おすすめのガジェット

ゼンハイザー CX Plus True Wirelessをレビュー!ライブ音源のような臨場感あるサウンドを楽しめるANC搭載完全ワイヤレスイヤホン

評価:4

どうも、仕事にプライベートにANC搭載イヤホンが欠かせないマクリン( @Maku_ring)です。

近年さまざまなブランドが名乗りを上げ、1万円を切るコスパの高いワイヤレスイヤホンも数多く登場しています。

しかし、音質や使い勝手の面で妥協せざるを得ない部分があり、それらを全て満たそうとすると3万円台におよぶことも。

そんな中ゼンハイザーより、欧州テイストの力強いサウンドを堪能できる、ミドルクラスの完全ワイヤレスイヤホン「CX Plus True Wireless」がリリースされました。

Sennheiser CX Plus True Wirelessは臨場感のあるサウンドを楽しめるANC搭載完全ワイヤレスイヤホン

CX True WirelessANC・外音取り込み・aptX adaptive対応が追加された、アップグレードモデルに仕上がっています。

ANCが甘めであるものの、同社ではNo.1レベルにアップし、物理的な遮音しゃおん性はそもそも優秀。

臨場感のあるサウンド・操作のカスタマイズ性・安定した装着感と、バランスの取れた完成度の高い仕上がりです。

aptX adaptiveへの対応やユーザーの使い勝手を考え抜かれた親切設計など、ゼンハイザーの本気度が伺えるイヤホンとなっています。

マクリン
2万円台ながら、同社の最上位モデルMOMENTUM True Wireless 2と遜色ないレベル……!

そんなわけで本記事では「ゼンハイザー CX Plus True Wirelessをレビュー!ライブ音源のような臨場感あるサウンドを楽しめるANC搭載完全ワイヤレスイヤホン」について書きました。

メリット
  • 安定した装着感
  • 外音取り込みが優秀
  • 操作のカスタマイズ性が高い
  • 臨場感のある低音サウンド
  • aptX adaptive対応
デメリット
  • ANCが控えめ
  • ワイヤレス充電非対応
ご提供品
本記事はゼンハイザー様から商品を提供いただき作成しています。
この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「家電最前線」のパーソナリティ、「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動。合同会社makuri代表。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

Sennheiser CX Plus True Wirelessの概要

CX Plus True Wireless」は生活防水仕様(IPX4)の完全ワイヤレスイヤホンです。

Sennheiser CX Plus True Wirelessは生活防水仕様(IPX4)のANC搭載完全ワイヤレスイヤホン

防水規格IPX4
「水の飛まつに対して保護されている」という定義の防水規格です。浸水状態での使用は厳しいですが、雨が降っている中で使う分には問題ありません。
製品名 CX Plus True Wireless
重量
(イヤホン / ケース合計)
約12g / 約47g
音楽再生時間
(イヤホン / ケース合計)
最大8時間 / 最大24時間
ドライバー 7mmダイナミックドライバー
防水 IPX4
対応コーデック SBC / AAC / aptX / aptX adaptive
充電ポート USB-C
Bluetooth 5.2

 
イヤホン本体は、同社らしい角ばったフォルムとシンプルなロゴが特徴的なデザインです。

Sennheiser CX True WirelessはシンプルなデザインのANC搭載完全ワイヤレスイヤホン
 
装着センサーを搭載し、耳からの脱着で自動で音楽再生・停止します。

Sennheiser CX True Wirelessは装着センサー搭載のANC搭載完全ワイヤレスイヤホン
 
重量はイヤホン単体で約12g、ケース込みで約47gと標準的。

Sennheiser CX True Wirelessのイヤホン重量は約12g
Sennheiser CX True Wirelessのケース込みの重量は約47g
 
ケースは自立がうれしい直方体形状で、さらりとした質感で指紋の付きづらい仕上がりとなっています。

さらりとした質感のSennheiser CX True Wirelessケース
 
ラインナップはブラックとホワイトの2色展開で、どちらもシンプルな使いやすいカラーリングです。

ブラックカラーのSennheiser CX True Wireless
ホワイトカラーのSennheiser CX True Wireless
 
ケースの大きさは約59 x 34 x 42mmと、ポケットに入れてもかさばらないコンパクトサイズ。

Sennheiser CX True Wirelessは手のひらサイズのANC搭載完全ワイヤレスイヤホン
Sennheiser CX True WirelessのケースはAirPods Proよりひと回り小さいサイズ

AirPods Proよりひと回り小さい

 
付属品はイヤホン本体とUSB-C to Aケーブル、イヤーチップ(XS/S/M/L)です。

Sennheiser CX True Wirelessの同梱品
 

MOMENTUM True Wireless 2およびCX True Wirelessとのスペック比較

同社のワイヤレスイヤホン「MOMENTUM True Wireless 2」、「CX True Wireless」との比較は以下のとおりです。

左スライドで全表示

製品名 CX Plus True Wireless
MOMENTUM True Wireless 2
CX True Wireless
防水規格 IPX4 IPX4 IPX4
接続方式 Bluetooth 5.2 Bluetooth 5.1 Bluetooth 5.2
対応コーデック SBC / AAC / aptX / aptX adaptive SBC / AAC / aptX SBC / AAC / aptX
ドライバー 7mmダイナミックドライバー 7mmダイナミックドライバー 7mmダイナミックドライバー
重量 イヤホン約12g / ケース約47g イヤホン約12g / ケース約70g イヤホン約12g / ケース約49g
ANC
外音取り込み
バッテリー(イヤホン / ケース込み) 最大8時間 / 最大24時間 最大7時間 / 最大28時間 最大9時間 / 最大27時間
充電方式 USB-C USB-C USB-C
価格 21,780円 39,930円 15,620円

比較すると分かるのが、価格が倍近いMOMENTUMと変わらぬスペックであること。

最上位モデルのMOMENTUMで培ったノイキャン技術や音質を継承しつつ、コーデックはaptX adaptiveにまで対応するという、ゼンハイザー渾身のイヤホンとなっています。

しかも、CX True Wirelessから引き続きBluetooth 5.2に対応し、接続方式もMOMENTUMのリレー伝送ではなく左右同時伝送なので、左右ともに片耳使用をサポートしています。

いずれもaptXに対応しているため、Android向けのリーズナブルなイヤホンが欲しい方はCX True Wireless、ANC・外音取り込みまで欲張りたい方はCX Plus True Wirelessが選択肢に入るでしょう。

aptX adaptive対応のハイエンドスマホをお使いなら、それを活かしきれるCX Plus True Wireless一択です。

Sennheiser CX Plus True Wirelessのレビュー

CX Plus True Wirelessの特徴を紹介していきます。

 

バッテリー性能はふつうだがワイヤレス充電非対応

バッテリー性能は標準的で、イヤホン単体で最大8時間、ケースふくめ最大24時間使用できます。

Sennheiser CX True Wirelessはイヤホン単体で8時間、ケース含め24時間使用可能
 
ケース背面には、汎用性の高いUSB Type-Cの充電ポートをそなえています。

Sennheiser CX True WirelessはUSB Type-C充電ポート搭載

一方でワイヤレス充電は非対応ですので注意ください。
 

カスタマイズ性の高い専用アプリ

専用アプリ「Sennheiser Smart Control」には以下の機能がそろい、使いやすくできています。

アプリの機能
  • ANCや外音取り込み、スマートポーズ設定
  • タッチ操作カスタマイズ
  • 独特のイコライザー設定

Sennheiser Smart Control

Sennheiser Smart Control

Sennheiser electronic GmbH & Co. KG無料posted withアプリーチ

 
アプリの設定画面では、ANCやスマートポーズのON/OFF、接続しているコーデックの確認が可能です。

Sennheiser CX True WirelessのSmart Controlアプリ設定画面

スマートポーズはイヤホン脱着時に音楽を自動停止する機能で、基本的にはあった方が便利なものの、手動でオンオフ選択できるのは細やかな仕様。

タッチ操作のカスタマイズにも対応し、アプリ上で変更できます。

Sennheiser CX True WirelessのSmart Controlアプリのイヤホンカスタマイズ画面
Sennheiser CX True WirelessのSmart Controlアプリのイヤホンカスタマイズ画面

ボタン割り当てが限られている製品も多い中、本機は全てのタッチ操作を自分好みに設定可能

左右それぞれのイヤホンに対し「1回タップ」「2回タップ」「3回タップ」「長押し」と、計8種類のタッチ操作を自在に変更できるカスタマイズ性の高い仕様です。

ダッシュボード画面では、外音取り込みやイコライザーの設定が可能。

Sennheiser CX True WirelessのSmart Controlアプリのダッシュボード画面
 
外音取り込み(トランスペアレントヒアリング)はオンオフだけでなく、音楽の再生を続けるか止めるかまで設定できます。

Sennheiser CX True WirelessのSmart Controlアプリのトランスペアレントヒアリング設定画面

基本的には、コンビニでの会計時やオフィスで誰かに話しかけられたときに周りの音が拾いやすいよう、音楽再生OFFがおすすめです。

イコライザーは低音・中音・高音を個別に設定できる機能にくわえ、ポイントを動かすことで他の音を自動調整してくれる独特の機能もそなえています。

Sennheiser CX True WirelessのSmart Controlアプリのイコライザー設定画面

低音・中音・高音を個別に調整

Sennheiser CX True WirelessのSmart Controlアプリのイコライザー設定画面

強調したい部分にポイントを合わせると、それ以外の音を自動調整

マクリン
どの機能もカスタマイズ性が高く、アプリ評価は高し!

ややマイルドなANCと優秀な外音取り込み

CX Plus True WirelessのANCは、ややマイルドな仕上がりとなっています。

Sennheiser CX True WirelessのANC性能はややマイルド

ただしこれは「音質を損なうレベルのANCは望ましくない」という同社の志向によるものと思われます。

弱いとはいいつつ、MOMENTUM True Wireless 2よりは着実にアップしています。

ANCをオンすると、人の話し声や車の走行音はほとんど変わらず、空調音や風切り音がスッと遠くなるレベル。

とはいえ、パッシブノイズキャンセリング性能(イヤホン自体の遮音性)が高く、イヤホンを耳につけるだけでかなりのノイズが低減されます。

イヤーチップの耳への当たりも優しいため、トータルの没入感は申し分なく、ANC性能の甘さはあまり気になりません。

一方外音取り込みは実用的なレベルで、かなり使いやすいです。

音の聞こえ方も自然で変なノイズもないので、常時イヤホンを付けた状態でも生活できてしまいます。

左イヤホンの1タップ操作を外音取り込みのON/OFFに設定していると、なにかあったときにワンタッチで音楽停止&周囲の音を取り込めるのがとても便利。
 

低音強めで臨場感のある音質設計

CX Plus True Wirelessは耳への当たりが優しいにもかかわらず、軽くジョギングしてもイヤホンが落ちない安心感があります。

Sennheiser CX True Wirelessは耳あたりが優しく安定感のあるな装着性

その秘密はイヤホンの形状にあり、イヤーチップだけでなく筐体きょうたい部分でも支えることで、高い安定感を実現。

そのおかげで長時間装着していても耳穴が痛くなりづらいので、装着感は文句なしの高評価です。

イヤホンにはタッチセンサーを搭載し、デフォルトでは以下の操作となっています。

Sennheiser CX True Wirelessはタッチセンサー搭載

操作 L R
再生 1タップ
停止 1タップ
曲送り 2タップ
曲戻し 2タップ
音量を上げる 長押し
音量を下げる 長押し
ANC 3タップ
外音取り込み 1タップ
音声アシスタント 3タップ
受話 着信中に1タップ 着信中に1タップ
着信拒否 着信中に2タップ 着信中に2タップ
通話終了 通話中に1タップ 通話中に1タップ
MEMO
アプリから自在にカスタマイズ可能です。

なるほどと思ったのが、タップするたびに「ピ・ポ・パ」と音程の違う3段階の音が流れ、何回押したのかが分かりやすいこと。

イヤホンによっては、押した回数が分かりづらかったり誤作動したりするので、ユーザーの使いやすさを考え抜いた親切な機能だと感心しました。

音質は臨場感を感じる低音強めの設計で、ライブ音源好きにはたまらない仕上がりとなっています。

Sennheiser CX True Wirelessは低音強めの臨場感ある音質設計

全体的に若干エコーがかかったような音質で、ボーカルの声に少しこもった感じがあるものの、それが音楽の臨場感を加速させています。

低音が際立って聞こえるのとあいまって、音場も広く、どの曲を聞いてもライブ音源のように楽しめます

臨場感のある音楽を楽しみたい人や、ドンシャリ系など低音でノリたい人にはかなりおすすめできるイヤホンです。

各楽器とボーカルの分離感も高く、高音域も自然でクリアすぎないのが好印象。

さらに対応スマホを用い、aptX adaptiveコーデックで聞くと、また少し違った一面を見せてくれました。


 
iPhone(AAC)では強めだった低音がマイルドになり、ボーカル音はより強調され、高音の伸びと音の解像感が増したサウンドを楽しめます(ただし大きな差ではないので期待しすぎは禁物)

Sennheiser CX True WirelessをaptX adaptiveコーデックで接続

接続コーデックはアプリから確認可能

正直好みレベルの差ではあるものの、僕はMOMENTUM True Wireless 2より本機のサウンドのほうが好きです。

つまり、2万円台のイヤホンでありながら、3万円台を凌駕りょうがするモデルであるということ。

いやはや、恐ろしい時代になりました……!

CX Plus True Wireless
高音域
(4.0)
中音域
(4.0)
低音域
(4.5)
ノイズキャンセリング
(3.5)
総合評価
(4.0)

Sponsored Links

 

Sennheiser CX Plus True Wirelessはこんな人におすすめ

CX Plus True Wirelessは「強めの低音や臨場感のある音楽を楽しみたい人」におすすめです。

イヤホン自体の遮音性の高さとエコーがかった低音強めの設計により、どの曲もライブ音源のような迫力のあるサウンドを楽しむことができます。

アプリによるカスタマイズ性や外音取り込みも優秀なため、使い勝手も申し分ありません。

一方、ツヤのある鮮明なボーカルの声を楽しみたいという方には、JBLのTOUR PRO+ TWSあたりがおすすめです。

Sennheiser CX Plus True Wirelessレビューまとめ

本記事は「ゼンハイザー CX Plus True Wirelessをレビュー!ライブ音源のような臨場感あるサウンドを楽しめるANC搭載完全ワイヤレスイヤホン」について書きました。

CX Plus True Wirelessは、同社の最上位モデルMOMENTUM True Wireless 2にも劣らない、これまでの技術を全て詰め込んだ渾身の仕上がりとなっています。

ワイヤレス充電非対応ではあるものの、臨場感のあるサウンドや使い勝手の良さといったメリットも多く、低音好きにはぜひ試していただきたいイヤホンです。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

メリット
  • 安定した装着感
  • 外音取り込みが優秀
  • 操作のカスタマイズ性が高い
  • 臨場感のある低音サウンド
  • aptX adaptive対応
デメリット
  • ANCが控えめ
  • ワイヤレス充電非対応
YouTube
動画でも紹介しています。

【ゼンハイザーMOMENTUM True Wireless 2レビュー】ノイキャンはおまけ程度も本格派の完全ワイヤレスイヤホン! JBL TOUR PRO+ TWSをレビュー!粒が細かくクリアな上質サウンドを堪能できるANC搭載完全ワイヤレスイヤホン 【ゼンハイザーCX400BTレビュー】最上位モデル同等の7㎜ドライバーをもつ高コスパの完全ワイヤレスイヤホン 【最強はどれ?】ノイズキャンセリング搭載の完全ワイヤレスイヤホンのおすすめBEST10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です