おすすめのガジェット

【徹底比較】Ankerのワイヤレスイヤホンで今すぐ買うべきおすすめ6モデル!

Anker(アンカー)にハマりマクリン( @Maku_ring)です。

どちらかというとモバイルバッテリーUSB充電器で知られる同社ですが、実は完全ワイヤレスイヤホンも名機ぞろい。

Ankerの完全ワイヤレスイヤホン

ほとんどのモデルが1万円以下で購入できるにもかかわらず、外観・機能・音質ともにすぐれ、1万円以上の他社製品を凌駕りょうがする完成度をほこります。

そんなわけで本記事では「【徹底比較】Ankerのワイヤレスイヤホンで今すぐ買うべきおすすめ6モデル!」について書いていきます。

どれか1つ選べといわれたら「Soundcore Liberty Air 2 Pro」がおすすめです。

YouTube
動画でも紹介しています。

この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「家電最前線」のパーソナリティ、「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動。プロフィール詳細

Anker(アンカー)のおすすめワイヤレスイヤホン比較

Ankerのワイヤレスイヤホンは、モバイルバッテリーでつちかったバッテリー技術を生かし、ロングバッテリーに仕上がっています。
 

マクリン
従来のイヤホンは平均すると4時間くらいですが、7〜8時間も使えるのはありがたいですね!
 
またMicro USB充電のイヤホンが多い中、Anker製品のほとんどが、汎用性の高いUSBタイプC充電に対応しているのもポイント。

中には「置くだけ充電」のワイヤレス充電が可能なモデルもあります。

本記事で取り上げる6モデルには、それぞれ以下の特徴があるので、ひとつずつ紹介していきます。

製品名 Bluetooth 防水性能 対応コーデック 重量(片耳/ケース込み) 音楽再生時間 音楽再生時間(ケース併用) ドライバー 充電ポート HearID ANC
【第2世代】Soundcore Liberty Neo
Bluetooth 5.0 IPX7 AAC/SBC 約5.5g/約51g 最大5時間 最大20時間 6mmグラフェン採用ドライバー Micro USB
Soundcore Liberty 2
Bluetooth 5.0 IPX5 AAC/SBC/aptX 約7g/約62g 最大8時間 最大32時間 10mmダイヤモンドコーティングドライバー USB-C
Soundcore Liberty Air 2
Bluetooth 5.0 IPX5 AAC/SBC/aptX 約5g/約52g 最大7時間 最大28時間 6mmダイヤモンドコーティングドライバー USB-C・ワイヤレス
Soundcore Liberty 2 Pro
Bluetooth 5.0 IPX4 AAC/SBC/aptX 約8g/約69g 最大8時間 最大32時間 11mmダイナミックドライバー
バランスドアーマチュアドライバー
USB-C・ワイヤレス
Soundcore Life A2 NC
Bluetooth 5.0 IPX5 AAC/SBC 約13g/約68g 最大7時間(ANC:最大6時間) 最大35時間(ANC:最大30時間) 11mmダイナミックドライバー USB-C
Soundcore Liberty Air 2 Pro
Bluetooth 5.0 IPX4 AAC/SBC 約10g/約61g 最大7時間(ANC:最大6時間) 最大26時間(ANC:最大21時間) 11mmダイナミックドライバー USB-C・ワイヤレス

 

【第2世代】Soundcore Liberty Neo

Anker Libertyシリーズの軽量イヤホン「【第2世代】Anker Soundcore Liberty Neo」です。


 
完全防水仕様(IPX7)の完全ワイヤレスイヤホンです。

防水規格IPX7
「一時的(30分)に一定水深(1m)の条件に水没しても内部に浸水しない」と定義されている防水規格です。

【第2世代】Anker Soundcore Liberty Neoは完全防水仕様(IPX7)の完全ワイヤレスイヤホン

前モデルSoundcore Liberty NeoがIPX5であったのに対し、第2世代はフルワイヤレス最高クラスの防水性能に高められています。

デザインは前モデルと同様、装着時に耳からイヤホン部分が飛び出して見えないよう、ミニマムサイズにまとめ、スマートさを追求しています。

【第2世代】Soundcore Liberty Neoは装着時の飛び出しを抑えたデザイン
 
AnkerのLibertyシリーズでも軽量モデルであり、両耳でわずか11gの重さしかありません。

【第2世代】Soundcore Liberty Neoの左右イヤホン重量は約11g
 
ケース表面には、ダイヤモンド粒子を散りばめたようなメタリックコーティングが施され、高級感ある見た目となっています。

【第2世代】Soundcore Liberty Neoのケースはメタリックコーティング加工
 
バッテリーはイヤホン単体で5時間(前は3.5時間)、ケース併用で20時間(前は12時間)の使用が可能と、前モデルより連続使用時間が大幅に伸びました。

【第2世代】Soundcore Liberty Neoはイヤホン単体で5時間、ケース併用で20時間の使用が可能
 
【第2世代】Anker Soundcore Liberty Neoは、飛び出しを抑えたスマートデザインに仕上がっており、少しひねるだけで抜群のフィット感を発揮します。

【第2世代】Soundcore Liberty Neoの装着感

マクリン
しかも軽いので長時間のリスニングでも疲労感を感じづらいですよ!
 
操作はボタン式かつ音量調整以外の操作がイヤホンだけで可能なので、そこそこ使いやすいです。

ボタン操作一覧
  • (右/左)1回押す 再生/一時停止/受話/終話
  • 右1秒押し 次の曲へ
  • 左1秒押し 前の曲へ
  • 着信中(右/左)1秒押し 通話拒否
  • 通話中右1秒押し 通話切替
  • (右/左)2回押す 音声操作起動(Siri/Googleアシスタント)
注意
音量調整は、スマホもしくは音声操作(Siri/Googleアシスタント)もしくはで操作してください。
 

【第2世代】Anker Soundcore Liberty Neoは中低音が得意であった前モデルをベースに、低音の量感がさらに強化された音設計となっています。

Anker独自のBassUPテクノロジーで、聴いている音楽の音域を即座に分析し、低音域を約43%増幅してくれるのです。

そのおかげもあって、ROCKだけでなくR&BやHIP HOP、EDMと組み合わせてもパフォーマンスを発揮するイヤホンとなっています。

また、iPhoneなどiOS端末から良い音で楽しめる、高音質コーデックのAACに対応しています。

AAC
AAC(AdvancedAudioCoding)コーデックはiOSで採用されている音声圧縮規格です。Android 8.0以降でも対応しています。

ただし、apt-xコーデックには対応していませんので、Androidスマホでの動画やゲームプレイでは遅延が生じる旨ご承知おきください。

とはいえ、名作であった前モデルの性能をさらに向上しているため、トータルで見てすきのないモデルに仕上がっています。

【第2世代】Liberty Neoの評価
音質(中低音が得意)
(4.0)
連続再生時間(5時間)
(5.0)
音声操作(あり)
(5.0)
防水・防滴(IPX7)
(5.0)
総合評価
(4.5)

Soundcore Liberty Neoレビューはこちら

【第2世代】Anker Soundcore Liberty Neoレビュー!音質と防水を強化したシリーズ最軽量の完全ワイヤレスイヤホン  

Soundcore Liberty 2

Soundcore Liberty 2」は完全防水仕様(IPX5)に仕上がっています。

Soundcore Liberty 2の外観

防水規格IPX5
「あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない」と定義されている防水規格です。水中での使用には適していません。
マクリン
ロゴ部分はピアノブラック塗装で上質感がありますよ!

イヤホンは両耳あわせて約14gとやや重めですが、装着時の重心バランスが良く、長時間付けても負担に感じませんでした。

Soundcore Liberty 2の重量は約14g
 
ケースのフタはスライド式で、慣れれば従来のタイプより使いやすいです。

Soundcore Liberty 2の収納ケースはスライド式
 
ケース背面には、充電用のUSB-Cポートを備えています。

Soundcore Liberty 2の背面にUSB-Cポートを備えている

マクリン
USB-CはAppleとも親和性があり、USB規格の今後の主流でもあるため、汎用性抜群!
 
イヤホン単体で8時間、ケースをふくめると最大4回分(32時間)の充電が可能であり、Ankerの強みを生かしたロングバッテリーを実現しています。

Soundcore Liberty 2はイヤホン単体で8時間、ケースを含めて32時間再生可能

マクリン
わずか10分間の充電で約2時間音楽再生できますよ!
 
イヤホン上部に付いている左右ボタンで操作可能です。

Soundcore Liberty 2はイヤホン上部に付いている左右ボタンで操作可能

ボタン操作一覧
  • (右/左)1回押す 再生/一時停止/受話/終話
  • 右2回押す 曲送り(次の曲)
  • 左2回押す 曲戻し(前の曲)
  • (右/左)1秒押し 通話拒否/音声アシスタント
音量調整
「Soundcore」でボタン操作をカスタマイズすることで割り当てることができます。
 

Soundcore Liberty 2の音を確認しました。

前モデルSoundcore Libertyの持つ量感ある中低音はそのままに、10mmダイヤモンドコーティングドライバーの恩恵で、高音の伸びがプラスされたイヤホンに仕上がっています。

イヤホンの特性自体は前作と似ており、タイトなロックとの組み合わせで、真価をより発揮するモデルといえます。

Soundcore Libertyが対応していた高音質の圧縮方式「AAC」にくわえ、今作は「apt-X」にも対応し、iPhoneとAndroidの双方で、質の高いサウンドを提供可能です。

CVC8.0ノイズキャンセリングも搭載し、通話の音質はとてもすぐれています。

MEMO
apt-XはAndroidに対応した規格、AACはiOS対応の規格です。
 
マクリン
Ankerの中でもROCK好きにおすすめのイヤホンですよ!
Soundcore Liberty 2の評価
音質(クリアサウンド)
(4.5)
連続再生時間(8時間)
(5.0)
音声操作(あり)
(5.0)
防水・防滴(IPX5)
(4.0)
総合評価
(4.5)

Soundcore Liberty 2レビューはこちら

【Soundcore Liberty 2レビュー】USB-C充電&10mmドライバー採用の完全ワイヤレスイヤホン【Anker】

Soundcore Liberty Air 2

Soundcore Liberty Air 2」も同じく完全防水仕様(IPX5)の完全ワイヤレスイヤホンです。

Soundcore Liberty Air 2は完全防水仕様(IPX5)の完全ワイヤレスイヤホン

防水規格IPX5
「あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない」と定義されている防水規格です。水中での使用には適していません。
 
前モデル「Soundcore Liberty Air」と同様のうどん形状ですが、マットな質感にくわえ、グレーがかったデザインとオレンジのアクセントが入り、かなりおしゃれに仕上がっています。

Soundcore Liberty Air 2の外観
 
しかも両耳わずか10gの軽量モデルです。

Soundcore Liberty Air 2の重量
 
こちらのケースもかなり軽く、これまで最軽量であった前作(約57g)をも更新する超軽量設計となっています。

Soundcore Liberty Air 2の収納ケースの重量
 
ケースは軽いだけでなくスリムかつコンパクトで、こちらも前作よりひと回り小型化(約4.9 x 5.6 x 2.4 cm)を実現しています。

Soundcore Liberty Air 2の収納ケースのサイズ

バッテリーも優秀で、イヤホン単体でも7時間、ケースをふくめると最大4回分(28時間)の充電が可能です。

Soundcore Liberty Air 2の充電時間はイヤホン単体で7時間、ケースを含めると最大28時間
 
Soundcore Liberty Air 2の大きな特徴が、2種類の充電方法を備えていることです。

ひとつはケース底面に備えているUSB-Cポートからの充電。

Anker Soundcore Liberty Air 2はUSB-Cをそなえる
 
さらにQiチー対応のワイヤレス充電を搭載しています。

Anker Soundcore Liberty Air 2はQi対応ワイヤレス充電を搭載
 
Anker PowerWave 10 Pad」のようなパッド型ワイヤレス充電器を組み合わせることで、置くだけ充電が実現しちゃいます。


 
操作は前作と同じくタッチパッド式で、ボタンを押し込むことなくスマートに操作できます。

Soundcore Liberty Air 2の操作はタッチパッド式コントロール

ボタン操作一覧
  • 右2回タップ 再生/一時停止/受話/終話
  • 右2秒押し 曲送り(次の曲)
  • 左2秒押し 曲戻し(前の曲)
  • 着信/通話中に右2秒押し 着信拒否/通話切替
  • 通話中に右2回タップ キャッチホン
  • 左2回タップ 音声アシスタント起動
音量調整
「Soundcore」でボタン操作をカスタマイズすることで割り当てることができます。
 

Soundcore Liberty Air 2の音を確認したところ、全体のバランスに長けていたSoundcore Liberty Air踏襲とうしゅうしつつ、高音のクリアさにさらに磨きがかかった印象です。
 

マクリン
6mm径のダイヤモンドコーティングドライバーを採用した恩恵ですね!
 
前述のHearIDや豊富なイコライザーもあるため、音楽ジャンルの得意不得意もほぼ無く、ポップス・R&B・ロックいずれも上手く響かせられる万能ぶりを発揮しています。
 
マクリン
低音のまろやかさもありつつ、クリアな音を響かせてくれるイヤホンですよ!
 
また、前作が対応していた高音質の圧縮方式「AAC」にくわえ、今作では「apt-X」にも対応し、iPhoneとAndroidの双方で、質の高いサウンドを提供可能です。

MEMO
apt-XはAndroidに対応した規格、AACはiOS対応の規格です。
 

Soundcore Liberty Air 2は、名作であった前モデルの性能をさらに向上し、トータルで見てすきの少ないモデルに仕上がっています。

Soundcore Liberty Air 2の評価
音質(全体バランス良い)
(4.5)
連続再生時間(7時間)
(5.0)
音声操作(あり)
(5.0)
防水・防滴(IPX5)
(4.0)
総合評価
(4.5)

Soundcore Liberty Air 2レビューはこちら

【Soundcore Liberty Air 2レビュー】USB-C&ワイヤレス充電対応のスリムな完全ワイヤレスイヤホン【Anker】  

Soundcore Liberty 2 Pro

Soundcore Liberty 2 Pro」は生活防水仕様(IPX4)の完全ワイヤレスイヤホンです。

Anker Soundcore Liberty 2 Proの外観

防水規格IPX4
「水の飛まつに対して保護されている」という定義の防水規格です。浸水状態での使用は厳しいですが、雨が降っている中で使う分には問題ありません。
マクリン
ロゴの部分はアルミ素材ででき、高級感にあふれマクリンまくり
 
イヤホンは両耳あわせて約16gとやや重めですが、装着時の重心バランスが良いためか、長時間付けても負担に感じませんでした。

Anker Soundcore Liberty 2 Proの重量
 
バッテリー内蔵の収納ケースはマットな質感で、手触りからして上質に仕上がっています。

Anker Soundcore Liberty 2 Proのケース
 
ケースのフタはスライド式で開けやすいです。

Anker Soundcore Liberty 2 Proのケースはスライド式のフタをそなえる
 
イヤホン単体で8時間、ケースをふくめると最大4回分(32時間)の充電が可能となっています。

マクリン
わずか15分の充電時間でも約2時間再生できますよ!

Soundcore Liberty 2 Pro2種類の充電方法を備えています。

ひとつはケース背面に備えているUSB-Cポートからの充電。

Anker Soundcore Liberty 2 ProはUSB-Cをそなえる

もうひとつはSoundcore Liberty Air 2と同じくワイヤレス充電です。

Anker Soundcore Liberty 2 ProはQi対応ワイヤレス充電を搭載
 
置くだけ充電を一度経験すると、ケーブルを抜き差しする従来の充電には戻れません。


 
イヤホン上部に付いている左右ボタンで操作可能です。

Soundcore Liberty 2 Proはイヤホン上部に付いている左右ボタンで操作可能

ボタン操作一覧
  • (右/左)1回押す 再生/一時停止/受話/終話
  • 右2回押す 曲送り(次の曲)
  • 左2回押す 曲戻し(前の曲)
  • (右/左)1秒押し 通話拒否/音声アシスタント
音量調整
「Soundcore」でボタン操作をカスタマイズすることで割り当てることができます。
 

僕は数多くのワイヤレスイヤホンを使ってきましたが、低価格帯(1万円台まで)の中ではSoundcore Liberty 2 Proがベストといえる完成度をもっています。

目を閉じて聴いていると、まさにライブ会場で聴いているような生の迫力と演奏のつや感をすくい取ることができるイヤホンです。

低音から高音まできれいにバランスがとれ、どの音域がムダに主張しすぎることもなく、見事に調和できています。

温かみがありつつ、クリアな音を響かせてくれるイヤホンに仕上がっています。

また、高音質の圧縮方式「apt-X」「AAC」に対応するため、iPhoneとAndroidスマホの双方で、質の高いサウンドを実現可能です。
 

マクリン
Ankerのイヤホンでは、値段がもっとも高価ですが、それも納得のクオリティを持ってるイヤホンですよ!
Soundcore Liberty 2 Proの評価
音質(クリアサウンド)
(5.0)
連続再生時間(8時間)
(5.0)
音声操作(あり)
(5.0)
防水・防滴(IPX4)
(3.0)
総合評価
(4.5)

Soundcore Liberty 2 Proレビューはこちら

【Soundcore Liberty 2 Proレビュー】Anker最良のサウンドを提供する完全ワイヤレスイヤホンの最上位モデル

Soundcore Life A2 NC

Soundcore Life A2 NC」は完全防水仕様(IPX5)の完全ワイヤレスイヤホンです。

Soundcore Life A2 NCは完全防水仕様(IPX5)の完全ワイヤレスイヤホン
 
イヤホン単体で約13g、ケースふくめて約68gであり、軽量モデルの多い同社の中ではやや重め。

Soundcore Life A2 NCのイヤホン重量
Soundcore Life A2 NCのケース重量

ケースはたまご型のマットな質感でパカッと開く機構です。



イヤホン単体で最大7時間(ANCで6時間)、ケースをふくめ最大35時間(ANCで30時間)使用可能です。

Soundcore Life A2 NCは最大7時間(ANCで6時間)、ケースふくめ最大35時間(ANCで30時間)使用可能
 
ケース背面には、使い勝手の良いUSB-Cポートを備えています。

Soundcore Life A2 NCの背面にはUSB-Cポート搭載

また、10分の充電で1.5時間駆動する急速充電にも対応しています。

表面はタッチセンサー式で感度も高く、正確に操作できます。

Soundcore Life A2 NCはタッチセンサー式

ボタン操作一覧
  • 右2回タップ 再生/一時停止
  • 右2秒押し モード切り替え(ノイズキャンセリング / 外音取り込み / 通常)
  • 左2回タップ 曲送り(次の曲)
  • (右/左)2回タップ 受話/終話
  • (右/左)2秒押し 着信拒否
MEMO
曲戻し(前の曲)・音量調整・音声アシスタントはデフォルトで割り当てられていないものの、前述の操作カスタマイズで設定可能です。

ドンシャリ感が強めで、Ankerの中でもトップクラスの音質に仕上がり、アンダー1万円ではピカイチ。

高音域は刺さる感じが少しあるものの、クリアで爽快感があり、低音域には迫力があり臨場感も強いです。

中音域は、やや平坦な印象がありますが、表現力の面ではすぐれています。

ROCKやEDMにはぴったりで、ライブ感にあふれる派手なサウンドが楽しめます。

Anker初のANC搭載であるものの、その性能はアンダー1万円では最高クラス

2万円台のモデルとも遜色なく、AirPods Proほどではないものの、近いレベルで外音を抑制してくれます。

外音取り込み機能も地味に優秀で、全ての周囲音を取り込む「全ての外音」と音声重視で取り込む「音声フォーカス」で切り替えられるようになっています。

Soundcore Life A2 NC
高音域
(4.5)
中音域
(3.5)
低音域
(4.5)
ノイズキャンセリング
(4.0)
総合評価
(4.0)

Soundcore Life A2 NCレビューはこちら

【Soundcore Life A2 NCレビュー】アンダー1万円で高いANC性能を搭載するAnkerの完全ワイヤレスイヤホン  

Soundcore Liberty Air 2 Pro

Anker Soundcore Liberty Air 2 Pro」は生活防水仕様(IPX4)の完全ワイヤレスイヤホンです。

Soundcore Liberty Air 2 Proは生活防水仕様(IPX4)の完全ワイヤレスイヤホン
 
イヤホンには装着センサーを搭載し、片方または両耳からイヤホンを外すと音楽が自動停止し、装着するとまた再生します。

Soundcore Liberty Air 2 Proは装着センサー搭載
 
イヤホン単体で約10g、ケースふくめて約61gと標準的な重量です。

Soundcore Liberty Air 2 Proのイヤホン重量
Soundcore Liberty Air 2 Proのケース重量

ANC非搭載の最上位機種「Soundcore Liberty 2 Pro」と同様のスライドケース式で取り出しやすく、個人的には好きな機構です。

Soundcore Liberty Air 2 Proのケースはスライド機構
 
イヤホン単体で最大7時間(ANCで6時間)、ケースをふくめ最大26時間(ANCで21時間)使用可能です。

Soundcore Liberty Air 2 Proはイヤホン単体7時間、ケースふくめ最大26時間のバッテリー
 
USB-C充電にくわえ、ワイヤレス充電にも対応し、ワイヤレス充電器に置くだけで充電できます。

 
表面はタッチセンサー式で感度も高く、正確に操作できます。

Anker Soundcore Liberty Air 2 Proはタッチセンサー式

ボタン操作一覧
  • 右2回タップ 再生/一時停止
  • 右2秒押し モード切り替え(ノイズキャンセリング / 外音取り込み / 通常)
  • 左2回タップ 曲送り(次の曲)
  • (右/左)2回タップ 受話/終話
  • (右/左)2秒押し 着信拒否
MEMO
曲戻し(前の曲)・音量調整・音声アシスタントはデフォルトで割り当てられていないものの、前述の操作カスタマイズで設定可能です。

音質の系統は若干ドンシャリ系で、Anker製品の中ではトップクラスの高音質

Soundcore Liberty Air 2 Proの解像感は、他とひと味違います。

高音域はクリアながらまろやかで、低音域には迫力があり臨場感も強いです。

中音域は、深みや力強さを求める人にはやや物足りないものの、音の空間認識や表現力では充分すぐれたものとなっています。

全体的な音質レベルは、個人的にはAirPods Proより好きな味付けです。

ROCK & POPSやJAZZを中心に幅広いジャンルを楽しめるイヤホンに仕上がっています。

また、良い意味で驚きだったのがノイキャン性能で、AirPods Proと同等レベルで外音を遮断しゃだんしてくれます。

外音取り込み機能は、Soundcore Life A2 NCと同様、「全ての外音」と「音声フォーカス」で切り替えられるようになっています。

Soundcore Liberty Air 2 Pro
高音域
(4.5)
中音域
(4.0)
低音域
(4.5)
ノイズキャンセリング
(4.5)
総合評価
(4.5)

Soundcore Liberty Air 2 Proレビューはこちら

【Soundcore Liberty Air 2 Proレビュー】Anker初にしてAirPods Proと同レベルのANCをもつ完全ワイヤレスイヤホン

Ankerのおすすめワイヤレスイヤホンまとめ

本記事は「【徹底比較】Ankerのワイヤレスイヤホンで今すぐ買うべきおすすめ6モデル!」について書きました。

Ankerのワイヤレスイヤホンは隠れた名作が多く、デザイン・機能・音質いずれも完成度が高いです。

このたび紹介したイヤホンはどれも名作ですので、ぜひベストパートナーを見つけてください。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

製品名 Bluetooth 防水性能 対応コーデック 重量(片耳/ケース込み) 音楽再生時間 音楽再生時間(ケース併用) ドライバー 充電ポート HearID ANC
【第2世代】Soundcore Liberty Neo
Bluetooth 5.0 IPX7 AAC/SBC 約5.5g/約51g 最大5時間 最大20時間 6mmグラフェン採用ドライバー Micro USB
Soundcore Liberty 2
Bluetooth 5.0 IPX5 AAC/SBC/aptX 約7g/約62g 最大8時間 最大32時間 10mmダイヤモンドコーティングドライバー USB-C
Soundcore Liberty Air 2
Bluetooth 5.0 IPX5 AAC/SBC/aptX 約5g/約52g 最大7時間 最大28時間 6mmダイヤモンドコーティングドライバー USB-C・ワイヤレス
Soundcore Liberty 2 Pro
Bluetooth 5.0 IPX4 AAC/SBC/aptX 約8g/約69g 最大8時間 最大32時間 11mmダイナミックドライバー
バランスドアーマチュアドライバー
USB-C・ワイヤレス
Soundcore Life A2 NC
Bluetooth 5.0 IPX5 AAC/SBC 約13g/約68g 最大7時間(ANC:最大6時間) 最大35時間(ANC:最大30時間) 11mmダイナミックドライバー USB-C
Soundcore Liberty Air 2 Pro
Bluetooth 5.0 IPX4 AAC/SBC 約10g/約61g 最大7時間(ANC:最大6時間) 最大26時間(ANC:最大21時間) 11mmダイナミックドライバー USB-C・ワイヤレス
YouTube
動画でも紹介しています。

【おすすめ】コスパ最強の安い完全ワイヤレスイヤホン16選【1万円台以下】 【AirPods Proレビュー】真空にいるかのごとく最強のノイキャンをもつ完全ワイヤレスイヤホンの真打ち 【SONY WF-1000XM3レビュー】防水はないが史上最強の音質をほこる完全ワイヤレスイヤホン 【おすすめ】Ankerのモバイルバッテリーで今すぐ買うべき10モデル! 【おすすめ】Ankerの急速充電器で今すぐ買うべき8モデル! 【おすすめ】AnkerのBluetoothスピーカーで買うべき5モデルを徹底比較!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です