おすすめのゲーミングPC

Rustのマルチサーバーの立て方をわかりやすく解説

Rust」は、複数人のプレイヤーが1つのフィールド上でときに協力し、ときに戦いながら生き抜いていくサバイバルゲームです。

そんなRustでマルチプレイをするためには、サーバーが必要

公式のマルチプレイ用サーバーを利用すればすぐに遊べますが、公式サーバーだと見知らぬ人がたくさんいる中で遊ぶことになりますよね。

見知らぬ人からの略奪やキルの恐怖を抱えながら遊ぶより「身内だけで遊びたい」と思う人も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、Rustのマルチプレイ用サーバーの立て方を分かりやすく解説します。

この記事の監修者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。ガジェット・家電のレビューサイト「マクリン」を運営しています。「家電最前線」のパーソナリティ、「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動。合同会社makuri代表。プロフィール詳細

Rustのマルチプレイにはサーバーが必要

大前提として、Rustのマルチプレイにはサーバーを立てなくてはなりません。

サーバーとは「利用者の求めに応じてサービスを提供するコンピューターやプログラム」のことです。

Rustでいえば「ワールドを管理してデータを保存しておく」のがサーバーの役割になります。

マルチプレイ用のサーバーとしてPCを自前で用意し、その中に立ててもいいですが、最低限遊ぶときは稼働状態を維持し続けなければなりません。

参加者がいつでも遊べるようにしようとすると、PCを常に起動状態にしておかねばならず、電気代もけっこうな額になってしまいます。

また、サーバー関連の知識も必要です。

そのため、マルチプレイ用サーバーは基本的にレンタルサーバーを借りることになります。

レンタルサーバーはVPSサービスがおすすめ

レンタルサーバー借りる場合は、VPSサービスを利用するのがおすすめです。

VPSとは「Virtual Private Server」の略で、自分用の仮想サーバーのことを指します。

つまり、自分がサーバー用のPCを持っていなくても、VPSサービスを利用することでオンライン上にサーバーを借りて運用できるのです。

サーバーのレンタル代はかかるものの、自分でサーバー用のPCを購入・レンタルしたり、サーバー利用のために起動し続ける必要がなくなります。

手間が大幅に省けるので、マルチプレイを行うならVPSサービスを利用するのがいいでしょう。

代表的なVPSサービスの種類と比較

VPSサービスを行っている会社は多くあります。

ここでは、代表的なVPSサービスを紹介します。

ConoHa VPS

ConoHa VPSは、非常に使いやすいことで好評を得ているVPSサービスです。

RustをはじめとしてマイクラARKなど、人気のゲームのテンプレートが用意され、初心者でもサーバーを立てやすいのが特徴です。

料金も月額制ではありますが、時間ごとに計算されるのもポイント。

月の途中で契約したり、契約してもすぐにやめた場合でも、ひと月分まるごとの料金を請求されることはありません。

さくらのVPS

さくらのVPSの特徴は、専用のコントロールパネルで直感的かつ簡単に操作が可能な点です。

初心者でも使いやすく、専門の技術者が24時間監視体制を作っているため、安定したパフォーマンスを発揮してくれます。

ただし、Rustサーバーのセットアップのために、黒い画面でコマンドを打ち込む作業が必要になります。

長期間安定して遊びたい場合にはおすすめです。

KAGOYA CLOUD VPS

KAGOYA CLOUD VPSは、スペックと比較してコスパが高いのが特徴です。

日ごとの課金なので、短期間遊びたい場合にも使いやすく、融通が利きます。

KAGOYAもさくらと同様、黒い画面でコマンドを入力し、サーバーを構築する手間がかかります。

高性能の仮想サーバーでコスパよく遊びたい場合、KAGOYA CLOUD VPSを選ぶといいでしょう。

RustマルチサーバーにはConoHa VPSがおすすめ

マルチプレイ初心者がRustマルチサーバーを立てるには、ConoHa VPSがおすすめです。

ここではConoHa VPSをおすすめする理由を、以下の3点に分けて解説します。

サーバーの立ち上げ・管理が容易

ConoHa VPSはホームページの説明・誘導が非常に丁寧でわかりやすく、VPSサービスを初めて利用する場合でも簡単に利用できます。

管理画面もわかりやすいので、サーバーを立ち上げてからも運営・管理がしやすく、初心者におすすめしやすいVPSサービスです。

高性能かつ低価格で利用可能

サーバー機器には高速のSSDを利用し、CPUも最新で性能の高いものが採用されています。

そのため処理速度が速く、快適にゲームを行えるのも、ConoHa VPSのおすすめポイントです。

月額制ではありますが、月額は上限の金額で、正確な料金は時間割で計算してくれるのもありがたいところです。

「短期間お試しでマルチを遊んでみたい」と思った場合などは、まずConoHa VPSでお試ししてみるのがいいでしょう。

Rust用のテンプレートが用意されている

ConoHa VPSARKやRust、マインクラフトといった人気ゲームの「テンプレート」を用意しています。

そのため、必要項目をポチポチ選んでいくだけで、サーバーの立ち上げが可能です。

それぞれのゲームに最適化され、サーバーの管理も簡単です。

CHECK NOW

Rustマルチサーバーの立て方

ここではRustでマルチサーバーを立てる方法を具体的に解説します。

ConoHaアカウントを作成する

まずはConoHaアカウントを作成します。

まずは画像中央の「お申し込み」ボタンをクリックします。

次に、リンク先の「はじめての方」と書いてある場所に個人情報を入力します。

パスワードは、英語の大文字・小文字・数字を最低1文字ずつ入れる必要があるので注意してください。

「次へ」ボタンを押すと登録は完了です。

SMS認証と支払い方法を選択する

ConoHaアカウントの作成が終了すると、SMS認証のページにそのまま遷移します。

SMS認証と電話認証はどちらでも構いませんが、どちらを選ぶ場合でも電話が必要です。

あまりないとは思いますが、スマートフォンや携帯電話、固定電話がない場合は用意しなければなりません。

SMS認証ならSMSで、電話認証なら電話で機械音声が流れますので、通知された認証コードを入力しましょう。

認証コードが承認されると、支払い方法の選択に移ります。

クレジットカードで支払いをする場合、カード情報を入力してカードを登録しましょう。

一度登録すれば、有効期限まではカード情報を再び登録する手間が省けるので便利です。

ConoHaチャージは、各種支払方法から入金する方法で、事前にチャージしていた金額から引き落とされる支払い方式です。

クレジットカード以外には、プリペイド式のConoHaチャージや、ConoHaカードを利用することができます。

各種チャージ方法とチャージ金額を入力して決済を行います。

決済を行う際は、このチャージされている金額から引かれていくので、「解約を忘れてずっと引き落とされ続けている」といったことが起きないのがメリットです。

コンビニエンスストアや銀行決済では、店舗に直接行って入金する必要があるほか、入金から入金確認をしてもらうまでにタイムラグが発生することがある点には気を付けましょう。

ConoHaカードは、ConoHa専用のプリペイドカードです。

ConoHaカードはConoHaのホームページから購入でき、カード番号を登録することでカード内の残高を使って支払いを行います。

クレジットカード登録やConoHaチャージを行う必要がないので、手軽かつ安心なのがメリットです。

実物のカードが送られてくるパッケージ版のほかに、メールアドレスに番号が送られてくるデジタル版もあるため、急ぎの場合はデジタル版を購入することで即使用可能です。

サーバーのプランを選択して申し込む

支払方法の登録が終わったら、サーバーのプランを選択し、実際にサーバー追加を申し込みます。

まずは左のバーからサーバー追加を選び、申し込みを開始しましょう。

次に、サービス内容のタブからVPSを選び、プランを決めていきます。

有効期間は最短で3ヶ月からです。お試しであれば、一番短い3ヶ月を選びましょう。

次に利用するサーバーの性能を選びます。

Rustの場合は4GB以上のプランが必須です。

2GB以下のプランだと、Rustの専用アプリケーションを使うことができません。

また、4GBのプランでは処理能力に不安があり、動作が不安定になってしまう可能性があります。

快適にゲームがしたい場合は8GBのプランにするといいでしょう。

次に、下のタブのアプリケーションを押し、使用するアプリでRustを選択します。

このときサーバープランで2GB以下を選んでいると、ARKとRustは色が薄く表示され、選択できません。

最後にrootパスワードとネームタグを入力します。

rootパスワードはサーバーに入るためのパスワードで、サーバーに関係ない人が入れないようにするためのものです。

自分や友達がサーバーに入るときにも必要になるものなので、しっかりメモを取っておきましょう。

ネームタグは、VPSを管理するときに管理しやすいように付ける名前です。

デフォルトではサーバー申し込みの日時になっています。

他のサーバーを並行して使うつもりがないならデフォルトでもいいでしょう。

これでサービス内容の設定は完了です。

それから支払い方法の選択を行います。

「支払方法」の部分は、クレジットカードやプリペイドサービスから支払方法を選びましょう。

クレジットカードの場合、使用するカードの名義やカード番号、有効期限を登録しているものから選択します。

最後に決済ボタンを押すことで支払いが完了します。

サーバーを構築する

支払いが完了すると、サーバー構築が自動で始まります。

そのため、ユーザーがやることは待つことだけです。

サーバーのステータスが「構築中」のときは、まだサーバー構築中のため遊べません。

サーバー構築が終了すると、サーバーのステータスが起動中に変化しますので、サーバー構築が終わるまで待ちましょう。

作成したマルチサーバーに入る

サーバーの構築が完了したら、マルチサーバーにいよいよ入ります。

サーバーに入るには「IPアドレスで入る方法」と「サーバー名で入る方法」の2種類があります。

IPアドレスで入る方法

まずはRustのクライアントを起動し、タイトル画面でF1キーを押しましょう。

そうすると、画面下に入力バーが出てきます。

このバーに以下のコマンドを入力してEnterキーを押すことで、レンタルサーバー内にワールドの構築が始まります。

入力する際は全て半角で、スペースや記号も含めて正確に入力してください。

client.connect xxx.xx.xx.xx:28015(xxx.xx.xx.xxはサーバーのIPアドレス)

ワールドの構築には数分から30分程度かかります。

ワールドの生成が完了すると、サーバーのワールドにログインが自動で完了し、ゲームが開始されます。

サーバー名で入る方法

真ん中のバー下部にある「サーバーをけんさく」を選択し、そこにサーバー名を入れましょう。

検索で自分のサーバーを見つけ出したら、そのサーバーをクリックしてログインします。

ただし、初回のワールド生成が終わっていないサーバーは、サーバー名で検索をかけても出てこない場合があります。

その場合はIPアドレスを利用して検索を行いましょう。

友達を招待する

友達を招待するには、IPアドレスかサーバー名を教え、自分がサーバーに入ったときと同様の方法でサーバーにログインしてもらいましょう。

サーバーにログインしてもらったら、ゲーム内で協力したり、敵対したり自由に遊べるようになります。

CHECK NOW

Rustマルチサーバーに関するよくある質問

ここではRustマルチサーバーに関するよくある質問を紹介します。

サーバーの人数は何人まで?

サーバー内のデフォルト人数制限は50人ですが、4GBのプランなら10人を超えると動作がかなり重くなってしまいます。

4GBのプランを選ぶ場合は10人以下で遊ぶようにしましょう。

サーバーにパスワード設定する方法を知りたい

プライベートサーバーにパスワードをかけるには「SteamCMD」というプログラムを導入する必要があります。

ConoHaのコントロールパネルからコンソールを開き、ソースコードを書き込んで導入することになるため、操作が非常に煩雑です。

どうしても必要という場合以外、初心者は触れないほうが無難です。

管理者権限の取得方法を知りたい

ゲーム内で「ownerid <SteamID> <名前> Admin」というコマンドを入力することで、指定したプレイヤーに管理者権限を付与することができます。

他には「RCON:IO」というサイトから管理者権限を付与することもできます。

ゲーム内コマンドでは日本語入力ができないので、ユーザー名に日本語がふくまれている場合、RCON:IOを利用した方法でしか管理者権限の取得はできません。

RICON:IOにログインするとコンソールにアクセスでき、そこから管理者権限をプレイヤーに付与できます。

CHECK NOW

まとめ

Rustのマルチサーバーを立てるなら、ConoHa VPSを利用するのがおすすめです。

簡単操作でサーバーをすぐに立てられ、料金も良心的なので、お試しで利用しやすいからです。

マルチサーバーでは公式サーバーよりも身内で楽しみやすくなっているので、興味がわいたらぜひ一度遊んでみましょう。

CHECK NOW

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。