楽天お買い物マラソンにエントリー

EDIFIER W220T(Lolli 3)をレビュー!7千円台でSnapdragon Sound対応の完全ワイヤレスイヤホン

評価:3.5

どうも、ワイヤレスイヤホンの音質にこだわるマクリン( @Maku_ring)です。

音質に影響を与える要素はさまざまですが、音声の圧縮方式であるコーデックや解像度の高さもその一つ。

標準的なSBCやAACより、一部のイヤホンが対応するaptXaptX Adaptiveのほうが高音質です。

また、解像度が24bit/96kHz(ハイレゾ)であれば、音がより細かく忠実に再現されます。

そんななか、7千円台でこれらをそなえるイヤホンが「Edifier W220T」が登場しました。

EDIFIER Lolli 3の外箱

本機は、aptX AdaptiveやaptX VoiceをサポートするSnapdragon Soundに対応しています。

対応端末は限られるものの、より高音質・高解像度の音楽を楽しめるツウなイヤホンです。

さらにはQualcomm QCC3056のBluetoothチップを採用し、高速性と安定性をかねそなえたBluetooth 5.3 + LDSアンテナも搭載しています。

蒸れにくいインナーイヤー型のため装着性も快適で、サウンドも軽快で聞きやすく、日常使いにもぴったりです。

そこで本記事では「EDIFIER W220T(Lolli 3)をレビュー!7千円台でSnapdragon Sound対応の完全ワイヤレスイヤホン」について書きます。

ご提供品

本記事はメーカー様から商品を提供いただき作成しています。

メリット
  • 軽快でボーカル重視のサウンド
  • 軽くてスッキリした装着感
  • Snapdragon Sound対応
  • 専用アプリ対応
  • IP54の防水防塵
デメリット
  • ANC・外音取り込み非対応
  • ワイヤレス充電非対応
  • 装着センサー非搭載
  • AACコーデック非対応

この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動し、22年4月には書籍「マクサン式Webライティング実践スキル大全」を出版。株式会社makuri 代表取締役。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

Edifier W220T(Lolli 3)の概要

Edifier W220T」は防水・防塵仕様(IP54)の完全ワイヤレスイヤホンです。

EDIFIER Lolli 3の外箱とイヤホン

防水・防塵規格IP54
「5等級の防塵性能と4等級の防水性能(生活防水仕様)をもつ」という規格。多くのワイヤレスが防水のみのところ、防塵までそなえています。
製品名 Edifier W220T
防水・防塵規格 IP54
接続方式 Bluetooth 5.3
対応コーデック SBC / aptX / aptX Adaptive
重量 イヤホン約9g / ケース込み約41g
バッテリー(最大) イヤホン単体:約6時間
ケース込み:約24時間
ドライバー 13mmダイナミックドライバー
充電方式 USB-C
装着検出機能
ANC
外音取り込み
専用アプリ
マルチポイント
Snapdragon Sound
価格 7,990円

 
カラーはブラックとホワイトの2種類で、無彩色でありながらどちらも光沢感がありポップさを感じさせます。

EDIFIER Lolli 3のブラックカラー
EDIFIER Lolli 3のホワイトカラー
 
イヤホンはスティック形状ながら、丸っこいフォルムがかわらしい、黒のボディに白のロゴが目に留まるデザインです。

EDIFIER Lolli 3のイヤホン外観(外面)
 
軸部分はAirPods Proよりわずかに伸びている程度で、気になるほどの長さではありません。

EDIFIER Lolli 3とAirPods Proのイヤホン比較
 
ただし装着センサー非搭載で、耳からの脱着にともなう音楽再生・停止には対応していないので注意ください。

EDIFIER Lolli 3のイヤホン外観(内面)
 
ケースはプラスチック色強めの光沢感あるボディですが、開閉時の抵抗感がほどよく、見た目ほどの安っぽさは感じません。

EDIFIER Lolli 3のケース外観
 
重量はイヤホン単体で約9g、ケースふくめ約41gと、かなりの軽量モデルです。

EDIFIER Lolli 3のイヤホン重量は約9g
EDIFIER Lolli 3のケース込み重量は約41g
 
ケースは約47 x 56 x 26 mmで、AirPods Proより若干細身のサイズ感です。

EDIFIER Lolli 3のサイズは約47 x 56 x 26 mm
EDIFIER Lolli 3とAirPods Proのケース比較
 
インナーイヤー型でイヤーチップ不要のため、付属品はイヤホン本体とUSB C to Aケーブルのみです。

EDIFIER Lolli 3の付属品

 

EDIFIER NeoBuds Pro・TWS NB2 Pro・TWS1 PROとのスペック比較

同社のフルワイヤレス「NeoBuds Pro」「TWS NB2 Pro」「TWS1 PRO」との比較は以下のとおりです。

左スライドで全表示

製品名 Edifier W220T
EDIFIER Lolli 3
NeoBuds Pro
Edifier NeoBuds Pro
TWS NB2 Pro
EDIFIER TWS NB2 Pro
TWS1 PRO
EDIFIER TWS NB2 Pro
防水規格 IP54 IP54 IP54 IP65
接続方式 Bluetooth 5.3 Bluetooth 5.0 Bluetooth 5.0 Bluetooth 5.2
対応コーデック SBC / aptX / aptX Adaptive SBC / AAC / LHDC / LDAC SBC / AAC SBC / aptX / aptX Adaptive
重量(イヤホン / ケース込み) 約9g / 約41g 約10g / 約37g 約12g / 約54g 約10g / 約44g
バッテリー(最大) イヤホン単体:6時間
ケース込み:24時間
イヤホン単体:6時間(ANCで5時間)
ケース込み:24時間(ANCで20時間)
イヤホン単体:9時間(ANCで7時間)
ケース込み:32時間(ANCで25時間)
最大12時間
最大42時間
ドライバー 13mmダイナミックドライバー 10mmダイナミックドライバー
Knowles製バランスド・アーマチュアドライバー
10mmダイナミックドライバー デュアル・バランスド・アーマチュアドライバー
充電方式 USB-C USB-C USB-C USB-C / ワイヤレス
装着検出機能
ANC ×
外音取り込み ×
専用アプリ
マルチポイント
Snapdragon Sound
価格 7,990円 13,999円 10,348円 7,599円

TWS1 PROは、機能はしぼられているものの、ワイヤレス充電対応かつバッテリー性能も最長。

IP65の防水防塵性能ももち、スポーツ時に使いたい人・充電が面倒な人におすすめです。

NeoBuds Proは同社のハイエンド機で、音質・ANCともに最高品質をほこります。

TWS NB2 ProもANC・アプリ対応と、同等の機能を備えているものの、性能面ではひと回り劣るので、装着センサーがどうしても欲しい人以外はNeoBuds Proがいいでしょう。

同社のイヤホンの中でも、W220TはエントリーモデルのTWS1 PROに近い位置づけです。

それにもかかわらず、音質面ではSnapdragon Soundに対応しています。

Snapdragon Soundとは
aptX Adaptiveの96kHz/24bit(ハイレゾ)再生や低遅延などをサポートする、米クアルコム開発のオーディオソリューションです。

Edifier W220Tは、対応端末は限られるものの、XiaomiなどのAndroidスマホを持つ人なら買いのイヤホンです。

EDIFIER W220Tのレビュー

Edifier W220Tの特徴を紹介します。

 

単体6時間、ケース込み24時間のバッテリー性能

Edifier W220Tはイヤホン単体で最大6時間、ケースふくめ最大24時間と、少し短めのバッテリー性能です。

EDIFIER Lolli 3のケースにイヤホンが収まっている様子
 
ケース背面にはUSB Type-Cポートを搭載し、10分の充電で1時間再生できる急速充電にも対応しています。

EDIFIER Lolli 3のケース外観

ただし、ワイヤレス充電には非対応ですので注意ください。
 

シンプルながら専用アプリ対応

Edifier W220Tは専用アプリ「Edifier Connect」に対応し、以下の機能がそろっています。

アプリの機能
  • サウンドエフェクト
  • ゲームモード
  • 時限シャットダウン
  • プロンプトボリューム
  • 操作カスタマイズ

Edifier Connect

Edifier Connect

BEIJING EDIFIER TECHNOLOGY CO.,LTD.無料posted withアプリーチ

 
ダッシュボードではイヤホンの画像が表示され、バッテリー残量の確認が可能です。

EDIFIER Lolli 3専用アプリのダッシュボード画面
 
そこから横にスライドすると、サウンドエフェクト画面に移ります。

EDIFIER Lolli 3専用アプリのイコライザー設定

自由なイコライザー調整はできませんが、4種類のプリセットから好きなエフェクトを選べます。

さらに右にスライドすると、最小89msの低遅延を実現するゲームモードの切り替えが可能です。

EDIFIER Lolli 3専用アプリのゲームモード
 
右上の六角形アイコンを押すと設定画面に移り、さまざまな機能にアクセスできます。

EDIFIER Lolli 3専用アプリの設定画面
 
設定時間が過ぎたらイヤホンの電源を自動的に落とす「時限シャットダウン」や、アナウンスの音量を調整できる「プロンプトボリューム」なども用意されています。

EDIFIER Lolli 3専用アプリの時限シャットダウン機能
EDIFIER Lolli 3専用アプリのプロンプトボリューム機能
 
また「ダブルクリック」「トリプルクリック」「長押し」の操作カスタマイズもできます。

EDIFIER Lolli 3のタッチ操作カスタマイズ機能
EDIFIER Lolli 3のタッチ操作カスタマイズ機能
マクリン
シンプルながら機能は豊富!

軽くスッキリした装着性

Edifier W220Tはイヤーチップのないインナーイヤー型で、カナル型に比べて装着感は開放的です。

EDIFIER Lolli 3を耳に装着した様子

重量も片耳約4gとマスク1枚ほどで、耳に負担をあまり感じないため、長時間使用でもまったく問題ありません。

本機は下図赤丸部のヘコんだ部分をグッと押し込む(ピンチする)ことで、各操作ができます。

EDIFIER Lolli 3のイヤホンのセンサー部

ただし、物理ボタンではなく、あくまでセンサーによる操作です。

iPhoneのホームボタンのようなイメージで、押し込み操作を感知して「ピッ」と音が鳴ります。

割り当てられている操作は以下のとおりです。

操作 L R
再生/停止 1クリック 1クリック
曲送り 2クリック 2クリック
曲戻し 3クリック 3クリック
音声アシスタント 長押し(2秒) 長押し(2秒)
受話 着信中に1クリック 着信中に1クリック
通話拒否 着信中に長押し(2秒) 着信中に長押し(2秒)
通話終了 通話中に1クリック 通話中に1クリック
MEMO
1クリック操作以外は、専用アプリからカスタマイズできます。

「操作性は悪くないけど少し慣れが必要」というのが正直な感想です。

マクリン
慣れると感覚が分かってきますが、最初はどれくらいの強さでつまめば良いのか分かりませんでした…。

また、グッとつまんでから反応音が鳴るまでにコンマ数秒かかるので、ちょっと違和感があります。

ただ、タッチセンサーも反応が悪い時がありますし、その点を踏まえるとご愛嬌かなと。
 

軽快でボーカル重視の音質

Edifier W220Tは重厚感には欠けるものの、クセのない軽快でライトなサウンドを楽しめます。

EDIFIER Lolli 3のイヤホン外観

細かい音の再現度が高く、低音はつぶれずに響き、シンバルなどの高音もしっかり捉えられます。

ボーカルを中心にパキッとした音で軽快に響くため、全体的にかなり気持ちいい仕上がりです。

音にこもりや鋭さもなく、苦手な人がいなさそうなシンプルな音質設計です。

マクリン
ポップスや音楽以外の動画を楽しむのにおすすめ!

ただし、あくまでも軽い聞き心地が売りのイヤホンのため、音の厚みや広がりは感じづらいです。

とはいえ、エントリーモデルのイヤホンとしては充分以上の完成度です。

EDIFIER W220T
音質
(3.5)
バッテリー(6時間)
(3.0)
装着性
(4.0)
操作性
(3.0)
総合評価
(3.5)

EDIFIER W220Tはこんな人におすすめ

Edifier W220Tは「ハイレゾ再生をお手軽に試してみたい人」におすすめです。

対応Androidスマホを持っていると、本機の真価をより発揮できるイヤホンでしょう。

装着感も文句なしで、長時間利用が多い人・耳蒸れが気になる人にもぴったりです。

同価格帯ならマルチポイント対応のEarFun Air Sや、ワンランク上のANC性能をもつSoundcore Life P3もおすすめです。

EDIFIER W220T(Lolli 3)レビューまとめ

本記事は「EDIFIER W220T(Lolli 3)をレビュー!7千円台でSnapdragon Sound対応の完全ワイヤレスイヤホン」について書きました。

Edifier W220Tは7千円台ながらSnapdragon Soundに対応し、aptX Adaptiveの96kHz/24bit(ハイレゾ)をサポートしています。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

メリット
  • 軽快でボーカル重視のサウンド
  • 軽くてスッキリした装着感
  • Snapdragon Sound対応
  • 専用アプリ対応
  • IP54の防水防塵
デメリット
  • ANC・外音取り込み非対応
  • ワイヤレス充電非対応
  • 装着センサー非搭載
  • AACコーデック非対応
YouTube
動画でも紹介しています。

EDIFIER NeoBuds Proをレビュー!圧倒的なANCと広がりが楽しいサウンドを両立した完全ワイヤレスイヤホン 【おすすめ】コスパ最強の安い完全ワイヤレスイヤホン20選【1万円台以下】【おすすめ】コスパ最強の安い完全ワイヤレスイヤホン20選【1万円台以下】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。