記事を探す方は全カテゴリーへ

ガジェット好きがおすすめするAnker傑作選【モバイルバッテリー・USB充電器・イヤホン・プロジェクター】

 
どうも、ガジェット大好きマクリン( @Maku_ring)です。

仕事の効率化に余念のないワタクシは、ちょっとでも良さそうなガジェットが登場すると、すぐにポチってしまう習性があります。

中でも高確率で心を揺さぶってくるのがAnker(アンカー)のガジェット群。

品質が優れているだけでなく、機能性も抜かりなく、かつデザインも男子の琴線きんせんに触れる無骨な仕上がりと、まさに無敵のガジェットメーカーです。

本記事では数あるAnkerの名作ガジェットでも、迷わず購入をおすすめする逸品にしぼって紹介いたします。
 

1. Anker PowerCore Fusion 5000

最初に紹介するのは、これ1台でUSB急速充電器とモバイルバッテリーの2役をこなす「PowerCore Fusion 5000」です。

AnkerのPowerCore Fusion 5000

 
僕はこの製品が登場してから、モバイルバッテリーと急速充電器を別々に持つ必要がなくなり、まさに当時イノベーションを体感した一品でした。

バッテリー容量は必要にして十分な5,000mAh

最近は10,000mAh以上もめずらしくありませんが、容量が増えすぎるとどうしても重くなり、携帯性が落ちてしまいます。

かといって5,000mAhが少ないのかというと、そうでもありません。

例えばiPhoneは、いずれのシリーズも2,000〜2,800mAhに収まるので、5,000mAhで1回以上充電できちゃうです。

AnkerのPowerCore Fusion 5000は5,000mAhのバッテリー容量

2ポートのUSB出力合計は3Aなので、スマホとタブレットの同時充電も可能です。

正面には残量確認用のLEDインジケーターが付いており、ボタンを押すとバッテリー残量が分かります。

AnkerのPowerCore Fusion 5000は、ボタンを押すとLEDインジケーターでバッテリー残量が分かる

まさにかゆいところに手が届いた設計。

ちなみに付属品のポーチがかなりヤワなので、僕も愛用している専用ケースの購入をおすすめします。

AnkerのPowerCore Fusion 5000の専用ケース

 

マクリン
純正品と錯覚さっかくするほどジャストフィット

AnkerのPowerCore Fusion 5000の専用ケースはかなりおすすめ

PowerCore Fusion 5000比較レビューはこちら

Anker PowerCore Fusion 5000超えた!? OMKUY Qiモバイルバッテリー比較レビュー

 

2. Anker PowerWave 7.5 Stand

iPhone XSなど、Qi対応したスマホ用のスタンド型ワイヤレス充電器「Anker PowerWave 7.5 Stand」です。

Anker PowerWave 7.5 StandはiPhone XS/XS Max/XR対応のスタンド型Qiワイヤレス充電器
 

iPhone XSがぴったり収まるサイズ感となっています。

Anker PowerWave 7.5 StandはiPhone XSがぴったり収まるサイズ
 
内部に2つの充電コイルを搭載することで、タテヨコいずれの向きに置いても充電できるように設計されています。

Anker PowerWave 7.5 StandはiPhone XSを横向きに置いても大丈夫
 

本体にくわえ、QC(Quick Charge)3.0対応のUSB急速充電器が付いています。

Anker PowerWave 7.5 Standは折りたたみ式のQC3.0対応USB充電器付き

注意
QC3.0対応のUSB充電器でないと、Anker PowerWave 7.5 Standの充電能力が100%発揮されません。
 
Anker PowerWave 7.5 Standは、こちらの充電器を併用することで、iPhoneに7.5W出力の急速充電が可能となります。

Anker PowerWave 7.5 StandはiPhoneに最大7.5WでQiワイヤレス充電が可能
 
高出力を実現していることで、他のワイヤレス充電器にくらべ、1.3〜1.4倍ほど充電速度が速いのです。

Anker PowerWave 7.5 Standは他のワイヤレス充電器に比べ、充電速度が格段に速い
 
実際に充電したところ、約1時間半で50%に到達しましたので、フル充電まで3時間程度という公称に間違いありませんでした。

Anker PowerWave 7.5 StandでiPhone XSを充電する
 

マクリン
既存のiPhone X/8/8 Plusにも使えますし、いまワイヤレス充電器を買うならコレしかないでしょう!

Anker PowerWave 7.5 Standレビューはこちら

【Anker PowerWave 7.5 Standレビュー】iPhone XS/XS Max/XR対応のQiワイヤレス充電器【最大7.5W】  

Sponsored Links

 

3. Anker PowerPort Ⅱ PD

MacBookのACアダプターの代わりにも使え、かつ高機能なUSB充電器が「Anker PowerPort Ⅱ PD」です。

Anker PowerPort Ⅱ PD

 
特筆すべきは、純正のアダプターよりもひと回り小さいコンパクトデザイン

Anker PowerPort Ⅱ PDはMacBook Pro純正アダプターよりひと回り小さいコンパクトデザイン
 
折りたたみプラグ式なのも使いやすい点です。

Anker PowerPort Ⅱ PDは折りたたみプラグ式

 
Anker PowerPort Ⅱ PDが素晴らしいのは、コンパクトでありながら、PD(Power Delivery)対応のUSBタイプCにくわえタイプAまで備えていることです。

Anker PowerPort Ⅱ PDはPD対応のUSB-CとタイプA搭載

MEMO
次世代の給電規格「Power Delivery」に対応していると、ノートPCへの充電が通常規格の半分以下に収まります。

 

マクリン
これ一台でMacBook Proとスマホが充電できちゃう!
 
僕のようにMacを外へ持ち出す機会の多い人は、迷わず買うべき一品です。

注意
本体にはケーブルが付いていませんので、PD対応ケーブルが別途必要です。

Anker PowerPort Ⅱ PDレビューはこちら

【Anker PowerPort ll PDレビュー】MacBookとスマホ同時充電可の最小ACアダプター  

Sponsored Links

 

4. Anker PowerCore Lite 10000

小型軽量かつ2種類のUSB入力端子を備える、大容量モバイルバッテリーが「Anker PowerCore Lite 10000」です。

Anker PowerCore Lite 10000
 
バッテリー容量は10,000mAhあるにもかかわらず、そのサイズはiPhone Xとほぼ同じ、重量も211gの軽量設計です。

Anker PowerCore Lite 10000は小型軽量設計
 
バッテリー本体を充電する入力端子にMicro USBとUSBタイプCの2種類を備えているのも大きな特長。

Anker PowerCore Lite 10000は2種類の入力端子、Micro USBとUSBタイプCを搭載
 
Ankerのモバイルバッテリーで唯一、USBタイプCを本体充電に使えるモデルとなっています。

Anker PowerCore Lite 10000はAnkerで唯一USBタイプCを本体充電に使えるモデル
 
これがかなり便利で、ケーブルもMacBook用のUSB-Cケーブルを使い回せるし、ACアダプターからだけでなくPCからの充電も可能です。

Anker PowerCore Lite 10000はMacBookからの充電も可能

 
また出力端子のUSBタイプAは、Ankerの独自技術「PowerIQ」を搭載しており、急速充電に必要な電流値を、デバイスごとに自動で合わせてくれます。

Anker x ガラケー(0.52A)

Anker x スマホ(1.02A)

Anker x タブレット(1.45A)

マクリン
見事に合ってる!

バッテリー容量・端子・重さのいずれかで、現状のモバイルバッテリーに不満をお持ちであれば、迷わず買うべき製品です。

Anker PoreCore Lite 10000レビューはこちら

【Anker PowerCore Lite 10000レビュー】充電端子が2種類選べる軽量モバイルバッテリー【大容量】  

Sponsored Links

 

5. Anker PowerCore Speed 20000 PD

ノートPCまで充電できる、20,000mAhクラスの超大容量モバイルバッテリー「Anker PowerCore Speed 20000 PD」です。

Anker PowerCore Speed 20000 PD
 
MacBook Proの容量(約22,000mAh)とほぼ同じ20,100mAhのバッテリー容量を備えながら、重さ約360gと同クラス最軽量に抑えています(それでもさすがにちと重いw)。

20,000mAhクラスの最軽量モバイルバッテリー「Anker PowerCore Speed 20000 PD」
 
本製品のおすすめポイントは、バッテリー本体にくわえ、折りたたみプラグ式のUSBタイプC急速充電器(ACアダプター)が付いていることです。

Anker PowerCore Speed 20000 PDはUSB-C急速充電器(ACアダプター)付き
 
こちらのUSB-C端子は30W出力対応のPD(Power Delivery)対応であるため、モバイルバッテリー本体が約4時間で満充電できちゃいます(この容量ではかなり早い方)。

マクリン
MacBookのACアダプターとしても使えますよ!
 
本製品はUSBタイプAとタイプC、2種類の端子を備えています。

Anker PowerCore Speed 20000 PDはUSBタイプAとタイプCを搭載

MEMO
USBタイプC端子のみPD対応です。
 
USBタイプCは入出力両方の機能を備えており、ひとつの端子でバッテリー本体の充電だけでなく、ノートPCへの充電も可能です。

Anker PowerCore Speed 20000 PDはUSBタイプCを搭載
Anker PowerCore Speed 20000 PDはUSBタイプCを搭載
 
USBタイプAは、AnkerおなじみのPowerIQ搭載で、デバイスに合わせて最適な電流値を自動で調整してくれます。

Anker x ガラケー(0.54A)

Anker x スマホ(1.02A)

Anker x タブレット(1.66A)

 

Anker PowerCore Speed 20000 PDはバッテリー容量・端子・付属品のいずれも死角のない、オールマイティのモバイルバッテリーです。

Anker PowerCore Speed 20000 PDレビューはこちら

【Anker PowerCore Speed 20000 PDレビュー】MacBook充電可の最軽量モバイルバッテリー【ACアダプタ付き】  

6. Anker SoundCore用トラベルケース

ここで隠れた名作「Anker SoundCore / SoundCore 2用 トラベルケース」を紹介します。

Anker SoundCore用トラベルケース

 
こちらのケース、本来は「Anker SoundCore 2」という、同社のBluetoothスピーカーを入れるためのものです。

 
ですが僕は、こちらをなんとペンケースとして活用していますw

Anker SoundCore / SoundCore 2用 トラベルケースをペンケースとして活用
 

マクリン
イレギュラーな使用方法ではありますが、この使い方かなりおすすめですよ!

外装には、丈夫で品質の高いPUレザー(合成皮革)を用いています。

Anker SoundCore / SoundCore 2用 トラベルケースの外装はPUレザーを使用

マクリン
おかげで水も衝撃もヘッチャラ!
 
深さもしっかりあり、物をたっぷり収められる大容量

Anker SoundCore / SoundCore 2用 トラベルケースは深さもしっかりある
 
前背面にはメッシュポケットを備えており、ケーブルなどを入れるのにかなり重宝しています。

Anker SoundCore / SoundCore 2用 トラベルケースのネット部分
 

マクリン
そこら辺にあるペンケースより、ぜんぜん優秀で使いやすいですよ!
 

7. ZOLO Liberty+

Bluetooth接続で全てのケーブルを廃した完全ワイヤレスイヤホン「Zolo Liberty+」です。

ZOLO Liberty+

 
Ankerは音響メーカーではないにもかかわらず、オーディオメーカーに勝るとも劣らない完成度をほこります。

完全ワイヤレスイヤホンの良し悪しを判断するポイントは、以下の5点です。

イヤホンの評価項目
  1. 連続再生時間(バッテリー)  4時間以上あることが望ましい
  2. 音質  どの程度クリアに聴こえるか
  3. 音の遅延   特に動画再生時は、遅延の少ないことが望ましい
  4. 音声操作  Siriで選曲・音量変更が可能
  5. 防水・防滴対応  汗をかく運動時・雨天時の使用を加味
 
イヤホン自体の連続再生時間は3.5時間と一般的ですが、バッテリー内蔵のケースが優秀で、イヤホンを約12回分フル充電できるバッテリー容量を備えています。

ZOLO Liberty+の連続再生時間はケースを含めると48時間

マクリン
本体 + ケースでバッテリー持続時間は約48時間
 
雨天時や汗をともなう運動時でも使用できるよう、防水規格IPX5を有する完全防水仕様となっています。

ZOLO Liberty+はIPX5の防水性能
 

また、ダイヤモンド以上の硬さをもつグラフェンをドライバーに採用することで、正確な振動を生み出し、高音質を実現しています。

低音から高音まで万遍まんべんなく拾い上げ、素直でフラットな印象の音質です。
 

マクリン
ボタン一つで再生・停止・曲送りができて、直感的に使いやすい操作性ですよ!
ZOLO Liberty+の評価
音質(中音域がGOOD)
(4.0)
連続再生時間(3.5時間)
(3.5)
音の遅延(全然ない)
(5.0)
音声操作(あり)
(5.0)
防水・防滴(あり)
(5.0)
総合評価
(4.5)

その他のワイヤレスイヤホンレビューはこちら

【おすすめ】1万円台からの完全ワイヤレスイヤホン人気6製品【比較レビュー】  

8. Anker Nebula Capsule Pro

マクリン
なんとAnker、実は小型のモバイルプロジェクターまで出してるんですよ。

それがこちら「Anker Nebula Capsule」です。


 
ガジェットメーカーが作ったプロジェクターとは思えないほど、ハイクオリティな製品に仕上がっています。

僕の考える「ビジネス使用に耐えうるモバイルプロジェクターの条件」がこちら。

必要なスペック

  • 怪しいメーカー製でないこと
  • 手の平サイズ
  • 明るさ(輝度)は100ルーメン以上
  • 投影サイズは100インチ以上
  • 画質(解像度)はWVGA(854 × 480)以上
  • 台形補正機能あり
  • バッテリー内蔵で2時間以上駆動

 
いずれも高いレベルでクリアしているのがAnker Nebula Capsuleです。

まず目につくのが圧倒的なコンパクトサイズ

Anker Nebula Capsule Proは圧倒的なコンパクトサイズ

マクリン
直径6.8cm x 高さ12cmで、もはや缶サイズ
 
明るさも150ルーメンをしっかりキープしており、なかなか優秀。

Anker Nebula Capsule Proは150ルーメン

マクリン
解像度はWVGA(854 × 480)なので、ビジネスでもしっかり使えますよ!
 
小型にもかかわらず大容量バッテリーを備えており、4時間もの連続使用が可能です。

Anker Nebula Capsule Proは連続再生4時間のロングバッテリー
また全方位スピーカーのデザインなので、音響面も抜かりなし。

マクリン
死角の少ないオールラウンダーモデルですよ。
注意
本体にはケースが付いていませんので、専用ケースの購入をおすすめします。

その他モバイルプロジェクター比較レビューはこちら

【2018年】モバイルプロジェクターの選び方とおすすめの人気5モデル!  

「Ankerのおすすめガジェット群」まとめ

本記事は「ガジェット好きがおすすめするAnker傑作選【バッテリー・USB充電器・イヤホン・プロジェクター】」について書きました。

デザイン・機能・品質面で、妥協のないモノ作りを貫くガジェットメーカーAnker

その製品カテゴリーは年々広がっており、もはや総合家電メーカーに近い存在感があります。

本記事で紹介した製品群は、いずれも完成度の高いものばかり。

あなたにとってもベストパートナーとなるでしょう。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。
 

【Anker PowerCore Speed 20000 PDレビュー】MacBook充電可の最軽量モバイルバッテリー【ACアダプタ付き】 Anker PowerCore Fusion 5000超えた!? OMKUY Qiモバイルバッテリー比較レビュー 【Anker PowerPort ll PDレビュー】MacBookとスマホ同時充電可の最小ACアダプター 【Anker PowerCore Lite 10000レビュー】充電端子が2種類選べる軽量モバイルバッテリー【大容量】 【Anker Soundcore Infini Miniレビュー】同社初のBluetooth対応サウンドバー【40W】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です