タイムセール祭りをチェック

Innergie C3 Duoをレビュー!1ポートでMacBook Airが急速充電できる小型の2ポートUSB-C充電器

評価:4

携帯性と使い勝手を考慮するなら2ポート充電器がおすすめのマクリン( @Maku_ring)です。

ときには1ポート接続でノートPCを充電したり、2ポート接続でスマホとイヤホンを同時充電するなど、使い分けたい人こそ重宝します。

小型の折りたたみプラグ式でそれを実現するのが、Innergieイナジーの「C3 Duo」です。

Innergie C3 Duoの外箱

1ポート接続だと各ポート最大30W出力できるので、MacBook Airなど一部のモバイルノートPCでも急速充電できます。

2ポート使用なら各ポート最大15W出力でき、合計出力は24Wに制限されるものの、タブレット・スマホ・スマートウォッチ・イヤホンの2台同時充電に対応しています。

複数ポートだと、iPhone 12/13を高速充電できるワット数でないのは残念ですが、折りたたみ式の30Wクラス2ポートで最小最軽量におさめたのはかなり評価できます。

そこで本記事では、本機のサイズと重量を比較した後、各ポートの出力面を紹介していきます。

メリット
  • USB-C1ポートならMacBook Air充電可能
  • 同ポート・同クラスの折りたたみ式で最小最軽量
  • PPS対応
デメリット
  • 2ポート使用だと合計出力が24Wに制限
  • 2ポート使用だとiPhoneの高速充電に非対応
ご提供品
本記事はInnergie様から商品を提供いただき、レビューしています。
この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動し、22年4月には書籍「マクサン式Webライティング実践スキル大全」を出版。株式会社makuri 代表取締役。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

Innergie C3 Duoの外観とサイズ・重量比較

Innergie C3 Duo」は2ポートタイプの30WクラスUSB-C充電器です。

Innergie C3 Duoは2ポートタイプの30WクラスUSB-C充電器

製品名 Innergie C3 Duo
サイズ 約45 x 43 x 30 mm
重さ 約67g
出力ポート数 2(USB Type-C x 2)
USB-C 出力(1ポートのみ使用) 5V 3A / 9V 3A / 12V 2.5A / 15V 2A(最大30W)
USB-C 出力(2ポート同時使用) 各ポート:5V 3A(最大15W)
※ポート合計最大24W
PPS出力 5.0V-11.0V 3.0A(最大33W)
最大出力 30W

本機の開発元であるDelta Electronicsは、世界No.1の電源メーカーとして、電子部品などさまざまな分野で数多くの実績を積み上げています。

カラーはホワイトのみですが、つるっとした触感で上質感のある仕上がりです。


 
小型の2ポートながら折りたたみプラグ式で持ち運びに配慮されています。

Innergie C3 Duoは折りたたみプラグ式
 
サイズは約45 x 43 x 30 mmで、同出力のMacBook Air充電器(30W USB-C電源アダプタ)よりポート数が多いにもかかわらず、ひと回り小さくできています。

Innergie C3 Duoと30W USB-C電源アダプタのサイズ比較

 
40Wクラスの2ポート充電器「Anker 521 Charger (Nano Pro)」より若干大きいものの、プラグ格納タイプでは最小設計となっています。

Innergie C3 DuoとAnker 521 Charger (Nano Pro)のサイズ比較

 
重量は約67gで、先ほどのAnkerやMacBook Air純正充電器より格段に軽く仕上がっています。

Innergie C3 Duoの重量は約67g

Innergie(67g)

Anker 521 Charger (Nano Pro)の重量は約85g

Anker(85g)

MacBook Air(106g)

 
なお、ケーブルは付いていないので、別途買うなら「Anker PowerLine III Flow USB-C & USB-C ケーブル」「PowerLine Ⅲ Flow USB-C & ライトニング ケーブル」がおすすめです。

Anker PowerLine III Flow USB-C & USB-C ケーブル
Anker PowerLine Ⅲ Flow USB-C & ライトニング ケーブル

Innergie C3 Duoのレビュー

Innergie C3 Duoの特徴を紹介していきます。

 

1ポート接続で最大30W出力に対応

Innergie C3 Duoは、1ポート接続で上下いずれも各ポート最大30W出力に対応しています。

したがって、MacBook Airなど一部のモバイルノートPCが急速充電可能です。

Innergie C3 DuoはMacBook Airの急速充電に対応

MacBook Air(28.0W)

 
Nintendo Switchの本体充電にも対応しています。


 

1ポート接続ならPPS対応

本機はPPS対応充電器でもあり、PPS対応スマホをつなげば、従来のPDをしのぐ充電速度で充電可能です。

PPS出力は「5.0V-11.0V 3.0A」と3A対応なので、Samsungスマホでいう「Super Fast Charging(最大25W)」までサポートしています。

PPS対応スマホのGalaxy S21を充電したところ「超急速充電」と表示され、PPSであることが確認できました。

Innergie C3 DuoはPPS対応スマホへの超急速充電に対応

Galaxy S21(20.6W)

2ポート合計24W出力でスマホ + イヤホンの同時充電に対応

本機で唯一残念な点が、2ポート接続だと各ポート最大15W合計24W出力に制限される点です。

iPhone 12/13の高速充電やiPadなどタブレットの急速充電に必要な出力は最大20Wであるため、若干足りないということになってしまいます。

とはいえ、スマホ + イヤホン(スマートウォッチ)なら2台同時の急速充電は可能ですし、スマホ2台同時の通常充電にも対応しています。

Innergie C3 Duoは2ポート合計24W出力でスマホ + イヤホンの同時充電に対応

Innergie C3 Duoはこんな人におすすめ

Innergie C3 Duoは「ふだんはノートPCの充電器として使い、スマホやイヤホンもときどき充電したい人」におすすめです。

2ポート仕様の30W充電器は他になかなか無く、携帯性も抜群なので、ふだん使いで重宝します。

ただし、2ポート使用時の合計出力が制限されるのと出力配分がやや使いにくいです。

そこを気にするなら「Anker 521 Charger (Nano Pro)」もしくは同社の60Wクラス「Innergie C6 Duo」がおすすめです。

Innergie C3 Duoレビューまとめ

本記事は「Innergie C3 Duoをレビュー!1ポートでMacBook Airが急速充電できる小型の2ポートUSB-C充電器」について書きました。

Innergie C3 Duoは、1ポート接続だと各ポート最大30W出力できるので、MacBook Airでも急速充電できる2ポート充電器です。

2ポート接続時の出力は合計24Wに制限されるものの、スマホ + イヤホンの同時充電に対応しています。

30Wクラスの2ポートはかなり少なく、折りたたみプラグ式となると現時点で本機だけなので、それだけでも買う価値があるといえるでしょう。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

メリット
  • USB-C1ポートならMacBook Air充電可能
  • 同ポート・同クラスの折りたたみ式で最小最軽量
  • PPS対応
デメリット
  • 2ポート使用だと合計出力が24Wに制限
  • 2ポート使用だとiPhoneの高速充電に非対応
YouTube
動画でも紹介しています。

Anker 521 Charger (Nano Pro)をレビュー!1ポートでMacBook Air、2ポートでiPhoneが急速充電できるUSB-C充電器 Innergie C6 Duoをレビュー!デバイスに合わせて最適な配分で充電できる最大63W出力の2ポートUSB-C充電器 Belkin BOOST CHARGE デュアルUSB-C PD 20W x 2をレビュー!iPhone 2台を充電できるジャストな充電器 iPhoneにおすすめの充電器はどれ?用途別にベストなモデルを紹介する 【決定版】MacBook AirとProの代用充電器のおすすめをまとめてみた! 【おすすめ】今すぐ買うべきUSB急速充電器20選【スマホからPD対応まで】【おすすめ】今すぐ買うべきUSB急速充電器20選【スマホからPD対応まで】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。