おすすめの光回線

戸建て・マンションで最強のインターネットはどれ? 光回線のおすすめをランキングにしてみた

どうも、高速インターネットに余念がないマクリン( @Maku_ring)です。

自宅のインターネット回線を乗り換える際、こんな要望をお持ちではありませんか?

みんなの願望
  • 自宅のネット環境をより快適にしたい
  • 毎月のネット代をもう少し安くおさえたい
  • 引っ越しを機に、固定回線を乗り換えたい

これらを叶えられるのは、いまや自宅の固定回線の大定番である「光回線」です。

光回線に申し込めば、従来のNTT回線にくらべ、月額料金を1,000円ほど安く使えます。

また、名前に「」とつくことからも分かるように、超”光”速なデータ通信が利用できるので、動画やゲームなどのコンテンツも快適に楽しめます。

しかし、光回線は種類が膨大ぼうだいで、各サービスで月額料金や通信速度、サービスの内容が異なるので、どれを選べば良いかわからない人も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、迷いがちな光回線選びに終止符を打つべく、戸建て・マンションそれぞれで申し込むべきおすすめの光回線を紹介します。

自宅で快適なWi-Fiを使うために必要な知識を網羅しているので、インターネット選びの参考にしてみてください。

この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動し、22年4月には書籍「マクサン式Webライティング実践スキル大全」を出版。株式会社makuri・合同会社レイテラス代表取締役。 プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

光回線のおすすめを戸建て(一軒家)とマンションに分けて紹介

光回線は「戸建てプラン」と「マンションプラン」で月額料金が違うので、それぞれに分けておすすめサービスをランキング順に紹介していきます。
 

戸建ての光回線を比較!ホームタイプのおすすめランキング

主要な光回線の戸建てプランの月額料金を一覧表でまとめました。

月額料金の安さ・通信速度・セット割などを総合的にかんがみて、本当におすすめの光回線だけをランキングにしてみました。

戸建てプランを選ぶ際の参考にしてみてください。

サービス名 月額料金 開通工事費 初期費用 契約期間 違約金 セット割
1位「enひかり
4,620円 16,500円 3,300円 なし なし 勝手に割り(UQモバイル・ahamo・povo)
2位「So-net光プラス
【120×60】【公式】フレッツ光をご利用の方にオススメの光回線【So-net 光】新規
6,138円 26,400円(1回目990円+2〜36回目726円)
※キャンペーンで実質0円
3,300円 2年間(更新月3ヵ月) 4,580円
(不課税)
auスマートバリュー(au)
3位「ビッグローブ光
ビッグローブ光
5,478円
※月額料金大幅割引特典を選ぶと12ヶ月間1,628円割引
19,800円(550円×36回)
※キャンペーンで実質0円
3,300円 3年間 4,230円
(不課税)
auスマートバリュー(au)
光☆SIMセット割(BIGLOBEモバイル)
4位「NURO光
NURO光
5,200円(3年契約)
5,700円(2年契約)
44,000円
・初月:0円
・2ヶ月目:1,230円
・3〜37ヶ月目:1,222円
※キャンペーンで実質0円
3,300円
(一部申し込み特典で実質無料)
3年間・2年間 3,850円(3年契約)
3,740円(2年契約)
おうち割光セット(ソフトバンク)
5位「auひかり
5,610円
※2年目:5,500円、3年目以降:5,390円〜
41,250円(1回目1,194円+2〜34回目1,178円)
※キャンペーンで実質0円
3,300円 3年間・2年間 4,730円(3年契約)
4,460円(2年契約)
auスマートバリュー(au)
同率6位「ソフトバンク光
5,720円 26,400円(1,100円×24回) 3,300円 2年間 5,720円 おうち割光セット(ソフトバンク)
おうち割光セット(A)(Y!mobile)
同率6位「ドコモ光

5,720円
※タイプAの場合
19,800円
※分割払いは12回・24回・36回・48回・60回から選べる
3,300円 2年間 5,500円 ドコモ光セット割(ドコモ)
注意
「2022年7月1日以降に新規申し込み」の人を対象にした解約金で、それ以前の人はこれまでの解約金のままです。

ベスト3から読んでみる
 

同率6位:ドコモ光

戸建てのおすすめ光回線ランキング、同率6位はドコモ光×GMOとくとくBB」です。

 
ドコモ光は唯一、ドコモスマホとのセット割が使える光回線です。

フレッツ系光コラボのひとつで日本全国の幅広いエリアで使えますが、他の光回線に比べると月額料金が若干高めに設定されています。

料金プラン 月額料金 開通工事費 初期費用 契約期間 違約金 セット割
ドコモ光1ギガ
※タイプAの場合
5,720円 19,800円
※分割払いは12回・24回・36回・48回・60回から選べる
※キャンペーンで一括0円
3,300円 2年間 5,500円 ドコモ光セット割(ドコモ)
ドコモ光10ギガ
※タイプAの場合
6,930円 19,800円
※分割払いは12回・24回・36回・48回・60回から選べる
※キャンペーンで一括0円
3,850円
※10Gbps対応ルーターレンタル料込み
2年間 5,500円 ドコモ光セット割(ドコモ)

また、開通工事費割引キャンペーンが実施されるのは不定期ですが、現時点では一括0円キャンペーンが行われています。

他の光回線の開通工事費無料キャンペーンは、同額の割引が適用される「実質0円」ですが、ドコモ光は最初から全額が割引される「一括0円」です。

そのため、仮にドコモ光を解約する場合でも、後から開通工事費が請求されることはありません。

ドコモ光に申し込むなら、開通工事費無料キャンペーンが行われている期間中にお申し込みください。

マクリン
ただ、戸建ての光回線として見ると、ドコモ光はドコモユーザーにしかメリットがないのが欠点といえます……。
約1分でカンタン申込み

 

 

同率6位:ソフトバンク光

同率の第6位は「ソフトバンク光」です。

【300×250】株式会社NEXT/SoftBank 光開通完了
 
ソフトバンク・ワイモバイルとセット割が使える光回線で、下り最大1Gbpsの速度でインターネットが使えます。

フレッツ系光コラボに含まれる光回線なので、日本全国の広いエリアで申し込みが可能です。

また、他社からの乗り換えで違約金や撤去工事費を最大10万円まで負担するキャンペーンが行われているのが大きな特徴といえます。

ただし、月額料金の観点で見るとドコモ光と同様で、若干高めの金額設定となっています。

料金プラン 月額料金 開通工事費 初期費用 契約期間 違約金 セット割
ソフトバンク光ファミリータイプ 5,720円 26,400円(1,100円×24回)
※キャンペーン適用で実質0円
3,300円 2年間 5,720円 おうち割光セット(ソフトバンク)
おうち割光セット(A)(ワイモバイル)
ソフトバンク光ファミリー10ギガ 2年目まで:5,720円
3年目以降:7,480円
26,400円(1,100円×24回)
※キャンペーン適用で実質0円
3,300円 2年間 5,720円 おうち割光セット(ソフトバンク)
おうち割光セット(A)(ワイモバイル)

ちなみに戸建てプランでは、ひかりTVとセットで契約することで月額料金が安くなる「5年契約プラン」が選べます。

ただし、契約期間が長いことにくわえ、違約金も上がるので、そこまで大きなメリットはありません。

マクリン
ワイモバイルユーザーにはおすすめですが、ソフトバンクユーザーなら月額料金が安い「NURO光」のほうがおすすめです……!
CHECK NOW

 

 

5位:auひかり

第5位は「auひかり」です。

 
auスマホとのセット割の「auスマートバリュー」が適用でき、どの窓口で申し込んでも高額なキャッシュバックを受け取れることが魅力の光回線です。

ちなみに、auひかりでは全8社の提携プロバイダから好きな事業者を選ぶことができます。

auひかりの対応プロバイダ

  • @nifty
  • @TCOM
  • AsahiNet
  • au one net
  • BIGLOBE
  • DTI
  • So-net
  • GMOとくとくBB(プロバイダ公式サイトからのみ)
マクリン
プロバイダの中でのおすすめは「GMOとくとくBB」です!

auひかりの戸建て向けプランは、通信速度が異なる3つの料金プランから選べます。

料金プラン 月額料金 開通工事費 初期費用 契約期間 違約金 セット割
auひかりホーム1ギガ 5,610円
※2年目:5,500円、3年目以降:5,390円〜
41,250円(1回目1,194円+2〜34回目1,178円)
※キャンペーンで実質0円
3,300円 3年間・2年間 4,730円(3年契約)
4,460円(2年契約)
auスマートバリュー(au)
auひかりホーム5ギガ 5,610円
※2年目:5,500円、3年目:5,390円、4年目以降:5,940円〜
41,250円(1回目1,194円+2〜34回目1,178円)
※キャンペーンで実質0円
3,300円 3年間・2年間 4,730円(3年契約)
4,460円(2年契約)
auスマートバリュー(au)
auひかりホーム10ギガ 6,468円
※2年目:6,358円、3年目:6,248円、4年目以降:6,798円〜
41,250円(1回目1,194円+2〜34回目1,178円)
※キャンペーンで実質0円
3,300円 3年間・2年間 4,730円(3年契約)
4,460円(2年契約)
auスマートバリュー(au)
MEMO
月額料金はネット単体契約の価格を記載しています。

ただし、5ギガや10ギガの超高速通信プランは、関東圏の一部地域でしか利用することができません

自分の済む地域で申し込める料金プランは「auひかりエリア確認ページ」で確認ください。

マクリン
auひかりでは他社の違約金を最大3万円まで負担するキャンペーンを実施中です!
CHECK NOW

 

 

4位:NURO光

第4位は「NURO光」です。

NURO光
 
戸建ての光回線としては月額料金が安めでありながら、通常プランの速度が下り最大2Gbpsと、他社2倍の速度に対応していることが特徴です。

また、一部の地域では下り最大10Gbpsや20Gbpsのプランが選べるので、とにかく速度を求めている人に向いています。

料金プラン 月額料金 開通工事費 初期費用 契約期間 違約金 セット割
NURO光G2T 5,200円(3年契約)
5,700円(2年契約)
44,000円
・初月:0円
・2ヶ月目:1,230円
・3〜37ヶ月目:1,222円
※キャンペーン適用で実質0円
3,300円
※一部申し込み特典で実質無料
2年間・3年間 3,850円(3年契約)
3,740円(2年契約)
おうち割光セット(ソフトバンク)
NURO光10G 5,700円 44,000円
・初月:1,486円
・2〜29ヶ月目:1,467円
※キャンペーン適用で実質0円
3,300円 3年間 4,400円 おうち割光セット(ソフトバンク)
NURO光20Gs 8,517円 44,000円
(1,833円×24回)
3,300円 なし なし おうち割光セット(ソフトバンク)

とにかく通信速度が速いことが特徴の光回線ですが、一部の地域でしか利用できないので申し込める人が限られているのが欠点です。

NURO光のサービスエリア
  • 北海道
  • 関東エリア:東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県
  • 東海エリア:愛知県、静岡県、岐阜県、三重県
  • 関西エリア:大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県
  • 中国エリア:広島県、岡山県
  • 九州エリア:福岡県、佐賀県

また、開通工事が宅内と宅外の2回行われるため、開通するまでに時間がかかるという点には気をつけてください。

マクリン
サービスエリア内に住んでいて時間に余裕のある人なら、ダントツでおすすめの光回線ですよ!
CHECK NOW

 

 

3位:ビッグローブ光

第3位は「ビッグローブ光」です。

【AT独占】ビッグローブ光(BIGLOBE光)
 
インターネットサービスプロバイダとして老舗のビッグローブが運営する光回線で、下り最大1Gbpsの速度でインターネットが使えます。

月額料金旗の光回線に比べても安めの金額設定で、auスマホとのセット割である「auスマートバリュー」で最大1,100円の割引が適用可能です。

料金プラン 月額料金 開通工事費 初期費用 契約期間 違約金 セット割
ビッグローブ光ファミリータイプ 5,478円
※月額料金大幅割引特典を選ぶと12ヶ月間1,628円割引
19,800円(550円×36回)
※キャンペーン適用で実質0円
3,300円 3年間 4,230円
(不課税)
auスマートバリュー(au)
光☆SIMセット割(BIGLOBEモバイル)

ビッグローブ公式サイトから申し込むと「最大40,000円キャッシュバック」または「月額料金大幅割引特典」の好きな方を選べます。

契約期間が3年間である点には注意が必要ですが、月額料金が安めでうれしい特典が選べることから、戸建てでおすすめの光回線の第3位としました。

マクリン
キャッシュバックの方が総額は多いですが、割引特典を選ぶと、手続き不要で手間がかからないのでおすすめですよ!
CHECK NOW

 

 

2位:So-net光プラス

第2位は「So-net光プラス」です。

【300×250】【公式】フレッツ光をご利用の方にオススメの光回線【So-net 光】新規
 
フレッツ系光コラボのひとつで、最初からキャンペーンが適用されて圧倒的に安い価格でインターネットが使えることが強みの光回線です。

料金プラン 月額料金 開通工事費 初期費用 契約期間 違約金 セット割
So-net光プラス戸建てタイプ 6,138円 26,400円
(1ヶ月目990円、2〜36ヶ月目726円)
3,300円 2年間(更新月3ヵ月) 4,580円
(不課税)
auスマートバリュー(au)

その価格の安さから、セット割を考慮せずともおすすめできる光回線といえます。

auスマホを使っている人なら「auスマートバリュー」でひと月最大1,100円の割引が適用できてさらにおトクです。

過去には最初から月額料金が割引されていましたが、2021年11月時点ではキャッシュバックキャンペーンに切り替わっています。

還元額を考慮すると、昔よりも今のほうがメリットは大きいので、特典重視で光回線を選びたい人に向いています。

日本全国の幅広いエリアで申し込めるので、インターネット回線をどれにするか迷ったときは、ぜひとも「So-net光プラス」を検討ください。

マクリン
人気プロバイダのソニーが手掛ける光回線なので、特典重視の人にはイチオシです!
CHECK NOW

 

 

1位:enひかり

戸建てでおすすめの光回線、栄えある第1位は「enひかり」です。

 
enひかりは、ドコモ光やソフトバンク光などと同じ「光コラボ」と呼ばれるサービスのひとつで、NTTからフレッツ回線を仕入れてサービスを提供しています。

契約期間や解約金の縛りがないことも大きな特徴といえ、通信費をとにかく節約したい人や縛られたくない人におすすめです。

メジャーではないので聞き慣れない人も多い光回線ですが、戸建てプランの月額料金は、主要な光回線と比較してもピカイチの安さをほこります。

料金プラン 月額料金 開通工事費 初期費用 契約期間 違約金 セット割
戸建てタイプ 4,620円 16,500円 3,300円 なし なし 勝手に割り(UQモバイル・ahamo・povo)
マクリン
我が家でも使ってるので安心ください!

通信品質は大手キャリアと遜色なく、最大1Gbpsの通信ができるのはもちろん、最大10Gbpsのサービスもあり、快適にインターネットを楽しむことができます。

 
さらに、2021年に登場した格安プラン「ahamo」や「povo」、格安SIMで大人気の「UQモバイル」とのセット割が使える珍しい光回線でもあります。

 
これらの携帯キャリアと合わせて「enひかり」を利用すれば、月々のネット代+スマホ代を合計8,000円以下にすることも可能です。

マクリン
通信費が月1万円を超えてる人は「enひかり」がダントツでおすすめ!
CHECK NOW

 

  

マンションの光回線を比較!集合住宅タイプのおすすめランキング

主要な光回線のマンションプランの月額料金を一覧表にしてまとめました。

戸建てタイプと同様、サービスによって月額料金がまったく変わるので確認ください。

サービス名 月額料金 開通工事費 初期費用 契約期間 違約金 セット割
1位「ドコモ光×GMOとくとくBB

4,400円 16,500円
※分割払いは12回・24回・36回・48回・60回から選べる
※キャンペーンで「一括0円」
3,300円 2年間 4,180円 ドコモ光セット割(ドコモ)
2位「enひかり
3,520円 16,500円 3,300円 なし なし 勝手に割り(ahamo・povo・UQモバイル)
3位「ソフトバンク光
4,180円 26,400円
※分割払いは24回・36回・48回・60回から選べる
※キャンペーンで実質0円
3,300円 2年間 4,180円 おうち割光セット(ソフトバンク)
おうち割光セット(A)(Y!mobile)
3位「楽天ひかり
4,180円 458円×36回(総額16,500円)
※分割支払のみ
※期間限定で割引キャンペーンあり
新規:880円
転用:1,980円
事業者変更:1,980円
3年間 4,180円 なし
5位「ビッグローブ光
ビッグローブ光
4,378円
※月額料金大幅割引特典を選ぶと12か月間2,750円
16,500円(初回715円、2〜35回目451円)
※キャンペーンで実質0円
3,300円 3年間 3,360円(不課税) auスマートバリュー(au)
光☆SIMセット割(BIGLOBEモバイル)
6位「So-net光プラス
【120×60】【公式】フレッツ光をご利用の方にオススメの光回線【So-net 光】新規
4,928円 26,400円(1ヶ月目990円、2〜36ヶ月目726円)
※キャンペーンで実質0円
3,300円 2年間(更新月3ヵ月) 3,480円(不課税) auスマートバリュー(au)
7位「auひかり
3,740〜5,500円
※配線方式による
33,000円(初回1,443円、以降1,434円×22ヶ月)
※キャンペーンで実質0円
3,300円 2年間 2,290〜2,730円 auスマートバリュー(au)
8位「NURO光
NURO光
5,200円(3年契約)
5,700円(2年契約)
※物件によって2,090〜2,750円で利用可能
44,000円
・初月:0円
・2ヶ月目:1,230円
・3〜37ヶ月目:1,222円
※キャンペーンで実質0円
3,300円
※一部申し込み特典で無料
2年間・3年間 3,850円(3年契約)
3,740円(2年契約)
おうち割光セット(ソフトバンク)
注意
「2022年7月1日以降に新規申し込み」の人を対象にした解約金で、それ以前の人はこれまでの解約金のままです。

なお、こちらの記事では、マンションにおすすめの光回線を紹介するとともに、最適な光回線の選び方と注意点を紹介しています。

 
マンションとアパートでその内容は大きく変わりませんが、こちらの記事では賃貸アパートに最適なインターネット回線と選ぶポイントを紹介しています。

 

マンションプランでおすすめは「ドコモ光×GMOとくとくBB」!

マンションやアパート住まいの人におすすめの光回線は「ドコモ光×GMOとくとくBB」です。

 
ドコモ光では、全23社のインターネットサービスプロバイダ(ISP)から好きな事業者を1社選んで申し込みができます。

なかでも、ISPとして老舗のGMOとくとくBBを選ぶと、ドコモ光のマンションタイプを最安値で利用することが可能です。

また、一般的な光回線の開通工事費は「実質0円」であるのに対し、ドコモ光の開通工事費は最初から全額が割引されている「一括0円」となっています。

そのため、仮に短期間で解約することになったとしても、開通工事費を後から請求されることがありません。

ただし、ドコモ光の開通工事費割引キャンペーンは不定期で行われ、申し込むタイミングについては要注意です。

マクリン
2022年時点では「新規工事料無料特典」で一括0円になるので、安心してお申し込みいただけますよ!
約1分でカンタン申込み

 

戸建てとマンションでインターネット回線を選ぶための5つのポイント

本項目では、戸建てとマンションでインターネットを選ぶための5つのポイントを紹介します。

戸建てとマンションでインターネット回線を選ぶための5つのポイント

マクリン
ここで紹介する5つのポイントを知っておくと、自分にぴったりの光回線が選べますよ!

なお、こちらの記事では、マンションで使えるインターネットの種類(光回線・ポケット型Wi-Fi・ホームルーター)を解説し、3種類それぞれでおすすめのサービスを紹介していきます。

 

1.居住エリアで使える光回線を選ぶ

光回線を選ぶ際、最初に行うことは「自分の住んでいるエリアで使える光回線を見つけること」です。

光コラボ以外は以下のとおり、一部の地域でしか申し込めない光回線が存在します。

光回線 地域
フレッツ系光コラボレーション
※フレッツ光、ドコモ光、ソフトバンク光、enひかりなど
日本全国
NURO光、FON光 北海道
関東:東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、群馬県、栃木県、茨城県
東海:愛知県、静岡県、岐阜県、三重県
関西:大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県
中国:広島県、岡山県
九州:福岡県、佐賀県
auひかり 戸建てタイプ:東海地方・関西地方以外の戸建て住居のみ
マンションタイプ:設備導入済みの物件のみ
コミュファ光 東海エリアのみ
eo光 関西エリアのみ
ピカラ光 四国エリアのみ
MEGA EGG 中国エリアのみ
auひかり ちゅら 沖縄県のみ
BBIQ 九州エリアのみ

たとえば、東京都内に住んでいる人が「eo光」に申し込もうと思っても無理なので、選択肢から外せます。

ほかにも、auひかりやNURO光、電力系光回線は一部の地域でしか利用できません。

それ以外のフレッツ系光コラボであれば、日本全国にNTTの光ファイバー網が敷設されているので、ほとんどの地域で申し込みができます。

注意
フレッツ系光コラボでも、田舎や一部の地域では光ファイバー網が敷設されていない場合もあるので注意ください。
 

2. 携帯・スマホキャリアとセット割のある光回線を選ぶ

自分の住んでいるエリアで使える光回線をしぼったら、つづいて「自分のスマホキャリアとセット割がある光回線」を探しましょう。

セット割のある光回線を選べば、毎月500〜1,000円程度の割引が受けられるので、その分だけ通信費を節約できます。

光回線とスマホの組み合わせで適用されるセット割をまとめたので、以下の一覧表を参考にしてみてください。

携帯キャリア 光回線 セット割 割引額
ドコモ ドコモ光 ドコモ光セット割 最大-1,100円
au auひかり
So-net光プラス
ビッグローブ光など
auスマートバリュー 最大-1,100円
ソフトバンク ソフトバンク光
NURO光
おうち割 光セット 最大-1,100円
楽天モバイル 楽天ひかり なし 楽天ひかりの月額料金1年無料
UQモバイル auひかり
So-net光プラス
ビッグローブ光など
自宅セット割 最大-858円
enひかり 勝手に割り enひかりの月額料金-110円割引
ワイモバイル ソフトバンク光 おうち割 光セット(A) 最大-1,188円
BIGLOBEモバイル ビッグローブ光 光☆SIMセット割 -330円
donedone ビッグローブ光 ネットスマホ割 -220円
DTI SIM DTI光 DTI光×SIMセット割 -165円
exciteモバイル なし
IIJmio IIJmioひかり mio割 -660円
LIBMO @TCOMヒカリ
TNCヒカリ
コミュファ光
SIM×光セット割 最大-330円
mineo なし
NifMo @nifty光 ネット+スマホ割
※「まるっと割」は2019年2月28日で新規受付終了
-220円
nuroモバイル なし
OCNモバイルONE OCN光 OCN光モバイル割 -220円
y.u mobile なし
イオンモバイル なし
ahamo enひかり 勝手に割り enひかりの月額料金-110円割引
LINEMO なし
povo enひかり 勝手に割り enひかりの月額料金-110円割引
注意
auスマートバリュー、自宅セット割、おうち割 光セット、おうち割 光セット(A)を利用するには、月額550円の光電話への加入が必要です。

使っているスマホキャリアがドコモやau、ソフトバンクの場合は、料金プランによって最大1,100円の割引が適用されます。

また、光回線1契約に対して最大9〜10回線分のセット割が使えるので、家族でまとめて同じキャリアを使っている場合にはおすすめです。

マクリン
家族でまとめて使っていれば、その回線 × 最大1,100円の割引が適用されるので大変おトクです!

なおenひかりでは、ahamoやpovoとのセット割「勝手に割り」の提供を行っています。

enひかりの勝手に割り

「勝手に割り」は、enひかりの契約者名義と住所が合致した場合に申請可能なセット割で、毎月のenひかり利用料金が110円割引となります。

3. 通信速度の速い光回線を選ぶ

自宅でインターネットを使うとき、通信速度も大事なポイントです。

どの光回線も「最大1Gbps」などの通信速度を記載していますが、あくまで技術上の理論値なので、実際の速度がここまで出ることはまずありません。

マクリン
そこでおすすめなのが、光回線の「実測値」を参照することです!

みんなのネット回線速度」というWebサイトには、各サービスの利用者が実測値を投稿しています。

各光回線のリアルな通信速度を知ることができるので、光回線を選ぶ際の参考にしてみてください。

光回線 平均Ping値 平均ダウンロード速度 平均アップロード速度
ドコモ光 22.11ms 270.63Mbps 206.92Mbps
auひかり 17.38ms 421.74Mbps 363.63Mbps
ソフトバンク光 17.24ms 313.89Mbps 212.08Mbps
NURO光 12.11ms 505.36Mbps 447.43Mbps
So-net光プラス 18.46ms 308.28Mbps 224.14Mbps
ビッグローブ光 20.35ms 256.55Mbps 205.82Mbps
enひかり 18.33ms 355.91Mbps 282.52Mbps
楽天ひかり 25.92ms 216.04Mbps 183.68Mbps
意味
  • Ping値:データ送信から反映されるまでのラグ。数値が少ないほうがラグは少ない
  • ダウンロード(下り):Webサイトや画像、動画再生時に重要な数値。数字が大きいほど素早く表示される
  • アップロード(上り):画像や動画をアップロードする際の数値。数字が大きいほど素早くアップロード可能
注意
直近3ヶ月で投稿された実測値の平均を記載しています。

なお、こちらの記事では、光回線の主要な15社で通信速度を細かく比較しています。

 

4. 月額料金の安い光回線を選ぶ

光回線の月額料金はサービスによって大きく異なります。

選んだサービスによっては、年間で1万円以上もの通信費を節約できるので、料金の安い光回線を選ぶことが重要です。

主要な光回線の月額料金と、1年間利用した場合のトータル料金を以下にまとめたので参考にしてみてください。

光回線 戸建て マンション
月額料金 1年トータル 月額料金 1年トータル
ドコモ光 5,720円
※タイプAの場合
68,640円 4,400円
※タイプAの場合
52,800円
auひかり 1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目以降:5,390円
67,320円
※1年目の場合
3,740〜5,500円
※物件によって異なる
44,880〜66,000円
※物件によって異なる
ソフトバンク光 5,720円 68,640円 4,180円 50,160円
NURO光 5,200円 62,400円 5,200円 62,400円
So-net光プラス 6,138円 73,656円 4,928円 59,136円
ビッグローブ光 5,478円 65,736円 4,378円 52,536円
enひかり 4,620円 55,440円 3,520円 42,240円
楽天ひかり 5,280円 63,360円 4,180円 50,160円

料金が高いから通信品質が良いというわけでもないので、安心して料金面を優先してください。

なお、こちらの記事では、光回線の主要な15社で月額料金を細かく比較しています。

5.キャッシュバックのある場合は適用条件と受取時期の2点を確認

戸建てで申し込んだ場合に適用される高額なキャッシュバックは、適用条件と受取時期の2点に要注意です。

例えば高額キャッシュバックがもらえることで有名な「auひかり」ですが、どの窓口で申し込むかによってもらえる金額が異なります。

窓口 キャッシュバック 適用条件 受取時期
GMOとくとくBB 最大20,000円(ホームタイプ)
最大5,000円(マンションタイプ)
  • 光電話に申し込むこと

※光電話は36ヶ月間無料

開通月を含む12ヶ月目と24ヶ月目
※2回に分けて付与
25 最大66,000円
  • 光電話に申し込むこと
  • プロバイダでBIGLOBEを選ぶ
  • トータルネットセキュリティ、BIGLOBEお助けサポート、あんしんバックアップ、エンジョイプラス、暮らしのあんしん相談、生活かけつけレスキューの全てに申し込むこと
  • 即日+新規申し込み
  • 特典コード「cb25gT4haU」を伝えること
開通月を含む11ヶ月目
NEXT 最大52,000円
  • 光電話に申し込むこと
  • プロバイダでBIGLOBE、So-net、@niftyのいずれかを選ぶこと
開通月を含む2ヶ月目
NNコミュニケーションズ 最大52,000円
  • 光電話に申し込むこと
  • プロバイダでBIGLOBE、So-netのどちらかを選ぶこと
開通月を含む2ヶ月目
グローバルキャスト 最大66,000円
  • 光電話に申し込むこと
  • プロバイダでSo-netを選ぶこと
  • カスペルスキー、安心サポート、えらべる倶楽部、インターネットサギウォール、住まいと暮らしの相談、らくらくバックアップの全てに申し込むこと
  • 即日+新規申し込み
開通月を含む7ヶ月目
注意
キャッシュバック金額は時期によって変わる可能性があります。なお、auひかり公式キャンペーンは除外しています。

それぞれの窓口で適用条件や受取時期も違うので、オプション加入が不要または数が少なく、すぐ受け取れる窓口で申し込むようにしましょう。

光回線を申し込むときの注意点

光回線を選ぶ際には、次の3つの注意点だけはしっかり確認するようにしてください。

光回線を申し込むときの注意点

戸建てとマンションのインターネット共通の注意点

上記の点を知っておかないと、光回線を乗り換える際に損してしまうことになりかねません。

それぞれの注意点と損をする理由について解説していくので参考にしてください。
 

いま使っている固定回線の違約金や工事費残債の合計額を把握しておく

これから光回線に乗り換えるにあたり、まず確認しておきたいのが「いまの固定回線の違約金や工事費残債の合計額」です。

確認すべき金額
  • 契約解除料
  • 開通工事費の残債
  • 撤去工事費
  • キャンペーン違約金 など
光回線を乗り換えるためには通常、新しい光回線に申し込んだ後で、いま使っている固定回線を解約する必要があります。

しかし、固定回線には2年間や3年間の契約期間が設けられ、更新月でないかぎりは1万円前後の契約解除料、すなわち違約金が発生してしまいます。

また、固定回線の開通工事費を分割で支払っている途中で解約すると、残りの分割支払い金(残債)が一括で請求されてしまい、思わぬ高額支払いとなってしまうかもしれません。

さらに、回線の撤去工事費やキャンペーン違約金など、固定回線を解約する際には諸々の費用がかかるケースがあります。

これらを合計すると、固定回線を解約するだけで数万円以上の出費となってしまう可能性もあるので、事前にしっかり確認しておきましょう。

固定回線を乗り換える際の費用を節約するためには、以下のポイントを抑えておきましょう。

節約のポイント
  • いまの固定回線の「更新月」を調べておく
  • 他社の違約金補填キャンペーンがある光回線を選ぶ

固定回線を乗り換える際は、契約解除料が発生しない「更新月」を狙って手続きを行ってください。

更新月は、申込書類の控えに記載されているほか、Webサイト上で確認できるパターンが多いので、一度確認しておくことをおすすめします。

また、一部の光回線では、他社の違約金や工事費残債を還元してくれるキャンペーンを行っていることもあります。

くわしくは後述しますが、乗り換え費用の還元キャンペーンを活用することで、一度支払った高額費用が後から還元されるのでおすすめです。
 

同じ光回線でも申し込む窓口で適用されるキャンペーンが変わる

光回線の申し込みは、公式サイトやキャリアショップ、家電量販店はもちろん、代理店Webサイトからも申し込みができます。

同じ光回線でも申し込む窓口で適用されるキャンペーンが異なるので、特典をしっかりと比較してから申し込み窓口を選ぶようにしましょう。

たとえば、ソフトバンク光の申し込みができる窓口は、ザッと挙げるだけでもこれだけの数があります。

ソフトバンク光の申込み窓口
  • ソフトバンク光公式サイト
  • ソフトバンクショップ
  • Yahoo! JAPAN BB
  • 家電量販店(ヨドバシカメラ、ヤマダ電機、ビックカメラなど)
  • メディアサービス(代理店)
  • ポケットモバイル(代理店)
  • ライフサポート(代理店)
  • S&Nパートナー(代理店)
  • BIGUP(代理店)
  • エヌズカンパニー(代理店)
  • エフプレイン(代理店)
  • アウンカンパニー(代理店)
  • NEXT(代理店)
  • STORY(代理店)
  • LifeBank(代理店)

他の光回線でも複数の申し込み窓口があるケースが多いので、特典が分厚い窓口を選ぶようにしましょう。

当サイトでは基本的にその観点でもっともおすすめの窓口を紹介しています。
 

キャッシュバックがある窓口は条件・申請方法・時期の3点を要確認

光回線を申し込む窓口によっては、数万円以上の高額なキャッシュバックをもらえることも多々あります。

ただし、キャッシュバックを受け取るためには、複数のオプションに加入したり、別サービスを契約したりなどの条件をクリアしなければなりません。

また、キャッシュバックを受け取るための申請方法としては、電話・メール・申請書の郵送などのパターンがあり、キャッシュバックがもらえる時期も最短2ヶ月〜最長2年後などとさまざまです。

窓口によっては、オプション加入不要・申し込みの確認連絡時に申請可能・最短2ヶ月後にキャッシュバックといったように、申し込むだけで誰でも手軽にキャッシュバックをもらえるところもあります。

光回線を申し込む際は、条件・申請方法・時期の3点を必ず確認してから申し込むことを心がけてください。
 

戸建てでインターネットを契約するときの注意点

戸建てでインターネットを契約するときも、あらかじめ知っておくべき注意点があります。

戸建てでインターネット回線を契約するときの注意点

各項目について分かりやすく解説していくので、ネット回線にくわしくない人はしっかりと目を通しておくようにしてください。
 

マンションやアパートよりも導入までに時間がかかる

戸建てでのインターネット回線は、マンションやアパートより導入するまでに時間がかかります

集合住宅の場合、共有部分に回線設備がすでに導入されているケースがほとんどで、あとは自分の部屋まで回線を引き込むだけで済むことが多いです。

しかし、戸建ての場合は回線設備をイチから導入することになるので、集合住宅で導入するよりも多くの時間がかかってしまうのです。

一般的に、集合住宅なら2週間〜1ヶ月程度で光回線が使えるようになりますが、戸建ての場合は1〜2ヶ月程度の時間が必要となります。

マクリン
これから戸建てに引っ越す予定がある人は、なるべく早いうちに申し込むようにしましょう……!

戸建ては開通工事を必ず行うことになる

集合住宅では、その物件に回線設備が導入されていれば、NTT基地局内での工事だけで済む「無派遣工事」となる場合があります。

ですが、戸建ては開通工事をほぼ確実に行わなければなりません

中古の一戸建てに住む場合、すでにNTTの回線設備が導入されていて「無派遣工事」となるケースがありますが、以下の光回線の場合は開通工事が必ず必要です。

開通工事が必須の光回線
  • auひかり
  • NURO光

開通工事には契約者が立ち会う必要があるので、光回線を導入するためにスケジュール調整をすることになります。

マクリン
引っ越しの日時に合わせて開通工事日を指定するようにしましょう!

住んでいるエリアによって申し込めない光回線がある

戸建てで光回線を選ぶとき、住んでいるエリアによって申し込めない光回線があります。

以下、光回線の代表的な提供エリアをまとめましたのでぜひ参考ください。

光回線 エリア
フレッツ光 日本全国で使える
ドコモ光 日本全国で使える
ソフトバンク光 日本全国で使える
enひかり 日本全国で使える
auひかり 関西・東海エリア以外の全地域
NURO光 北海道・関東・東海・関西・九州エリアだけで使える
電力系光回線
  • コミュファ光:東海エリアだけで使える
  • eo光:関西エリアだけで使える
  • ピカラ光:四国エリアだけで使える
  • MEGA EGG:中国エリアだけで使える
  • BBIQ:九州エリアだけで使える
マクリン
NURO光やauひかりは一部の地域では申し込めないので注意ください……!

解約金についても事前に確認しておく(auひかりは特に注意)

戸建てで光回線を選ぶときは、解約金についても事前に確認しておきましょう。

光回線は日本全国で使えるケースが大半ですが、田舎や一部の地方では光ファイバー網が敷設されていません。

そのため、仕事の都合などで引っ越しをする際に否が応でも光回線を解約せざるを得なくなり、解約金が発生してしまう可能性があります。

代表的な光回線の契約期間と解約金を以下にまとめたので参照ください。

サービス名 契約期間 解約金
ドコモ光 2年間 戸建て:5,500円
マンション:4,180円
auひかり 戸建て:3年間
マンション:2年間
戸建て:4,400円+撤去工事費31,680円
マンション:2,730円
ソフトバンク光 2年間 戸建て:5,720円
マンション:4,180円
NURO光 3年間・2年間 3,850円(3年契約)
3,740円(2年契約)
So-net光プラス 2年間(更新月3ヵ月) 戸建て:4,580円(不課税)
マンション:3,480円(不課税)
ビッグローブ光 3年間 戸建て:4,230円(不課税)
マンション:3,360円(不課税)
enひかり なし なし

上記の中で、auひかりに申し込もうと考えている人は特に注意が必要です。

auひかり(戸建て)では解約の際に必ず回線設備の撤去工事を行うことになります。

そのため、31,680円の撤去工事費用が発生し、更新月以外の解約だとさらに契約解除料も発生します。

そうなると、解約するだけで4万円近くの超高額な違約金を支払うことになってしまうので注意ください。

マクリン
解約するときは、違約金のかからない「更新月」を狙って手続きを行うようにしてください…!

なお、契約期間のない縛りなしの光回線もいくつかあるので、こちらの記事でくわしく紹介しています。

 
ちなみに光回線では、開通工事費が無料になるキャンペーンが行われていることも多いです。

ですが、基本的に開通工事費は「実質0円」であるケースが多く、短い期間で解約する場合には注意が必要です。

「実質0円」とは、光回線の基本料金から工事費分の割引を差し引き、そのあとに開通工事費の分割代金を足した状態のことを指します。

計算式であらわすとこんなイメージです。

月額料金 =(基本料金-工事費割引)+ 工事費分割

ソフトバンク光の月額料金を例にとり、実質0円となっている状態を確認してみましょう。

(基本料金5,720円 – 工事費割引1,100円)+ 工事費分割1,100円 = 5,720円

ソフトバンク光の開通工事費は24回分割で、工事費割引も24ヶ月間継続されます。

そのため、上記の状態でソフトバンク光を使い続けていれば工事費の負担は発生しません。

ですが、24ヶ月以内で仮に解約してしまうと、その時点から工事費割引だけが終了となり、工事費の分割代金だけが残ることになってしまいます。

つまり、「実質0円」は一見すると、工事費がタダになってお得に見えるものの、実際は工事費の分割支払い期間に縛られた状態といえるのです。

マクリン
仕事の転勤や学生の一人暮らしなどで引っ越しが多い人は、工事費の負担が大きくなるので「実質0円」という言葉には注意ください……!

戸建ては高額キャッシュバックの対象になりやすいが条件に注意

光回線に申し込むときの醍醐味が「高額キャッシュバック」です。

戸建てで申し込む場合、集合住宅よりも高額なキャッシュバックの対象になりやすいですが、適用条件を必ず確認してから申し込むようにしましょう。

キャッシュバックの適用条件でよく見られるのが「複数オプションの同時契約」「別サービスの同時申し込み」などです。

これらは月額料金が必要なサービスばかりなので、高額キャッシュバックにつられて申し込んでしまうと毎月の利用料金が超高額になってしまいます。

また、「最低6ヶ月間の継続加入が必須」などのように利用期間があることも多く、途中でオプションの解約をすると、それに対する解約金が発生することもあります。

結果として、受け取ったキャッシュバックの金額以上の出費となる可能性が高いので、適用条件はよく確認するようにしてください。

マクリン
キャッシュバック金額だけで申し込み先を選ぶと、痛い目に遭いますよ……!

光回線の月額料金を安くおさえるためのコツ

光回線の月額料金を安く抑えるためには4つのコツがあります。

光回線の月額料金を安くおさえるためのコツ

これのコツをおさえておくことで、光回線の月額料金を驚くほど安くすることができます。

これから光回線に申し込む人も、すでに光回線を利用中の人もぜひ参考にしてみてください。
 

工事費割引キャンペーンがある光回線を選ぶ

光回線の月額料金を安く抑えるためには「工事費割引キャンペーンがある光回線を選ぶ」といいです。

光回線の開通工事費は分割払いが基本ですが、工事費割引キャンペーンがあるのとないのとでは、月額料金に大きな差が出てきます。

たとえば、同じ光コラボ同士の「ソフトバンク光」と「楽天ひかり」の利用料金を比較してみましょう。

項目 戸建て 集合住宅
光回線 ソフトバンク光 楽天ひかり ソフトバンク光 楽天ひかり
月額料金 5,720円 5,280円 4,180円 4,180円
開通工事費 1,100円×24回
(総額24,000円)
550円×36回
(総額19,800円)
1,100円×24回
(総額24,000円)
1〜35ヶ月目:458円
36ヶ月目:470円
(総額16,500円)
工事費割引 -1,100円×24回 なし -1,100円×24回 なし
合計金額 5,720円 1〜36ヶ月目:5,830円
37ヶ月目以降:5,280円
4,180円 1〜35ヶ月目:4,638円
36ヶ月目:4,650円
37ヶ月目以降:4,180円

通常の月額料金だけで比較すると、基本的には楽天ひかりのほうが月額料金は安めです。

しかし、楽天ひかりには開通工事費割引キャンペーンが用意されていないので、工事費の分割代金まで考慮すると、ソフトバンク光のほうが支払金額は少なく済みます。

このように、光回線の月額料金を節約するためには、開通工事費割引キャンペーンのある光回線を選ぶことを心がけましょう。
 

他社の違約金補填キャンペーンがある光回線を選ぶ

次の光回線に申し込むと、いま使っている固定回線の違約金や工事費を負担してくれる「違約金補填キャンペーン」が利用できます。

光回線 キャンペーン 還元金額
ソフトバンク光 SoftBankあんしん乗り換えキャンペーン 最大10万円還元
NURO光 NURO光のりかえ特典
※他キャンペーンとの併用不可
最大6万円還元
So-net光プラス 他社違約金最大50,000円を大還元!! 最大5万円還元
eo光 他社違約金補填 最大5万円還元
auひかり auひかり乗りかえスタートサポート ホーム/マンション 最大3万円還元
コミュファ光 乗りかえサポートキャンペーン2 全額還元
MEMO
実際に還元されるのは違約金や工事費残債の合計金額が上限となります。

たとえば、フレッツ光+プロバイダを契約している場合、10,450円の契約解除料にくわえ、プロバイダ違約金が発生します。

場合によっては、フレッツ光の開通工事費が請求されることもあるでしょう。

そうなると、フレッツ光から他の光回線に乗り換えるだけで2万円近い金額を支払わなければなりません。

その点上記の光回線に申し込めば、違約金補填キャンペーンが利用できるので、違約金や工事費残債の合計金額があとから全額還元されます。

マクリン
つまり、実質負担0円で新しい光回線に乗り換えられるということです!

これらのキャンペーンを活用するためには、いま使っている固定回線の解約証明書などを提出する必要があります。

ちょっとした手間はかかるものの、それ以上のメリットがあるお得なキャンペーンなので、積極的に活用していきましょう。

オプション不要でキャッシュバックがもらえる窓口で申し込む

光回線の申し込み窓口を選ぶ際は、オプション不要でキャッシュバックがもらえる窓口を選ぶのがおすすめです。

複数のオプション加入や、ウォーターサーバーやモバイルWiFiなど別サービスを契約することが条件付けられていますが、一部の窓口ではオプション不要でキャッシュバックを受け取れます。

その分、オプションに加入したときにくらべ、キャッシュバック金額が減ってしまいますが、それでも2〜4万円程度のキャッシュバックがもらえる窓口も存在します。

オプションや別サービスを解約する手間などを考えると、最初からオプション不要で、ある程度のキャッシュバックがもらえる窓口を選んだほうが賢明です。

一方、10万円近い超高額キャッシュバックがもらえる窓口を選ぶ場合は、適用条件や支払うことになる月額料金をしっかりと把握しておくようにしましょう。
 

不要なオプションを解約する

光回線の月額料金を安くするためには、当たり前ですが、不要なオプションを解約することも大切です。

光回線に申し込んで過去にキャッシュバックや商品券を受け取ったことがある人は、知らないうちに何らかのオプションに加入しているケースも少なくありません。

各光回線のマイページや料金明細で毎月の支払い金額が確認できるので、不要なオプションがある場合はすぐに解約することを心がけましょう。

注意
セット割を利用する場合は「光電話」を解約しないようにしましょう。光回線とスマホの組み合わせでセット割を適用する場合、一般的には光電話への加入が条件とされているからです。

光回線のおすすめを見つけるときの「よくある質問と回答」

おすすめの光回線を見つけるときの「よくある質問」に回答します。

光回線を申し込むときの「転用」「事業者変更」ってなに?

フレッツ光から光コラボへの乗り換えが「転用」、光コラボ同士の乗り換えを「事業者変更」と呼びます。どちらも同じ回線設備を流用するため、乗り換え費用が安く済むことが特徴です。

一人暮らしでおすすめの光回線はどれ?

月額料金が安い「enひかり」がおすすめです。開通工事が難しい場合は「ポケット型WiFi(モバイルルーター)」や「ホームルーター」もご検討ください。

テレビにおすすめの光回線はどれ?

基本的には「ドコモ光」や「auひかり」、「ソフトバンク光」などの大手キャリアの光回線が、料金が安くてセット割も併用できるのでおすすめです。

ゲームをするのにおすすめの光回線はどれ?

最大通信速度が2Gbpsと超高速の「NURO光」がおすすめです。対応エリア外にお住まいの人は、v6プラスやIPv6が利用できる光回線にお申し込みください。

戸建てでインターネットを契約する時の工事内容って?

フレッツ光の工事内容をご参照ください。

戸建てで最安値の光回線ってどれ?

「enひかり」が最安値です。ネット代+スマホ代-セット割で比較して選ぶのもおすすめです。

戸建てでインターネットを導入したけどWi-Fiが届かない場合はどうすればいい?

一般的にマンションやアパートよりも部屋数が多かったり、面積が広かったりするので、電波が届いていないことが考えられます。長いLANケーブルまたはWi-Fi中継機を活用すると改善するかもしれません。

新築の戸建てでNTTの住所登録が済んでいない場合はどうすればいい?

光回線に申し込んでNTTの住所登録が済むまで待つしかありません。通常の開通工事にくわえて2週間〜1ヶ月程度の時間がかかります。

戸建てとマンションにおすすめの光回線まとめ

本記事では、これから自宅の固定回線を申し込もうと考えている人に向けて、光回線の選び方や注意点、戸建てとマンションのそれぞれでおすすめの光回線について紹介しました。

最後におさらいすると、戸建てで申し込むなら「enひかり」、マンションで申し込むなら「ドコモ光」に申し込むと、月額料金を安くおさえつつ、インターネットが楽しめます。

本記事をぜひ参考にして、自分にピッタリの光回線を見つけて快適なインターネットライフをお楽しみください。

【全15社】インターネット(光回線)の料金を徹底比較!3ステップで節約できる賢い選び方 マンションでおすすめの光回線はどれ?徹底比較して分かったベストなサービスとは…? 賃貸アパートにおすすめのインターネットはコレだ! 光回線を徹底比較した結果やいかに…? マンションにおすすめのインターネットはどれ? 光回線・ポケット型WiFi・ホームルーターごとに紹介 【2022年】縛りなし光回線のおすすめはどれ? 料金・速度を全比較してわかった最適解はコレだ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。