おすすめのゲーミングPC

コスパ最強で安いPS4向けゲーミングモニターのおすすめを11個紹介

こんにちは!ゲーミングデバイスブロガーのシルバー( @game_chu_s)です!

最近はPCだけでなく、PS4でもさまざまな本格的ゲームが楽しめます。

PS4で本格的にプレイするなら、手に入れたいのがモニター

PS4を普通のテレビに接続して使用している人も多いと思いますが、本格的にゲームをするなら「ゲーミングモニター」は必須です。

そこで本記事では

こちらの2つを紹介します。

この記事の監修者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。ガジェット・家電のレビューサイト「マクリン」を運営しています。「家電最前線」のパーソナリティ、「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動。合同会社makuri代表。プロフィール詳細

PS4をゲーミングモニターでプレイするメリット

なぜPS4はゲーミングモニターでプレイしたほうがいいの?

PS4をテレビに接続してプレイするのと、ゲーミングモニターに接続してプレイするのでは大きな違いがあります。

違いはおもに以下の3つです。

応答速度の違い

応答速度とは
「モニター上の色の切り替えにかかる時間」のこと。

応答速度が速いと、残像感がかぎりなく低くなり、快適にゲームができます。

テレビはゲーミングモニターより応答速度が圧倒的に遅い……

一方、ゲーミングモニターはほとんどの場合、プレイに影響がない応答速度を備えています。

快適にゲームをプレイするためにも、ゲーミングモニターは必須といえます。

入力遅延の違い

入力遅延とは
「コントローラーのボタンが押されてから、モニター上で実際にその動作が行われるまの時間」のこと。

入力遅延が短いと、自分のやりたい動作をストレスなく行えます。

一方、入力遅延が長いと、自分がボタンを押してから実際に動作するまで時間を要し、ストレスがかかります。

こちらの動画のように、コントローラーのボタンを押してからモニターに反映されるまでの時間差が、目視でもはっきり分かります。

テレビだとこの入力遅延が長くなるので、入力遅延の短い「ゲーミングモニター」が、ゲームに勝つ上でかなり重要です。

大きさの違い

画面の大きさの違い

実は、画面が大きいとゲームはやりにくいです。

上の画像は「大きい画面」と「小さい画面」の違いを表しています。

」は人間が集中できる範囲を表しています。

」自体は同じ大きさですが、大きい画面では全体を見れないのが分かりますね。

小さい画面のほうが、集中してプレイしやすい!

ゲーミングモニターは22~27インチ程度の大きさが多く、無理なくモニター全体を見られます。

PS4向けのゲーミングモニターの選び方

PS4向けのゲーミングモニターの基準は?

PS4でゲームをする方はどのようなモニターを選べばいいのか、以下にまとめました。

リフレッシュレート

リフレッシュレートとは「モニターの画面が1秒間に何回切り替わることができるのか」を表す数値です。

モニターに映る映像は「画像」の集合体なので、画面をすばやく切り替えなくてはいけません。

たとえば60Hzなら、1秒間に60回画面を切り替えることができます。

リフレッシュレートが高ければ高いほど、映像がなめらかになるんですよ!

PS4の場合、モニターに「1秒間に60枚までの画像」しか送れない(60fps)ので、リフレッシュレートが60Hz程度のモデルを選びましょう。

PS4からモニターに「1秒間に60枚の画像」しか送れないのに、モニター側が「60Hz」を大幅に超えても、それ以上はカットオフされるからです。

応答速度

FPSような激しいゲームは「応答速度」もとても重要です。

応答速度が遅いと、画面に残像感が残ってしまいます。

60Hz~75Hzのゲーミングモニターであれば、応答速度が極端に遅くなければ問題ありません。

サイズ

ゲーミングモニターに適しているサイズは23~27インチ程です。

モニターサイズは、大きすぎても小さすぎても以下の問題が生じます。

  • 小さすぎると敵が細かすぎて確認できない
  • 大きすぎると画面全体を見るのが難しい

したがって、小さすぎず大きすぎない23~27インチが適切といえます。

機能面

ゲーミングモニターによって、搭載されている機能に違いがあります。

  • 目にやさしいフリッカーフリー機能・ブルーライトカット機能
  • 暗い箇所を明るく補正してくれる機能(FPSに有利)

上記のようにさまざまな機能があるので、機能面で比較するのもおすすめです。

Apexなどプレイするゲームで選ぶ

ゲームによっては、高リフレッシュレートモニターを選ぶ必要はありません。

たとえば、シミュレーションゲームやRPGなどは、一分一秒を争うわけではないですよね。

一方、FPSなどのリアルタイム対戦ゲームでは、高リフレッシュレートのほうが有利にプレイを進められます。

安いのにおすすめのPS4ゲーミングモニターを11個紹介

ここからは、PS4におすすめのゲーミングモニターを11種類紹介します。

特徴やリフレッシュレート、金額を考慮し、自分の環境に合ったモニターを選びましょう。

モデル名特徴リフレッシュレート応答速度サイズ
ASUS VZ249HR
安くてキレイな映像が楽しめる60Hz5ms23.8インチ
Acer KG251QGbmiix
機能性抜群75Hz0.7ms24.5インチ
I-O DATA ‎EX-LDF241SVB
遅延なしでゲームができる75Hz4ms23.8インチ
Acer SA240YAbmi
斜めから見てもキレイな画質75Hz4ms23.8インチ
AOC C24G2/11
コスパ最強165Hz165Hz1ms23.6インチ
BenQ GL2480
スタイリッシュで遅延なしモニター75Hz1ms24インチ
LG UltraGear 24GN600-B
安い・早い・美しい!144Hz1ms23.8インチ
Dell S2721HS
長時間使用していても遅延が少ない75Hz4ms27インチ
AOPEN 22ML2Qbix
エントリーモデルに最適な安さと表現75Hz1ms21.5インチ
JAPANNEXT JN-T2888UHDR
圧倒的解像度4Kでゲームの世界に没頭60Hz2ms28インチ
I-O DATA EX-LDGC271TB
爆速の応答速度でApexに最適75Hz0.5ms27インチ
おすすめのPS4ゲーミングモニター

画面がキレイでコスパ最強 | ASUS VZ249HR

メーカーASUS
リフレッシュレート60Hz
応答速度5ms
サイズ23.8インチ
スピーカー非搭載
接続端子HDMI / D-Sub
こちらのゲーミングモニターの特徴
  • 発色が良く、画面がキレイなIPSパネル搭載
  • 視野角が広く、複数人での使用も可能
  • リフレッシュレート60Hz、応答速度5msと高性能
  • 高性能で質がいいのに価格がおさえられ、高コスパ
  • フリッカーフリー機能を備えており、目への負担を軽減
  • 約24インチとゲームに丁度いいサイズ感

ASUS VZ249HR」は、色表現が豊かなIPSという種類のパネルを備えており、ゲームを美しい映像とともに楽しむことが可能です。

高性能でスピーカーも搭載し、画面がキレイに映るのに価格もお手頃です。

コスパに関し、右に出るモデルはないでしょう!

機能性抜群で、ゲームに特化する | Acer KG251QGbmiix

メーカーAcer
リフレッシュレート75Hz
応答速度0.7ms
サイズ24.5インチ
スピーカー搭載
接続端子HDMI×2 / DVI
こちらのゲーミングモニターの特徴
  • リフレッシュレートも75Hz・応答速度0.7msと高性能
  • 暗い場所を見えやすくするBlack boostという機能を搭載
  • フリッカーフリー機能を備えており、目への負担を軽減
  • 約24インチとゲームにちょうどいいサイズ感
  • TNパネルなので視野角が狭く、複数人で使うのに向かない

Acerから発売されている「KG251QGbmiix」は、非常に高スペックなゲーミングモニターです。

リフレッシュレートは75Hz、応答速度は0.7msと、PS4向けのゲーミングモニターのなかでもスペックは最高クラス

さらに、ゲームで便利になる「暗い場所を見えやすくする機能」が搭載され、視認性の確保が期待できます。

FPSなどの競技性の高いゲームにおすすめ!

価格が少し高くなりますが、本格的にゲームに取り組みたい人はこちらのモデルがおすすめです。

滑らかで美しい映像|I-O DATA ‎EX-LDF241SVB

メーカーI-O DATA(アイ・オー・データ)
リフレッシュレート75Hz
応答速度4ms
サイズ23.8インチ
スピーカー搭載
接続端子HDMI×2 / DisplayPort
こちらのゲーミングモニターの特徴
  • リフレッシュレート75Hz・応答速度4ms
  • 滑らかで美しい映像
  • VAパネルで高視野角、上下左右178°
  • 10段階色調整
  • 選べる5つのモードでゲームに適した設定が可能

EX-LDF241SVB」は、IO-DATAから発売されたゲーミングモニターです。

VAパネルを搭載し、視野角は上下左右178°です。

見る角度によって色やコントラストが変化することが少なく、どの角度から見ても美しい映像を体験できます。

HDMI端子が2つDisplayPortも搭載のため、PS4だけでなく、ゲーミングPCやAV機器など幅広く接続可能です。

反応速度が4msと、最近のモニターと比較すると若干遅い数値ですが、充分速い速度とPS4をプレイするにはまったく問題ない数値といえます。

上下左右178°の広視野角|Acer SA240YAbmi

メーカーAcer(エイサー)
リフレッシュレート75Hz
応答速度4ms(GTG)
サイズ23.8インチ
スピーカー搭載
接続端子D-Sub / HDMI
こちらのゲーミングモニターの特徴
  • リフレッシュレート75Hz・応答速度4ms
  • 15,000円台でIPSパネル搭載、クリアで美しい映像を楽しめる
  • パネル周りのフームをなくしたゼロ・フレームデザインにより臨場感アップ
  • フリッカーレス・テクノロジー搭載で眼精疲労を軽減

SA240YAbmi」は、約1.5万円台でIPSパネルを搭載しているため、美しい映像を安い金額で購入可能。

可変リフレッシュレート同期機能により、ティアリング(画面のズレ)を抑えるので、ゲームに特化した環境をつくれます。

フリッカーレス・テクノリジーとブルーライトシールドを搭載しているため、眼精疲労を抑えられ、ゲームをしていても疲れません。

「金額を抑えたいけどキレイな映像は妥協したくない」という人におすすめです。

コスパ良しの世界人気ブランドモニター|AOC C24G2/11

メーカーAOC(エーオーシー)
リフレッシュレート165Hz
応答速度1ms
サイズ23.6インチ
スピーカーなし
接続端子D-Sub / HDMI×2 / DisplatPort
こちらのゲーミングモニターの特徴
  • 高速リフレッシュレート165Hz・応答速度1ms
  • 湾曲VAパネル搭載でゲームの没入感がアップ
  • 20段階のカラー設定が可能で自分好みにカスタマイズ
  • ゲームに合わせた設定を瞬時に調整
  • HDRエフェクトモードであらゆる場面をHDR化

C24G2/11」は、世界117か国以上で展開しているAOCから発売されたゲーミングモニターです。

2万円台でリフレッシュレート165Hz、反応速度が1msとコストパフォーマンスが高いため、安くて反応が速いゲーミングモニターをお探しの人におすすめです。

明るい画面や暗い画面でも見やすく設定するシャドウコントロールを搭載しているため、くっきりとした美しい映像でゲームを楽しめます。

FPSや格闘ゲーム、レースゲームなど、画面を激しく動かすゲームにおすすめ

144HzなのでPS4だけで使うにはオーバースペックですが、今後PCへの移行を考えている人にはかなりおすすめのモデルです。

長時間の使用でもラグのないシャープな映像表現|BenQ GL2480

メーカーBwnQ(ベンキュー)
リフレッシュレート75Hz
応答速度1ms
サイズ24インチ
スピーカーなし
接続端子DVI / D-Sub / HDMI
こちらのゲーミングモニターの特徴
  • リフレッシュレート75Hz・応答速度1ms
  • 目にやさしいアイケア技術搭載
  • カラーユニバーサルモードで赤や緑の量をカスタマイズ

GL2480」は、人気ブランドBenQから発売されたゲーミングモニターです。

リフレッシュレートは75Hz、反応速度は1msと、FPSや格闘ゲームでも問題なく快適に遊ぶことができます。

コンテンツ内の輝度を検知するブライトネスインテリジェンステクノロジーにより、自動的に美しい画像を最適化してより見やすい表示に。

スタイリッシュかつケーブルの収納が可能なデザインは、インテリアやケーブルの邪魔にならず、スッキリとした空間をデザインします。

美しさと速さを両立したゲーミングモニター|LG UltraGear 24GN600-B

メーカーLG(エルジー)
リフレッシュレート144Hz
応答速度1ms
サイズ23.8インチ
スピーカーなし
接続端子 HDMI×2 / DisplayPort
こちらのゲーミングモニターの特徴
  • リフレッシュレート144Hz・応答速度1ms
  • IPSパネルで広視野角
  • ハイダイナミックレンジ(HDR)に対応で色彩豊かに表現
  • 暗いシーンでも認知しやすいゲーミング機能で勝利をサポート
  • 画面のカクつきを抑える機能で遅延防止
  • 今後PCの購入を検討している人におすすめ

UltraGear 24GN600-B」は、韓国の有名ブランドLGから発売されたゲーミングモニターです。

リフレッシュレートが144Hz、反応速度1msのゲーミングモニターが2万円台で購入できるため、コスパが高く、速さと美しさの両方を得られます。

HDR、DASモードに対応しているため、リアルな映像と遅延を抑えることで、よりゲームに没入できます。

よりなめらかな映像で遊びたい人におすすめのモニターです。

暗いシーンを明るく見やすく処理してくれるので、FPSなどで敵を見つけやすい!

144Hzなので、今後PCへの移行を考えている人におすすめのモデルです。

豊富な機能でゲームライフをサポート|Dell S2721HS

メーカーDell(デル)
リフレッシュレート75Hz
応答速度4ms
サイズ27インチ
スピーカーなし
接続端子 HDMI / DisplayPort
こちらのゲーミングモニターの特徴
  • リフレッシュレート75Hz・応答速度1ms
  • 20000円台で27インチモニターが買える
  • AMD Free Sync対応でチラつきなくゲームを遊べる
  • 縦横の回転や上下左右の角度調整ができるため好きな位置に設置可能

S2721HS」は、Dellから発売されたゲーミングモニターです。

2万円台と購入しやすい価格ながら、映像をきれいに映すIPSパネルを搭載し、27インチの大きい画面がゲームへの没入感をより高めます。

AMD Free Syncという機能が画面のチラつきを軽減するため、FPS・MMORPGなどジャンルを問わず楽しめます。

フレームレスデザインでより画面が見やすい|AOPEN 22ML2Qbix

メーカーAOPEN(エーオープン)
リフレッシュレート75Hz
応答速度1ms
サイズ21.5インチ
スピーカーなし
接続端子D-sub / HDMI
こちらのゲーミングモニターの特徴
  • リフレッシュレート75Hz・応答速度1ms
  • 10000円台でIPSパネル搭載のゲーミングモニターが購入できる
  • AMD Free Sync対応で画面の遅延を抑える
  • Zero Frameデザインで画面が見やすい

22ML2Qbix」は、世界的人気メーカーacerの子会社AOPENからは発売されました。

1万円台なので初めてのゲーミングモニターとして購入しやすく、画面の遅延を抑えるAMD Free Sync機能でなめらかにゲームを体験できます。

Zero Frameデザインを採用していて画面が見やすく、目にやさしい機能が搭載されているため、目の疲れも軽減。

PS4用に初めてゲーミングモニターの購入を考えている人にとって、コスト以上のパフォーマンスを体験できます。

4K画質が3万円切り!|JAPANNEXT JN-T2888UHDR

メーカー‎JAPANNEXT(ジャパンネクスト)
リフレッシュレート60Hz
応答速度2ms
サイズ28インチ
スピーカー搭載
接続端子HDMI×2 / DisplayPort×2
こちらのゲーミングモニターの特徴
  • 2万円台で4KHDR対応
  • 4Kの圧倒的な解像度を28インチで表現
  • FreeSync2対応でどんなフレームレートでも滑らかに表現
  • ゲームモード機能搭載で視認性アップ
  • 充実したインターフェイスででゲーム機をケーブル1本で接続
  • 4K対応のPS4 Proにおすすめ

JN-T2888UHDR」は、日本で液晶ディスプレイを販売しているメーカーJAPANNEXTから発売された4Kモニターです。

2万円台で4K HDRに対応し、ゲームモード機能なども搭載しているコスパが高いモニターです。

リフレッシュレートが60Hzと低い数値ですが、PS4を遊ぶ場合には問題ないスペックで、それを上回る圧倒的解像度で現実に近い映像を楽しめます。

PS4は4Kに対応していないため、真価を発揮することはできませんが、PS4 Pro所有の人にはとてもおすすめのゲーミングモニターです。

Apexに最適の応答速度|I-O DATA EX-LDGC271TB

メーカーIO-DATA(アイ・オー・データ)
リフレッシュレート75Hz
応答速度0.5ms
サイズ27インチ
スピーカー搭載
接続端子HDMI×2、DP×1、D-Sub×1
こちらのゲーミングモニターの特徴
  • 応答速度「0.5ms」でApex用に最適
  • 背面は七色にロゴが光るイルミネーションを搭載
  • ゲームの暗いシーンをより鮮明に映し出すことができる「Night Clear Vision」
  • 3辺フレームレス

I-O DATA EX-LDGC271TB」は「スルーモード機能」や「オーバードライブ機能」により、動きの速いシーンの残像感を低減してくれます。

FPSゲームとの相性がバッチリ!

フリッカーレス機能」や「ブルーリダクション機能」により、目の疲れも軽減できます。

お値段も2万円弱と、機能の豊富さを考えれば妥当でしょう。

PS4ゲーミングモニターのよくある質問

PS4でゲーミングモニターを使う際によくある質問をまとめました。

モニターの接続方法が知りたい

HDMIやDisplayPortなど、端子の種類はいろいろありますが、PS4にはHDMI端子しかありません

注意点は、PS4 Proで4Kモニターを使用する際に「HDMI2.0以降のケーブル」が要ること。

HDMIにはバージョンが数種類あり、それぞれ対応しているリフレッシュレートと解像度が異なります。

付属しているHDMIケーブルを使えば問題ありません!

PS4でモニターを使う意味がない理由

PS4はSlim・Pro問わず、ハードそのものが60Hzにしか対応していません

TVでプレイするのと、ゲーミングモニターでプレイするのでは大差ないので、無理にゲーミングモニターを選ばなくても良いといわれています。

とはいえ、応答速度やカクつきを抑えたいならゲーミングモニターは必須です。

PS5向けとPS4向けではどんな違いがある?

PS4 / PS5向けモニターというものはありませんが、PS5であれば最大120fpsまで出るので、120Hz対応モニターがいいでしょう。

120Hzだと応答速度にも着目する必要があるので、その点も合わせてモニターを選んでください。

PS4ゲーミングモニター | まとめ

本記事では

を紹介しました。

ゲーミングモニターは、自分のゲームのプレイの質を上げてくれるアイテムです。

良いゲーミングモニターを使ってゲームを楽しんでください。

なお、こちらの記事では「おすすめのゲーミングモニター」を総合的にまとめていますので、ぜひ参考ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。