おすすめの光回線

TP-Link RE700Xをレビュー!同社ハイエンドの中継機の実力やいかに…?

評価:4

どうも、TP-LinkのWi-Fi6ルーターユーザーのマクリン( @Maku_ring)です。

最新規格のWi-Fi「Wi-Fi6」と複数台使っても速度低下しにくい「IPv6 IPoE」対応のおかげで、20台以上の機器を常時つなぐ環境下でも快適なインターネットライフを送れています。

マクリン
ただ一点気になるのが、ルーターから遠い部屋だとWi-Fiが届きにくいこと……。

複数の部屋にまたがるマンションや戸建てだと、Wi-Fi源から遠ざかるほど、その強度はどうしても減衰げんすいしてしまいます。

そこでこのたび導入したのが中継機です。

TP-Link製の中継機であればOneMeshに対応し、同じSSIDを共有してWi-Fiエリアをそのまま拡張してくれるため、メッシュWi-Fiのようにシームレスかつ広大なWi-Fi環境を実現してくれます。

TP-Linkより提供いただいた「RE700X」は、同社の中継機で最高スペックをほこり、Wi-Fi6とデュアルバンドに対応しています。

TP-Link RE700Xの外箱

マクリン
5.0GHz帯なら最大2.4Gbpsに達し、高速性もバッチリ!

そこで本記事では、RE700Xの外観と特徴、性能面を紹介していきます。

メリット
  • Wi-Fi6対応
  • 内蔵アンテナ対応ですっきり
  • 同社の中継機で最大通信速度がもっとも高い
  • WPA3対応
デメリット
  • 拡張ポートが少ない
  • 1万円近くする
ご提供品
本記事はメーカー様から商品を提供いただき作成しています。
この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動し、22年4月には書籍「マクサン式Webライティング実践スキル大全」を出版。株式会社makuri・合同会社レイテラス代表取締役。 プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

TP-Link RE700Xの外観と比較

RE700X」は2.4GHzと5.0GHz、2種類の電波を持つデュアルバンドタイプのWi-Fi6中継機です。

TP-Link RE700XはデュアルバンドタイプのWi-Fi6中継機

製品
サイズ 78 x 36 x 149mm
ワイヤレス規格 2.4GHz:IEEE 802.11ax/n/b/g
5.0GHz:IEEE 802.11ax/ac/n/a
周波数 2.4GHz + 5.0GHz
最大通信速度(理論値) 2.4GHz:574Mbps
5.0GHz:2,402Mbps
ワイヤレスセキュリティ WEP
WPA
WPA2
WPA3
インターフェース 1Gbps LANポート x 1
価格 9,800円前後

 
中継機というと、アンテナの飛び出しているモデルも多いですが、本機は内蔵アンテナかつスリム設計

TP-Link RE700Xはアンテナレスの中継機
 
前面は三角柄で、パッと見ると中継機であるのを忘れるほど洗練されたデザインに仕上がっています。

マクリン
すっきりデザインなのにハイエンドなのはいいですね!

サイズはちょうど、iPhone 13と同じくらいです。

TP-Link RE700Xのサイズは78 x 36 x 149mm
 
重量は約254gです。

TP-Link RE700Xの重量は約254g
 
側面にはWPSボタンと1Gbps対応ポートのみ搭載し、拡張性が高いほうではありません。


 

TP-LinkのWi-Fi6中継機でスペック比較

同社のWi-Fi6対応中継機同士でスペック比較してみました。

製品
サイズ 78 x 36 x 149mm 76 x 36 x 149mm 74 x 46 x 124.8mm
アンテナ 内蔵アンテナ x 2 外部アンテナ x 2
ワイヤレス規格 2.4GHz:IEEE 802.11b/g/n/ax
5.0GHz:IEEE 802.11n/ac/ax
2.4GHz:IEEE 802.11b/g/n
5.0GHz:IEEE 802.11n/ac/ax
周波数 2.4GHz + 5.0GHz
最大通信速度(理論値) 2.4GHz:574Mbps
5.0GHz:2,402Mbps
2.4GHz:574Mbps
5.0GHz:1,201Mbps
2.4GHz:300Mbps
5.0GHz:1,200Mbps
ワイヤレスセキュリティ WPA
WPA2
WPA3
64/128-bit WEP
WPA/WPA-PSK2 暗号化
インターフェース 1Gbps LANポート
価格 9,800円前後 7,600円前後 7,600円前後

RE700XRE600X内蔵アンテナ型でほぼ同じ見た目をしています。

本機は現時点での最上位モデルにあたり、5.0GHz時の最大通信速度(理論値)は唯一の2,402Mbps(2.4Gbps)を実現しています。

ルーターに比べて控えめな速度の中継機が多い中、ルーターとほぼ変わらぬ速さを実現しているのはすごいです。

また、セキュリティもWPA3に対応し、最新のセキュリティ規格をそなえています。

マクリン
安全面でも安心!

価格は1万円近くするため決して安いとはいえませんが、性能に妥協したくない人におすすめの中継機です。

TP-Link RE700Xのレビュー

RE700Xの接続設定ならびにアプリ機能、通信速度を紹介します。

 

接続設定方法

接続設定方法を紹介します。

設定には専用のスマホアプリ「Tether」を用います。

TP-Link Tether

TP-Link Tether

TP-LINK無料posted withアプリーチ

注意
大前提として最初に同社Wi-Fiルーターの接続設定を終えている必要があります。
STEP.1
マイデバイス

「マイデバイス」を選んで右上の「+」メニューから中継機を選びます。



MEMO
我が家では異なる4拠点で4ルーターを使用し、同じTP-Link ID上で管理しているため、同一ダッシュボード上に表示されています。
STEP.2
設定用SSIDに接続

中継機をコンセントにつないでしばらく待つと、設定用SSID「TP-Link_Extender」が出現するので、そちらに接続します。



STEP.3
ローカルパスワードを設定

RE700Xに連携できるようになるので、ローカルパスワードを設定します。



STEP.4
拡張するWi-Fiを設定

2.4GHz・5GHz帯それぞれで拡張するSSIDを選び、各々のパスワードを入れます。



STEP.5
設定完了
そのまま設定を適用すると、中継機の接続設定は完了です。



 

アプリの機能

ルーターと同様、中継機の機能やネットワーク管理もスマホアプリから行う形になります。

TP-Link Tether

TP-Link Tether

TP-LINK無料posted withアプリーチ

 
RE700Xの接続設定が完了すると、ルーターと並んでマイデバイス上に表示されます。

マイデバイスにTP-Link RE700Xが表示されている様子
 
RE700Xをタップすると接続機器数、さらに数字をタップすると各機器が何GHzで接続しているか確認できます。



 
「ツール」の項目から各機能にアクセスできるので、代表的なものを紹介していきます。


 
「拡張ネットワーク」では、SSIDを隠すかどうかの設定が可能です。


 
「OneMesh」をオンにすることで、中継機ながらまるでメッシュWi-FiのようにシームレスなWi-Fi環境を作り出せます。ここは迷わずオン!

TP-Link RE700Xのアプリ上でOneMeshをオンにしている様子
 
「ロケーションアシスタント」は、ルーターからのWi-Fi強度を測りつつ、最適な設置場所を探してくれる機能です。


 
「Wi-Fiの範囲」で中継機のWi-Fi信号の強弱を調節できますが、基本的に「最大の範囲」にしておきましょう。

マクリン
かなり機能満載ですが、アプリのUIが優秀で使いやすいですよ!

ネットワークの拡張具合と速度

中継機をせっかく導入したなら、はたしてどれくらい拡張できるのか気になるところ。

Wi-Fi強度を測るアプリを用い、Wi-Fiの届く範囲を確認することにしました。

まずこちらがRE700X導入前のWi-Fi状態。

数値が高いほど信号が強いということですが、ルーターから離れている寝室の端のほうでは、Wi-Fi強度がとたんに弱くなっているのが分かります。

マクリン
ベッドでWi-Fiをつなぐと、たまに切れることもあったんですよね…。

速度的にも100Mbpsを切るなど厳しい状況でした。

ということで、RE700Xをいざ寝室に設置!


 
まずはWi-Fi強度から確認してみました。

信号の弱かった寝室の端っこも、明らかに強くなっているのが分かります。

それから速度ですが、100Mbps未満だったのが、メインルーターとほとんど変わらぬレベルにまでアップしているのが分かります。

ルーター

TP-Link RE700Xの通信速度

RE700X

RE700Xの導入により、悩みのタネだった寝室のWi-Fi信号の弱さならびに低速ともオサラバできました。

TP-Link RE700Xレビューまとめ

本記事は「TP-Link RE700Xをレビュー!同社ハイエンドの中継機の実力やいかに…?」について書きました。

TP-Link RE700Xは、同社最上位の中継機であるのも納得の最大通信速度とセキュリティ規格をそなえています。

やや高いのが難点ですが、Wi-Fiの届く範囲が劇的に変わるので、我が家と同じ悩みをかかえているなら導入をおすすめします。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

メリット
  • Wi-Fi6対応
  • 内蔵アンテナ対応ですっきり
  • 同社の中継機で最大通信速度がもっとも高い
  • WPA3対応
デメリット
  • 拡張ポートが少ない
  • 1万円近くする
TP-Link Archer AX23をレビュー!8千円台で買えるv6プラス対応デュアルバンドWi-Fi6ルーター TP-Link Archer AX55をレビュー!v6プラス対応かつ4ストリーム搭載のデュアルバンドWi-Fi6ルーター 【TP-Link Archer AX73レビュー】v6プラス対応かつ6ストリーム搭載のデュアルバンドWi-Fi6ルーター 【TP-Link Archer AX4800レビュー】v6プラス対応かつ6ストリーム搭載の手頃なWi-Fi6ルーター 【10ギガ対応】Wi-Fi6ルーターのおすすめはどれ? ASUS・NETGEAR・TP-Link・バッファロー・IO DATAを徹底比較!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。