Amazonチャージで1000円キャンペーン

エアコンの寿命は何年?知っておきたい買い替えサインを解説!

夏冬とものエアコンにお世話になりマクリンまくり @Maku_ring)です。

エアコンにも寿命があります。

エアコンを付けたら「変な音が鳴りだした」「風がカビ臭い」「水漏れする」それは買い替えサインです。

エアコンは購入から10年経過したら買い替えるのがおすすめです。

買い替えサインに気づかないフリをしてやり過ごしても、すでに修理できない状態かもしれません。

古いエアコンは思い切って買い替えるのがおすすめです。
 

マクリン
快適機能が備わってる最新エアコンは最高ですよ!
 
本記事では「買い替えサインが出たエアコンは修理よりも買い替えがいい理由」を解説します。

この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

東京在住のサラリーマンです。ガジェット8割・家電2割の比率で、さまざまな商品をレビューしています。Instagramもやってます。 プロフィール詳細

エアコンの法定耐用年数と寿命は何年?

買い替え時期の目安となる、エアコンの法定耐用年数寿命を紹介します。
 

エアコンの法定耐用年数

家庭用エアコンの法定耐用年数は6年です。

法定耐用年数とは「国が税金計算のために税法で定めた寿命」のことです。

品目ごとに一律で定められているため、実際のエアコンの寿命とは相違が出てきます。

※国税庁|減価償却資産の耐用年数表より引用
 

エアコンの寿命

エアコンの寿命は基本的に10年です。

実際にはエアコンの使用環境や稼働率、メンテナンスなど、さまざまな状況が影響し寿命は左右されます。

10年使用したエアコンは、部品の劣化等により購入時のカタログスペックを維持することが難しくなります。

マクリン
つまり、10年経過したエアコンは、買い替え時期のひとつの目安になりますね!

製品の寿命を把握するために、エアコンに貼ってある製造年月日を確認しておきましょう。

エアコンの吹き出し口下か側面、室外機は側面または正面に記載されています。

※パナソニック|エアコン買い替え時期より引用

エアコンの7つの買い替えサイン

残念ながら、形あるものはいずれ壊れます。

エアコンの寿命が近づくと、これらのトラブルが発生しやすくなります。

長く使っていたエアコンに異変を感じたら、それは買い替えのサインです。
 

1. エアコンから異音

エアコンの送風ファン、室外機のコンプレッサーが故障している可能性があります。

とくに室外機に異常がある場合は、メーカー側も買い替えを推奨することが多いです。
 

2. エアコンの風が臭い

エアコン内部のファンや熱交換器にカビが繁殖はんしょくしています。

エアコンクリーニングをしても異臭を放つようであれば、それはエアコン買い替えのサインです。

3. エアコン操作ができない

リモコンの電池・コンセントを確認し問題なければ、エアコン本体の「運転/停止」ボタンを押してください。

作動しなければエアコン本体の故障で、それは買い替えのサインです。
 

4. 涼しく(暖かく)ならない

エアコン内部の汚れが原因の場合と、冷媒ガス不足の可能性があります。

エアコンクリーニングや冷媒ガスの補充・改善を業者に依頼しましょう。

5. エアコン水漏れ

ドレンホースの中の詰まりや折れ曲がりの可能性があります。

修理が必要です。
 

6. 室外機のガス漏れ

配管の劣化・亀裂・破損などが原因で、ガス漏れを起こしている可能性があります。

エアコンの配管を完全に防ぐ必要があるため、亀裂がひどい場合はエアコン買い替えのサインです。

7. エアコンをつけるとブレーカーが落ちる

室内の温度をコントロールするエアコン内部のコンプレッサーが故障しています。

通電が続いている状態で、エアコンと他家電が消費する電流の合計値が限界に達しています。

エアコンのコンプレッサーの故障は、劣化が原因であるため、買い替えが必要なサインです。

Sponsored Links

 

エアコンの修理と買い替えを比較

エアコン修理と買い替えは、どちらにメリットがあるのかを見ていきましょう。
 

エアコン修理費用

こちらは各メーカーのエアコン修理費用です。

メーカーエアコン本体修理費用
ダイキン28,000円~36,000円
富士通10,000円~30,000円
パナソニック24,000円~47,000円
日立10,000円~29,000円

どのメーカーのエアコンにも「補修用性能部品保有期間」が設けられています。

補修用性能部品保有期間とは「メーカーが手元に修理用の部品を保有している期間」をいいます。

エアコンの補修用性能部品保有期間は10年です。

対象製品の製造を打ち切ったときから10年以上が経過すると、メーカーは部品を保有しません。

マクリン
つまり、購入後10年以上経過したエアコンは、修理できない可能性があるってことですね……。

古いエアコンが買い替えサインを出しているなら、迷わず買い替えがおすすめです。

 

エアコン買い替えと修理のメリット・デメリット

メリットデメリット
買い替え
  • 省エネ性能が高い
  • 電気代が安い
  • 空気清浄機能は空気清浄機レベル
  • スマホと連携
  • 快適機能が満載
  • 修理に比べると高額
修理
  • 買い替えより安い
  • 修理できない可能性がある
  • カタログスペックは維持できない
  • 電気代が高い

物持ちが良いのも考えものです。

とはいえ、最新機種に買い替えたエアコンの快適さに勝るものはありません。

最新のエアコンは空気清浄・自動清浄・気流制御機能が充実しています。

マクリン
スマホをリモコン代わりに使うこともできちゃいますよ!

また、最新のエアコンは省エネ性能がすぐれているため、毎月の電気代が安くなります。

長い目で見ると、電気代の節約にも効果的なため、古いエアコンは買い替えがおすすめです。

エアコンの買い替えサインまとめ

エアコンは10年が経過すると部品が劣化し、トラブルが多くなります。

まずは定期的なエアコンクリーニングをしましょう。

またエアコンの異音や悪臭、水漏れの発生は、エアコン買い替えのサインです。

10年を超えたエアコンが買い替えサインを出したときには、これを機に最新エアコンへの買い替えを検討しましょう。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

買い替えポイント
  • エアコンの寿命は10年
  • 購入後10年以上経過したエアコンは修理できない可能性あり
  • 古いエアコンは消費電力が高い
    ※参考サイト:クリーニングラブ
【2020年】エアコンの選び方とおすすめ商品比較【省エネ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

マクナビ