おすすめのゲーミングPC

PC版ウマ娘におすすめのゲーミングPCを紹介!推奨スペックや設定も解説

2021年にサービス開始して以来、人気の衰えないスマホゲーム「ウマ娘プリティーダービー(ウマ娘)」。

競馬をモチーフにした育成ゲームで、先行して放送されたアニメ版も人気がありました。

育成ゲームはもともと、幅広い年代に人気のあるジャンルなのにくわえ、アニメや競馬のファンも興味を持ってくれたことで、爆発的に広がりました。

そんなウマ娘はスマホ以外にPCでも遊べ、臨場感あふれるレースシーンやライブ映像など、3Dをふんだんに駆使しています。

いま持っているゲーミングPCで快適に遊べるかどうか不安に思う人も多いでしょう。

そこで本記事ではPC版ウマ娘をプレイする上で必要なスペックや、快適に遊べるおすすめのゲーミングPCゲーミングノートPCについて解説します。

この記事の監修者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。ガジェット・家電のレビューサイト「マクリン」を運営しています。「家電最前線」のパーソナリティ、「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動。合同会社makuri代表。プロフィール詳細

PC版ウマ娘(DMM版)とスマホ版の違い

PC版ウマ娘は現在、DMMからリリースされている、いわゆるDMM版のみです。

PC版ウマ娘とスマホ版の違いは以下の3点です。

  1. 動作環境が異なる
  2. 課金方法が異なる
  3. PC版ではリセマラ機能が無い

1つ目は当たり前ですが、PCとスマホではCPUはもちろん、OSも異なります。

スマホの性能もだいぶ良くなってはいますが、グラボを搭載しているゲーミングPCにはさすがに叶いません。

2つ目の課金方法は、サービス提供元が違うためです。

スマホ版だとGoogle、PC版だとDMMなので、それぞれで課金方法が異なります。

3つ目の「リセマラ」とは、ユーザーデータを初期化し、同じゲームを何度も最初からやり直すこと。

たとえばウマ娘なら、育成に最適なサポートカードを、最初の無料10連ガチャで引き当てるまで何度も最初からやり直す、これがリセマラです。

しかしPC版では、ユーザーデータの削除機能がないのでリセマラができません。

でも安心してください。

PC版とスマホ版はデータ連携ができます。

データ連携をしておけば、スマホ版で作ったユーザーのデータをPC版で遊べるのです。

しかもデータ連携すると、ジュエル500個など特典アイテムをもらうことができるのでお得です。

リセマラは、スマホ版で満足いくまでやれば問題ないので、回避可能なPC版のデメリットといえるでしょう。

それ以外はどちらでも同じようにウマ娘を遊べるので、より快適に遊べるPC版ウマ娘で遊ぶほうがおすすめです。

PC版ウマ娘で遊ぶメリット

PC版ウマ娘で遊ぶメリットを紹介します。

攻略サイトを調べながらプレイできる

ウマ娘にはさまざまなキャラクター、サポートカードが存在し、遊べるゲームシナリオも複数あります。

イベントも多種多様!

すべてのイベント選択肢とその結果をすべて覚えるのは大変です。

とくに初めて育成するキャラクターや新しいゲームシナリオに挑戦する場合、攻略サイトを見ながらゲームを進める、という人が多いでしょう。

その点PC版なら、攻略サイトをウマ娘の画面の隣に表示しながらプレイできます。

スマホ版のようにアプリをいったりきたりする必要は無いので、ゲームをスムーズに進められます。

大画面でライブ映像を楽しめる

ウマ娘の醍醐味の一つが、キャラクターたちのライブ映像です。

ウマ娘たちが歌って踊る姿はまさにアイドルそのもの。

その姿に魅了されてウマ娘を好きになった人も多いはず。

推しのウマ娘たちと好きな曲を組み合わせ、ライブ映像を自由に楽みたくなるものです。

スマホ版でも映像は綺麗ですが、スペックの問題で画面がカクついてしまうことも。

ライブの一体感を得られず、物足りなく感じてしまう人も多いでしょう。

その点PC版であれば、どんなモニターでもスマホ以上の大画面です。

しかもゲーミングPCであれば、スマホであったような画面のカクつきもなくなります。

実際にライブに参加しているかのような一体感も感じられますよ!

PCなら長時間プレイでも問題なし

ゲームをプレイしていたらスマホが熱くなって心配になったことがある人、けっこう多いんじゃないでしょうか。

ウマ娘のように3D処理の多いゲームは、スマホがフル稼働で処理を行うため、熱が発生しやすいです。

つまり、スマホにそれだけ負荷をかけていることになり、スマホの寿命を縮めかねません

でもゲーミングPCなら、そんな心配ご無用!

デスクトップであれば、冷却するためのクーラーがいくつも搭載されています。

スマホが非推奨端末になってもゲーミングPCなら大丈夫

前述のとおり、ウマ娘はスマホゲームの中でも大人気に入る部類で、売り上げランキングもトップ10常連です。

そのため、イベントや新ゲームシナリオ追加のような規模の大きなアップデートも定期的に行われています。

新ゲームシナリオ追加の場合は、新しい要素が追加されるケースも。

しかし、それがちょっと古いスマホだと対応できず、ある日突然非推奨端末になってしまうことも十分ありえます。

その点ゲーミングPCなら、突然遊べなくなることはありません。

なんなら「ウマ娘のサービスが終了するまで遊べなくなる心配をする必要はない」といっても過言ではありません。

スマホのスペックにこだわらない人はPC版で遊ぶのがおすすめです!

PC版ウマ娘の推奨・おすすめスペック

PC版ウマ娘をプレイするためのスペックを紹介します。

推奨スペック

PC版ウマ娘の推奨スペックはこちらです。

OSWindows 8.1 / 10 (64bit) / 11
CPUIntel Core i3-4360
AMD A8-7650K
GPUNvidia GeForce GTX 750Ti
AMD Radeon RX 250X
メモリ8GB以上必須
DirectXVersion11以上必須
ストレージ11GB
画面解像度1920×1080以上

こちらはウマ娘公式サイトで公開されている動作環境なので、ウマ娘をプレイするための必要最低限のスペックです。

したがって、この推奨スペックギリギリのPCだと重くて高画質設定でプレイできなかったり、画面がカクつく可能性があります。

高画質で快適なプレイを楽しむには、これよりも高スペックなPCが必要です。

快適に遊べるスペック

PC版ウマ娘を快適に遊べるスペックはこちらです。

OSWindows 11
CPUIntel Core i5-11400
AMD Ryzen 5 4500
GPUNvidia GeForce GTX 1650
AMD Radeon RX 6500 XT
メモリ8GB以上必須
DirectXVersion11以上必須
ストレージ11GB
画面解像度1920×1080以上

10万円で買えるゲーミングPCの最安値モデルが、大体これぐらいのスペックです。

それでもCPUは第11世代のCore i7、GPUはGTX 1650の組み合わせなので、Apexでも画質最高設定で60fpsぐらいは出せます。

他の3Dゲームでも画質を落とせば十分遊べるレベル。

30fpsに制限されているウマ娘なら、高画質設定でも余裕なのです。

最新のゲーミングPCならPC版ウマ娘をストレスなく快適に遊べます。

しかし、ゲーミングPCはエントリーモデルから30万円クラスのハイエンドモデルまでさまざま。

予算と利用目的に応じて自分に最適なゲーミングPCを選びましょう。

PC版ウマ娘におすすめのゲーミングPC3選

PC版ウマ娘におすすめのデスクトップのゲーミングPCを厳選して3つ紹介します。

製品名特徴CPUメモリグラボストレージ価格
LEVEL-M0P5-R41-RFX-L
ウマ娘さえ快適にできればいい人におすすめRyzen 3 41008GBGTX 1650SSD
500GB
98,800円
GALLERIA
XA7C-R38
Apex等いろんなゲームをやりこみたい人におすすめCore i7-1270016GB RTX 3080SSD
1TB
289,980円
FRONTIER
FRGAH670/SG2/NTK
ゲーム実況や動画にも挑戦したい人におすすめCore i7-12700F32GB RTX 3050SSD
1TB
HDD
2TB
224,800円

ウマ娘さえ快適にできればいい人におすすめ|LEVEL-M0P5-R41-RFX-L

CPUAMD Ryzen 3 4100
メモリ8GB DDR4 3200 8GB×1
グラボNvidia GeForce GTX 1650 4GB
ストレージNVMe SSD 500GB
価格98,800円
特徴
  • 最安値エントリーモデル
  • GTX 1650搭載
  • PC版ウマ娘なら高画質でも快適
  • 画質落とせば他の3Dゲームも遊べる

LEVEL-M0P5-R41-RFX-L」は、パソコン工房から発売されたゲーミングPCです。

現在のゲーミングPCの中では最低水準のスペックなものの、価格は驚きの10万円切り

それでもPC版ウマ娘は快適に遊べるので問題ありません。

「PC版ウマ娘以外にゲームはやらない」「ウマ娘さえ遊べればいい」という人には、価格的にもこのモデルがおすすめです。

Apexなどいろいろなゲームをやりこみたい人におすすめ|GALLERIA XA7C-R38

CPUIntel Core i7-12700
メモリ16GB DDR4 3200 8GB×2
グラボNvidia GeForce RTX 3080 12GB
ストレージNVMe SSD 1TB
価格289,980円
特徴
  • 第12世代Core i7搭載
  • RTX 3080 VRAM 12GB搭載
  • どんなゲームも最高画質で快適
  • 同一価格帯では最高のベンチマークを記録

GALLERIA XA7C-R38」は、ドスパラから発売されたゲーミングPCです。

特徴に記載のとおり、スペックは最高水準

PC版ウマ娘は30fpsに制限されているのでそれ以上は出ませんが、fps制限のないゲームであれば、144fps以上で快適に遊べます。

PC版ウマ娘以外にもApexフォートナイトなど、がっつりゲームで遊びたい人にはぜひ検討してほしいモデルです。

ゲーム実況や動画にも挑戦したい人におすすめ|FRONTIER FRGAH670/SG2/NTK

CPUIntel Core i7-12700F
メモリ32GB DDR4 3200 16GB×2
グラボNVIDIA GeForce RTX 3050 8GB
ストレージNVMe SSD 1TB
HDD 2TB
価格224,800円
特徴
  • 第12世代Core i7搭載
  • RTX 3050 VRAM 8GB搭載
  • メモリ32GB、SSD1TB + HDD2TBの大容量
  • コスパにすぐれる万能ゲーミングPC

FRONTIER FRGAH670/SG2/NTK」は、フロンティアから発売されたゲーミングPCです。

第12世代Core i7とRTX 3050の組み合わせにくわえ、メモリを32GB搭載しています。

SSD 1TBとHDD 2TBの大容量で、ストレージにも余裕があります。

PC版ウマ娘を快適に遊ぶのはもちろん、ゲーム実況や動画投稿もチャレンジしてみたい人におすすめしたいモデルです。

PC版ウマ娘におすすめのゲーミングノート3選

PC版ウマ娘におすすめのゲーミングノートPCを目的別に紹介します。

モバイル性を重視したい人は、こちらで厳選した3つのモデルを参考にしてください。

製品名特徴CPUメモリグラボストレージ価格
G-Tune
P5-WA
省スペース、持ち運びやすさ重視な人におすすめCore i5-11400H16GBGTX 1650SSD
256GB
129,800円
GALLERIA
ZL7C-R37TH
がっつり遊びたい人におすすめCore i7-12700H32GBRTX 3070TiSSD
1TB
279,980円
G-Tune
P5-RT
配信活動もしたい人におすすめCore i7-12700H32GBRTX 3050TiSSD
1TB
209,800円

省スペース・持ち運びやすさ重視な人におすすめ|G-Tune P5-WA

CPUIntel Core i5-11400H
メモリ16GB DDR4 3200 8GB×2
グラボNvidia GeForce GTX 1650 4GB
ストレージNVMe SSD 256GB
価格129,800円
特徴
  • 第11世代Core i5搭載
  • GTX 1650 VRAM 4GB搭載
  • 厚さ22.8mm、重さ2.02kgの軽量薄型
  • 家でも外でもPC版ウマ娘を遊びたい人へ

G-TuneP5-WA」は、マウスコンピューターから発売されたゲーミングノートです。

CPUやグラボは最低水準のスペックですが、PC版ウマ娘は快適に遊べます

「持ち運びに便利なノートがいいけど、ゲームはウマ娘以外やらない」という人は、こちらのモデルを検討してみてください。

マウスコンピューター

がっつり遊びたい人におすすめ|GALLERIA ZL7C-R37TH

CPUIntel Core i7-12700H
メモリ32GB DDR5 4800 16GB×2
グラボNvidia GeForce RTX 3070Ti 8GB
ストレージNVMe SSD 1TB
価格279,980円
特徴
  • 第12世代Core i7搭載
  • メモリ32GB搭載
  • GeForce RTX3070Ti搭載
  • どんなゲームも遊べるゲーミングノート

GALLERIA ZL7C-R37TH」は、ドスパラから発売されたゲーミングノートです。

第12世代Core i7とRTX3070Tiの組み合わせは、ゲーミングノート最高クラスのスペック

どんなゲームも快適に遊べますよ!

メモリも32GB搭載しているので、動画編集やゲーム配信でも大活躍。

PC版ウマ娘を機会に、他のゲームもやりこみたい人にぜひおすすめしたいモデルです。

配信活動もしたい人におすすめ|G-Tune P5-RT (プレミアムモデル)

CPUIntel Core i7-12700H
メモリ32GB DDR4 3200 16GB×2
グラボNvidia GeForce RTX 3050Ti 4GB
ストレージNVMe SSD 1TB
価格209,800円
特徴
  • 第12世代Core i7搭載
  • メモリ32GB搭載
  • GeForce RTX3050Ti搭載
  • コスパ優秀な配信活動向けゲーミングノート

G-Tune P5-RT」は、このスペックで21万円以下でおさまっているのが最大の特徴。

コスパ優秀なゲーミングノートの代表格です。

先ほどの「ZL7C-R37TH」より性能が落ちるとはいえ、メモリ32GB搭載は心強いです。

ゲームはウマ娘ぐらいしかやらないけど、ウマ娘きっかけにVtuberのような配信活動もしてみたいという人におすすめのモデルです。

PC版ウマ娘におすすめのゲーミングPCによくある質問

ここでは、PC版ウマ娘におすすめのゲーミングPCによくある質問とその回答を紹介します。

カクつくときはNVIDIAの設定をどうすればいい?

「ゲーミングPCをせっかく買ったのにPC版ウマ娘がカクついてしまう」、そんな場合はまずNVIDIAの設定を確認しましょう。

よくあるのは、ゲーミングPCでグラボとは別に内蔵GPUが搭載されている場合です。

本来ならPC版ウマ娘はグラボのGPUで動いてほしいのに、内蔵GPUの方が優先されて画面がカクついてしまうケースがあります。

この原因がNVIDIAの3D設定です。

NVIDIAの3D設定では複数のGPUが内蔵されている場合、自動的に適したGPUが選択される「自動選択」の設定がデフォルト。

しかし、これがゲームによってはうまく機能してくれないことがあるのです。

その場合は「自動選択」ではなく「高パフォーマンスNVIDIAプロセッサ」が常に優先される設定に変えましょう。

それでもPC版ウマ娘の画面がカクついてしまう場合、推奨スペックをそもそも満たしているか確認してください。

CPUはインテルとRyzenどっちがいい?

PC初心者だと、インテルとRyzenのどちらを選んだほうが最適なのか、よく分かりませんよね。

インテルは単体のアプリ実行処理、AMDのRyzenなら複数アプリの実行処理に真価を発揮するよう作られています。

したがって、ゲーム単体の実行性能を重視したPCはインテル製のCPU、複数アプリの実行が要求されるクリエイター向けPCはAMDのRyzenが採用されることが多いです。

とはいえ、他のパーツとの組み合わせやPCを組む予算自体も関係してくるので、一概にどちらのほうがいいとは言い切れません。

CPU単独で判断するより、PCの用途とPCにかけられる予算をふまえ、そのときベストなパーツの組み合わせはなにかを考えて判断したほうがいいです。

グラボなしのPCでも遊べる?

PC版ウマ娘は、グラボなしのPCでは快適に遊ぶことはできません。

グラボなしのPCでは3D処理をスムーズに実行できないため、画面のカクつきが頻繁に発生します。

ウマ娘公式サイトで推奨しているPCでも、グラボ搭載を必須としています。

公式サイトが宣言しているということは、今後のアップデートでもグラボなしのPCで遊ぶことをまったく考慮しない、といっているのと同じです。

推奨スペックに満たないPCで動作したとしても、そこで起きた不具合はすべて無視されます。

仮に不具合でユーザーデータが消えてしまっても対応はしてくれないでしょう。

つまり、公式がグラボ搭載必須といっている以上、不測の事態が起きた場合にもそなえ、グラボ搭載のゲーミングPCで遊ぶのがおすすめです。

メモリはどれぐらいあれば足りる?

基本的にWIndows10(64bit)やWindows11の起動に必要なメモリは2GBを超えるぐらい、3GBと考えてよいでしょう。

PC版ウマ娘のメモリ消費量は、たとえばライブシアター実行中で1GB超えるぐらいなので、2GBあれば余裕と思ってください。

そこへゲーム攻略サイトや攻略動画も見ながら遊ぶことを想定すると、ブラウザのChromeで2GBほど使うので、メモリは全体で8GBあれば十分な計算になります。

OSで3GB、PC版ウマ娘で2GB、Chromeで2GB、合計7GBですね!

推奨スペックで書かれている「8GB以上必須」の最低ラインがこれぐらい。

つまり、PC版ウマ娘さえできれば満足な場合は、8GBで大丈夫です。

ただし、PC版ウマ娘以外にも同時にアプリ実行が必要な場合は8GBでは足りません

たとえばPC版ウマ娘のゲーム実況配信をやるとなると、さまざまなアプリを同時に実行しなければなりません。

クリエイティブな活動ほど、メモリ消費量の多いアプリを同時実行する機会が増えます。

ゲーム実況配信やクリエイティブな活動をしたい合は最低16GB、より快適さを求めるなら32GBあるとよいでしょう。

メルカリで売ってる中古でもいい?

結論からいうと、PC初心者はメルカリで買うのはやめましょう。

PCの知識なしに中古品を購入してしまうと、なにか不具合があったときに正しい対応の仕方がわからないからです。

中古品に手を出すなら、PCの各パーツの詳細にくわえ、各パーツの組み合わせの相性も分かるようになってからがいいでしょう。

それまでは、補償期間もしっかりついてくるBTOメーカーで新品を購入するのがおすすめです。

ゲーミングPCはデスクトップとノートどっちがおすすめ?

PC版ウマ娘をやるためのゲーミングPCであれば、デスクトップノートのどちらでもかまいません。

必要とされる要求スペックが、今のゲーミングPCからすると相当低いですからね。

どういうスタイルでプレイしたいか、PCをどういう目的で使うかに応じ、自分の好きなほうを選べばよいでしょう。

モニターはなんでもいい?

PC版ウマ娘だけに関していえば、前述のとおりfps上限値が30fpsなので、世の中で売ってるゲーミングモニターであればどれでも問題ありません。

ただし、その他のゲームや動画視聴でより鮮明な高画質や4K画像を体験したいという場合、その性能を発揮できるモニターを選ぶ必要があります。

たとえば144fpsをゲームで出したいなら、モニターも144hzのものが必要です。

鮮明さが格段に異なるといわれる4K画像を体験するためには、4K専用のモニターが必要です。

ゲーミングモニターのおすすめ」でくわしく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

まとめ

本記事ではPC版ウマ娘について以下の6点を紹介しました。

PC版ウマ娘だけを遊びたいのか、他のゲームや動画配信・動画編集もしたいのか、それぞれの目的と予算に応じて最適なゲーミングPCを選びましょう。

当サイトではほかにも「おすすめのゲーミングPC」を紹介していますので、あわせてチェックしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。