おすすめのガジェット

CIO PD20Wをレビュー!500円玉サイズにおさめた極小の2ポート充電器

評価:4.5

充電器小ささが正義のマクリン( @Maku_ring)です。

iPhone用の充電器には、超小型のAnker PowerPort III Nano 20WDIGIFORCE 20W USB PD Fast Chargerを使ってますが、この大きさだと1ポートに制限されます。


Anker PowerPort III Nano 20Wは1ポートタイプのUSB-C充電器

「まあ、そういうもんだよな」とあきらめていた矢先、独創的な充電器を次々と出すCIOから、とんでもない充電器が登場しました。

(左)CIO PD20W2C /(右)CIO PD20W1C1A

500円玉サイズに2つのUSBポートをおさめた規格外の充電器「CIO PD20W2C」と「CIO PD20W1C1A」です!

(すみません、手元に100円玉しかなくて……)

3cm四方の極小サイズにおさめつつ、USB-C x 2とUSB-C + Aの2ポートに仕上げ、同クラス1ポートの世界最小サイズと同等を実現しています。

1ポートでは最大20W出力でき、iPhone 12 Proでも高速充電できる電力となっています。

そんなわけで本記事は「CIO PD20Wをレビュー!500円玉サイズにおさめた極小の2ポート充電器」について書いていきます。

購入方法
本製品は、クラウドファンディング「Makuake」にてプロジェクトを支援いただくことで購入できます。
 

メリット
  • 2ポートで世界最小・最軽量
  • 1ポートではiPhone 12高速充電可能
デメリット
  • プラグが格納できない
  • ケーブルが別途必要
ご提供品
本記事はCIO様から商品を提供いただき作成しています。
この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「家電最前線」のパーソナリティ、「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動。合同会社makuri代表。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

CIO PD20Wの外観とサイズ比較

CIO PD20W2CとCIO PD20W1C1Aは、2ポートタイプの充電器です。

CIO PD20W2CとCIO PD20W1C1Aの外観

製品名 CIO PD20W2C CIO PD20W1C1A
サイズ 約28 x 28 x 30mm 約28 x 28 x 30mm
重さ 約35g 約35g
出力ポート数 2(USB Type-C x 2) 2(USB Type-C x 1 / USB Type-A x 1)
USB-C 1 出力 5V 3A / 9V 2.22A / 12V 1.67A(最大20W) 5V 3A / 9V 2.22A / 12V 1.67A(最大20W)
PPS 3.3-6V 3.0A / 3.3-11V 2.0A
USB-C 2 出力 5V 3A / 9V 2.22A / 12V 1.67A(最大20W)
USB-A 出力 5V 3A / 9V 2A / 12V 1.5A(最大18W)
2ポート出力 15W 20W

USB-C 1ポート使用時はいずれも最大20W出力に対応し、iPhone 12シリーズやiPad Proの高速充電にも対応しています。

カラーはホワイトのみで、側面にはCIOの刻印が掘られています。

CIO PD20W2CとCIO PD20W1C1Aのカラーはホワイト
 
サイズを極限までおさえるため、プラグは格納できないタイプ。


 
サイズは約28 x 28 x 30mmであり、なんと500円玉レベルの大きさです。

CIO PD20W2CとCIO PD20W1C1Aのサイズは約28 x 28 x 30mm

 
なんなら、同クラスの1ポートで世界最小のAnker PowerPort III Nano 20Wと比べてもまさかの同サイズで、異次元のコンパクトを実現しています。

CIO PD20W2CとCIO PD20W1C1AとAnker PowerPort III Nano 20Wのサイズ比較

 
iPhoneの昔の充電器(Apple 5W充電器)と並べても遜色のない大きさで、技術の進化に驚くばかり。



重量は約33gで、1ポート最軽量のAnkerに肉薄する軽さ。プラグ格納型の最軽量である、DIGIFORCEをも若干下回る驚異的な軽量設計です。

CIO

Anker PowerPort III Nano 20Wの重量は約30g

ANKER

DIGIFORCE 20W USB PD Fast Chargerの重量は約35g

DIGIFORCE

なお、付属品は無く本体のみですので、PD対応USB-Cケーブルが別途必要です。

購入方法
本製品は、クラウドファンディング「Makuake」にてプロジェクトを支援いただくことで購入できます。
 

CIO PD20Wは1ポートと同サイズでスマホ2台同時充電可能

CIO PD20W2CとCIO PD20W1C1Aは、USB-C 1ポート接続で最大20W出力に対応し、iPhone 12の高速充電(30分で50%充電)までサポートしています。

CIO PD20WはiPhone高速充電可能

iPhone 12(19.4W)

おすすめのLightningケーブル
 
CIO PD20W1C1AのUSB-A側は、最大18WのQC 3.0(Quick Charge 3.0)対応ではあるものの、QC非対応デバイスでももちろん通常充電できます。


iPhone 12(7.0W)

 
2ポート使用時はCIO PD20W2Cが合計最大15W、CIO PD20W1C1Aが合計最大20Wに制限されるものの、CIO PD20W2Cでもスマホ2台同時充電は問題なく可能です(さすがに急速充電とはいきませんが)


iPhone 12(7.2W)

Pixel 5(6.2W)

 
ただ、これだけの小型サイズになると発熱状況が気になるところ。

サーモグラフィーを使って発熱温度を測定したところ、同サイズの1ポート(ANKER)では38〜39℃なのに対し、本機は45〜46℃でした。

ANKER(38.5℃)

CIO(45.7℃)

発熱温度の目安
  • 30℃台 ぬくい
  • 40℃台 あちち
  • 50℃台 あっつ
  • 60℃台 あっっっっっつう

1ポートでもかなり小さい筐体に2ポートを詰め込んでいるので、発熱は懸念事項だったのですが、45.7℃なのでぜんぜん許容範囲です。

指乗りサイズで2ポートを実現した効率的な充電器。

かぎられたスペースで複数台充電するなら、ベストパートナーといえるでしょう。

購入方法
本製品は、クラウドファンディング「Makuake」にてプロジェクトを支援いただくことで購入できます。
 

Sponsored Links

 

CIO PD20Wはこんな人におすすめ

CIO PD20Wは「とにかく小さい2ポートのスマホ用充電器が欲しい人」におすすめです。

プラグが格納できないという弱点はあるものの、他に類似製品がないため、まさに独自のユニーク性を発揮しています。

省スペースで複数台充電を実現するのに最適なチャージャーです。

CIO PD20Wレビューまとめ

本記事は「CIO PD20Wをレビュー!500円玉サイズにおさめた極小の2ポート充電器」について書きました。

CIO PD20Wは、これまでの20Wクラス最小サイズに2ポートを詰め込んだ、前代未聞の充電器です。

1ポートではiPhone 12シリーズの高速充電にも対応し、充分パワフル。

マクリン
まさに小型充電器の決定版!

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

購入方法
本製品は、クラウドファンディング「Makuake」にてプロジェクトを支援いただくことで購入できます。
 

メリット
  • 2ポートで世界最小・最軽量
  • 1ポートではiPhone 12高速充電可能
デメリット
  • プラグが格納できない
  • ケーブルが別途必要
【DIGIFORCE 20W USB PD Fast Chargerレビュー】豊富なカラバリかつ最小最軽量のiPhone 12向けUSB充電器 【Anker PowerPort III Nano 20Wレビュー】iPhone 12シリーズのUSB充電器で世界最小最軽量モデル! 【AUKEY Omnia Mini 20W IIレビュー】折りたたみプラグ式で世界最軽量のiPhone 12シリーズ向けUSB充電器 【おすすめ】2020年に買うべきUSB急速充電器15選【スマホからPD対応まで】【おすすめ】2020年に買うべきUSB急速充電器15選【スマホからPD対応まで】

2 COMMENTS

りん

マクリンさんならレビューしてくれると思ってました。

自分も届くのが楽しみです。

ccの方は15wなのは痛いですね。
2回に分けて充電した方が早い。。。。

caは睡眠時とかなら10w10wで2台充電できるのはありがたいですが
基本はaは保険ですかね。

返信する
マクリン

りんさん、

コメントありがとうございます!

うーん、おっしゃるとおり15Wなのはちょっと残念ですね……。

基本は1ポートで使って、2ポート目はサブで考えるのが良さそうですね!

CIOさんは毎回おもしろいガジェットを作ってらっしゃるので、今回も楽しみですね^^

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です