おすすめのガジェット

【HUAWEI FreeBuds Proレビュー】業界最高スペックのANCを搭載するラグジュアリーな完全ワイヤレスイヤホン

評価:4

音楽・YouTube・会議にノイキャン(ANC)搭載イヤホンが欠かせないマクリン( @Maku_ring)です。

ノイキャンイヤホンの代名詞といえばAirPods Proですが、その価格は約3万円と若干高め。

あと、Apple製品であるため、iPhoneユーザーであることを前提としており、Androidユーザーを考慮に入れた設計ではありません。

Android・iOS関係なく使え、価格もAirPods Proよりおさえている(約2.5万円)フルワイヤレスイヤホンが、HUAWEIファーウェイの「FreeBuds Pro」です。

HUAWEI FreeBuds Proの外箱

業界最高スペックである最大40dBのノイズを低減できるANCを搭載し、高い没入感を目指す仕様となっています。

充電面も使いやすく、USB-C充電とワイヤレス充電の双方に対応しています。

また特筆すべき点として、数少ないマルチポイントに対応し、Bluetoothの2台同時接続が可能です。

マクリン
ノートPCにスマホにと、Bluetooth機器をシームレスに切り替えたいときにめちゃ便利!

そんなわけで本記事は「【HUAWEI FreeBuds Proレビュー】業界最高スペックのANCを搭載するラグジュアリーな完全ワイヤレスイヤホン」について書きます。

メリット
  • マルチポイント対応
  • イヤホン操作が直感的
  • ワイヤレス充電対応
  • 質感が高い
デメリット
  • 防水なし
  • apt-X非対応
  • スペックほどのANCではない
ご貸与品
本記事はHUAWEI様から商品を貸与いただき作成しています。
この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「家電最前線」のパーソナリティ、「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動。合同会社makuri代表。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

HUAWEI FreeBuds Proの外観と付属品

HUAWEI FreeBuds Pro防水防滴なしの完全ワイヤレスイヤホンです。

HUAWEI FreeBuds Proは防水防滴なしの完全ワイヤレスイヤホン

製品名 HUAWEI FreeBuds Pro
重量
(イヤホン / ケース合計)
約12g / 約72g
音楽再生時間
(イヤホン / ケース合計)
最大7時間(ANCオンで約4時間)/ 最大30時間(ANCオンで約20時間)
ドライバー 11mmダイナミックユニット
防水性能 なし
対応コーデック AAC / SBC
充電ポート USB-C / ワイヤレス
Bluetooth 5.2

僕のように、スポーツ・雨天時にイヤホンを使う機会がなければ気にすることはありませんが、該当する人は注意ください。

カラーはシャープさがウリのシルバーフロストのほか、エレガントで清潔感あるセラミックホワイト、シックでどんな場面にも合うカーボンブラックの3色展開です。

シルバーフロストのHUAWEI FreeBuds Pro
セラミックホワイトのHUAWEI FreeBuds Pro
カーボンブラックのHUAWEI FreeBuds Pro
 
シンプルなイヤホンが多い中、ひときわ光沢感のあるラグジュアリーな見た目に仕上がっています。


 
ケースも上質感があり、まるで金属のようになめらかな触感をたたえています。


 
ケースは約70 x 51 x 25 mmと気持ち大きめで、厚みのない卵を握っているサイズ感です。


HUAWEI FreeBuds Proのケースサイズは約70 x 51 x 25 mm

イヤホンは約12g、ケースふくめ約72gであり、イヤホン単体では標準的なものの、ケースを合わせると若干重い印象。

HUAWEI FreeBuds Proのイヤホン重量は約12g
HUAWEI FreeBuds Proのケース重量は約72g

同梱品は、イヤホン本体とUSB-C to Aケーブル、イヤーピース(S/M/L)です。

HUAWEI FreeBuds Proの付属品

HUAWEI FreeBuds Proのレビュー

HUAWEI FreeBuds Proの特徴を紹介します。

1.そこそこのバッテリーかつワイヤレス充電に対応

ANCオンの状態で使うことを想定すると、バッテリー性能はふつうです。

イヤホンだけで最大7時間(ANCオンで約4時間)、ケースふくめ最大30時間(ANCオンで約20時間)使用できます。


 
ケースの充電端子は、他のガジェットとも汎用性が高いUSB Type-C対応で、使い勝手が良いです。

HUAWEI FreeBuds ProはUSB Type-C充電対応
 
また、ヒンジ部分を上向きに置けばワイヤレス充電にも対応し、ワイヤレス充電器に置くだけで簡単に充電できます。

HUAWEI FreeBuds Proはワイヤレス充電対応

マクリン
パッと置くだけで充電できるのは助かりますね!

2.同時接続のマルチポイントに対応

HUAWEI FreeBuds Proの特筆すべき特徴として、フルワイヤレスで数少ないマルチポイントに対応しています。

2台同時にBluetooth接続可能というもので、他のイヤホンでは現状Jabra Elite 85tくらいしか対応していません。

マクリン
個人的にはもっと普及して欲しい機能なんですけどね……。

今の時代に合った便利な機能で、ノートPCにメインで接続し、スマホに着信があったときにはイヤホン操作で受話するといった使い方も可能。

Bluetooth機器を切り替えるたびに、一方で接続解除してもう一方で接続する、みたいな面倒な作業もなくなるので、一度使えばクセになる快適さです。

3.専用アプリはiOS・Androidに両対応

専用アプリ「HUAWEI AI Life」に対応し、ANC・外音取り込みのモード切替やイヤーチップの適合度テストができます。

HUAWEI AI Life

HUAWEI AI Life

Huawei Device Co,. LTD無料posted withアプリーチ

これまでAndroidにしか対応していないのがネックだったのですが、2021年1月26日に待望のiOSアプリがリリースされました。

インストール方法は以下のとおりです。

STEP.1
HUAWEI AI Lifeアプリをインストールして起動
「HUAWEI AI Life」アプリをインストールして起動します。


STEP.2
「+」をタップ
スマートデバイス管理の下に表示されている「+」エリアをタップします。


STEP.3
デバイスをタップ
スキャンが完了したら「HUAWEI FreeBuds Pro」を選びます。


STEP.4
デバイス名をタップ
接続が完了するとデバイスがリストに追加され、左右イヤホン・ケースの充電状況までひと目で確認できます。


STEP.5
詳細設定
ノイキャンモード切り替えやイヤーチップの適合度テスト、操作コマンドの変更などができます。


 

4.そこそこのノイキャンと優秀な外音取り込み機能

HUAWEI FreeBuds Proは、業界最高クラスである最大40dbのノイズ低減効果のあるANC機能を搭載しています。

工場出荷状態では、外部環境に応じて最適なノイキャンモードに切り替えてくれる「ダイナミックモード」に設定されています。

ほかには、移動中の騒音をおさえる「ウルトラモード」、図書館などの静音環境で使える「くつろぎモード」、カフェや街中で重宝する「標準モード」と3種類用意されています。

モードの違いは正直よく分からなかったので、ダイナミックモードで問題ありません。

ANCをオンにすると、交通機関の走行音、エアコン・空気清浄機の作動音、キーボードの打鍵音がかなり抑制できていました。

最大40dbの触れ込みに期待値が上がりすぎた印象はあるものの、AirPods Proに準ずるレベルのノイキャンで、充分な性能を発揮していました。

また、外音取り込み機能も優秀で、イヤホンをしながら周囲の人と会話をすることも容易に行えました。

ただ、音声にスポットをあてる「音声取り込みモード」は、そんなに使う場面がありませんでした。

5.中低音域の得意な音設計

装着感は優秀で、ほど良いフィット感なので長時間つけても痛くなりませんでした。

HUAWEI FreeBuds Proの装着感
 
高感度センサーを搭載し、ステム部分をピンチ(つまむ)したり、スワイプ(側面をスライド)する直感的かつユニークな操作で、主要なアクションを実行できます。


スマートコントロール一覧
  • 1回ピンチ  再生/停止
  • ピンチ&長押し  モード切り替え(ノイキャン 外音取り込み オフ)
  • 上にスワイプ  音量を上げる
  • 下にスワイプ  音量を下げる
  • 2回ピンチ  曲送り
  • 3回ピンチ  曲戻し
  • 着信中に1回ピンチ  受話/終話
マクリン
スワイプでの音量調整はめちゃくちゃ使いやすい!

HUAWEI FreeBuds Proは、ドライバーに11mmダイナミックユニットを搭載し、重厚感のある低音で量感には迫力があります。

中音域は音の粒度が高く、繊細でクリアに聴かせてくれるものの、高音域は少しまとまりに欠ける印象がありました。

疾走感のあるROCKよりは、AOR系のゆったりサウンドのほうが得意なイヤホンに仕上がっています。

音質コーデックはSBCとAACのみに対応しています。

なお、公式には記載されていないものの、左右同時伝送に対応しているようで、両イヤホンともに片耳モードに対応しています。

FreeBuds Proの評価
高音域
(3.5)
中音域
(4.5)
低音域
(4.0)
ノイズキャンセリング
(4.0)
総合評価
(4.0)

Sponsored Links

 

HUAWEI FreeBuds Proはこんな人におすすめ

HUAWEI FreeBuds Proは「マルチポイント・ワイヤレス充電対応の高級感あるイヤホンが欲しい人」におすすめです。

魅力的なイヤホンではあるものの、防水非対応・apt-X非対応・高音域がちょっぴりニガテなど、弱点も抱えています。

マルチポイント対応で音質・ANC性能の高いモデルをお探しなら、Jabra Elite 85tもおすすめです。

HUAWEI FreeBuds Proレビューまとめ

本記事は「【HUAWEI FreeBuds Proレビュー】ラグジュアリーな見た目でシーン別ANC搭載の万能ワイヤレス」について書きました。

HUAWEI FreeBuds Proは、同社のフラグシップモデルなのも納得の、機能性高いワイヤレスイヤホンです。

11mmダイナミックドライバー・ワイヤレス充電・マルチポイント対応など、防水非対応である以外、よくまとまっています。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

メリット
  • マルチポイント対応
  • イヤホン操作が直感的
  • ワイヤレス充電対応
  • 質感が高い
デメリット
  • 防水なし
  • apt-X非対応
  • スペックほどのANCではない
【Jabra Elite 85tレビュー】音質・ノイキャンどちらも進化したハイクオリティな完全ワイヤレスイヤホン 【JBL CLUB PRO+ TWSレビュー】迫力サウンドに初のノイキャン搭載で高機能な完全ワイヤレスイヤホン 【AirPods Proレビュー】真空にいるかのごとく最強のノイキャンをもつ完全ワイヤレスイヤホンの真打ち 【SONY WF-1000XM3レビュー】防水はないが史上最強の音質をほこる完全ワイヤレスイヤホン 【最強はどれ?】ノイズキャンセリング搭載の完全ワイヤレスイヤホンのおすすめBEST10 【おすすめ】コスパ最強の安い完全ワイヤレスイヤホン16選【1万円台以下】【おすすめ】コスパ最強の安い完全ワイヤレスイヤホン16選【1万円台以下】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です