記事を探す方はサイトマップへ

年間100回近くビジネス出張する僕が必ず持っていくおすすめ便利グッズ5選!

どうも、出張貧乏マクリン(@Maku_ring)です。

出張で使った交通費・宿泊費は経費精算で返ってきますが、お金を立て替えるタイミングとそれが返ってくるタイミングにズレが生じます。

だから経費精算が振り込まれる頃には、お金をその分使ったことなど失念しており……

 

マクリン

銀行口座にお金入ってるやん! ラッキー!

 

などと思うわけです。

 

マクリン

はい、バカですわ……。

 

それはさておき、社会人になってから、だいたい毎年100回近くは出張しています。

始めの頃こそ遠出の出張だと、プチ旅行感覚があってワクワクしていたものですが、最近はもはや何の心の動きもありません……(あくまで国内にかぎった話)。

これだけ出張が多いと、最初はいろいろ持っていっていた出張グッズも、本当に必要な物のみに絞られてきます。

そんなわけで今回の記事は「年間100回近くビジネス出張する僕が必ず持っていくおすすめ便利グッズ5選!」について書いていきます。

 

 

 

仕事で使えるおしゃれで便利な最新ガジェット・オフィス文房具6選!
清潔感あるビジネスマンが常に持っておくべき「おすすめ身だしなみグッズ」5選!
リモワからでも乗り換えたい!ブリーフィングのスーツケース「H-37」6つの魅力

 

年間100回近く出張する僕が必ず持っていく便利グッズ5選!

ネクタイ収納ケース

うちの社風もあり、普段はほとんど着用しませんが、なきゃないで困るのがネクタイ。

 

マクリン

例えば打ち合わせ相手が役員クラスだったり、こちらの謝罪だったり、お客様の会社が夏でもクールビズ適用外のところだったり……。

 

こんな感じでふいに必要な機会が訪れるのです。

常に使うわけではありませんが、出張時にも必ず忍ばせておく必要があります。

だからといって、そのまま裸で収納すると、ネクタイに優しくありません。

ということで、出張時のネクタイ収納のベストアンサーがこちらです。

 

 

TRAVELGATEの「ネクタイケース」です。

見てのとおり、ネクタイをくるくる巻いて収納できるタイプのネクタイケースです。

ブックカバーのように、そのままパタッと閉じるタイプのネクタイケースもあります。

 

「かさ張らない・折りジワが付かない」という点では、くるくると巻いて収納するのが最もスマートに収納できるのではないでしょうか。

ちなみに僕は、会社でも「アクリル小物収納」にくるくる巻いたネクタイを入れまくっています。

 

 

さて話は戻りますが、こちらのネクタイケース、外はマットなレザー仕様・中はスエード仕様でして、なかなか高級感あります。

 

 

長く愛用する出張アイテムなので、このように上質感があった方が大切に扱う意識が生まれます。

 

マクリン

ガサツな僕は、造りの安いものだと雑に扱うので……。

 

あとこちらのネクタイケース、フタがマグネット式でしっかり閉まります。

 

 

スーツケースの中で動いても容易に飛び出さないので、安心して使うことができます。

 

マクリン

ネクタイは意外と消耗品なので、ネクタイケースは重宝しますよ。

 

 

 

 

 

シャツケース

下着・靴下の収納は特に気をつけることはありませんが、シャツだけは特別です。

 

マクリン

シワがついてたら、どうしてもだらしなく映りますからね……。

 

シャツがパリッとしているだけで、清潔感が出て相手から見た印象度は上がるものです。

したがって出張時は「いかにシャツにシワを作らず持ち運ぶか」が大事です。

1泊分だけのシャツなら、そのまま入れても何とかなるかもしれません。ところが何日分ものシャツを「シワを作らずスーツケースにそのまま入れる」なんて至難の業です。

 

マクリン

しかもそこにはスラックスも入ってくるんですよ……!

 

何の工夫もなくキレイに収納するのはもはや不可能です。

ということで、ビジネスマンのシャツ・スラックス収納の味方はこれしかありません!

 

 

BAGSMARTの「ワイシャツケース」です。

一度こちらを使うようになると、あまりにもキレイに持ち運べるので、離れられなくなります。

 

 

メーカーは「5枚収納」と謳っていますが、僕が試した結果、7枚分のシャツ(4枚のシャツ+3本のスラックスでも可)を収納できました。マジックテープで留めるので、ある程度の調整が効くのです。

そこまで入れると、さすがにちょっとパンパンでしたが……。

底には下敷きのようなプレートが付いていて、そこには親切にシャツとスラックスの畳み方が書かれています。

 

 

不器用な僕には、この折りたたみガイドがとても助かるのです。

上フタはメッシュ素材で通気性もしっかり確保しています。

 

 

 

マクリン

コイツは出張時の必需品ですよ!

 

 

 

 

充電器ポーチ

僕のようなガジェット持ちは、出張とともに沢山のガジェットを引き連れてまいります。

ガジェットがあるということは、それにともなう充電器・モバイルバッテリーもそれなりにありまして。

これらをいかに分かりやすい場所に1箇所にまとめて収納するかというのが、僕にとっては死活問題なのです。

そんな僕のワガママを一気に解消してくれるポーチがこちらです。

 

 

サンワダイレクトの「トラベルポーチ」です。

充電器・ルーター・バッテリー・イヤホン、とにかくめちゃめちゃ入ります。

 

 

全体的にクッション材が入っているので、外にも中にも優しい仕様です。

 

マクリン

ちなみにガジェット持ちの僕は、2個使いしています……!

 

僕のような複数持ちでも区別しやすいよう、色違いもあります。

 

 

ちなみに同価格で標準タイプ(タテ19×ヨコ13.5×高さ5cm)・横長タイプ(タテ21.5×ヨコ11.5×高さ6cm)の2種類があります。

PCのアダプターやモバイルバッテリーなど、大きめのものを入れる方は横長タイプ、スマホの充電器やイヤホン・マウスを中心に小さめのものを入れる方は標準タイプがいいでしょう。

 

 

 

 

折りたたみ傘

出張で複数県まわっていると、各地域の天気予報をいちいちチェックするのも煩わしくなってきます。

こっちが快晴、出張先が大雨なんてこともザラにあります。予報がはずれ、突如ゲリラ豪雨に見舞われることも……。

どんなときでも雨に対する備え、すなわち折りたたみ傘は入れておいた方がいいのです。

数ある折りたたみ傘の中でも、僕がおすすめするのはこちら。

 

 

TAIKUUの「軽量航空アルミ合金骨傘」です。

まずなんといっても特筆すべきはその軽さ「240g」!

一般的な折りたたみ傘が約300g、iPhone 7Plusが約190gなので、ちょうど中間くらいです。

 

マクリン

スマホ+αの重さしかないってすごくないですか?

 

その軽量性を実現しているのは、傘の骨素材。

一般的な傘には鉄がよく使われているのですが、こちらの傘はアルミ合金が使われています。軽くて丈夫。

布も軽くて密度がギュッと詰まったものを使用しており、こちらも軽量性に貢献しています。

また、折りたたむとめちゃコンパクトなのに、開くと大型サイズ(100cm超え!)なのもポイント高いです。

 

 

コンパクト傘は開いても小さいものが多い中、この特長はかなりのメリットです。

これも珍しいのですが、収納ケースが2つ付いています。

 

 

これが意外と理にかなっています。

布ケースだけでは濡れた状態でしまうと、ケースにまで染み込んで……

 

マクリン

うわ! ケースまで濡れてるし意味ないやん!

 

となるのが常です。

ところが、もう1つ外側に円筒ケースがあることで、そこまで雨が染み込まなくなるのです。

 

マクリン

とりあえずこれを1本入れておけば、天気を気にすることは無くなりますよ♪

 

 

 

 

ホテル用無線LANルーター

ガジェット好きの僕にとって大事なのは、やはりネットワーク環境。

いまや国内のホテルでWi-Fiが無いところは、ほとんどありません。

ところが電波の強度があまり強くないホテルが多いのです。高層階の部屋だとその比率はグッと上がります。

有線LAN対応のPCならば特に困りませんが、スマホ・タブレット(あとMacbookも)は無線LANなので電波強度が命です。

電波強度が弱いだけで、そのホテルでの快適性が一気に損なわれます。

 

マクリン

気軽に動画とか観れなくなりますからね……。

 

安定した無線LAN環境を得るために、出張時に持ち歩いているのがこちらです。

 

 

PLANEXの「コンセント直挿型 無線LANルーター」です。

簡単に書くと「コンセントに挿してLANケーブルをつなぐだけで無線LANに変える機械(ルーター)」です。

 

 

 

マクリン

Wi-fiが飛んでいるホテルならこの機械いらないんちゃうの?

 

そう思われるかもしれません。

ですが、「ルーターで無線LANに変換したWi-fiの電波強度 > ホテルに元々飛んでいるWi-fiの電波強度」の図式が成り立つので、どんなホテルに泊まられるときもこちらのルーターを持参されることをおすすめします。

 

 

マクリン

設定もめちゃ簡単かつ、コンパクト設計(30 × 45 × 55 mm)ですから!

 

 

 

 

まとめ

今回の記事は「年間100回近くビジネス出張する僕が必ず持っていくおすすめ便利グッズ5選!」について書きました。

5点に絞ったら、シンプルで使いやすいものしか残りませんでした。あとはコンパクトなもの。

常に持ち運ぶツールが決まっていたら、あとはそこに入れる物を流し込むだけなので、出張前の準備はとても円滑に進みます。

自分なりの「出張の型」を作っていきましょう。

どうも、マクリンでした。

 

 

仕事で使えるおしゃれで便利な最新ガジェット・オフィス文房具6選!
清潔感あるビジネスマンが常に持っておくべき「おすすめ身だしなみグッズ」5選!
リモワからでも乗り換えたい!ブリーフィングのスーツケース「H-37」6つの魅力