ガジェットのおすすめ

Innergie C6をレビュー!スティック形状で最軽量をほこる最大60W出力の1ポート充電器

評価:4

ノートPC充電を視野に入れるなら、60Wクラスの充電器がおすすめのマクリン( @Maku_ring)です。

60Wあれば、MacBook Proふくめた大抵のモバイルノートPCからスマホ・タブレットまで、ほとんどのデバイスが急速充電できます。

ただ難点なのが、このクラスから充電器が重量感あるものになってしまうことです。

持ち運びするなら小型モデルを選びたいところですが、その観点で今おすすめなのが、Innergieイナジーの「Innergie C6」です。

Innergie C6の外箱

最大60W出力でありながら、リップスティックよりやや太い程度のスリム設計を実現し、重量にいたっては世界最軽量

他にはない縦長形状で、コンセントでも場所をとらないのも魅力です。

PPSには非対応なものの、それ以外はあらゆるデバイスの急速充電に対応し、汎用性の高い充電器といえます。

そこで本記事では、本機のサイズと重量を比較した後、各ポートの出力面を紹介していきます。

メリット
  • 最大60W出力で13・14インチMacBook Pro急速充電可能
  • 同クラスで世界最軽量
  • 縦長形状で他の充電器と干渉しづらい
デメリット
  • ケーブルが別途必要
  • PPS規格非対応
ご提供品
本記事はInnergie様から商品を提供いただき、レビューしています。
この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動し、22年4月には書籍「マクサン式Webライティング実践スキル大全」を出版。株式会社makuri 代表取締役。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

Innergie C6の外観とサイズ比較

Innergie C6」は、1ポートタイプの60W充電器です。

Innergie C6は1ポートタイプの60W充電器

製品名 Innergie C6
サイズ 約30 × 30 × 60 mm
重さ 約83g
出力ポート数 1(USB Type-C x 1)
USB-C 出力 5V 3A / 9V 3.0A / 15V 3.0A / 20V 3.0A(最大60W)
最大出力 60W

本機の開発元であるDelta Electronicsは、世界No.1の電源メーカーとして、電子部品などさまざまな分野で数多くの実績を積み上げています。

同社の充電器はいずれもホワイトのみで、光沢感と上質感のある仕上がりとなっています。

Innergie C6のカラーはホワイト
 
約30 × 30 × 60 mmのスティック形状で、クレカをゆうに下回るサイズ感です。

Innergie C6のサイズは約30 × 30 × 60 mm

 
細長い形状のおかげで、電源タップに挿しても他の充電器に干渉しづらいのが使いやすいです。


 
同クラスの最小充電器である「CIO G65W1C」や「Anker Nano II 65W」と比べても、奥行きはあるものの、縦横はかなり小さく、持った感覚では本機のほうがコンパクト。

Innergie C6とCIO G65W1Cのサイズ比較
Innergie C6とAnker Nano II 65Wのサイズ比較

 
同クラスのMacBook Pro純正充電器(61W)と並べると、高さはなんと3分の1におさまっています。

Innergie C6とMacBook Pro純正充電器のサイズ比較

 
重量はこれまでの最軽量であったCIOよりさらに軽く、純正アダプターの半分未満と抜群の軽量設計です。

Innergie C6の重量は約83g

Innergie C6

CIO G65W1Cの重量

CIO G65W1C

13インチMacBook Pro

 
なお、ケーブルは付いていないので、別途買うなら「Anker PowerLine III Flow USB-C & USB-C ケーブル」「PowerLine Ⅲ Flow USB-C & ライトニング ケーブル」がおすすめです。

Anker PowerLine III Flow USB-C & USB-C ケーブル
Anker PowerLine Ⅲ Flow USB-C & ライトニング ケーブル

Sponsored Links

 

Innergie C6のレビュー

Innergie C6の特徴を紹介していきます。

 

14インチMacBook Proも急速充電可能

USB-Cは最大60W出力に対応し、MacBook Airはもちろん、13インチ・14インチ(8コアCPU)MacBook Proふくめ、大抵のモバイルノートPCの急速充電が可能です。

Innergie C6はMacBook Proでも急速充電可能

14インチMacBook Pro(57.4W)

 
USB-C to Lightningケーブルを組み合わせれば、iPhone 13シリーズの高速充電(30分で最大50%)に必要な20Wに合わせて充電してくれます。

Innergie C6はiPhone 13シリーズでも高速充電可能

iPhone 13(20.8W)

 

PPSには非対応

本機は高出力の部類に入るものの、PPSには残念ながら非対応です。

PPS対応スマホのGalaxy S21を充電したところ「急速充電」の表記であり、たしかにPPSではありませんでした。

Innergie C6はPPS非対応

Galaxy S21(12.8W)

同クラスでPPS対応にこだわるなら、CIO G65W1Cをおすすめします。

Sponsored Links

 

Innergie C6はこんな人におすすめ

Innergie C6は「スマホ・タブレット・モバイルノートPCを急速充電したい人」におすすめです。

13インチ・14インチMacBookの代用充電器としても使え、多くの場面で重宝します。

ただしPPSには非対応なので、そこにこだわる人は同社のC6 Duoがベターです。

とはいえ、細長いフォルムは他にはない特徴で、それだけでも本機を買う価値があるといえるでしょう。

Sponsored Links

 

Innergie C6レビューまとめ

本記事は「Innergie C6をレビュー!スティック形状で最軽量をほこる最大60W出力の1ポート充電器」について書きました。

Innergie C6は最大60W出力でありながら、リップスティック形状を実現し、世界最軽量の充電器です。

マクリン
縦長形状で、コンセントでも場所をとらないのが魅力!

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

メリット
  • 最大60W出力で13・14インチMacBook Pro急速充電可能
  • 同クラスで世界最軽量
  • 縦長形状で他の充電器と干渉しづらい
デメリット
  • ケーブルが別途必要
  • PPS規格非対応
YouTube
動画でも紹介しています。

Innergie C6 Duoをレビュー!デバイスに合わせて最適な配分で充電できる最大63W出力の2ポートUSB-C充電器 【Anker Nano II 65Wレビュー】世界最小級の最大65W出力のUSB-C充電器 【CIO G65W1Cレビュー】世界最小最軽量の最大65W出力の1ポートGaN充電器 【決定版】MacBook AirとProの代用充電器のおすすめをまとめてみた! 窒化ガリウム(GaN)採用の超小型充電器おすすめベスト10 【おすすめ】2021年に買うべきUSB急速充電器15選【スマホからPD対応まで】【おすすめ】2021年に買うべきUSB急速充電器15選【スマホからPD対応まで】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。