おすすめのガジェット

Anker 622 Magnetic Battery (MagGo)をレビュー!iPhoneがワイヤレス充電できるスタンド搭載モバイルバッテリー

評価:3.5

どうも、iPhone 13 Proユーザーのマクリン( @Maku_ring)です。

iPhoneのヘビーユーザーなら、モバイルバッテリーは一緒に携帯したいところ。

12シリーズ以降ならMagSafeに対応しているので、マグネット式ワイヤレス充電を採用するワイヤレスモバイルバッテリーがおすすめです。

近年Anker PowerCore Magnetic 5000CIOハイブリッドワイヤレスバッテリーなど、優秀モデルが出ている同分野に、新たなモデル「Anker 622 Magnetic Battery」が加わりました。

Anker 622 Magnetic Battery(MagGo)の外箱

強力マグネットでピタッとくっつき、折りたたみ式スタンドを搭載しているので動画視聴やSNSライブに活用できます。

最大12W出力ながら、USB-Cポートを介した有線充電やパススルー充電も可能であり、充電面の汎用性も高めです。

そこで本記事は本機の外観と特徴を述べた後、各ポートの出力面を紹介していきます。

メリット
  • カラバリが5種類と豊富
  • ワイヤレス出力が最大7.5W
  • パススルー充電対応
  • 折りたたみスタンド搭載
  • 充電パッドの磁力が強い
デメリット
  • USB-C充電の出力が低い(最大12W)
  • ワイヤレス + USB-Cの同時充電不可
ご提供品
本記事はANKER JAPAN様から商品を提供いただき、レビューしています。
この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「家電最前線」のパーソナリティ、「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動。合同会社makuri代表。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

Anker 622 Magnetic Battery (MagGo)の外観と付属品

Anker 622 Magnetic Battery」は、iPhone約1回分の充電に対応する、5,000mAhのMagSafe対応モバイルバッテリーです。

Anker 622 Magnetic Battery (MagGo)は5,000mAhのMagSafe対応モバイルバッテリー

製品名 Anker 622 Magnetic Battery
サイズ 約105 x 66 x 13 mm
重さ 約144g
出力ポート数 2(マグネットワイヤレス / USB-C x 1)
入力ポート数 1(USB-C x 1)
出力(USB-C) 5V 2.4A(最大12W)
ワイヤレス出力 最大7.5W
入力(USB-C) 5V 2.4A(最大12W)

 
カラーはブラックふくめ、グリーン・ブルー・パープル・ホワイトの5色があり、無骨なモバイルバッテリーらしからぬ淡い色合いに仕上がっています。





 
表面はしっとりしたラバー素材であり、ほどよいグリップ性がありつつベタつかず、心地よい触感です。


 
表面には最大7.5Wのマグネット式ワイヤレス充電パッドを搭載しています。

Anker 622 Magnetic Batteryは最大7.5Wのマグネット式ワイヤレス充電パッドを搭載
MagSafe認証品ではないため、最大15Wの高速ワイヤレス充電には対応していませんが、MagSafe認証モバイルバッテリーは現状なく、技術的に難しいのかも……。

底面には電源ボタンとUSB-Cポート、LEDインジケーターをそなえています。

Anker 622 Magnetic Batteryの底面に電源ボタン・USB-Cポート・LEDインジケーターを搭載
 
電源ボタンを押すと、一番右のインジケーターでワイヤレス充電状態、その左にある4つの白インジケーターでバッテリー残量が分かります。

ワイヤレス充電状態
  • 白点滅 充電中
  • 消灯 フル充電
 
サイズは約105 x 66 x 13 mmのハンディサイズであり、名刺ケース未満におさまっています。

Anker 622 Magnetic Batteryのサイズは約105 x 66 x 13 mm

 
前モデル「Anker PowerCore Magnetic 5000」と比べると、多少長くなっているものの、約20%の薄型化を実現しています。

Anker 622 Magnetic BatteryとAnker PowerCore Magnetic 5000のサイズ比較

 
重量は約144gとご飯1杯分くらいの軽さです。

Anker 622 Magnetic Batteryの重量は約144g
 
背面には本機の特色でもある、折りたたみ式のスタンドをそなえています。

Anker 622 Magnetic Batteryは折りたたみ式スタンド搭載
 
三つ折りできるフリップタイプになっており、引き出して折り込むと、そこを起点に自立できるようになっています。




 
iPhoneをマグネット充電しながら立てかけると、動画視聴に適したスタイルに合わせられます。


 
付属品は本体とUSB-C & USB-C ケーブル(0.6m)です。

Anker 622 Magnetic Batteryの付属品
 
iPhoneを有線充電するにはLightningケーブルが別途必要で、絡みにくいケーブル「Anker PowerLine Ⅲ Flow USB-C & ライトニング ケーブル」がおすすめです。

Anker PowerLine Ⅲ Flow USB-C & ライトニング ケーブル

 

PowerCore Magnetic 5000・CIOハイブリッドワイヤレスバッテリーとの比較

同クラスのワイヤレスモバイルバッテリー「PowerCore Magnetic 5000」と「CIOハイブリッドワイヤレスバッテリー」でスペック比較してみました。

Anker 622 Magnetic BatteryとPowerCore Magnetic 5000・CIOハイブリッドワイヤレスバッテリー

製品名 Anker 622 Magnetic Battery
Anker PowerCore Magnetic 5000
CIOハイブリッドワイヤレスバッテリー
サイズ 約105 x 66 x 13 mm 約94 x 63 x 16 mm 約94 x 63 x 16 mm
重さ 約144g 約133g 約150g
出力ポート数 2(マグネットワイヤレス / USB-C) 2(マグネットワイヤレス / USB-C) 2(マグネットワイヤレス / USB-C)
入力ポート数 1(USB-C) 1(USB-C) 1(USB-C)
USB-C出力 最大12W 最大10W 最大20W
ワイヤレス出力 7.5W 5W 2.5W / 5W / 7.5W
入力 最大18W(USB-C) 最大18W(USB-C) 最大18W(USB-C)
合計出力 (同時充電不可) (同時充電不可) 最大27.5W
スタンド
Apple Watch充電
パススルー充電

Anker 622 Magnetic Batteryは前モデルPowerCore Magnetic 5000にくらべ、多くの点で上回っています。

Anker 622 Magnetic Batteryの優位点
  • USB-C・ワイヤレス出力ともに高出力化
  • 折りたたみ式スタンド搭載
  • スリム化
  • マグネットが強力に

したがって、同社のワイヤレスバッテリーを買うなら、本機のほうが迷わずおすすめです。

しかし、CIOハイブリッドワイヤレスバッテリーと比較すると「Apple Watch充電ができない」「ワイヤレス + USB-Cの同時充電不可」といった弱点もあります。

Apple Watchも充電したい・2台同時充電したいなら、CIOのほうが最適な仕様といえるでしょう。

Anker 622 Magnetic Battery (MagGo)のレビュー

Anker 622 Magnetic Batteryの特徴を紹介していきます。

 

最大7.5Wのワイヤレス充電に対応

Anker 622 Magnetic Batteryは、iPhone / Qi対応スマホ / ワイヤレスイヤホンの充電に対応するワイヤレス充電パッドを搭載しています。


 
充電パッドにMagSafe対応iPhone(12シリーズ以降)をもっていくと、磁力でガチッとくっ付き、充電が開始します。

MEMO
Qi対応スマホはマグネット吸着しないものの、ワイヤレス充電可能です。
 
ワイヤレス充電時は一番右のLEDインジケーターが白点灯します。


 
ケース越しであってもMOFT MagSafe対応ケースのようなマグネット搭載ケースであれば、問題なくワイヤレス充電できます。

Anker 622 Magnetic Batteryでワイヤレス充電している様子
 
約900gの荷重に耐える強力マグネット搭載で、バッテリーで本体を持ち上げても外れる心配はありません。


 
サイズ感はProだと横にすこし余るくらい、miniだと若干飛び出す程度です。

iPhone 13 Pro

iPhone 12 mini

 
ワイヤレス出力は最大7.5Wであり、高速ワイヤレス充電(15W)の半分の出力なので、カラからフル充電まで4時間近くかかりました……。

Anker 622 Magnetic Batteryのワイヤレス出力は最大7.5W
 
iPhoneだけでなく、Qi対応ワイヤレスイヤホンの充電にも使えるので助かります。

Anker 622 Magnetic Batteryはワイヤレスイヤホンの充電可能
 

折りたたみ式スタンド搭載

Anker 622 Magnetic Batteryは、薄型の折りたたみスタンドを搭載しています。

Anker 622 Magnetic Batteryは折りたたみスタンド搭載
 
角度調整はできないものの、視認しやすい60°の傾斜となっています。


 
前述のとおり、マグネットが強いので縦置き・横置きのいずれでも使えます。

Anker 622 Magnetic Batteryの縦置きモード
Anker 622 Magnetic Batteryの横置きモード
 
縦置きならZOOMやSNSライブ、横置きならYouTubeやレシピチェックなどに便利です。




最大12WのUSB-C充電とパススルー充電に対応

USB-Cは最大12W出力でき、iPhone 13シリーズの高速充電(20W必要)には足りないものの、スマホの急速充電は可能です。

Anker 622 Magnetic Batteryは最大12W出力に対応

iPhone 13 Pro(11.0W)

 
同ポートで最大12W入力の本体充電もでき、約2時間でのフル充電に対応しています。

Anker 622 Magnetic Batteryは最大12W入力に対応

12.3W入力

 
ワイヤレス + USB-Cの同時充電は非対応ですが、本体充電とワイヤレス充電が両立できるパススルー充電に対応し、充電器代わりにも使えます。

Anker 622 Magnetic Batteryはパススルー充電対応

Sponsored Links

 

Anker 622 Magnetic Battery (MagGo)はこんな人におすすめ

Anker 622 Magnetic Batteryは「iPhoneが充電できる、スタンド搭載のワイヤレスモバイルバッテリーが欲しい人」におすすめです。

強力なマグネットと折りたたみ式スタンドも搭載しています。

ただし、Apple Watchも充電したい・2台同時充電したいのであれば、CIOハイブリッドワイヤレスバッテリーのほうがおすすめです。

Anker 622 Magnetic Battery (MagGo)レビューまとめ

Anker 622 Magnetic Batteryは、iPhone 12シリーズ以降におすすめのワイヤレスモバイルバッテリーです。

惜しい点はあるものの、マグネット型では使い勝手にすぐれたモデルに仕上がっています。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

メリット
  • カラバリが5種類と豊富
  • ワイヤレス出力が最大7.5W
  • パススルー充電対応
  • 折りたたみスタンド搭載
  • 充電パッドの磁力が強い
デメリット
  • USB-C充電の出力が低い(最大12W)
  • ワイヤレス + USB-Cの同時充電不可
YouTube
動画でも紹介しています。

Anker 623 Magnetic Wireless Charger (MagGo)をレビュー!iPhone 13とQi対応イヤホンが充電できる最小のワイヤレス充電器 Anker 637 Magnetic Charging Station (MagGo)をレビュー!iPhone 13と7台の機器が充電できる8-in-1のワイヤレス充電ステーション CIOハイブリッドワイヤレスバッテリーをレビュー!iPhoneとApple Watchが両方充電できるモバイルバッテリー(MB20W-5000-MAS) 【Anker PowerCore Magnetic 5000レビュー】吸着充電できるMagSafe対応モバイルバッテリー 【くっつく】Qiワイヤレス対応のモバイルバッテリーおすすめ5選 【軽量】iPhone・Androidスマホにおすすめのモバイルバッテリー5製品 【2021年】モバイルバッテリーのおすすめとその選び方【PD・Qi対応・大容量・薄型】【2021年】モバイルバッテリーのおすすめとその選び方【PD・Qi対応・大容量・薄型】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です