ブラックフライデーのおすすめ商品

CIOハイブリッドワイヤレスバッテリーをレビュー!iPhoneとApple Watchが両方充電できるモバイルバッテリー

評価:4.5

どうも、iPhone 13 ProならびにApple Watchユーザーのマクリン( @Maku_ring)です。

どちらも家で充電し忘れることが多いので、外出時にiPhone用のワイヤレスモバイルバッテリーとApple Watch用のワイヤレス充電器が欠かせません。

両デバイスともワイヤレス充電対応であるにも関わらず、充電の規格が異なるため、iPhoneとApple Watchそれぞれ合った充電機器を用意しないといけないのです。

マクリン
iPhoneとApple Watchで同じバッテリー使ってワイヤレス充電できたらいいのになぁ……。

そう思ったのも数知れず。

ようやくそんな願いをかなえるモバイルバッテリー、CIO「ハイブリッドワイヤレスバッテリー」が登場しました。

CIOハイブリッドワイヤレスバッテリーの外箱

充電パッドに2種類のコイルを搭載し、iPhoneなどのQi対応スマホとApple Watch双方のワイヤレス充電が、同じ充電パッドで可能となっています。

最大20W出力のUSB-Cポートもそなえ、iPhone 13シリーズの高速充電やiPadの急速充電にも対応しています。

しかも、ワイヤレス + USB-Cの2ポート使用時も出力が制限されないパワフル仕様。

マクリン
パススルー充電にも対応してますよ!

そこで本記事は本機の外観と特徴を述べた後、各ポートの出力面を紹介していきます。

メリット
  • iPhone・Apple Watch両方のワイヤレス充電が可能
  • USB-Cが最大20W出力に対応
  • パススルー充電対応
  • 角度調整できるスタンド搭載
  • 充電パッドの磁力が強い
  • ワイヤレス + USB-Cの出力が制限されない
デメリット
  • Apple Watch充電時の出力が低い
ご提供品
本記事はCIO様から商品を提供いただき作成しています。
この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「家電最前線」のパーソナリティ、「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動。合同会社makuri代表。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

CIO ハイブリッドワイヤレスバッテリー(CIO MB20W-5000-MAS)の外観と付属品

CIO ハイブリッドワイヤレスバッテリー」は、iPhone約1回分の充電に対応する、5,000mAhのMagSafe対応モバイルバッテリーです。

CIO ハイブリッドワイヤレスバッテリーは5,000mAhのMagSafe対応モバイルバッテリー

製品名 CIO ハイブリッドワイヤレスバッテリー
サイズ 約94 x 63 x 16 mm
重さ 約150g
出力ポート数 2(マグネットワイヤレス / USB-C x 1)
入力ポート数 1(USB-C x 1)
出力(USB-C) 5V 2.4A / 9V 2.2A / 12V 1.6A(最大20W)
ワイヤレス出力 2.5W / 5W / 7.5W ※Apple Watchは最大2.5W、iPhoneは最大7.5W
合計出力 最大27.5W(20W + 7.5W)
入力(USB-C) 5V 3A / 9V 2A / 12V 1.5A(最大18W)

 
カラーはブラックとホワイトがあります。



 
本機最大の特徴が、マグネット式ワイヤレス充電パッドにQiチー規格用コイルとApple Watch用コイルを搭載し、両デバイスのワイヤレス充電に対応している点。

マクリン
デバイスごとに充電機器を分ける必要がないので利便性バツグン!

表面はグリップ性がありつつさらりとし、手なじみの良い触感となっています。


 
底面には電源ボタンとUSB-Cポート、LEDインジケーターをそなえています。

CIO ハイブリッドワイヤレスバッテリーの底面に電源ボタンとUSB-Cポート搭載
 
電源ボタンを押すと、右側のインジケーターでワイヤレス充電状態、4段階の白インジケーターでバッテリー残量が分かります。

ワイヤレス充電状態
  • 青LED点灯 充電中
  • 青LED3回点滅後に消灯 スタンバイ中
  • 青LED一定時間点滅後に消灯 異物検出
 
サイズは約94 x 63 x 16 mmの手のひらサイズであり、名刺ケース未満のコンパクト設計となっています。

CIO ハイブリッドワイヤレスバッテリーのサイズは約94 x 63 x 16 mm

 
前モデル「CIO MB-5000-MAG」と比べても、長さは短くなりました。

CIO ハイブリッドワイヤレスバッテリーとMB-5000-MAGのサイズ比較
 
重量は約150gと軽量におさまっています。

CIO ハイブリッドワイヤレスバッテリーの重量は約150g
 
背面には格納型のスタンドをそなえています。

CIO ハイブリッドワイヤレスバッテリーの背面にスタンド搭載
 
スタンドが付いている点は前モデルと同じですが、収納時にフラットになるのと、造りがかなりしっかりしたものになりました。


 
スタンドは引っ張り出して無段階調整でき、最大45°まで傾けられます。

CIO ハイブリッドワイヤレスバッテリーのスタンドは無段階調整可能

 
iPhoneをマグネット吸着しながらスタンドで立てかけることで、動画視聴に適したスタイルに合わせられます。


 
付属品は本体とUSB-C to USB-Cケーブル(約1.5m)です。

CIO ハイブリッドワイヤレスバッテリーの付属品
 
iPhoneを有線充電するにはケーブルが別途必要で、絡みにくいケーブル「CIO USB-C to ライトニング充電ケーブル」がおすすめです。

CIO USB-C to ライトニング充電ケーブル

 

CIO MB-5000-MAG・Anker PowerCore Magnetic 5000との比較

5,000mAhクラスのワイヤレスモバイルバッテリー「CIO MB-5000-MAG」と「Anker PowerCore Magnetic 5000」でスペック比較してみました。

CIO ハイブリッドワイヤレスバッテリーとCIO MB-5000-MAGとAnker PowerCore Magnetic 5000との比較

製品名 CIO ハイブリッドワイヤレスバッテリー
CIO MB-5000-MAG
Anker PowerCore Magnetic 5000
サイズ 約94 x 63 x 16 mm 約110 × 65 × 11 mm 約94 x 63 x 16 mm
重さ 約150g 約133g 約133g
出力ポート数 2(マグネットワイヤレス / USB-C) 2(マグネットワイヤレス / USB-C) 2(マグネットワイヤレス / USB-C)
入力ポート数 1(USB-C) 2(USB-C / Lightning) 1(USB-C)
USB-C出力 最大20W 最大18W 最大10W
ワイヤレス出力 2.5W / 5W / 7.5W 5W 5W
入力 最大18W(USB-C) 最大18W(USB-C)/最大10W(Lightning) 最大18W(USB-C)
合計出力 最大27.5W 最大12W (同時充電不可)
スタンド
Apple Watch充電
パススルー充電

CIO ハイブリッドワイヤレスバッテリーは後発品だけあり、隙きのないモデルに仕上がっています。

前モデルCIO MB-5000-MAGのみLightning充電に対応している以外、本機はあらゆる面で他2機種を上回っています。

CIO ハイブリッドワイヤレスバッテリーの優位点
  • Apple Watch充電に対応
  • 高剛性のスタンドを搭載
  • USB-C出力が最大20W対応
  • ワイヤレス出力が最大7.5W対応
  • 同時充電時に出力が制限されない

弱点を強いてあげるなら、iPhoneのワイヤレス出力が高速ワイヤレス充電(最大15W)の半分の最大7.5Wである点ですが、それでも他モデルよりは高出力。

Apple Watch充電にも対応するのは本機のみなので、その点でも強力なモデルといえるでしょう。

CIO ハイブリッドワイヤレスバッテリーのレビュー

CIO ハイブリッドワイヤレスバッテリーの特徴を紹介していきます。

 

最大7.5Wのワイヤレス充電に対応

CIO ハイブリッドワイヤレスバッテリーは、iPhone / Qi対応スマホ / Apple Watch / ワイヤレスイヤホンと、全デバイスのワイヤレス充電に対応する充電パッドを搭載しています。


 
電源ボタンを押した後、充電パッドにMagSafe対応のiPhone(12シリーズ以降)をもっていくと、磁力でピタッとくっ付いて充電が開始します。

CIO ハイブリッドワイヤレスバッテリーでMagSafe対応のiPhoneを充電している様子
 
ワイヤレス充電時はLEDが青点灯します。


 
磁力は強力で、バッテリー起点に本体を持ち上げても外れることはありません。


 
ケース越しの使用であっても、MOFT MagSafe対応ケースのようにマグネット搭載タイプであれば、しっかりくっ付きます。


 
スタンドも当然使えるので、動画視聴やレシピチェックしながらの充電にも最適。



 
サイズ感はminiだとジャストで、Proだと少し余るくらいです。

iPhone 12 mini

iPhone 13 Pro

ワイヤレス出力は最大7.5Wであり、有線接続(20W)より控えめなものの、カラ状態から2時間充電で約70%まで回復しました。

ただし、充電速度は速くないので、バッテリー残量がある程度残っている状態での使用がベターです。

スマホだけでなく、AirPods ProSoundcore Liberty 3 Proなど、Qi対応ワイヤレスイヤホンの充電にも使えます。

CIO ハイブリッドワイヤレスバッテリーはワイヤレスイヤホンの充電に対応

 

最大2.5WのApple Watch充電に対応

同じ充電パッドを使って、Apple Watchのワイヤレス充電も可能となっています。


 
充電パッドが共通しているのは便利なものの、ワイヤレス出力は最大2.5Wとやや低めです。

CIO ハイブリッドワイヤレスバッテリーは最大2.5WのApple Watch充電に対応

Apple Watch 7は純正充電器だと約70分でフル充電できますが、本機だと同時間で30%程度の充電回復にとどまります。

マクリン
非常用と割り切って使うのがよさそうですね。

最大20WのUSB-C充電に対応

USB-Cは最大20W出力でき、iPhone 13シリーズの高速充電(30分で50%充電)に対応する高出力仕様のポートとなっています。

CIO ハイブリッドワイヤレスバッテリーのUSB-Cは最大20W出力に対応

iPhone(15.4W)

 
バッテリー容量はさすがに物足りないですが、iPadの充電までカバーできる出力です。


 
同ポートで最大18W入力の本体充電もでき、約1.5時間でのフル充電に対応しています。

13.5W入力


 
パススルー充電にも対応し、本体充電しながらのワイヤレス充電もできます。

CIO ハイブリッドワイヤレスバッテリーはパススルー充電に対応

マクリン
充電器代わりにも使えて便利!

合計最大27.5W出力で2台同時充電可能

ワイヤレスとUSB-Cの同時充電もサポートし、合計最大27.5W(7.5W + 20W)の出力に対応しています。

CIO ハイブリッドワイヤレスバッテリーはワイヤレスとUSB-Cの同時充電が可能

同タイプだと同時充電時に出力が制限されたり、対応してないモデルもある中、本機だと出力が制限されないのはメリットといえます。

iPhone + iPadの組み合わせでも同時充電できるため、かなり使いやすいです。

Sponsored Links

 

CIO ハイブリッドワイヤレスバッテリーはこんな人におすすめ

CIO ハイブリッドワイヤレスバッテリーは「iPhoneとApple Watchを充電できるワイヤレスモバイルバッテリーが欲しい人」におすすめです。

同タイプのモバイルバッテリーでApple Watch充電に唯一対応し、2台同時充電ならびにパススルー充電もカバーしています。

マグネットの磁力やスタンドの使い勝手も優秀なので、同タイプでは最もおすすめのモバイルバッテリーです。

CIO ハイブリッドワイヤレスバッテリーレビューまとめ

CIO ハイブリッドワイヤレスバッテリーは、iPhoneとApple Watch双方のワイヤレス充電に対応するモバイルバッテリーです。

最大20W出力のUSB-Cポートもそなえ、iPhone 13シリーズの高速充電にも対応しています。

ワイヤレス + USB-Cの2ポート使用時も出力が制限されない高出力仕様でかなり使いやすいです。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

メリット
  • iPhone・Apple Watch両方のワイヤレス充電が可能
  • USB-Cが最大20W出力に対応
  • パススルー充電対応
  • 角度調整できるスタンド搭載
  • 充電パッドの磁力が強い
  • ワイヤレス + USB-Cの出力が制限されない
デメリット
  • Apple Watch充電時の出力が低い
【CIO MB-5000-MAGレビュー】マグネット吸着できる5,000mAhのMagSafe対応モバイルバッテリー 【Anker PowerCore Magnetic 5000レビュー】吸着充電できるMagSafe対応モバイルバッテリー 【くっつく】Qiワイヤレス対応のモバイルバッテリーおすすめ5選 【軽量】iPhone・スマホにおすすめのモバイルバッテリー6製品! 【2021年】モバイルバッテリーのおすすめとその選び方【PD・Qi対応・大容量・薄型】【2021年】モバイルバッテリーのおすすめとその選び方【PD・Qi対応・大容量・薄型】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です