おすすめのゲーミングPC

FF14に必要なPCのスペックとは?おすすめのゲーミングPC5選も紹介!

こんにちは!光の戦士ことゲーム大好きシルバー( @game_chu_s)です!

「FF14をプレイしたいけど必要なスペックが分からない」
「FF14をプレイできるゲーミングPCが欲しい」
「FF14を快適にプレイするための環境が知りたい」

そういう悩みを持つ方も多いのではないでしょうか?

本記事ではFF14をプレイするために必要なスペックの解説と、FF14を快適にプレイできるおすすめのゲーミングPCを紹介します。

快適な環境をつくり、光の戦士になりましょう!

この記事の監修者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。ガジェット・家電のレビューサイト「マクリン」を運営しています。「家電最前線」のパーソナリティ、「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動。合同会社makuri代表。プロフィール詳細

FF14をPCでプレイするメリット

FF14をPCでプレイするメリットは下記3つです。

詳しく紹介していきます!

グラフィックがきれい

PCでプレイするメリットは、きれいな映像でFF14をプレイできることです。

PS4やPS5と比べても、最新のゲーミングPCでプレイした方が映像がきれいです。

ゲーミングPCのほうが「GPU」のグラフィック性能が高いため、高解像度で映像を出力できます。

高フレームレートで映像がカクつかない

フレームレートとは「1秒あたりのフレーム数がどのくらいあるか」の数値です。

フレームレートは「【図解&動画あり】ゲームにおけるフレームレートの重要性を徹底解説!」でくわしく解説しています。

PS4でフルHDの画質で30FPSなのに対し、ゲーミングPCは60FPS・144FPSといった高フレームレートの環境でFF14をプレイできます。

綺麗な画質をヌルヌル動かせるイメージです!

チャットが使いやすい

FF14はキーボードを持たなくてもコントローラーから定型文を選択できます。

しかし、PCのキーボードであれば、好きな会話を自由に楽しめることができますよ。

ゲームにチャットは不要と思うかもしれまんが、オンラインで知り合った仲間と会話を楽しむこともMMORPGのメリットです!

FF14をプレイするために必要なスペック

FF14をPCでプレイするためには、一定のスペックを満たさなければプレイに支障をきたします。

ここでは下記2つについて紹介します。

必要なスペックについて紹介していきます!

FF14をプレイするために必要なスペック

FF14を起動させるのに必要なスペックを下記表にまとめました。

OSWindows8.1 64bit、Windows10 64bit
CPUIntel Core i5 2.4GHz以上
GPUNVIDIA Geforce GTX750以上
AMD Radeon R7 260X以上
メモリ4GB以上
ストレージ80GB以上
DirectxDirectx11
インターネットブロードバンド接続

暁付きのフィナーレ以降、2021年5月15日現在で想定される必要最低限な環境です。

漆黒のヴィランズまではストレージが60GB以上必要ですが、他は変わりません。

FF14を快適にプレイするための推奨スペック

FF14が快適にプレイできる推奨スペックを下記表にまとめました。

OSWindows8.1 64bit、Windows10 64bit
CPUIntel Core i7 3.0GHz以上
GPUNVIDIA Geforce GTX970以上
AMD Radeon RX480以上
メモリ8GB以上
ストレージ80GB以上
DirectxDirectx11
インターネットブロードバンド接続

2021年9月現在、ショップやメーカーで販売しているゲーミングPCは、FF14の推奨スペックをクリアしているモデルが多いです。

よくわからない方は、中古ではなく新品のゲーミングPCを購入すれば問題ありません。

これから購入を考えている方は、最新のものを選べば間違いありません!

FF14を楽しめるゲーミングPCの選び方

ゲーミングPCを選ぶポイントは下記5つです。

ゲーミングPCを選ぶ

FF14を楽しくプレイするためにはゲーミングPCが必要です。

平たく書くと、GPU(グラフィックカード)を搭載したPCのことです。

GPUを搭載していないPCの場合、FF14がまともに動作しません。

デスクトップPCの方が高スペックですが、持ち運びが必要な方は、ゲーミングノートPCがありますので自分に合ったPCを選びましょう。

CPUはcore i 5以上

CPUはPCの脳といわれるパーツで、色々な計算を素早く行います。

Intel社とAMD社の2社がありますが、詳しくない方はIntel社のCoreシリーズの中からCore i5がおすすめです。

Core i3でも十分なスペックですが、価格差があまりないのでCore i5の方がお得です。

上位モデルのCore i7 またはCore i9というモデルもありますが、上位モデルに位置しているCPUであるため、FF14を楽しむことが目的ならオーバースペックになりかねません。

AMD社が好きな方は、RyzenシリーズからRyzen5を選びましょう。

今回Ryzenを推奨しなかった理由としては、現時点ではIntelCPUの方が金額が安いからです。

CPUは金額も高くなるため、予算と相談しましょう。

メモリは16G以上

メモリは推奨スペックでも8GBと記載されていますが、僕は16GBをおすすめします。

ゲームを行うだけなら8GBでも十分問題ありません。

しかし、ゲームをしながらブラウザで攻略方法を調べたり、ゲーム状況を配信することもめずらしくない中で、8GBよりメモリを積んだ方が便利な場面が多くあります。

16GB以上を求められるゲームもありますので。可能であればメモリは増設した方が良いですよ!

GPUはRTX1660かRTX3060

GPUはゲーミングPCにとって1番重要な位置にあたるパーツになりますので、くわしく知りたい方は「グラフィックボードとは? 自作PC初心者でも分かるよう丁寧に解説」を参考してみてください。

GPUはNVIDIA社とAMD社の2社から製造されています.

NVIDIAAMD 
RTX3090Radeon RX6900金額が高い(ハイエンド)
RTX3080Radeon RX6800金額が高い(ハイエンド)
RTX3070Radeon RX6700金額が高い(ハイエンド)
RTX3060Radeon RX6600金額は中間(ミドルエンド)
GTX1660Radeon RX5600金額は中間(ミドルエンド)
GTX1650Radeon RX5500金額が安い(エントリーモデル)

NVIDIA社のRTXシリーズは、リアルタイムレイトレーシングと呼ばれる映像処理が可能な高性能GPUです。

注意
GTXシリーズはリアルタイムレイトレーシング非対応です。

一方、ライバルであるAMD社のRadeonシリーズは、6000番台からリアルタイムレイトレーシングに対応しました。

ここで再度、FF14の推奨スペック内GPUをおさらいしましょう。

FF14の推奨スペック(GPU)

NVIDIA® Geforce® GTX970 以上
AMD Radeon™ RX 480 以上

推奨スペックからNVIDIA社ならRTX3060またはGTXなら1660、AMD社ならRadeon RX6600クラスのミドルエンドクラスで十分楽しめるでしょう。

GPUにはより上位モデルがありますが、金額も高くなり、オーバースペックになりがちです。

FF14だけにフォーカスするならRTX3060相当、配信もしたいならRTX3070相当で十分だと考えます。

補足ですがPS4はGTX750Ti相当、PS5でもひと世代前のRTX2060相当のGPU性能といわれています。

したがって、RTX3060のミドルモデルを搭載していれば、最新のゲーム機以上の性能を持つと考えて良いと思います。

ゲーミングPCの肝になるパーツなので、予算と目的に合わせてえらびましょう。

GPUはゲーミングPCでも特に重要なパーツなので、予算と目的に合わせたものを選びましょう!

ストレージはSSDを選ぶ

ストレージは現在、HDD(ハードディスクドライブ)SSD(ソリッドステートドライブ)の2種類があります。

特徴は下記表を参考してください。

ストレージスピード容量
HDD(ハードディスクドライブ)読み込み・書き込みが遅い容量が大きい(4TB以上など)
SSD(ソリッドステートドライブ)読み込み・書き込みが速い容量が小さい(最大1TBなど)

SSD搭載PCであれば電源を入れる際にPCが速く立ち上がったり、ファイルの読み込みも速くなります。

1度SSDの速さを体験すると、HDDに戻ることは難しく感じるほどにSSDは体感的に速く処理してくれます。

2021年現在、SSDより高速なNVMe SSDというストレージが主流となり、ゲーミングPCのストレージで組まれています。

PCに詳しくなると、最初はSSD搭載のモデルを購入した後に容量が大きいHDDを増設することで、ストレージの容量問題を解決できたりもしますよ!

容量に比例して金額も高くなるので、最低500GBくらいを目安にすると良いと思います

ゲーミングPCを購入する際の注意点

ゲーミングPCを購入する際の中点は下記3点です。

中古は避ける

中古PCは金額を安く抑えるメリットがありますが、金額を抑えるためにはPCの知識が必要です。

例えばCPUは何世代前なのか?メモリの規格は?GPUはFF14を楽しめるためののパワーがあるのか?といったことに即答できるかどうかです。

知識不足で安さ重視でPCを購入したけどスペックが足らず、パーツ交換等で新品PCを買う以上にお金がかかったという話もよく聞きます。

メルカリなどでも詳しくないために低スペックPCを高額で購入してしまったという事を避けるためにも詳しいPC知識がない方は中古は避けるべきです。
 

低スペックPCを選ばない

新品のPCの場合でも低スペックPCを選ぶことは避けましょう。

安いPCはGPUが搭載していなかったりCPUが弱い、またはメモリが足りていないことが考えられます。

よくわからない方は定員さんに聞いたりインターネットで調べてから購入することが大事です。

よく調べずにGPUを搭載しないPCを購入してしまったらゲームができません。

最低10万円以上はかかる

ゲーミングPCの予算としては10万円以上と覚えておきましょう。

理由としては安いGPUだったとしても5万円はかかり、その他パーツも普通のPCよりも高性能なものを使用しているからです。

とても大きな出費になりますが、BTOメーカーなどは分割手数料を負担してくることもありますので利用しましょう。

最大48回まで分割手数料が無料のメーカーもありますよ!

FF14におすすめするゲーミングPC5選

僕がおすすめするゲーミングPCを5つ紹介します。

評価基準はCPUがCore i5以上、メモリ16GB以上、GPUがRTX3060またはGTX1660以上、SSDを搭載している点です。

それではくわしく紹介していきます。

コスパ最強ゲーミングPC|ドスパラ GALLERIA RM5C-G60

CPUCore i5 11400
GPUGeForce GTX1660 6G
メモリ16GB
ストレージNVMe SSD500GB/HDDなし
OSWindows10 Home 64bit

GALLERIA RM5C-G60は、ゲーミングPCメーカーDospara(ドスパラ)から発売されたゲーミングPCです。

RM5C-G60はCPUが最新の第11世代Core i5を搭載し、ストレージは高速のNVMe SSDを搭載しています。

1番のメリットは、最新CPUと高速SSDを搭載しながら、税込み139,980円と15万円を切る金額で発売しているところです!

分割払い最大48回まで手数料無料なので、月々の支払は月約3,400円です。

GPUがGTX1660とリアルレイトレーシング非対応が残念ポイントですが、FF14をプレイするには全く問題なく楽しめます。

なるべく費用を抑えたいという方は必見です!

ハイエンドCPUを搭載|mouse G-Tune PM-B-1660Ti

CPUCore i7 10700F
GPUGeForce GTX1660Ti 6G
メモリ16GB
ストレージNVMe SSD512GB/HDDなし
OSWindows10 Home 64bit

mouse G-Tune PM-B-1660Tiは、ゲーミングPCメーカーmouseより発売されたゲーミングPCです。

 PM-B-1660Tiは、CPUに第10世代のハイエンドモデルCore i7を搭載しています。

GPUはGTX1660Tiを搭載し、GTX1660の上位モデルで処理速度がGTX1660よりも早くなります。

上位CPUを搭載していることもあり、FF14のプレイには全く支障ありません。

また、配信などを目的にしている方にもこちらのCPUであれば問題なく配信できます。

ゲーム以外に動画編集にも興味がある方におすすめです。

FF14推奨ゲーミングPC|パソコン工房 LEVEL-R059-117-RBX-XI

CPUCore i7 11700
GPUGeForce RTX3060 12GB
メモリ16GB
ストレージNVMe SSD1TB/HDDなし
OSWindows10 Home 64bit

LEVEL-R059-117-RBX-XIVは、パソコン工房がFF14推奨PCとして発売されたゲーミングPCです。

推奨PCといわれるだけあり、スペックは高いものとなっております。

CPUは第11世代Core i7を搭載し、GPUはRTX3060を搭載、ストレージはより高速なNVMeの1TBと、購入後にパーツの増強などしなくても問題ない仕様です。

ただし、高スペックゆえに金額が税込み191,378円からとなりますが、こちらも48回まで金利が0円のショッピング決済がありますので有効活用しましょう。

ある程度高スペックのPCを購入して長く遊びたいという方におすすめのPCとなります。

1TのM.2SSDを搭載|TSUKUMO G-GEAR GA5J-D211T_CP3

CPUCore i5 10400
GPUGeForce RTX3060 12GB
メモリ16GB
ストレージNVMe SSD1TB/HDDなし
OSWindows10 Home 64bit

G-GEAR GA5J-D211T_CP3は、ゲーミングPCメーカーのTSUKUMOから発売されたゲーミングPCです。

GPUは高性能RTX3060を搭載し、ストレージは高速のMVMeSSDの1TBと、容量ともに問題なくFF14を楽しめるスペックです。

マニアックな残念ポイントは、CPUが1世代前の第10世代ということくらいですが、些末な問題でFF14をプレイにする上ではまったく問題はありません。

これほどの高スペックですが、金額は税込み154,980円からとコスパが高く、ショッピングクレジットも使用できますので活用しましょう。

コストパフォーマンス性を重視している方におすすめのPCです。

144Hzの高リフレッシュレートモニター搭載|ドスパラ GALLERIA RL5C-R35T

CPUCore i5 11400H
GPUGeForce RTX3050Ti 4GB
メモリ16GB
ストレージNVMe SSD512GB/HDDなし
OSWindows10 Home 64bit

GALLERIA RL5C-R35Tは、上記でも紹介したドスパラから発売されたゲーミングノートPCです。

ゲーミングノートPCを選ぶ際はある程度高スペックのものを選ぶことが重要です。

理由はノートPCの場合デスクトップPCと比べると処理性能がやや劣るからです。

GALLERIA RL5C-R35Tは、6コア12スレッドのCore i5 11400H、GPUはRTX3050Tiを搭載しているため、デスクトップPCユーザーと比べても負けないスペックとなっております。

ノートPCの利点を生かし好きな場所でFF14をプレイできます。

通信もWiFi6に対応しているため、高速でオンラインゲームを遊べ、ラグがひどくてゲームができないということはありません。

金額は税込み149,980円と、高く感じてしまう方も多いと思います。

しかし、ノートPCの良いところはデスクトップと違い、液晶とキーボードが搭載されていることです。

そのため、144Hzのゲーム液晶と光るゲーミングキーボードのフルセットと考えると、とても安く購入できますね。

ゲーミングノートPCを求めている方は必見です。

【注意】FF14を144FPSでプレイするにはゲーミングモニターが必要

FF14をゲーミングPCでプレイする際に注意したいのが、ゲーミングモニターでプレイすることです。

普通のモニターとゲーミングモニターの違いを一言でいうと、リフレッシュレートになります。

ゲーミングモニターの特徴は以下の3つあります。

ゲーミングモニターは高リフレッシュレート

リフレッシュレートとは「1秒間に画面が切り替わる回数のこと」です。

ゲーミングモニターに144Hz(ヘルツ)と記載があるモニターは、1秒間に144回画面が切り替わることを指します。

ゲーミングPCのメリットであるフレームレート(FPS)が高い性能を発揮するには、リフレッシュレートが高いモニターで出力しなければ性能を生かしきれません。

144FPSでゲームをプレイしたいと思うなら、144Hz対応のゲーミングモニターを選びましょう。

リフレッシュレートが高い数値ほど画面が滑らかに動きます。

ゲーミングモニターには現在144Hzと240H対応のものがあります。高い数字の方がより高いフレームレートに対応してます!

ゲーミングモニターは反応が速い

ゲーミングモニターのもう一つの特徴に反応速度(ms)があります。

反応速度については【意外と重要】ゲーミングモニターにおける応答速度とは?1msにこだわろう!で詳しく紹介していますので参考にしてみてください。

ゲーミングモニターには1msや5msといった表記があります。

これはモニターの色が別の色に変わるまでの時間を表し、「1ms=0.1秒」となります。

素早い反応速度を行うことで色の変化にメリハリをもたせ、映像のブレや残像を防ぎキャラクターの輪郭をハッキリをさせます。

普通のモニターでも60FPSは出る

補足ですが、普通のモニターでも60FPSでゲームをプレイすることは可能です。

PS4など家庭用ゲーム機を遊ぶ場合は、テレビにつないでゲームをすることが多いですが、テレビのリフレッシュレートは通常60Hzなので、最大60FPSでゲームをプレイします。

したがって、普通のモニターでも家庭用ゲーム機と同じフレームレートでプレイできるため、モニターが普通だから性能が悪いという意味ではありません。

あくまでゲームにより特化した環境を作りたい場合は、ゲーミングモニターも検討することをおすすめします。

まとめ:ゲーミングPCで快適にFF14をプレイしよう

本記事はFF14を快適にプレイする上でおすすめのゲーミングPCについて解説しました。

FF14は3Dゲームとしては軽いといわれるMMORPGゲームです。

しかし、軽いといってもGPUを搭載していない普通のPCだと、快適にプレイすることは難しいでしょう。

快適にプレイするにはGPUを搭載したゲーミングPCが必須です。

より滑らかにプレイしたい方はゲーミングモニターでプレイすると、ストレスゼロでゲームに集中できますよ!

とはいえゲーミングPCは最低10万円以上はする高い物なので、最初はゲーミングPCのみ購入し、もっと快適なプレイを希望する時にモニターを購入すると良いでしょう。

ぜひ快適な環境で素敵なゲームをプレイしてみてください。

また、こちらの記事ではおすすめのゲーミングPCを総合的に紹介していますので、合わせてぜひご覧ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です