おすすめのゲーミングPC

GALLERIA RM5C-R36Tをレビュー!RTX3060Ti搭載のコスパ最強モデル

こんにちは!ガレリア大好きシルバー( @game_chu_s)です。

第11世代Core i5とRTX3060Tiを搭載するミドルスペックPCのゲーム性能は、はたしていかほどなのか…!

本記事ではドスパラのゲーミングPCGALLERIA RM5C-R36T」をレビューします。

  • コスパが良いミドルスペックゲーミングPCが欲しい
  • 初めてゲーミングPCを買うのに何を買えば良いか分からない
  • 大体のゲームを高画質で遊びたい

といった方は必見ですよ!

ゲーミングPCの購入をお考えの方はぜひ参考にしてみてくださいね!

貸与品

本記事はメーカー様より製品をお借りして作成しております。

この記事の監修者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。ガジェット・家電のレビューサイト「マクリン」を運営しています。「家電最前線」のパーソナリティ、「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動。合同会社makuri代表。プロフィール詳細

GALLERIA RM5C-R36Tのスペック

CPUIntel Core i5 11400
GPUGeForce RTX3060Ti
メモリ16GB(8GB×2)
ストレージ500GB NVMe SSD
金額179,980円
特徴
  1. フルHD設定なら大体のゲームは問題なく遊べる
  2. ゲーム配信もできる
  3. ストレージがNVMe SSDで高速処理
  4. 最新GPU搭載で税込18万円を切る高コスパ
  5. ケースがガンメタリックでカッコ良い

グラフィック性能はRTX3060Ti搭載で、フルHD設定ならほとんどのゲームを遊ぶことが可能。

ゲームによっては4K設定でも遊べる性能がありますので、この性能で180,000円を切る金額はコスパが高いですね。

メモリを16GB搭載しているため、動画編集などの作業用のPCとしても活躍できます。

ゲームだけはなく動画編集や画像加工といった重たい処理を行う場合でも対応できますね!

GALLERIA RM5C-R36Tの外観

GALLERIA RM5C-R36Tの外観を画像付きで紹介します。

正面

ガンメタリックのボディがかっこいいです。

正面にLEDライティングが施されているのもGOOD!

ゲーミングPCらしいライティングがありつつ、派手すぎないケースに虜になりそうです!

前面の入出力ポートです。

GALLERIA RM5C-R36Tのインターフェース
  • 電源
  • リセットボタン
  • USB3.2Gen1 Type-A×4
  • オーディオ入出力

斜め45度のコンソールパネルで、デスクの左右上下どこ置いてもアクセスがしやすいデザインになっています。

USBの接続部分が青くありませんが、USB3.2Gen1なので安心してください。

高速でデータ処理できるUSBですよ!

ちょっと残念ポイント

インターフェースにUSB Type-Cがついていない

前面インターフェースにUSB Type-Cがついていれば、なおベターでした…

サイド

サイド(左面)はアクリルパネルで、中面が見えるようになっています。

アクリルパネルもスケスケな透明な素材ではなく、スモーク加工を施されてたデザインです。

PC内部までを魅せるデザインが素敵すぎます!

内部

PC内部を画像付きで紹介します。

PCオタク全開でマニアックな説明をしますので、興味がない方は次へ飛ばしてください

CPUファン静音パックまんぞくコース
CPUグリスノーマルグリス
マザーボードIntel B560チップセット マイクロATX
リアケースファン140mm静音ファン
LAN1Gb対応LANポート×1(オンボード)
光学ドライブなし
電源650W
情報元:https://kakaku.com/item/K0001350031/images/

マザーボードはASUS製B560チップセットが搭載されています。

大きさはMicro ATXで、マザーボードの大きさ的にはATXフルサイズよりも小さい基盤になります。

メリットとしては小さいケースに収めることができることです。

マニアックな話ですが、この黒と白のマザボがカッコ良いです!

ストレージの拡張も問題なくできそうですね!

SATA SSDもHDDも増やすことが可能です。

ちなみに購入時に無理に拡張しなくても、後日自分で簡単に増設できます

GALLERIA RM5C-R36Tの冷却は空冷で、CPUファンは静音パックまんぞくコースを使用しています。

CPUクーラーは大き目のヒートシンク付きで、空冷でもよく冷えそうです。

CPUファンの左側にはVRMヒートシンクとサーマルパッドがついています。

これにより冷却性能が向上するので、排熱を気にすることなくゲームに集中できそうです。

冷却性能が強いだけでPCの性能は上がるんですよ!

ケースファンが1つと前面にもファンがついていました!

空冷でも冷え冷えになること間違いありません!!

気になるGPUはZOTAC製でした。

冷却は外排気仕様のブロワーファンを搭載することで、熱をケースの外へ排出してくれます。

これによりケース内には最小限の熱しか残りません!

背面

背面ポートは以下のとおりです。

  • USB2.0×4
  • USB3.2 Gen2 Type-A×1
  • USB3.2 Gen2 Type-C×1
  • HDMI×2
  • DP× 1
  • オーディオ

ケース全面に配置されているUSBより背面に設置しているUSBのほうが処理スピードが速いので、よく使用するデバイスは背面に接続した方が速いですね。

ちょっと残念ポイント

WiFiがない

WifiがないとBluetoothもないので別途子機が必要になります。

有線接続が好きな方はそのままで問題はありません

GPUの接続ポートです。

HDMI × 1、DP × 3

最新のGPUの配列です。

モニター3つ接続することも簡単にできます。

GALLERIA RM5C-R36Tをレビュー【ゲーム別フレームレート】

実際に下記のゲームをプレイしてみてフレームレートを測ってみました!

測定画面や設定画面も画像付で紹介します!

FORTNITE(フォートナイト)

まずは子どもから大人まで人気のタイトル、FORTNITE(以下、フォートナイト)をプレイしてみました。

フォーナイト推奨スペックは下記のとおりです

UPUIntel Core i5 7300U
GPUNvidia GeForce GTX960 / AMD Radeon R9 280
メモリ8GB

それほど高いスペックは必要のない軽めのゲームです。

設定は下記のようにしました。

画質は「低」で測定です。

結果、平均フレームレートは236fps!

比較的軽いゲームなので高フレームレートを叩き出しました!

ちなみに最高フレームレートは246fpsです。

高フレームレートを出せるのでガチで勝利を掴みたい方にもおすすめです!!

Apex Legends(エーペックス レジェンズ)

続いてはフォーナイトと同等に人気のあるApex Legends(以下、Apex)で測定してみました。

Apexで推奨されているスペックは下記のとおりです。

UPUIntel Core i5 3570Tと同等
GPUNvidia GeForce GTX970 / AMD Radeon R9 290
メモリ8GB

一見高そうなスペックに見えますが、最新のゲーミングPCであれば問題ありません。

設定は下記のとおり設定しました。

こちらも画質は「低」で測定します。

結果、平均フレームレートは144fpsでした。

RTX3060Ti搭載なら全く問題なく遊べます!

Splitgate(スプリットゲート)

Splitgate(スピリットゲート)は、2019年5月23日に配信された無料で遊べるゲームです。

FPS要素にportalというパズルの要素が斬新なゲームで、世界中のゲーマーがプレイしているタイトルです。

Splitgateの最低スペックは下記のとおりです。

UPUAny dual core CPU
GPUNvidia GeForce GTX660
メモリ6GB

スペック的には軽いゲームにあたります。

設定は下記のとおり設定しました。

画質の設定は「低」で測定

結果平均フレームレートは233fps、最高フレームレートは247fpsでした!

高スコアも狙えるマシンスペックです!

BATTLEFIELD2042(バトルフィールド2042)

最後は11月19日に解禁になったBATTLEFIELD2042(※以下バトルフィールド2042)で測定します。

バトルフィールド2042の推奨スペックは下記のとりです。

UPUIntel Core i7 4790 / AMD Ryzen7 2700X
GPUNvidia GeForce RTX3060 / AMD Radeon RX6600XT
メモリ16GB

とても重たいゲームなので少し心配です…

設定は以下のとおり設定しました。

画質の設定は「低」で測定。

結果、平均フレームレートは45から60fpsとなり最高は70fpsでした。

注意

こちらのバトルフィールド2042のみフレームレートの測定ソフトが他のゲームと違うもので測定となりました。

参考程度にご覧ください。

最新のGPUであるRTX3060Tiを搭載しても、最高フレームレート70fpsとかなり重いゲームということが伝わると思います。

しかし、平均フレームレートが60fps前後とプレイするには十分なスペックです!

最新のゲームも止まることなく遊べます!

GALLERIA RM5C-R36Tでベンチマークを測定

下記3つを使ってそれぞれベンチマークを測ってみました。

画像付きで紹介していきます

Cinebenchi R23

ベンチマークの定番Cinebenchi R23を使い、マルチスレッド、シングルスレッドをそれぞれ測定してみました。

それぞれの結果は以下のとおりです。

  • マルチスレッド:6791pts
  • シングルスレッド:1284pts

GALLERIA RM5C-R36Tのマルチスレッド、シングルスレッド共に前ハイエンドモデルの第7世代Core i7を超えています!

マルチスレッドの数値は高いほど同時に処理するものが増えます。一方シングルスレッドの数値は1つのソフトを処理する力です。

マルチスレッドが高い性能であれば、攻略サイトを見ながらゲームをプレイしつつ同時に配信まで行っても、パソコンがフリーズすることがありません。

コア数もスレッド数も多いRyzen7 1700Xよりも、Core i5 11400の方がシングルスレッド値がすぐれていました。

同じソフトを処理した場合、Core i5 11400が速く処理することができます。

GALLERIA RM5C-R36Tはミドルスペックでありながら、全世代ハイエンドPCより高い性能を持っているということなんです!

ファイナルファンタジーXIV:暁月のフィナーレ ベンチマーク

人気タイトルファイナルファンタジーXIVのベンチマークを測定してみました。

結果は「非常に快適」。

ファイナルファンタジーXIVは軽い部類に位置するので、フルHD高画質設定でも快適にプレイできます!

FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマーク

重たいゲームの代表格であるFFXVベンチマークをまわしてみました。

測定は以下4つで行いました。

  1. フルHD高画質
  2. 4K低画質
  3. 4K標準画質
  4. 4K高画質

結果は以下のとおりです!

  1. フルHD高画質 → スコア:9744 とても快適
  2. 4K低画質 → スコア:7619 快適
  3. 4K標準画質 → スコア:5506 やや快適
  4. 4K高画質→ スコア:4591 やや快適

フルHDは全く問題なく「非常に快適」、4Kでも標準画質までなら快適にプレイできます!

高画質はちょっと厳しかったようですが、十分すぎる性能です!

GALLERIA RM5C-R36Tのカスタマイズ要素について

GALLERIAのパソコンは購入時に構成内容をカスタマイズすることができます。

そのまま購入しても問題を感じないGALLERIA RM5C-R36Tですが、欲をいえばもっと!という気持ちでカスタマイズ要素について紹介します。

僕が考えるカスタマイズ要素は以下3つです。

参考程度にご覧ください

メモリ増設|16Gから32Gへ

メモリは標準で16GBが搭載されています。

16GBを搭載されていればゲームをプレイする上で問題は感じませんが、欲をいえば32GBへ増設したい!

32GBを搭載することによって、ゲームだけじゃなく動画編集といった可能性も増えるからです。

32GBあれば動画編集も配信も問題なくできますよ!

ストレージ増設|SSD1TBを追加もしくはHDDを増設

GALLERIA RM5C-R36Tのストレージは「M.2SSD 500GB」が搭載されています。

個人的には正直ちょっと少ないと感じました…

パソコンゲームの平均容量は30GBから50GB、最新のゲームは100GBを要するものもあります。

動画編集なども視野に入れたい方にとっては、ストレージが足りないことが考えられますので増設を考えたいところ。

上記M.2SSDはSATA接続するSSDよりも高速なのでおすすめです。

上記はHDDとSATA SSDです。

なぜかSATA SSDの方が高いのでSSDはM.2の方が良いです!

標準の500GB M.2SSDにゲーム保存用のHDDという手もありですね!

増設は処理速度を求めるならSSD、コスパを求めるならHDDが良いでしょう。

予算に合わせて決めましょう!

電源のアップデート|650Wから850Wへ

電源は標準で650Wを搭載しているため、そのまま使用しても問題はありません。

しかし長期的な使用を考えている場合、GPUのアップデートを行う可能性が高くあります。

GPUを最新のものにするときに、TDPが高くて交換できないを避けるためのお話です。

特にパソコンをアップデートする予定がない場合はそのままでいきましょう

GALLERIA RM5C-R36Tはこんな人におすすめ

僕が実際にGALLERIA RM5C-R36Tを使用してみてこんな方にぴったりを考えてみました。

下記3つにあてはまる方はGALLERIA RM5C-R36Tがぴったりですよ!

詳しく紹介していきます

フォートナイトで144fps以上のフレームレートを出したい

2021年現在でもフォートナイトは子どもからガチゲーマーに人気のタイトルです。

そこで他ユーザーを差をつけたいと考える方も多いはず!

その点GALLERIA RM5C-R36Tは、11世代Intel Core i5 11400最新GPU RTX3060Tiを搭載していますので、平均フレームレートが200fpsを超えます。

ゲーミングモニターも合わせて愛用することで、高いフレームレートを保ちながらプレイできるため、PS4やswitchユーザーに差をつけることができます!

ちなみにPS4やSwitchのフレームレートは最大60fpsです!

価格を抑えてゲーミングPCを購入したい人

GALLERIA RM5C-R36TはCPU・GPUともにミドルスペッククラスのゲーミングPCです。

中間グレードで18万円を切るとコスパが高く、これより上を目指すとハイエンドスペックのPCとなり30万円クラスになります。

逆にこれよりスペックを落とそうとすると、ダウングレードできるのはCPUをCore i3にするくらいですが、金額に正直あまり変化はありません。

価格を抑え、かつほとんどのゲームを遊べるということに集中すると、GALLERIA RM5C-R36Tはとてもコスパ良い商品です!

バトルフィールドなど重いゲームも遊べるので正直どのゲームも遊べます!

長くゲーミングPCを愛用していきたい人

長くゲーミングを使用したいと考えている方はGALLERIA RM5C-R36Tはおすすめです。

CPU・GPUともに前モデルのハイエンド並の数値を記録しているため、頻繁に部品を換える必要がありません。

お子さんとの共有用として購入する場合でも、お子さんが小学校入学から卒業するまで現役で活躍できるようなパソコン性能があります。

標準スペックでも長く愛用できると思います!

これからゲーミングPCを買うならコスパが良いGALLERIA RM5C-R36Tがおすすめ

本記事ではGALLERIA RM5C-R36Tについて紹介させていただきました。

実際に使用してみた評価を紹介します。

GALLERIA RM5C-R36Tの評価
スペック
 (4)
コスパ
 (4.5)
ゲーム
 (4.5)
動画編集
 (3.5)
ストレージ
 (3)
総合
 (4)
残念に感じた点
良かった点
  • 金額が上昇
  • Wifi非搭載
  • ストレージがちょっと弱い
  • バトルフィールドのような重いゲームもプレイできる
  • フォートナイトクラスは200fps以上のフレームレートが期待できる
  • 前の世代のハイエンドモデル以上のスペック
  • 洗練されたデザイン

GALLERIA RM5C-R36Tは初めてゲーミングPCの購入を考えている方、またはお子さんとの共有PCとしても購入しやすいゲーミングPCだと思います。

スペックはミドルタイプでありながら、前世代ハイエンドモデルを超えるCPUスペックがありますので、重いゲームでもプレイ可能。

GPUにもRTX3060Tiを搭載しているため、ゲームのみならず、動画編集もこなせるので趣味にビジネスに活用できます。

ストレージがちょっと弱いところがありますが、HDDであれば安く購入できますので増設も考えましょう。

ゲームを快適にプレイしたい方は購入を検討してみてください!

また、こちらの記事では他にもおすすめのゲーミングPCを紹介しています。合わせてぜひご覧ください。

どうもシルバー( @game_chu_s)でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。