inti4(インティフォー)は自然な覚醒をうながす光目覚まし時計

inti4のメイン機能でもある光目覚まし時計。

マクリン
本当に自然な目覚めを導いてくれるのか、気になるところですよね?

アラームの設定は、前述のアプリ「Somnus」と連動しているため、本体操作よりもスマホのほうが断然ラクです。


 
日の出時間(アラーム時間)を設定すると、その時間の5〜30分前(5分ごとに調整可)からLEDが点灯し、日の出時間に向けて徐々に明るくなっていきます。


マクリン
だんだん明るくなっているのが分かりますね!

日の出時間に差し掛かると、最大の明るさに到達するようになっており、朝日と同じくらいの明るさ(最大20,000ルクス)まで出すことができます。

起床時間が近づくと、まぶたの奥にボワッとした光を感じ、それが少しずつ強くなってくるため、まさに朝日を浴びているような感覚をおぼえました。
 

マクリン
そして信じられないことに、アラーム音が無くても、光だけですっきり目覚めることができたのです!

寝覚めの悪い僕でもすっきり起こせたのだから大したものです(何様)。

午前2時すぎから6時間半寝るのが自分の中でベストなのですが、アプリ上でもきっちり6時間半、睡眠を効率よく摂れていたのがよく分かります。


 

inti4は光だけで覚醒することを前提に作られていますが、けたたましいアラーム音も備えていますw


ですが、朝の苦手な僕でもアラーム音が無くても起きることができたので、よほどのことがないかぎり、アラーム音の出番は無さそう。

inti4は光目覚まし時計でも数少ない、2,500ルクス以上の光量を出せる製品

この光量があると体内のセロトニンを活発化してくれるため、すっきり目覚める確率が高くなるのです。
 

マクリン
5日連続で使っていますが、いずれもシャキッと起きて、気持ちいいスタートが切れてますよ!

 

inti4(インティフォー)口コミ・レビューまとめ

本記事は「【inti4口コミ・レビュー】自然な覚醒を促してくれる光目覚まし時計【スマホアプリとも連携】」について書きました。

inti4はLED光だけでスムーズな起床に導いてくれる光目覚まし時計です。

スマホアプリとの連動にも対応しており、使い勝手もよく考えられています。

朝があれだけ苦手だった僕が、午前中からシャキッと活動できるようになったのは、完全にinti4のおかげです。

マクリン
僕と同じように、朝がなかなか起きれない人におすすめですよ!

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です