Amazonチャージで1000円キャンペーン

【おすすめ】おしゃれなクレジットカードケース4選【ポイントカード収納】

 

どうも、カード難民のマクリン( @Maku_ring)です。

できるだけ持ち歩くカードを減らしたいという思いはあります。ええ、思いだけは。

ところが、いつの間にかクレジットカード・キャッシュカード・ETCカード・ポイントカードなどなど……。
 

マクリン
え !? カードの束になってるやん!
 
気付けば複数のカードケースを使いこなすサラリーマンになっていました。

本記事は「【おすすめ】おしゃれなクレジットカードケース4選【ポイントカード収納】」について書いていきます。

 

カードケースを選ぶ5つのポイント

不要になったクレジットカードやポイントカードを定期的に処分しても新しいのが増え、なかなか減らない現状。

そんなときこそ活躍するのがカードケースです。

とはいえ、カードケースなら何でもいいという訳にはいきません。

せっかくなら、おしゃれで機能的、持っているだけでワクワクするカードケースを持ちたいものです。

僕は以下の5つのポイントをチェックしています。

こうした判断材料を持つと、カードケース選びに失敗しないだけでなく、選ぶのにかかる時間も大幅に短縮されます。
 

マクリン
何と言っても、楽天市場だけでも「カードケース」は「590,293件(執筆時点)」もヒットしますから……!
 
ただし、カードケースを使う前に「これから選ぶカードケースにメインで入れるものは何か?」というのを考えておきましょう。

「クレジットカード」「名刺」「ポイントカード」専用なのか、「メインのクレジットカード+ポイントカード数枚」なのか、「3種類とも数枚ずつ」なのかで、選び方も変わるためです。

ちなみに僕は、メインのクレジットカードに楽天カードを使っています。

マクリン
楽天市場でよく買い物するのであれば、必須のカードですよ!

楽天スーパーポイントは基本的に100円ごとに1ポイントですが、楽天カードや楽天銀行・楽天証券など、楽天関係のサービスを組み合わせることで、5倍以上に増えるのです。

中でも倍率が大きいのが楽天カードで、これを持つだけでも最大4倍になります。

おかげで楽天ポイントが貯まりマクリンまくりw

新規入会であれば常に5,000ポイント以上もらえる新規入会&利用キャンペーンもあります。

ヨメ
しかも、通常のカードであれば永年無料
年会費永年無料

新規入会&利用で5,000ポイントプレゼント!

 
そんなわけで「カードケースを選ぶ5つのポイント」について詳しく解説します。
 

1. 収納力が適正(収納したいカードの数に合う)

収納力とは言い換えると「ケースに入るカードの枚数」です。

例えば「少数精鋭のカード数枚だけ入れたい」、「サブのカードケースにしたい」、「交流会で名刺を配りマクリンするために、100枚入るケースが欲しい」など、使用目的から必要な収納枚数を決めます。

マクリン
クレジットカードは、一般的な名刺やポイントカードの3倍くらいの厚みがあるので、計算する際には気をつけないといけませんね。
 

2. 安全性が高い(スキミングや情報漏洩のリスクが低い)

一般社団法人日本クレジット協会の発表によると、2018年のクレジットカード不正利用被害額は、235億4千円にものぼります。

つまり、クレジットカードやキャッシュカードを入れる機会の多いカードケースは、情報セキュリティ面のしっかりしたものであることが望ましいです。
 

マクリン
スキミングなどの犯罪もありますし……。
スキミング
カードの磁気データをスキマー(カード情報の読み取り機能を持った装置)で盗み取り、クレジットカードなどを偽造する犯罪の手口。しかし近年では、スキマーと物理的に接触させずに情報を盗み取る非接触型のスキミングも増えている。

クレジットカードやキャッシュカードだけでなく、SuicaやPASMO、Edyに代表される非接触型カードも、スキミングの脅威にさらされています。

混雑した電車内や人混みなどで、洋服のポケットやカバンに入れているカードに小型のスキマーを近づけ、個人情報や電子マネーを盗む事件が発生しています。

特にクレジットカード一体型電子マネーは、防犯性能の高いカードケースに入れておきたいです。

3. 堅牢性が高い(丈夫でカードが壊れにくい)

使用頻度の高いカードは、摩耗・衝撃・スマホの磁気などで磁気不良になる可能性が高いので、堅牢性の高いカードケースが望ましいです。

磁気不良になると再発行の手続きが面倒なだけでなく、ポイント還元率の高いメインカードだとその間、心を痛めながらサブカードで買い物をすることになります。
 

マクリン
クレジットカードやキャッシュカードの磁気ストライプ面を合わせておくのも磁気不良の原因になるので、カードケース内でもカードの入れ方には気をつけましょう!
 
使用頻度の高いメインカードを入れる場合は、堅牢性が高い=まさに字面の「堅い牢屋ろうや」のように、中のカードをしっかりと守ってくれる丈夫なカードケースを選びたいです。
 

4. 機能性が高い(持ち歩きやすい、取り出しやすい)

収納力が抜群で、安全性や堅牢性が高いカードケースでも、重かったり、カードを取り出すのに毎回時間がかかったりするようでは困ります。

特にメインで使うクレジットカードやキャッシュカードは、サッと取り出せるようにしたいもの。

マクリン
取り出しづらいカードケースだと、レジやATM前でマゴつきがちですから……。

「ジャバラ式でカードを見つけやすい・カードの収納枚数に合わせて厚みが調整できて嵩張らない・片手で開閉できる」なども機能性を見極めるポイントです。

5. デザイン性が高い(おしゃれ!)

カードケースは、ほぼ毎日使うものですし、人目にもつきやすいものですから、おしゃれでデザイン性が高いものを選びたいものです。

ブランド・デザイン・センスなど個人の嗜好しこうが出る部分ですが、僕は長く使いたいタイプなので、使えば使うほど味が出るというのも選ぶポイントにしています。
 

マクリン
汚れやキズさえ愛おしく感じるようになりますし、世界で唯一の自分だけのカードケースに変わっていく様が魅力です。
 
それでは、上の5つのポイントをより多く満たすクレジットカードケースを選んでいます。

おすすめのクレジットカードケース4選

それでは数々のカードケースを使ってきた、マクリン選りすぐりのベスト4を紹介いたします。

全てデザイン性が高いと胸を張れるものを選びましたので、デザイン性以外のポイントにも注目してください。
 

1. Zeperionのスライド式カードケース【薄型/メインカード+少数精鋭1軍カード用】

メインで使うクレジットカードやキャッシュカードは、取り出しやすいことが重要です。
 

マクリン
1日何回も使うので、ストレスフリーな使用感でないと……。
 
また使用頻度の高いカードは、磁気不良から守るためにも、カードケースには堅牢性の高さも求められます。

そんなわけで、取り出しやすさ&堅牢性の双方を併せ持つカードケースならば、こちら一択です!

Zeperionの「スライド式カードケース」です。

まずこちらのカードケース、メインのカードを入れるにふさわしい「サッと取り出せる」という特長があります。

底にあるレバーを指で引くことで、カードの上半身がシャッと現れます。
 

マクリン
飛び出ることはないのでご安心を!
レバーの引き具合が気持ちよくて、関係ないときもついつい引いちゃいます。
 
それからもう1つの特長である堅牢性。軽くて丈夫なアルミ素材でできています。

また磁気不良も防げるよう、内側が磁気を通さない構造になっています。
 

マクリン
物理的にも磁気的にも磨耗や破損から防げるので安心ですね!
 
ただし厚さ8mmの薄型ボディですので、クレジットカードの収納枚数は最大5枚。あくまで1軍のカードだけを入れるようにしましょう。

 

2. OGON(オゴン)のアルミカードホルダー【ジャバラ式/安全性・堅牢性が高い】

クレジットカードやキャッシュカード、電子マネー機能付きカードを入れるカードケースは、防犯性能や情報セキュリティ対策がしっかり取られたものを選びたいです。
 

マクリン
直接カードに触れなくても情報や電子マネー、ポイントを盗まれるスキミング被害も増えていますし……。
 
生活感あふれるカードケースだからこそ、デザインはスタイリッシュでありたいもの。

おしゃれさの演出にもつながります。

そんな防犯性とクールさを兼ね備えたカードケースがこちら。

OGON(オゴン)の「フランス製アルミカードホルダー」です。

僕の愛用している色が、まさにこのターコイズブルーなんですが、発色がきれいでいつ見てもほれぼれします。


 
カラーバリエーションも豊富で、日本製ではなかなか無い色もあります。

MEMO
Amazonでは上記以外にライトグリーン、パープルもあります。

 
ただおしゃれなだけでなく、外装がアルミ素材なので軽くて造りも丈夫。

しかもキズ付きづらいよう、表面に細かなギザギザ加工が施されています。

おかげで5年以上経った今でも現役バリバリです。
 

マクリン
もちろん情報セキュリティ面もバッチリ!
 
まさに安全性と堅牢性、デザイン性も高いレベルで兼ね備えたカードケースです。

使い勝手もかなり良く、片手ワンタッチでパチっと開きます。

そして開けるとジャバラ式収納

ジャバラ式は中身が見えやすく、かつ取り出しやすいので、取り扱いがとてもラクです。

カードを差し込むポケットは7箇所あり、各ポケットに2枚のカードを重ねることも可能。

ただし全てのポケットに2枚のカードを重ねると、カードの厚みでフタが閉まらなくなります。

マクリン
カードの最大収納枚数は10枚ですのでそこだけはご注意を!

3. m+(エムピウ)のcento 2【大容量/革/収納力・デザイン性が高い】

使っていくうちに色味が変化していく革製品も好きなのです。
 

マクリン
だんだん自分のアイテムに育っていく感じがたまらん!
 
だから、財布・カバン・名刺入れなど、長く愛用するものは革モノを選ぶようにしています。

アルミ素材のクールな雰囲気もいいですが、ときにはナチュラルな革素材もいいものです。

数ある革素材のカードケースの中でも僕がおすすめするのはこちら。


 
m+(エムピウ)の「cento 2(チェント2)」です。

青好きの僕は、ここでもやはりブルーをチョイスしてしまいました。

ORTENSIA」というカラーです。

このORTESIAが深みのある青で、かつ緑がかっていて、なんとも魅力的な色なのです。

もちろん革ならではの色を育てる楽しみもあり、経年変化でこれだけ変わります。

こんな風にツヤとアタリが出て、いい感じに手になじんできます。

僕の持っているcento 2も初期は青みが強かったのですが、途中から緑が加わり、深緑に近い色に変わっていきました。

他にもエイジングが楽しめそうなカラーが揃っているので、実際かなり迷いました。

マクリン
ちなみに妻には「Napoli」というイエローカラーをプレゼントしました!

イエローは一見派手な色に見えますが、色の変化が一番楽しめるという意味でかなりおすすめです。

こちらは妻が使用して1年経過後の写真。

こんな風にだんだんとキャメルに近い色味に変わっていきます。

素材使いとカラーに定評のあるcento 2ですが、もう一つの特長はカード収納枚数の多さ

イタリア語で数字の「100」を意味する「CENTO」という名前のとおり、名刺・ポイントカードだと100枚も収納できます

厚みのあるクレジットカードでも30枚の収納が可能です。

厚み(マチ幅)がカード枚数に応じて自在に変わっていく構造なので、少量でも大量でも違和感なく対応できるようになっています。

無駄に嵩張らないので、大量の名刺やポイントカードを持ち歩きたい人にもおすすめです。

使い勝手も素晴らしく、上下どちらからでも開閉が可能です。

名刺・カードを分けて入れることもできますので、名刺入れと兼用したい人にもおすすめできるモデルです。

マクリン
僕みたいなカード持ちは全部カードで埋まってますけどね……!

エムピウのレビュー記事はこちら

【m+】エムピウ名刺入れ「cento 2」レビュー:100枚入ってマチ幅変幻自在【口コミ・評価】 【m+】エムピウ名刺入れ cento 2レビュー:100枚入ってマチ幅自在【口コミ・評価】  

4. BRIEFING(ブリーフィング)のCARD HORDER【薄型/大容量/堅牢性が高い】

最後に紹介するのは、僕が大好きなブリーフィングのカードケースです。

堅牢性の高いバリスティックナイロンをメイン素材に使った同社のビジネスバッグは、幅広い世代のビジネスマンに愛用されています。

バリスティックナイロン
米国のデュポン社が開発した、通常のナイロンの5倍程度の強度を誇る、強靭なナイロン。元々は第二次世界大戦の飛行士が着用する、防弾チョッキの材料として作られたものです。
 
実はブリーフィング、こちらのカードケースをはじめ、バリスティックナイロンを使った小物も数多く手がけているのです。

 
タフビジネスバッグの代名詞的ブランドが手がけたとあって、見るからに耐久性の高そうな、ミリタリー感の強い外観です。

マクリン
無骨なデザインがかっこいい!

サイズはコンパクトながら(W11 x H10 x D2cm)収納力にすぐれており、名刺・ポイントカードの薄さであれば20枚まで収容できます。

丈夫で薄型かつ大容量のカードケースは貴重な存在です。


 
背面にはオープンポケットが付いており、取り出し頻度の高いカードはこちらに入れておくと便利です。


 
地味に素晴らしいと感じているポイントが、ボタンの開け閉め部分


 
ボタンのメス側は指がかけられるよう、ループ状になっており、このことで収納カードに力を加えることなく開け閉めが可能となっているのです。

マクリン
細かいところも上手く作り込んでいるのが、さすがブリーフィングですね。

Sponsored Links

 

おすすめのクレジットカードケースまとめ

本記事は「【おすすめ】おしゃれなクレジットカードケース4選【ポイントカード収納】」について書きました。

ひとえにカードケースといっても各種いろいろな特長があります。

所有するカード自体を減らすという選択肢もありますが、僕のように使うカードの種類に応じて使い分けるのもなかなか楽しいものです。

あまり人目に触れる機会の少ないカードケースですが、こういう小物にも気を遣うことでセンスの良さの演出にもつながります。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

【m+】エムピウ名刺入れ「cento 2」レビュー:100枚入ってマチ幅変幻自在【口コミ・評価】 【m+】エムピウ名刺入れ cento 2レビュー:100枚入ってマチ幅自在【口コミ・評価】 【THE PODレビュー】質感と機能性が融合したおしゃれな本革ガジェットポーチ 【おすすめ4選】人気ブランドの革製IDケース(カードホルダー)【メンズにも】 【人気ブランド】IDカードホルダー(社員証ケース)おすすめ4選【メンズも】 【A5・A6・B6の本革手帳カバー】ビジネスレザーファクトリーをおすすめする理由とは【評判・品質】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

マクナビ