記事を探す方はサイトマップへ

Kindle Unlimitedと楽天マガジンの読み放題サービスを両方使っている4つの理由

どうも、電子書籍好きのマクリン(@Maku_ring)です。

紙の書籍を買うことがほとんどなくなりました。

特に雑誌は、電子書籍の読み放題サービスでほぼ網羅できるからです。

 

マクリン

しかも読み放題サービスの月額は、めっちゃリーズナブル!

 

安いものだと1冊、高いものでも2冊読めば、元が取れる価格設定です。

もちろん紙の雑誌には、付録が付くというメリットはありますが。

今や10社以上ある読み放題サービスで、僕はアマゾンの「Kindle Unlimited」と楽天の「楽天マガジン」を比較した上で、2つに登録しています。

1つだけ登録する人が多い中、僕はあえて2つにしています。

そんなわけで今回の記事は「Kindle Unlimitedと楽天マガジンの読み放題サービスを両方使っている4つの理由」について書いていきます。

 

 

 

Prime ReadingとKindle Unlimitedの違い、Amazon読み放題サービスを徹底(?)比較!
メモを取る時に使えるおすすめスマホ・タブレット(iPad)用タッチペン
仕事で使えるおしゃれで便利な最新ガジェット・オフィス文房具6選!

Kindle Unlimitedと楽天マガジンを両方使っている4つの理由

両方登録しても月額1,360円である

サービス月額(税抜き)対応無料体験
Kindle Unlimited980円PC、タブレット、スマホ30日間
楽天マガジン380円タブレット、スマホ31日間

 

各社こぞって参入しているおかげもあり、読み放題サービスの月額設定はかなり安くなっています。

楽天マガジンは安い方、Kindle Unlimitedは高い方なのですが、両者を合わせても月額1,360円です。

両者に登録してもひと月で雑誌3冊以上読めば、読み放題サービスを使ったほうがお得になるのです!

 

マクリン

これってすごくないですか?

 

ひと月に雑誌3冊であれば、大抵の人は習慣的に読むペースでしょう。

また両サービスには、約1ヶ月の無料期間が付いています。

僕はあくまで両登録をおすすめしますが、この期間で両者を比較してじっくり見極めることもできます。

なお、Kindle Unlimitedはタブレット・スマホの他にPCでの閲覧もできますが、楽天マガジンはPCに対応していません。

その点だけご注意ください。

 

 

 

両者で扱っている書籍の種類が異なる

実はKindle Unlimitedと楽天マガジンでは、扱っている本の種類が異なります。

 

サービスジャンル冊数
Kindle Unlimitedオール約18万冊
楽天マガジン雑誌約200誌

 

楽天マガジンは雑誌のみという割り切った仕様です。

 

楽天マガジン

 

一方Kindle Unlimitedは、雑誌も含めたオールジャンルの本を扱っています。

※ただし全書籍が読み放題の対象というわけではありません。

 

Kindle Unlimited

 

マクリン

小説・ビジネス書・参考書・楽譜・写真集・旅行ガイドなど、なんでも読める!

 

Kindle Unlimitedの月額設定は高いのですが、これだけ膨大な冊数の書籍を扱っているならば、むしろコストパフォーマンスに優れているという見方もできます。

対して楽天マガジンは、雑誌のみの割り切り仕様かつ、抜群の使いやすさを誇ります。

 

マクリン

ん!? 両方とも雑誌を扱っているなら、楽天マガジンいらないんちゃう?

 

そう思われるかもしれません。

実は雑誌の中でも両者には明確なすみ分けがあるのです。

 

 

 

 

両者で扱っている雑誌の種類が異なる

もちろんカブっている読み放題対象の雑誌もあるのですが、実はけっこう異なります。

代表的なカテゴリーの雑誌でいくつか例に挙げます。

 

 

まずはビジネスマンに人気の「ビジネス・経済」カテゴリーから。

ビジネス・経済Kindle Unlimited楽天マガジン
エコノミスト×
ダイヤモンド×
ダイヤモンド・ザイ×
東洋経済×
日経トレンディ×
日経ビジネスAssocie
日経マネー×
COURRIER JAPON×
Forbes×
FX攻略.com×
Newsweek

※2017年9月10日現在(五十音→アルファベット順、○:取り扱いあり ×:取り扱いなし)

 

  • 両者が重複している雑誌:2誌
  • 楽天マガジンのみで取り扱っている雑誌:8誌
  • Kindle Unlimitedのみで取り扱っている雑誌:1誌

 

重複しているのは「日経ビジネスAssocie」だけで、あとは見事に分かれています。

楽天マガジンは雑誌に特化しているだけあって、やはり取り扱い種類が多いです。

一方Kindle Unlimitedは、少々寂しいラインナップです。

 

 

次に僕が一番お世話になっている「IT・ガジェット」カテゴリーを比較していきます。

IT・ガジェットKindle Unlimited楽天マガジン
週間アスキー×
家電批評
デジモノステーション
日経PC21×
DIME
DOS/V POWER REPORT×
flick!
GetNavi
GoodsPress
Mac Fan
MONOQLO
Mr.PC×
WIRED×
Web Designing×

※2017年9月10日現在(五十音→アルファベット順、○:取り扱いあり ×:取り扱いなし)

 

  • 両者が重複している雑誌:8誌
  • 楽天マガジンのみで取り扱っている雑誌:4誌
  • Kindle Unlimitedのみで取り扱っている雑誌:2誌

 

メジャーどころの雑誌が重複していますが、より多くの範囲を楽天マガジンがカバーしている印象です。

Mr.PCやDOS/V POWER REPORTなど、ややマニアックなPC雑誌は、Kindle Unlimitedだけで取り扱っています。

あと3ジャンル挙げていきます。

 

 

「女性ファッション誌」です。

女性ファッションKindle Unlimited楽天マガジン
25ans ヴァンサンカン
 andGIRL×
ar×
BAILA×
CanCam×
CLASSY.×
Domani×
ELLE JAPON
GINGER×
GINZA×
GISELe×
Harper’s BAZZAR
JELLY
JJ×
 la farfa×
LEE×
MAQUIA×
Marisol×
mer×
mina
MORE×
non-no×
Numero TOKYO×
Oggi×
Precious×
Ray
S Cawaii!
Seventeen×
SPUR×
VOGUE JAPAN

※2017年9月10日現在(五十音→アルファベット順、○:取り扱いあり ×:取り扱いなし)

 

マクリン

女性ファッション誌ってこんなに多いのね……!

 

  • 両者が重複している雑誌:8誌
  • 楽天マガジンのみで取り扱っている雑誌:18誌
  • Kindle Unlimitedのみで取り扱っている雑誌:4誌

 

女性ファッション誌は完全に楽天マガジンが強いです。

Kindle Unlimitedは楽天マガジンのすき間を縫って、ニッチな雑誌を扱っているイメージです。

 

ヨメ

あとは「FUDGE」さえ扱ってくれたら完ぺき!

 

 

「男性ファッション誌」を見ていきましょう。

男性ファッションKindle Unlimited楽天マガジン
2nd
Begin
BITTER×
GO OUT
GQ JAPAN
HOT-DOG PRESS×
Lightning
MEN’S CLUB
MEN’S EX
MEN’S JOKER×
PEN
STREET JACK×
Tarzan
UOMO×

※2017年9月10日現在(五十音→アルファベット順、○:取り扱いあり ×:取り扱いなし)

 

  • 両者が重複している雑誌:9誌
  • 楽天マガジンのみで取り扱っている雑誌:4誌
  • Kindle Unlimitedのみで取り扱っている雑誌:1誌

 

いずれもメジャーどころの雑誌は押さえています。

女性ファッション誌ほどではないですが、楽天マガジンが優勢といったところです。

 

 

最後に「週刊誌」です。

週刊誌はコンビニで読むのが案外恥ずかしかったりするので、電子書籍でじっくり読めるのはありがたいですw

 

週刊誌Kindle Unlimited楽天マガジン
AERA×
FLASH×
FRIDAY×
SAPIO×
SPA!×
サンデー毎日×
女性セブン×
女性自身×
週間アサヒ芸能×
週刊現代×
週刊大衆×
週プレ×
週刊ポスト×

※2017年9月10日現在(五十音→アルファベット順、○:取り扱いあり ×:取り扱いなし)

 

  • 両者が重複している雑誌:0誌
  • 楽天マガジンのみで取り扱っている雑誌:12誌
  • Kindle Unlimitedのみで取り扱っている雑誌:1誌

 

マクリン

Kindle Unlimitedのラインナップが壊滅的……!

 

一方楽天マガジンは、週刊文春・週刊新潮さえ扱ったら、コンプリートする勢いです。

 

 

 

以上5カテゴリーを比較しました。

カテゴリーによっては重複している雑誌が多いですが、全般的に楽天マガジンの方が充実しています。

雑誌だけに絞った楽天マガジンの強みが出ています。

ですが、雑誌以外となるとKindle Unlimitedが強みを発揮します。

 

マクリン

両者を登録することで、お互いの強みを活かすことができます!

 

 

 

両者にメリットデメリットがあるので使い分けができる

こちらはKindle Unlimitedと楽天マガジンの閲覧可能ページと保存冊数を並べたものです。

 

サービス閲覧可能ページ保存冊数
Kindle Unlimited完全版10冊
楽天マガジン3〜5割カット無制限(容量があるかぎりは)

 

Kindle Unlimitedがページ全部を閲覧できるのに対して、楽天マガジンは3〜5割削減された状態(雑誌によって異なる)でしか読めないのです。

両者の月額差はここから来ているのでしょう。

だから両者の重複している雑誌では、Kindle Unlimitedで読んだほうが、余すことなく情報を得られるのでおすすめです。

また保存冊数は、Kindle Unlimitedが10冊制限、楽天マガジンが無制限です。

Kindle Unlimitedは10冊いっぱいになった状態で新しい書籍をダウンロードすると、10冊のうちから1冊を入れ替える必要があります。このシステムをはじめ、操作性にややクセがあります。

楽天マガジンはインターフェースが使いやすく、感覚的に操作できるようになっています。

したがって、さっと流し読みする雑誌は操作性の良い楽天マガジン、じっくり読みたい書籍はKindle Unlimitedといった具合で使い分けするといいでしょう。

 

 

 

 

まとめ

今回の記事は「Kindle Unlimitedと楽天マガジンの読み放題サービスを両方使っている4つの理由」について書きました。

ひとえに読み放題サービスといっても各社いろいろな特色があります。

1つの読み放題サービスだけでオールマイティにカバーすることは難しいです。

僕のようにオールジャンルの書籍を満遍なく読みたい人は、Kindle Unlimited楽天マガジンの両登録がベストアンサーです。

「雑誌だけでいいや!」という人は楽天マガジン、「雑誌は必要最低限でいい。ビジネス書や小説をじっくり読みたいんだ!」という人はKindle Unlimitedがいいでしょう。

いずれも無料期間がありますので、各々の好み・ライフスタイルと照らし合わせて、じっくり見極めることをおすすめします。

どうも、マクリンでした。

 

 

 

Prime ReadingとKindle Unlimitedの違い、Amazon読み放題サービスを徹底(?)比較!
メモを取る時に使えるおすすめスマホ・タブレット(iPad)用タッチペン
仕事で使えるおしゃれで便利な最新ガジェット・オフィス文房具6選!