おすすめのガジェット

CDレコとラクレコのどっちがいい?両方あるので違いを比較!

どうも、洋楽リスナーのマクリン( @Maku_ring)です。

僕のように「CDはたくさんある、でも中身の音楽データだけ欲しい人」におすすめなのが、ワイヤレスでスマホに音楽を転送できるスマホ用CDレコーダー

我が家にはちょうど、代表的な商品であるCDレコラクレコがあります。

CDレコ5とラクレコの外箱

そこで「実際のところ、どっちがいいの?」に結論を出したいと思います。

そんなわけで本記事ではあらゆる側面で比べていきます。

この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「家電最前線」のパーソナリティ、「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動。合同会社makuri代表。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

CDレコとラクレコの外観比較

ラクレコCDレコ5は、いずれもケーブルレス(Wi-Fi経由)でCDの音楽をスマホに取り込めるアイテムです。

CDレコ5とラクレコ

(左)ラクレコ /(右)CDレコ5

製品名 ラクレコ CDレコ5
対応機種 iOS / Android OSを搭載したスマホ・タブレット
ウォークマン(NW-A100 / NW-ZX500シリーズ)
対応アプリ ラクレコ CDレコミュージック
DVDミレル for CDレコ
取り込みファイル形式 AAC、FLAC
対応メディア 音楽用CD-R/RW、DVD-R/RW
無線LAN規格 IEEE802.11ac/n/a/g/b(2.4GHz帯、5GHz帯)
質量 約350g 約400g
価格 8,980円 9,927円

価格は千円ほどラクレコのほうが安めになっています。

CDレコシリーズにはCDレコもありますが、こちらは有線(ケーブル)でスマホとつないで音楽を吸い出すアイテムです。


マクリン
Wi-Fi環境があるなら、基本的に無線タイプがおすすめ

サイズは同一(約145 × 17 × 168 mm)で、ラクレコがツルッとした表面でCDレコ5ガラストップなので、CDレコのほうがやや高級感があります。


 
ラクレコは背面に、CDレコ5は底面にWi-Fiの帯域切り替えスイッチが付き、いずれも2.4GHz帯/5.0GHz帯双方に対応しています。

ラクレコの帯域切り替えスイッチ
CDレコ5の帯域切り替えスイッチ
 
重量ではラクレコが約357g、CDレコ5は約394gと、ラクレコのほうが軽いです。
ラクレコの重量は約357g
CDレコの重量は約394g

CDレコとラクレコの比較レビュー

CDレコラクレコを、転送の使い勝手・転送速度・アプリの機能面から比較していきます。

 

CD転送の使い勝手は変わらない

「本体から発するWi-Fiを介して音楽を転送する」という仕組み自体変わらないため、両者の使い勝手はほぼ同じです。

CD転送の手順を紹介します。

STEP.1
専用アプリをインストール

CDレコ5なら「CDレコミュージック」、ラクレコなら「ラクレコ」という専用アプリをインストールします。

CDレコミュージック

CDレコミュージック

I-O DATA DEVICE, INC.無料posted withアプリーチ

ラクレコ

ラクレコ

BUFFALO INC.無料posted withアプリーチ

STEP.2
スマホとWi-Fi接続する

スマホと本体をWi-Fi接続します。

スマホとCDレコの接続確認

CDレコ

スマホとラクレコの接続確認

ラクレコ

注意
「インターネット未接続」と表示される場合がありますが問題ありません。
STEP.3
CDを挿入する
本体にCDを挿入します。

CDレコとラクレコにCD

STEP.4
アルバム情報の取得
CDを読み込むとアルバム情報の取得が自動的に始まります。

CDレコのCDアルバム情報取得

CDレコ

ラクレコのCDアルバム情報取得

ラクレコ

STEP.5
音質設定
「開始」をタップすると音質設定でき、「FLAC・AAC 320kbps・AAC 256kbps・AAC 128kbps・AAC 96kbps」のいずれかから選べます。

CDレコの音質設定

CDレコ

ラクレコの音質設定

ラクレコ

STEP.6
取り込み開始&完了
音楽の取り込みが開始し、全ての転送が完了すると、CDトレイが自動的に掃き出されます。

CDレコの取り込み開始

音楽の取り込みは難しくなく、いずれもスムーズに転送できるので、この面での差異は感じませんでした。

 

音楽の転送速度を比較

次に、CDレコラクレコで音楽の転送時間を比べてみました。

アルバム1枚では、転送時間の差はそんなに気にならないものの、何枚も続けて転送しているとチリツモで大きくなっていきます。

両者を使って、同じアルバム3枚を転送してみました。


 
そこまで差がないかと思いきや、かなりの差が生じました。

いずれの楽曲もCDレコのほうがラクレコよりも速く、曲によっては半分以下の時間で転送できるものもありました。

楽曲名(時間) CDレコ5 ラクレコ
Foo Fighters(2011年)
「These Days(4:59)」
17.79秒 36.60秒
Jason Mraz(2012年)
「I Won’t Give Up(3:59)」
17.79秒 27.59秒
The Doobie Brothers(1978年)
「Don’t Stop To Watch The Wheels(3:26)」
35.46秒 38.16秒

複数回転送しましたが、曲ごとの転送時間にほぼ違いはなかったため、これは確実に端末の性能差と考えられます。

以上をふまえると、転送時間はCDレコ5のほうが速いという結果になりました。

アプリの機能面を比較

CDレコ・ラクレコともに専用アプリをそなえ、アプリの特徴は両者でかなり異なります。

ひと言で書くと「CDレコは多機能、ラクレコはシンプル」。

両者で共通している機能をまず挙げていきます。

再生機能の基本ともいえるリピート再生シャッフル再生はもちろん付いています。

CDレコのリピート再生・シャッフル再生

CDレコ

ラクレコアプリのリピート再生・シャッフル再生

ラクレコ

 
それから歌詞の確認やカラオケの練習などに重宝する歌詞表示機能もそなえています。

CDレコの歌詞表示機能

CDレコ

ラクレコの歌詞表示機能

ラクレコ

いずれも歌っている箇所に合わせ、歌詞の色が変わる点も共通しています。

DVDへのバックアップも可能です。

CDレコのバックアップ機能

CDレコ

ラクレコアプリのバックアップ機能

ラクレコ

 
ここからはCDレコのみの機能を紹介します。

CDレコではシャッフル再生にくわえ、実用性の高い自動再生にも対応し「アーティスト/ジャンル/ジェネレーション/ムード」と、条件に合わせて音楽再生を任せることができます。

CDレコのみ自動再生に対応
 
また、iPhoneユーザーならiTunesの楽曲、AndroidスマホユーザーならAndroidライブラリーの楽曲もアプリで聴きたいところ。

CDレコならこれらの楽曲もアプリ内の曲として認識してくれるため、CDから取り込んだ曲も一緒くたに聴けます。


CDレコはiTunesの楽曲再生に対応
 
さらに、いま聴いている曲のアルバム・アーティスト情報やディスコグラフィも確認でき、まさに目でも楽しめるアプリに仕上がっています。


CDレコアプリのアルバム情報

 
また、別アプリにはなりますが、「DVDミレル for CDレコ」を追加購入すれば、CDレコ5のドライブを使ってスマホでDVD再生も可能です。

DVDミレル for CDレコ
 
以上をふまえると、アプリの機能面ではCDレコのほうがかなり充実しているという結論になりました。

アプリ機能 CDレコ5 ラクレコ
自動再生
シャッフル・リピート再生
プレイリスト作成
Androidライブラリー
iTubes楽曲再生
歌詞表示
ディスコグラフィ
CD作成
DVDバックアップ
DVD再生

Sponsored Links

 

CDレコとラクレコはこんな人におすすめ

ラクレコは「価格を抑えて、CDから取り込んだ楽曲だけシンプルに聴きたい人」におすすめです。

一方、CDレコは「CDだけでなく、iTunes・Androidアプリで取り込んだ楽曲も聴きたい人・機能性の高いアプリを望む人」におすすめ。

CDの転送速度もCDレコのほうが速いため、大量のアルバムを取り込む人もCDレコのほうが適していると感じました。

CDレコとラクレコの比較レビュー

本記事は「CDレコとラクレコのどっちがいい?両方あるので違いを比較!」について書きました。

CDレコラクレコともに良い商品ではあるものの、各側面で比較してみるとCDレコの優秀さが光る結果となりました。

我が家のようにCDが大量にあって困っている人は、スマホ用CDレコーダーをぜひ取り入れてみましょう。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

CDレコとCDレコ5をレビュー!有線と無線でCDをスマホに取り込めるけどどっちがいい? バッファロー「ラクレコ」をレビュー!シンプル機能で安価なワイヤレスのスマホ用CDレコーダー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です